運命の人との結婚はトントン拍子にいくか?またはいかない理由とは

 

結婚がトントン拍子にいくと、それは運命であり、または運命の人であると思うでしょう。

 

ここでは、その正体を独自理論によってご紹介しています。

 

あなたの結婚は運命なのか?トントン拍子に進めていって良いのか?

 

それを決めるヒントやアイディアに、気がつけるかも知れません。

 



《広告》


 

「スピリチュアル的な結婚がトントン拍子になる場合とは」

 

結婚がトントン拍子に進むということに関して、何か物的なもの以外の要素が機能したり、働いているのではないかと考える人がいるでしょう。

 

例えばスピリチュアル、運命などは、それによく持ち出される概念です。

 

つまり、結婚がトントン拍子に行く理由には、2人がなんらかのスピリチュアル的な関係であるのではないか、ということが考えられる要素なのです。

 

そしてスピリチュアルの概念には、恋愛や愛、あるいは魂のつながりという概念が存在していて、それはよく知られているものです。

 

まずよく耳にするのがツインソウルという概念です。

 

これは本来は一つだった魂が、二つに分かれ、双子のような状態になったものだと考えられています。

 

しかしこの概念は、友人や大切な人、またはビジネスなどのパートナーにもツインソウルではないかという考えがあり、必ずしも恋愛や結婚相手であることではないと考える人もいます。

 

そして恋愛や結婚について、スピリチュアル的に運命であり、魂のつながりが強いものを、ツインレイと呼ぶことがあるのです。

 

ツインレイもツインソウルと同じように、一つだった魂が二つの双子の魂に分かれた部分まで共通しています。

 

そしてここからが異なる部分なのですが、ツインレイには、恋愛や結婚、真実の愛というものを目的としている要素が強いと言われているのです。

 

そのため男性と女性に魂が分かれているパターンが多いと言われています。

 

当サイト(マインディストKEN)でも、運命の人と結婚をする、ということを目的や前提として、ツインレイのことを独自の理論に基づいてご紹介しています。

 

あなたが運命の人との結婚や、それがなぜトントン拍子に進むのかについて、スピリチュアル的な要素を感じているなら、以下のリンク先はあなたの理解を深めてくれるかも知れません。

 

ツインレイについて

 

 

→ ツインレイとは

 

→ ツインレイの男性

 

→ ツインレイの女性

 

→ ツインレイの統合

 

→ ツインレイの覚醒

 

 

ツインソウルについて

 

→ ツインソウルとは

  

→ ツインソウルが男性の場合

 

→ ツインソウルランナーについて

 

→ ツインソウル統合

 

→ ツインソウルサイレントについて

 

→ ツインソウルの特徴

 

→ ツインソウル試練

 

 



《広告》


  

「結婚がトントン拍子ではない、またはスムーズに進まないスピリチュアル的な意味」

 

一夫で、結婚したいのに、それがトントン拍子に行かないことや、あるいはスムーズに進まないこともあるでしょう。

 

そして上述のツインレイやツインソウルと同じように、そこにはスピリチュアル的な意味などがあるのでしょうか。

 

おそらくですが、それを感じ取れる人は、本人であるあなた以外にはいないでしょう。

 

なぜなら、スピリチュアルも物的なものではなく、また物的で客観的事実として存在していないものであるからと言えるのです。

 

つまりスピリチュアルとは概念的要素であり、概念であるということは、そこには個人的な解釈によって無限の組み合わせや解釈が生まれることを意味します。

 

たとえトントン拍子に結婚が進まなくても、そこにスピリチュアル的な解釈を持ち込むか、そうでないかは、自分で選ぶことができます。

 

スピリチュアルな要素を持ち込むのであれば、スムーズに進まない結婚について何らかの答えを見出すことは可能でしょう。

 

ただし、それが必ず正しいことや正解であることは、自分の中でしか決めることができないということは理解しておくことが重要だと言えるでしょう。

 

上述のでツインレイやツインソウルというスピリチュアル要素と概念を持ち込んでご紹介していますが、これは絶対的な事実ではないということです。

 

そして結婚がトントン拍子に進まないことには別の原因があると考えることが、あなたの中で最も納得のいく答えとなる可能性があるでしょう。

 

その理由というのは、結婚がトントン拍子に行かないことはもしかすると、自分か相手が自発的にそれを行なっている場合がある可能性があるからです。

 

つまり、人は結婚したくても、それを自分で阻止や阻害をしてしまっていることがあり、それに気がついてないことは往々にしてあるということです。

 

あなたがもし、そのような実感があるのなら、自分の中にある信念や固定観念、あるいは自分に対する結婚の可能性において、何か否定的なものが存在していると示唆されます。

 

そしてその否定的な存在が、結婚したくても、できないことを選択したり、あるいは結婚できない自分を正当化している可能性が考えられるのです。

 

なかなか結婚に進まないな、何かとスムーズに行かないな、ということは、とても客観的に見てみると、そうしてない自分や相手がいるのかも知れないのです。

 

