運命の人との結婚エピソードは重要ではない理由

 

運命の人との結婚のエピソードは、実はあまり重要ではないのが当サイト(マインディストKEN)の考えです。

 

ここでは、様々なパターンの運命的な結婚のエピソードをご紹介し、なぜあまり重要でないのかについても考察しています。

 

きっと、あなたの役に立てる内容になっていることでしょう。

  

 

「結婚の馴れ初めのエピソードについて」

 

結婚の馴れ初めには、誰しも何らかのエピソードがあるものです。

 

時に他の人のそれらを聞いては心が躍ったり、あるいは驚いたりもするでしょう。

 

そして結婚や馴れ初めのエピソードには、無限のストーリーが存在していることに気がつかされます。

 

しかし例えば結婚したくてどうしようもない人は、この他人の無限にも存在するエピソードと自分とを照らし合わせて考えようとすることがあるのです。

 

なぜでしょう?

 

その理由とは、自分の結婚の可能性を高めたいという欲求か、不安が強くある傾向があるからです。

 

しかし他の人の馴れ初めが、自分に適応する可能性はほぼゼロに近いでしょう。

 

その理由の一つこそ、エピソードは無限に存在するからです。

 

例えばあなたもきっと、自分の親の馴れ初めや結婚に至るまでのエピソードを聞いたことがあるでしょう。

 

聞いたことがあるなら、おそらく、親のそのエピソードはとても強い印象があり、そしてとても真実味を感じている可能性があります。

 

親という存在はとても大きく、子供が最初に知る社会の住人であるものです。

 

そして子供はありとあらゆることを、親から学び、真似をしたり、あるいは質問などをして答えを導き出そうとします。

 

親も一生懸命に答え、子供のために尽くそうとします。

 

その結果、子供が獲得する知識の多くは、自分の親の体験やエピソードが何かを判断する軸や基準になることが多くあります。

 

つまり結婚や結婚におけるエピソードについても、このような傾向があると言え、親のように自分も、という考えが生まれたしているのです。

 

たとえ自分の親であっても、それは自分の結婚おエピソードになる可能性はほぼありませんん。

 

むしろそれにこだわることがあるとするなら、それは大きな結婚への障壁にもなりかねません。

 

これは親に限らず、他のドラマや映画などの結婚エピソードが強く記憶にあったり、あるいは多く所有していることがあります。

 

この結果、自分の判断基準が自分ではなく、植え付けられたそれら他の人のエピソードか、あるいはドラマのような作り話になってしまうことは無きしもあらずなのです。

 

特にドラマなどのフィクションが気がつかないうちに、自分の恋愛や結婚の基準になっている可能性はあります。

 

そのため、非現実的なこと、あるいは非現実的な要求などが当たり前のような感覚になってしまうと、結婚はうまく機能しないことが多いでしょう。

 

結婚の馴れ初めや、その他いかなるエピソードは、自分で作っていくものであり、受け入れではそれは自分に該当しないことが多くあります。

 

自分をしっかりと保ち、自分は自分の幸福を獲得する努力を忘れないようにすることが重要です。

 



《広告》