運命の人と結婚しないのはなぜか?そこに働く心理とは...

 

運命の人と結婚しない時が実はあるものです。

 

そこにはおそらく、あなたの心理が機能している可能性があります。これより先は、様々な場合における、きっとあなたも知らなかったその心理を詳細にご紹介します。

 

きっと、あなたの運命の人と結婚しない理由や原因を知るヒントになることでしょう。

 



《広告》


 

「運命の人は結婚相手とは違うこともある」

 

運命の人は、あなたの結婚相手とは違うことがある場合があります。

 

そうです。

 

運命の人と思っても、第三者である他の誰かに言われたとしても、それは必ずしも結婚する運命にあるとは限らないのです。

 

それはなぜでしょうか?

 

運命の人が結婚相手と違う理由には、運命と言われているものが本当に存在するかの是非を問う必要があります。

 

運命は本当に実在するのでしょうか?

 

結論から言うと、それは存在ます。

 

しかしそれは、概念という形で存在しているということです。これが当サイト(マインディストKEN)の運命に対する考えになります。

 

概念として存在する運命とは、どのようなものかというと、それは個人の個人のよる、個人のためのものとして、それぞれが所有していると言えます。

 

つまり、運命とは個人的な解釈であり、創造的な思考という概念であるということです。

 

とてもわかりやすく例えるなら、概念とは形容詞的なものだと言えます。

 

大きい、小さい、甘い、辛い、などなど、これらは何かがどのような状態かを形容している表現ですが、これには個人で差があるのです。

 

つまり主観であり、客観性に乏しいものといえ、言い換えると運命とは客観的事実がない、というのが概念なのです。

 

運命の人と結婚出来ない、結婚相手と異なるということは、これは個人的な解釈であるとしか言いようがないのです。

 

問題は、あなたの主観的な思考や感覚が、運命や運命の人との結婚に対して、どのようなものであるかが重要なのです。

 

 

そして、おそらく多くの場合で、運命の人は結婚相手とは違うと思っている人は、運命の人と自分が結婚できる存在ではないという思い込みが強いことがあると言えます。

 

この思い込みはいつの間にか、本当に知らないうちに、自分の中で構築してしまっている場合があります。

 

つまり、人は自分でも知らずして、運命というなんらかの概念を作っており、その中身は必ずしも本人の望んだものであるとは限らないのです。

 

思い込みもまた概念です。

 

そして人はこの思い込みの通りの決断や判断。行動を繰り返していることが多くあります。

 

運命の人は結婚相手ではないとか、運命の人とは結婚出来ないという思い込みは、自分がそれが正当で妥当性があり、合理的だとして、そうなる決断をしている傾向があります。

 

運命はあなたの中の概念であり、そうであるなら、あなたは運命の人と結婚もできるし、それを自分で不可能なものだとすることもできます。

 

以下のリンク先では、運命の人と結婚相手は違うことについて、より詳細にお伝えしているページになります。

 

あなたの運命的な結婚の役に少しでもなるかも知れません。

 

→ 結婚相手は運命の人と違う

 

→ 自分は結婚できない理由

 



《広告》


  

「運命の人じゃない人と結婚する」

 

運命の人とは結婚出来ないとか、結婚相手は運命の人と違う人だということが思い込みの一種であるなら、運命の人じゃない人と結婚することについてはも、きっとあなたは理解をすでに出来ている部分があるでしょう。

 

つまり、運命の人じゃない人と結婚すると思っている人や信じている人の多くには、自分の中で運命の人とは結婚はできない、難しい、自分には無理だ、という思い込みが構築されていることがあるのです。

 

その結果、運命の人じゃない人と結婚しよう、という判断をしやすくなります。

 

そしてこの判断に至る心理においても、自分ではとても正しい選択だと強く感じて、決めていることが言えます。

 

人の中にある概念という思い込み、または信念という思い込みは、その人の心理状態と行動に如実に反映しやすいものです。

 

例えば運命の人じゃない人と結婚したと思っている場合は、運命の人と結婚を本当はしたくても、それを阻止することを当然のように行えることや、結論づけることが多いからです。