これを改善するためには、あなたか相手の人の中にある、結婚への否定的な信念や思い込みを見つけたり、その存在を認めて、潔くそれを捨て去る必要があるでしょう。

 

自分は結婚できない、結婚は難しい、結婚している自分を信じていないなど、何かしらがあるかも知れません。

 

それを見つけると、だからスムーズに結婚に進まなかったのか、ということや、自分たちがそれを気がつかないで自発的にしていたことにも気がつくでしょう。

 

そしてそれら自分で思い込んでしまった洗脳や、望まない信念を捨て去ることが、ようやく実現できるでしょう。

 

それを捨てることができたら、きっと、何かが変わっていくはずです。

 

なぜなら、自発的に選ぶ選択肢がこれで、変わっていく可能性があるからです。

 

  

「結婚から妊娠まで、トントン拍子は運命か」

 

結婚から妊娠に至るまで、トントン拍子で進む人たちもいます。

 

そしてそれは2人は運命的な2人であり、運命の人と結婚したからと思う人がいます。

 

それは本当なのでしょうか?

 

おそらくそれは、本人たちにしかわからないことであり、真実は本人のみぞ知る部分だと言えそうです。

 

運命や運命の人というのは概念であるというのが当サイト(マインディストKEN)の考えなのため、結婚も妊娠もトントン拍子で進んだことに対して、運命という概念で理解することや解釈することは、本人の自由なのです。

 

私たちはどのような時も、自由に現実や事象の解釈が可能です。

 

苦しいと思えることにも、楽しいと思えることにも、そこには個人的な解釈によって、大きく異なるものです。

 

妊娠まで順調に進んだからといって運命であるかを、証明する手立てはこの物的な世界には存在しません。

 

つまり概念や解釈としてしか、それは存在を許されないし、存在を許せるのはその人本人でしか不可能である、ということです。

 

あなたがもし、結婚から妊娠までとてもスムーズに進んだ体験があるかも知れません。

 

そしてそこには運命的な要素が働いたり、機能したと感じていることでしょう。

 

その解釈は、あなたのみに許されていることであり、運命だと感じることはとても良いことでしょう。

 

一方で、結婚と妊娠までがスムーズでなかった場合や、そのような人もいるでしょう。

 

そうであっても、それが運命だという決めつけや、それによって諦めたり、ネガティブに感じることは全くない、ということです。

 

あなたの自由で、そして望んだ解釈で、構わないのです。

 

そしてきっと、結婚も妊娠も、可能にすることができるのです。

  

「結婚がトントン拍子に進むのが怖い、不安になる」

 

結婚がトントン秒王しに進みすぎて、怖いとか、不安に感じる人もいるようです。

 

意外なことに、望んだことが順調に進みすぎて、逆にこの先で何か悪いことやよくないことが起こるのではないか、そうイメージする人がいるにはいるのです。

 

これは自分の望みや理想が、これまでに比べてとても簡単に実現していくことに対して、慣れていないか、信じられないという心理が働いている可能性があります。

 

自分が望んでいることは、そう簡単に実現しないということを心の中や、あるいは事実だという認識を信じていると、このような戸惑いが生まれやすくなります。

 

つまり、望みが目の前どんどん実現していく姿を、信じることができない心理が強く機能していると言えるのです。

 

これは多くの場合で、幼少期などに、自分の望んだことの多くが第三者によって否定された経験が多くなった場合があると考えられます。

 

このような体験や記憶は、きっと多くの人が抱いていると言えますが、それが望みが実現していく様子を受け入れがたいものにしているのです。

 

そして、やがてせっかく理想的なことが目の前で起きているのにもかかわらず、それを自分の手で壊すか、あるいは無駄にしてしまうようなことをしてしまうことがあるのです。

 

これは、自分が最も認めていて、信じている状態に、自分で戻そうてというバイアスが機能してしまうことがあるからと言えます。

 

そして、結果的に望みが叶うことではなく、自分の信じている現実に戻った時、やっぱりね、私にはやっぱり無理だった、不可能だった、という納得のいく答えに落ち着きやすいのです。

 

せっかくの事実や現実を、受け入れたくない。

 

このような心理が働くことは、実は往々にしてあります。

 

そしてそれを受け入れないようにしようとする心理こそ、不安や怖さという感情が生まれていると言えるのです。

 

不安や怖いという感情は、何もその対象が恐ろしいものである必要などないのです。

 

つまり自分の中で事実と認めていないことに関しては、それが望んでいるものであろうがなかろうが、怖さと不安を抱くことがとても多くあるのです。

 

この怖さと不安によって、自分が押し潰されてしまわないように、元の自分に戻りたくなる心理が働きやすいのです。

 

では、せっかくトントン拍子に進行している結婚や妊娠に対して、どのような心理状態が望ましいと言えるのでしょうか?

 

そして、それを改善できる手立ては、あるのでしょうか?

