運命の人と離婚することとは?

 

運命の人と結婚したけど、離婚した、離婚するつもり、という人はいるでしょう。

 

これは不思議なことではないことです。

 

ここからは、運命の人と離婚について、他では知れない内容をご紹介していきます。

 

きっと、あなたの運命の人と離婚について、新しい考え方ができるきっかけとなることでしょう。

  

 

「結婚と離婚と運命の人の関係」

 

結婚と離婚と運命の人の関係を、あなたは深く考えたことはあるでしょうか?

 

もしないのだとしたら、今回を機会に、深く考察してみることは良いことでしょう。

 

当サイト(マインディストKEN)は、結婚と離婚と運命の人に対して、これらの関係にはなんら、密接なものや客観的な事実は存在しないという考えです。

 

もしかしたら驚いたかも知れませんが、これが事実であるかはどうかは、実は、それほど重要なものではありません。

 

なぜなら、事実はきっと、永久に知ることはできないからです。

 

なぜでしょう?

 

運命の結婚相手は決まっているとか、というように考える人は多いでしょう。そして運命の人と必ず結ばれるという考えもあるでしょう。

 

これらを否定するつもりはありません。

 

そうでもあるし、そうであっても良いし、またそうではないし、そうでなくても良いのです。

 

なぜなら運命の人というものは、概念として存在しているからです。

 

この概念というのは、例えば甘いものが好きだとか、辛いものが好きだという、とても個人的な解釈と要素が強くあるもので、そこに正しい答えや一つに絞り込むことが不可能なものです。

 

これは個人が体験がし、何かを感じ、そしてそれがどのようなものかと認識した時に、生まれるものです。

 

これがその人の概念となり、それは常に、今も生まれ続けています。

 

今もどこかで、運命の人はいると誰かに言っている人や考えている人がいて、またその逆に、運命の人はいないと伝えている人がいるのです。

 

そしてそれらはどれも、その人の中では、正しい思考であり、選択と行動を生んでいるのです。

 

つまり結婚と離婚と運命の人との関係とは、あなたが自分でそれらに関わる何かを体験し、感じ、そしてどうなっているのかの認識によって、決まる要素であり概念だと言えるのです。

 

運命の人と離婚したというならば、あなたにとってその離婚相手は、離婚するまでは運命の人だったということになります。

 

そして離婚する直前くらいから、なぜか、運命の人ではなくなり、きっとそのような体験をしたのなら、あの人は運命の人ではなかったという概念を生むか、それとも、運命の人であっても離婚をするものだ、という概念を構築していることでしょう。

 

 

これらの関係は、その人が体験と感情と認識によって、作られるものであり、それはそれを作った人の中では正しいことで、合理的な思考で、正当性があると思っていることが多いのです。

 

運命の人と離婚することがあるのは、それを体験した人はおそらく、かなりの確率でそうだと賛成するものです。

 

しかしまだ、離婚もせず、結婚生活を運命の人と送っている人はきっと、そんなことなどあり得ない、運命の人との結婚なら、離婚はしないと思っていることでしょう。

 

これはとても重要です。

 

なぜなら、あなたのこれからは、あなたが決めることを明瞭な形で示唆しているからです。

 

運命の人とは離婚する運命にはないし、また必ず離婚しない保証もないのです。

 

これが当サイト(マインディストKEN)の考えであり、この機会によってあなたに知って欲しい事実の側面でもあるのです。

 



《広告》