 

例えば、目の前にお化け屋敷があるとして、お化け屋敷が怖くし危険だと思っている人と、楽しめるチャンスだと思っている人は、全く異なる決断をすることがあるのと似ています。

 

お化け屋敷は客観的な事実からすると、人が作り出したものであり、怖がることが醍醐味のエンターテインメント施設であることがわかります。

 

ところがそれが本当はどのようなものであるかの概念は、それぞれ主観的に違うのです。

 

怖い人、楽しい人、つまらない人、たくさんいるのです。

 

そして各個人が所有しているそれら主観と概念に基づいて、自分が何をするかの判断を常にしているわけです。

 

そして結果的にお化け屋敷に入ることや入らないこと、それによって楽しめた人、後悔した人などに分かれます。

 

そしてそれら判断のどれもが、自分では正しかったと結論づける傾向があります。

 

運命の人ではない人と結婚をする一連の心理的な状態も同じことが言え、最初から自分が運命の人と結婚ができると、自分で自分の可能性を許していない可能性があると言えるでしょう。

 

では実際に、運命の人と結婚をすることは可能なのか?

 

ということですが、それはきっと可能です。

 

なぜなら、運命の人ではない人と結婚できることが、自分の中では可能だと思っていて、それが実現できるわけですから、運命の人との結婚も同じような主観と心理と行動や決断が働いているとすると、それは可能なのです。

 

問題は、あなた自身がそれを自分に、許しているかの問題と言えるでしょう。

 

人は必ずしも、自分が本当に望んでいることがあったとしても、そうなる自分を許しているとは限りません。

 

例えば望みとは逆の自分を許していると、望みが叶わないように叶わないように、という選択を自発的にしていることがあるのです。

 

これを改善するには、自分としっかりと向き合い、自分の選択と行動の原因を探る必要があります。

 

なぜ自分はどのような判断に至ったのか?

 

その判断と決断は自分が本当に望んでいることに、少しでも役に立つものだったか?

 

などなど、過去の自分と、今の結果を手にしている自分と向き合うことに多くの時間を費やすことが重要となります。

 

人は後悔などしたくないと思い、いつも行動している傾向があります。

 

しかし、それが時間が経過した後に、実は本当に望んだことを決断しなかったことに気がつき、結果的に後悔することもあります。

 

後悔はとても良いことです。

 

過去の自分を振り返り、あなたの決断によって生じた今という現実と結果を、よく考えることを可能にしてくれます。

 

そしてもし、望んだ人生ではないと思ったのなら、思う存分に後悔することが大切でもあるのです。

 

これはもう後悔したくない、自分の望んだ決断をしたい、そう願い、それを実行していく力になるか、その大きな助けになります。

 

そして後悔したのなら、これから、後悔しない選択を始めていけばいいだけです。

 

これはとても重要です。

 

なぜなら、あなたの主観的思い込みの繰り返しと、未来や将来の現実を、もう二度と体験しないために必要となる最初の一歩となり得るからです。

 

 

「どうしてもっと早く、この決断をしなかったのか。」

 

 

過去の自分と今の自分を振り返り、このような思いが沸き起こったのなら、どうしてもっと早くしなかった決断を、今からするか、行動に移していくことが重要となります。

 

そうしないと将来も未来も、今の主観的思い込みの延長を進む可能性を高めるでしょう。

 

そして、きっと、あなたは自分を、自分の将来と変えられるのですから。

 

運命の人との結婚を望む場合、もしかすると以下のページがとても効果的で役に立つかも知れません。

 

 

→ 運命の人と結婚

 

 



《広告》


  

「運命の人と結婚できないという思い込み」

 

運命の人と結婚出来ないという思い込みがあると、その可能性を自分で高めるか、可能性を高める決断と行動を自発的にしてしまうことがあるのを、きっとあなたも理解してくれたと思います。

 

そうです。

 

これは思い込みであり、それは心理を作り、そして心理が確定すると思い込みの通りに行動することが当然であり正解であると、さらに思い込みを強くしていく傾向があるのです。

 