 

それはある、と言えるでしょう。

 

そしてその具体的かつ、効果的な方法の一つが、自分は幸福を獲得していい、ということを自分で認めていくことだと言えるでしょう。

 

あなたは自分が、幸福を手にしよい存在だと、許しているでしょうか?

 

もしそうでないとしたら、少しずつ、幸福を手にする自分を許してみてはどうでしょう。

 

きっと、現実と反対の心理がシンクロをしていき、結婚と妊娠がトントン拍子に進んでいくことに対して、さらに大きな幸福を味わえることでしょう。

 

 

  

「恋愛がトントン拍子なのが怖い、不安」

 

恋愛がトントン拍子になるのが怖い、不安だ、ということもあり得るでしょう。

 

これもまさか自分がこんな素晴らしい人と一緒になるなんて、とか、自分は良い恋愛などできない、という信念が強くあると、現実と心理のギャップによって不安と怖さが生まれる可能性があります。

 

上述の通り、もしあなたがそのような不安と怖さを実感しているなら、あなたには自分が恋愛で幸福を手にできるとは思っていないか、あるいは自分には幸福な恋愛は不可能だと思っている可能性があると言えます。

 

この心理と現実のギャップは、とても矛盾した行為をしてしまうことにさえ繋がります。

 

そして、どっちの自分が最後は勝利するか、という結果を待つことになるでしょう。

 

つまり幸福な恋愛を味わっている自分か、または、元の通りの自分か、という二つの結果になると考えられます。

 

そして多くの場合で、元の自分が勝利を収める可能性というのは、高いものです。

 

なぜか?

 

それは元の通りの自分が、実は、とても居心地よく感じやすいからです。

 

さらには脳機能t形な側面からも、新しいことや、新しい環境というのを拒む傾向があるからです。

 

人間の脳は、以前の環境や記憶している環境を前提に、どのように生きていくべきかを合理的に思考しようします。

 

環境が変わると、それまで蓄積したことが通用しなくなったり、通用しない環境にいくことに、とても大きな不安と怖さを抱かせる傾向があるのです。

 

例えば引っ越しなどをしたり、転職などで、新しい環境に初日からポジティブな心理で挑み、これまでと変わらないことをできる人は少ないでしょう。

 

最初は様子を羽化がながら、徐々に慣れていき、そして気が付くと順応しているという場合が多くあるでしょう。

 

このように変化とは、自分がすでに抱いている不安と怖さを、実はそうではないのだ、と脳に少しずつ教えていく必要があると言えるのです。

 

恋愛がとんとん拍子で怖いのも、それに慣れていくことが必要で、あなたがもし、幸せな恋愛をしていきたいなら、自分で自分に教え込んでいく繰り返しが重要となるでしょう。

 

そして、あなたとあなたの脳や記憶が、それを受け入れるようになった時、現実はきっとさらに変わって見えることでしょう。

 

自分は幸福になって良いこと、自分が幸福になることは難しいことではないことを、受け入れらるようになるでしょう。

 

 

「本当に縁がある人について」

 

本当にご縁がある人について、あなたはどのような印象や意見を抱いているでしょうか?

 

そしてご縁があるかないかを、どのように判断しているでしょうか?

 

例えば付き合ったけど、結婚出来なかったからご縁がないと思うのか、それとも結婚出来たからこの人とはご縁があると思うのか、いろいろな意見があることでしょう。

 

ご縁があるかないかは、おそらく、それに固執して考えたり、あるいは何かの判断基準にしない方が良いと言えるかも知れません。

 

それはなぜか?

 

それは、事実とはかなり関係のないことであり、ご縁というものがあるとしたら、人は自分の好んだ人だけと付き合う傾向にあると言えるからです。

 

そしてこの傾向は、年齢に比例して、顕著になる場合が多くあります、

 

例えば熟年離婚という言葉があるように、何十年も一緒にいた人が、最後に離婚してしてしまうことがあります。

 

何十年と一緒にいるときはきっと、ご縁を感じていたことでしょう。

 

しかし最終的な離婚という結論となった時、そのご縁はどうなるのでしょうか。

 

この人とはご縁がなかった、そう結論づける人がいるとしたら、それまでのご縁はなんだったのでしょう。

 

これは重要な疑問です。

 

つまり、人はご縁というものを、自分の都合よく現実にしようしている可能性があるとい位得るのです。

 

本当にご縁があるとかないとか、それを基準にすると、ただ変化し続ける現実や結果に順応にそれを用いてしまうことに繋がります。

 

言い換えるなら、結果によっては、ご縁があるのかないのかが、コロコロと変わるということです。

 

これは結果にのみ右往してしまう自分になりやすく、何かを実現していくことや、理想や自分の希望を実現していくことを困難してしまうでしょう。

 

あなたにとって大切なことは、時間をかけて、幸福になることではないでしょうか。

 

 

それを考え直してみると、きっと、あなたの望んだ答えを見つけることにつながるでしょう。