運命の人と離婚することとは?

 

運命の人と結婚したけど、離婚した、離婚するつもり、という人はいるでしょう。

 

これは不思議なことではないことです。

 

ここからは、運命の人と離婚について、他では知れない内容をご紹介していきます。

 

きっと、あなたの運命の人と離婚について、新しい考え方ができるきっかけとなることでしょう。

  



《広告》


 

「結婚と離婚と運命の人の関係」

 

結婚と離婚と運命の人の関係を、あなたは深く考えたことはあるでしょうか?

 

もしないのだとしたら、今回を機会に、深く考察してみることは良いことでしょう。

 

当サイト(マインディストKEN)は、結婚と離婚と運命の人に対して、これらの関係にはなんら、密接なものや客観的な事実は存在しないという考えです。

 

もしかしたら驚いたかも知れませんが、これが事実であるかはどうかは、実は、それほど重要なものではありません。

 

なぜなら、事実はきっと、永久に知ることはできないからです。

 

なぜでしょう?

 

運命の結婚相手は決まっているとか、というように考える人は多いでしょう。そして運命の人と必ず結ばれるという考えもあるでしょう。

 

これらを否定するつもりはありません。

 

そうでもあるし、そうであっても良いし、またそうではないし、そうでなくても良いのです。

 

なぜなら運命の人というものは、概念として存在しているからです。

 

この概念というのは、例えば甘いものが好きだとか、辛いものが好きだという、とても個人的な解釈と要素が強くあるもので、そこに正しい答えや一つに絞り込むことが不可能なものです。

 

これは個人が体験がし、何かを感じ、そしてそれがどのようなものかと認識した時に、生まれるものです。

 

これがその人の概念となり、それは常に、今も生まれ続けています。

 

今もどこかで、運命の人はいると誰かに言っている人や考えている人がいて、またその逆に、運命の人はいないと伝えている人がいるのです。

 

そしてそれらはどれも、その人の中では、正しい思考であり、選択と行動を生んでいるのです。

 

つまり結婚と離婚と運命の人との関係とは、あなたが自分でそれらに関わる何かを体験し、感じ、そしてどうなっているのかの認識によって、決まる要素であり概念だと言えるのです。

 

運命の人と離婚したというならば、あなたにとってその離婚相手は、離婚するまでは運命の人だったということになります。

 

そして離婚する直前くらいから、なぜか、運命の人ではなくなり、きっとそのような体験をしたのなら、あの人は運命の人ではなかったという概念を生むか、それとも、運命の人であっても離婚をするものだ、という概念を構築していることでしょう。

 

 

これらの関係は、その人が体験と感情と認識によって、作られるものであり、それはそれを作った人の中では正しいことで、合理的な思考で、正当性があると思っていることが多いのです。

 

運命の人と離婚することがあるのは、それを体験した人はおそらく、かなりの確率でそうだと賛成するものです。

 

しかしまだ、離婚もせず、結婚生活を運命の人と送っている人はきっと、そんなことなどあり得ない、運命の人との結婚なら、離婚はしないと思っていることでしょう。

 

これはとても重要です。

 

なぜなら、あなたのこれからは、あなたが決めることを明瞭な形で示唆しているからです。

 

運命の人とは離婚する運命にはないし、また必ず離婚しない保証もないのです。

 

これが当サイト(マインディストKEN)の考えであり、この機会によってあなたに知って欲しい事実の側面でもあるのです。

 



《広告》


  

「離婚したら運命は変わるか」

 

 離婚したら運命は変わるのか?

 

ということを思っている人がいるようです。

 

はっきりと結論から言って、離婚だけでは運命を変えることは難しいと言えるでしょう。

 

運命を変えるというのは、あくまで個人的な概念であるので、運命を変えるなら、離婚によってではなく、自分自身を変える必要があると考えられます。

 

例えばこれは、今している仕事に嫌気がさし、仕事を変更すれば運命は変わると言っていることに似ています。

 

もちろん、何かしらの変化は期待できるでしょう。

 

しかし、自分が本気で変わらないことには、概ね以前の職場で起きた問題や嫌なことは、次の職場や仕事でも起こる可能性があります。

 

これはより正確な表現で言うなら、以前の職場で起きたことと同じ体験を自分がする可能性が高い、と言えます。

 

同じ体験というのは、自分の現状の認識によって実は全く違う現象に対して、過去と同じだと認識してしまいやすいことによって起こります。

 

人の脳機能は、記憶をとても重要としている傾向があり、記憶とは過去の体験と今の現状や現象と比べて、同じものか違うものかを判断していることがあるのです。

 