運命の人と結婚出来ないもっともな理由も、正当性も、そして真実性も、おそらく存在しません。

 

言い換えるならもっともな理由、正当性、真実性は、その人の中にしか存在しないと言えるでしょう。

 

つまりあなたの中に、あなたのみに通用する真実があるというわけです。

 

これは運命が物的に存在しているわけではなく、概念として存在しているからということができます。

 

どのようなことにおいても概念は存在しています。

 

目の前に家があるということにおいても、家があるということは客観的な事実であり、物的な事実と言えます。

 

しかしその家が大きいのか、立派なのか、好みなのかなどなどを、人は無意識ながらに意識しながら見て判断していることが多いのです。

 

これが思い込みというもので、とても強い信念として機能しています。

 

例えば、先ほどの目の前の家が立派すぎるという思い込みが生まれたら、その家を自分で立てようとは思わないし、また建てないような選択を正当だと強く感じているでしょう。

 

その結果、そこから発生するいかなる思考も行動も、正しいという判断のもと決断していく傾向を強めていくのです。

 

これは思い込みの一つであり、決して客観的な事実とは言い難いものです。

 

言い換えるなら、例えあなたにとっては立派すぎると思う家であれ、あなたにそれが実現できないもっともな理由は存在しないということです。

 

これは運命の人と結婚できるかできないかにも、同じことが言えるでしょう。

 

あなたがどのような思い込みが、今、自分の中にあったとしても、それは決して将来を決めている要素としては不十分です。

 

ただし、その思い込みの通りの選択をしなければ、ということです。

 

今抱いている思い込み、つまり、運命の人とは結婚出来ないという思い込みがあるなら、自然とそうなる思考と選択と決断をしてしまいやすくなり、それがそのまま本当に自分の将来となることにつながります。

 

これが将来に運命の人と結婚出来ない可能性を、本当に高めてしまいます。

 

そしてもっとも注意すべき点というのは、その可能性を高めているのは他でもない、自分自身ということです。

 

未来の可能性は自分が高める、ということを事実として受け入れるようになると、きっとあなたの行動は変わっていくでしょう。

 

自分でそれを変えることや、変えていくことに対して、自分で責任をもち、自分の望むことが実現できるような選択を自発的にする必要性を理解するようになります。

 

これはとても大切です。

 

なぜなら、将来を変えていくか、望むものにしていくには、これがスターチ地点と言っても過言ではないからです。

 

運命の人と結婚出来ないということが思い込みで、あなた自身がそれを望んでいないのなら、あなたはそれと向き合い、そして自分で変えようと、今までとは異なる決意が必要です。

 

そしてそれはきっと、あなたにはできるはずです。

 

自分と向き合い、自分を知り、自分をどこに連れて行きたいか、あなたには決めることができるのです。

 

運命の人と結婚出来ない理由について、以下のリンク先でもご紹介をしています。

 

あなたの理想的な将来と結婚に、何か役に立てるかも知れません。

  

→ 運命の人と結婚できない理由

 

自分は結婚できない理由

 

 



《広告》


 

「結婚しない運命がある。という思い込み」

 

結婚しないという運命がある、そう思っている人はいることでしょう。

 

しかしそれは、私は結婚をしない、ということをなんらかの理由としてその選択をしていると考えることができ、またその可能性は濃厚だと言えるでしょう。

 

結婚しない運命があると思うことは、個人の自由です。

 

それが事実だと思うことも、全くの自由です。

 

例えばあなたが牛肉が好きだとして、美味しいと思うことが自由であるのと同じです。

 

しかし異なる国においては、食べてはいけない食べ物であったり、あるいは個人的に牛肉が好きではない、美味しいと感じない人がいます。

 

あなたがいくら牛肉が好きでも、それを嫌いな人に対して好きにさせたり、美味しいと思わせることは無理であるか、不可能に等しいものです。

 

逆に大好きなあなたが、牛肉を嫌いになることも難しいでしょう。

 

つまり結婚しない運命があることや、自分がその1人であるということ、それをいつまでも所有していることも自由だし、また放棄することも自由であるということです。

 

あなたが何を選び、そしてどのような結果を受け取るかは、全くあなたの自由であるのと同時に、それを変えていくことさえ可能だと言えるのです。

 

とは言え、人は自分で望んでいることとは逆の思考や行動、選択をしていることはあるのです。

 

それも気がつかないまま、望まない結果となる可能性を高める選択をし続けていることがあります。

 

それが思い込みや信念、価値観、なんと表現されても構いませんが、それらが心理状態を作り上げ、現実のもとなる可能性を自分で高めていきます。

 

これには注意した方が良いでしょう。

 

なぜなら自分の将来の可能性を、望まない将来になることに力を貸し、助けていると言えるからです。

 

自分と向き合い、そして、自分の将来に責任のある選択をする決意と覚悟をしてみましょう。

 

きっと、あなたは変われるはずです・・・・

 

以下のリンク先は、結婚出来ないという思い込みを解決するのに、きっと役に立つことでしょう。

 

 

→ 自分は結婚できない理由

 



《広告》


  

「運命の人と出会うとどうなる」

 

運命の人と出会うと、きっと自分は幸せになれるとか、素晴らしい結婚生活を手にすることができると思っている人がいることでしょう。

 

確かに運命という概念が、大抵耳にするような内容であり、それが事実で真実であるなら、そのような想像はしやすいと言えます。

 

しかし運命とは上述でもした通り、あくまで個人的な解釈であり、概念です。

 

そして運命の人とは人生が始まる前から決まっていたり、またそうであるなら結婚相手もその人に決まっているという概念があります。

 

概念であるということは、どんな人がどんなことでも言えるし、またそれが事実だという確証を持てるのも、そう言っている本人のみになります。

 

わかりやすい例えを言うなら、このカレーは辛すぎるとか、甘いとか、スパイスが効いている効いていないという判断が、あくまで個人的なものであるのと似ていて、運命も個人的な判断によって、それが何かを話していると言えます。

 

そのため、運命の人と出会うとどうなるかも、人によって異なるのです。

 

運命の人出会うとどうなるかについて、あなたが心の奥底で抱いている信念や固定観念、思い込みといったものが如実に表現されることがあります。

 

言い換えるなら、運命の人と出会うと、あなたがどうなるかについては、実際に会ってみたとき、あなたの中にあった思い込みが反映される、と言うことが示唆されるのです。

 

これは重要な経験であり、これを自分で客観的に受け取ることによって、運命の人と出会うと自分はこうなってしまうのか、こうなる思い込みを抱いていたのか、と言うことを肌で感じることにつながります。

 

そして、自分自身が運命の人と結ばれるべき存在だと思っているのか、それを望んでいるけど、歪曲しているのかをよく理解できることでしょう。

 

運命の人と結婚出来ないと思っていても、決してそれを諦める必要はないのです。

 

そう思い込んでいる自分を、自分でよく理解することが、とても重要なのです。

 

以下のリンク先では、運命の人と出会うとどうなるかについて、詳細にご紹介しています。

 

あなたが運命の人と出会ったときに、何か良いアイディアや考えのきっかけを与えてくれることでしょう。

 

→ 運命の人と出会うとどうなる

 



《広告》


 

「運命の人や結婚相手ではないサインや特徴」

 

運命の人や運命の結婚相手ではない特徴やサインがあるかも知れません。

 

しかしそれは必ずしも、統一したものであるものではなく、あくまで個人的な差があることを忘れないことが重要です。

 

運命の人であるサインと特徴も、そうでないそれらも、それらも概念であると言えます。

 

共通したものや、確実なものというのはありませんが、それを見つけやすい心理状態というのはあると言えるかも知れません。

 

それとは、自分jが運命の人を求める欲求が、とても少ない時になりやすい心理状態といえ、中立の状態と言えるでしょう。

 

中立的な心理というのは、自分の求めているものやそれによって強まる主張、主観、思い込み、願い、希望というものがほぼない心理状態と言えます。

 

これらは全て、目の前の現状を中立的にではなく、自分の都合の良いか、悪い状態のどちらかに偏らせる傾向が強まります。

 