例えば、以前に蛇を見てで怖い目に会った時があったとします。

 

蛇を見るのも怖いし、また触るなど持ってのほかでしょう。

 

そしておもちゃの蛇を見た時にとても驚き、逃げ出してしまったとします。

 

以前あなたを怖がされた蛇とは全く違う蛇なのに、全ての蛇やそれに似た形状のものが怖いと判断してしまうのです。

 

これは記憶と負の感情が脳に蓄積されていて、蛇を見たら拒絶反応をするように、仕向けられていることが示唆されます。

 

これは何も蛇だけではありません。

 

つまり、自分の中に潜んでいる過去の記憶やその反応を、自分でよく探り、それを変えていく努力をしないと、未来は変わらない可能性が高いのです。

 

蛇のおもちゃに驚いたり、怖がっているような自分の記憶を探り、それは怖いものではないし、大丈夫だという新しい認識を自分で変えていくことが重要なのです。

 

そうでないと蛇やそれに似た形状のものに対して、全く同じ認識と捉え方をしてしまうことが、今後もずっと続くことにつながるでしょう。

 

運命の人と、または今の人と離婚をしたからと言って、何かが変わるかと言ったら見た目の景色だけのことが多くあるのです。

 

 

自分の中身を変えること、それをすると、たとえ今の結婚生活に嫌気がさしていても、全く違う考えや、景色が見えたり、気が付いたりもします。

 

離婚するという決断よりも前に、自分と向き合うことがとても大切だと言えるでしょう。

 

だってもしかすると、今の人があなたの運命の人だと気がつくかも知れないからです。

 



《広告》


「運命の人とは離婚しない」

 

運命の人とは離婚しないという概念も、これは幻想の一つか、誰かの個人的な意見と言わざるを得ないでしょう。

 

幻想という表現をしたのは、運命の人と離婚しない保証も確定した未来も、将来も、存在しないからです。

 

あくまで結果、離婚しなかったということはあるだけで、その結果はすべて、可能性の中にあるのです。

 

あまり望まれない意見かも知れませんが、運命の人と離婚しないとは限らない、ということが事実であると言えるのです。

 

将来に確定したものは、何一つないのが本来のこの物理的世界の当然です。

 

例えば、明日に友人と遊ぶ約束をしていて、友人あるいは自分自身が、約束の時間に約束の場所にたどり着けるのは、可能性の中にあるということです。

 

電車が遅れるかも知れないし、何かトラブルが起こるかも知れません。

 

無事に双方が約束の時間と場所にたどり着き、楽しく遊ぶことができるかも知れませんし、もしかしたら、どちらかが遅刻をするかも知れません。

 

約束しても、それは結果が収束するまでは確約されていないのです。

 

だからこそ、運命の人だと強く感じた人や、そのような2人であったとしても、離婚をするかしないかは、結果次第であると言えるのです。

 

そしてその結果を気にしているからこそ、このような運命の人となら離婚しないということを、まるで真実であるかのように錯覚をし、幻想を抱きやすいと言えるでしょう。

 

 

結果は誰も知ることができません。

 

友人が、または自分が、約束通りの結果になるのかは全くの未知なのです。

 

未知なことに確約を求めることや、探し続けることは、個人の自由です。

 

しかしこれは結果的に、良い結果となる可能性が低いと言えます。

 

その理由の一つに、不可能への挑戦をしようとしているからと言えます。

 

未知なものを決めつけるのは、不可能なのです。

 

その恐れの心理から、早く自分を解放した方が、きっとあなたにとってより良い答えを見つける助けになるでしょう。

 



《広告》


  

「運命の人や大好きな人と離婚した」

 

運命の人や、大好きな人であっても、離婚はすることはあります。

 

それは相手が一方的に離婚をしたいという時、それは成立する可能性があるからです。

 

あなたが相手の人を大好きでも、相手は異なる意見を持っているのかも知れません。

 

上述のように、2人の結末という結果は収束するまで、何が起こるかは不明であり未知なのです。

 

あなたにできることは何か、それを行ってきたか、そうであっても結果は未知なのです。

 

これはあなただけに限らず、この世に存在している全ての人、全ての動物、宇宙全体がそうであるから、しょうがないことです。

 

しかし、あなたが自分のやるべきことをやったという自負や、納得は重要だと言えるでしょう。

 

時として、人は過去を振り返ると、もっと早くあれをしておけばよかった、と嘆いたり、後悔したりすることがあるものです。

 

後悔はよくないという人もいますが、当サイト(マインディストKEN)は決してよくないこととは思いません。

 

なぜなら、後悔とは、後悔したことを今から行うことによって、次は過去とは異なる結果にする可能性を高めることができるからです。

 

人は概ね、ほぼ全員が何かしらの後悔の念や、後悔をしていることがあるでしょう。

 

その全てを解消することは不可能にしても、自分が望んだ人生にするためには、後悔していることを、今からやることしか過去の延長から抜け出す方法はないと言えるでしょう。

 

人は後悔していることを、後悔したと思うだけで、それを実行することがほとんどなく、すぐに今の現状を生きてしまう傾向があるものです。

 

後悔したことは、取り戻すことができないことは確かな事実です。誰人として過去に戻ったり、過去を修正したり、やり直せた人はいません。

 

そのため過去に後悔したことを、そのまま放置して、新しく進もうとします。

 

しかしおそらく、ここには大きな誤りがあると、言わざるを得ないのです。

 

後悔したことを、今も、今後もしないことは、過去の延長上をずっと進み続ける可能性をむしろ高めることがあるのです。

 

自分の人生が変わらないとか、結果的に変わらなかったと思う人の多くは、過去にもっと早くあれをやってけばよかった、ということをずっと思い続けている傾向があります。

 

これは十年経とうが、二十年経とうが、不思議なことに変わることはほぼないのです。

 

そして何十年経ったあとも、もっと早くやっておくべきだった、と思っている場合が多いのです。

 

すでに今気がついたのなら、それを是正しないことには、未来を変えることはできないでしょう。

 

なぜなら、未来を変えるために、それをもっと早く行っていることを後悔していると言えるからです。

 

あなたが離婚した結果は、悪いとか、良かったということを必ずしも意味しているものではなく、あなたが後悔をしない行動を取るために、過去の自分から変わってきたか、ということがとても重要だと言えるでしょう。

 

そして幸福なことに、変える機会はいくらでもあるのです。

 

今という瞬間をあなたが体験している限り、それは存在し得ます。

 



《広告》


  

「運命の人と再婚する」

 

運命の人と再婚するということは、離婚した人はあなたの運命の人ではなく、再婚相手つまり、運命の人と改めて出会えたことを意味しているでしょう。

 

以前の人が運命の人であることも、再婚相手が運命の人であることも、あなたの体験とそれに対する認識が決めることであり、一つの概念です。

 

このことは上述したとおりです。

 

つまり運命の人が再婚相手であることは、必ずしも重要なことではなく、これからのあなたがどのように現実や現状、2人に起こる現象を捉えていくかの方がもっとも重要だと言えます。

 

そしてその捉え方によっては、また離婚することもあるかも知れないのです。

 

以前の結婚相手との思い出を、もしかすると思い出したくないこともあるかも知れません。

 

しかしこれはあえて思い出してみて、自分がもっとできることや、あるいはもっとこうしておけばと後悔をする何かがある場合、それはこれからしっかりと対処して行かなくては、また同じことを引き起こす可能性があります。

 

なぜなら、人は相手が変わったからといって、自分の行動が変わることはほぼないか、それだけではとても難しい傾向があるからです。

 

人は行動レベルにまで、到達しない限りは、自分の未来を具体的に変えていくことが難しいと言えるでしょう。

 

この物理的な世界では、行動は重要であり、頭でわかっていることよりも未来を変える力やきっかけとなるでしょう。

 

つまり、再婚する人とは次は、同じ後悔をしないように、過去の自分を少しずつ改めていく行動が重要なのです。

 

これを改めない限りは、過去と同じような場面や出来事が起こると、それを過去と同じものだと錯覚して認識してしまいやすくなります。

 

過去とこれから起こることは、似ていると思っても、まるで違います。

 

なぜなら相手は異なるし、環境は異なるし、おそらくよく考えてみると全く違うことさえ気が付けるでしょう。

 

しかし人の脳は過去の記憶と今起きている現象とを、強力に結びつけてしまうことがあるのです。

 

これによって、過去の自分のことを変えていないと、未来も同じことを思い、同じことを考え、同じ行動を起こし、過去と同じ結果を味わう可能性を、自分の自発的な選択によって高めてしまうでしょう。

 

以下のリンク先では、運命の人との再婚と、出会うことから結ばれることを詳細にご紹介しています。

 

再婚をきっと良いものにするために、少しでもあなたの役に立てると幸いです。

 

 

 

→ 再婚相手は運命の人

 

→ 運命の人を知る、出会う、結ばれる

 



《広告》


「運命の人が変わることがある」

 