例えば運命の人と出会いたい、結婚したいという願望や希望が強いなら、目の前の現状、または特徴やサインというものに対して、希望的観測を強く抱いた解釈をしやすくなるでしょう。

 

これは希望的な観測であることには変わりなく、また希望的観測は事実であるとは言い難いものです。

 

運命の人じゃない特徴やサインについての捉え方も同じで、見方を変えてみると、実はそれら特徴がない人や、そうではないサインが、自分の運命の人だったということにもなりかねないのです。

 

重要なことは、決めつけや偏見を、できるかぎり少なくして、現状や自分、そして相手をみることだと言えるでしょう。

 

これら偏見と決めつけは主観や思い込み、希望などが、大きく関わっている可能性があります。

 

そしてこれらを小さくして、自分や相手や現実を、中立の心理で捉えるようにするためには、あなたの精神が深くリラックスしていることが重要でしょう。

 

このリラックス状態を日常の忙しい時間で獲得することは、とても困難であるかも知れません。

 

しかし身近な所で、それをわずかでも体験できる可能性があります。

 

それが寝起きの直後だと言えるでしょう。

 

寝起きは寝起きでも、特に、休日などと言った、起きてからすぐに何かをやるべきことがないタイミングが望ましいと言えます。

 

寝起きのリラックスできる時間に、ボーッとしながらの状態で、運命の人について考えてみると、意識がはっきりしているときの意見とは違う意見が出てきたりします。

 

そしてこのような状態、つかり強い欲求や希望がなく、また絶望も持ちにくい状態とは、あなたの運命の人に対する自分や相手、現状をとても中立的に思考できることを助けてくれます。

 

きっと、今までとは異なる、あなたの中での真実を見つけることにつながることでしょう。

 

以下のリンク先は、運命の人の特徴や、そうじゃない特徴について触れています。

 

あなたの運命の人を見極める何かしらの助けになることでしょう。

 

 

→ 運命の人じゃない特徴

 

→ 運命の人&パートナの特徴

 

→ 運命の人の特徴トップ

 



《広告》


  

「運命の人の結婚エピソードを信用する必要がない理由」

 

 運命の人の結婚エピソードは、あなたに重要であるかどうかについて、おそらく重要度としては高くないと言えるでしょう。

 

ここまでお読みになったのなら、そうだと言える理由にきっと、理解が深まっていることでしょう。

 

運命とは個人的な解釈と概念であり、他の人のどのエピソードも、その人本人のみに通用し適応するものであると言えます。

 

それを信用して、自分に当てはめることは重要な時もありますが、それを信用しすぎることはむしろ、自分の判断を誤ってしまう可能性を高めるでしょう。

 

自分の中にあるものを、他人のそれが上回ることができるときは、自分がそれを許した時だと言えます。

 

つまり、自分の中にそれを受け入れても良い覚悟や、その結果を受け取れるだけの決意があってこそ、それは受け入れられるべきものだと言えます。

 

あなたには、自分の運命の人との結婚はこうだった、そう言えるエピソードを自分で作っていくことができる存在であるわけです。

 

では、あなたは自分でそれを行う人になるのか、他の人のエピソードを受け入れて、それと照らし合わせていく人になるのか、どちらかを選択できる機会に、常に恵まれていることを忘れないようにした方が良いでしょう。

 

常に恵まれているというのは、他の人の結婚エピソードが常にあなたの害になるわけではなく、受け入れてみる機会にも恵まれているということです。

 

いろいろなことを試した結果、自分で最終的に決めても良いわけです。

 

人は強い存在ではないし、もしかすると、何かを決めるということは容易いことでもないかも知れません。

 

そうであるなら、あなたが自分で決めることを、繰り返し常に存在している豊富な選択という機会と経験の中から、それを行っても良いはずです。

 

あなたはきっと、自分にベストな選択をできるようになるだろうし、その時はすでに、他の人のエピソードは不要となっていることでしょう。

 

以下のリンクでは、結婚とエピソードに関して、より詳細にご紹介しているページになります。

 

→ 運命の人結婚エピソード