運命の人が変わることは、あると言えるでしょう。

 

ここまでお読みになれたあなたなら、きっとそれが可能性として当然のようにあることに気がついていることでしょう。

 

運命の人は変わるし、それを変えるのは本人です。

 

それ以外の何らかの原因や要素は、おそらくあり得ないでしょう。

 

自分が誰が運命の人を変えるかということは、自分がそれを決定することを意味します。

 

つまり、あなたがもし運命の人が今の人ではないと実感しているなら、それはおそらくこれから、運命の人が変わってしまうことが予測され、あなたにとっての運命の人とは、変わるものだという概念が形成されていることでしょう。

 

これは悪いことではありません。

 

また変えることが、正しいということでもありません。

 

それは個人的な概念であり、この概念は、例えばあなたが何か好きな食べ物が好きであるのと似たようなことです。

 

あなたの好きな食べ物を、もしかするとあなたの友人や家族は理解できなかったりするかも知れません。

 

概念とは個人的な価値観であり、固定観念であり、そしてそれは自分の選択基準にもなるのです。

 

あなたは好きな食べ物を自発的に選択するのに対して、それを嫌いな人は真逆の選択をします。

 

概念は、同じものを見ても体験しても、同じものを体験しているわけではないのです。

 

自分の中にある概念の通りに、それを体験すると言えるでしょう。

 

そのため、運命の人は変わる人もいれば、変わらないという人がいて当然なのです。

 

ではあなたが、運命の人が変わるという概念の持ち主だとしたら、それは自分がなぜ、そのような考えに至ったのかについて、自問自答することによってその原因を明確にできることがあります。

 

なぜ運命の人は変わると考えたのか?

 

そこにはきっと何かそう思わざるを得ないような体験があったはずです。

 

それがおそらくですが、あなたにとってとてもネガティブで負の感情を浮き彫りにしたものになったため、あなたは運命の人はこの人ではなく、別の人だという考えを導き出した可能性があります。

 

 

このように多くの場合で人は、体験が自分にとってどのようなものであったかという認識をし、その認識次第によっては、自分の中にあった概念を変えることをする傾向があるのです。

 

運命の人が変わることは、決して悪いことではありません。

 

ただ、その答えに対して、自分で納得と責任と、合意があることが重要だと言えます。



《広告》


「旦那さんが運命の人じゃないとき」

 

上述の通り、運命の人は変わることがあり、それは全て自分が決めることだということが言えます。

 

すなわち、旦那さんが運命の人じゃない、そう感じることは往々にしてあり得るということです。

 

そしてそうだと決めるのも、あなた本人であり、重要なことは、導き出した答えに対して、責任と納得と合意を持っていることだと言えるでしょう。

 

旦那さんが運命の人じゃないと決める時、それは、過去に自分がこの人と結婚を決めたことが間違いだったと思ってしまうかも知れません。

 

もしかすると、すでにそう思っているかも知れません。

 

しかしそれは本当の答えとして、正当性があるとは必ずしも言い切れないでしょう。

 

なぜなら、あなたには当時から選択権があったからです。

 

そうではないと感じた時、どうするかの選択肢があり、それをもしかすると今の今まで放置してきてしまった結果を、受け入れざるを得ないという状況にある可能性があります。

 

もちろん、考え直すことだって可能です。

 

例えば、もしかすると運命の人が今の旦那さんである可能性だって、往々にしてあるのです。

 

あなたがどのような答えを最終的に出すかは、あなたのみに委ねられており、それを誰も制御することは不可能です。

 

ただし、運命の人かどうかで悩んでいるなら、まずはその考えから離れて、思考してみる子音は良い手段の一つにもなり得ます。

 

なぜなら、運命の人は上述の通り、概念であり、万人に共通した回答も客観的事実も存在しないからです。

 

将来は全くわかりません。

 

まさに未知です。

 

あなたと今の旦那さんが、もしかすると良い関係にまたなるかも知れないし、ならないかも知れません。

 

まずは運命の人という概念に拘っているとしたら、その束縛から自分を解放して、今の2人の現状を見直してみると良いでしょう。

 

そうすればきっと、現状を何ら偏見もなく、決めつけもなく、認識することができるでしょう。

 

そうやって偏見のない現状の見方が、きっと良い回答をあなたに届けるでしょう。

 

以下のリンクは、運命の人の特徴について、詳細にご紹介しています。

 

あなたの考えに、新しい何かや、ヒントを与えてくれるかも知れません。

 

 

→ 運命の人の特徴

 

→ 運命の人じゃない特徴