「運命の人に出会いたい」そこに落とし穴が?心理的重要性とは

 

あなたは自分の運命の人に出会いたいでしょうか?もしそれが可能だとしたら、そこには大きな心理的要因があると考えられます。

 

ここではそれを独自の理論に基づいて、ご紹介しています。

 

きっとあなたの運命の人との出会いに、役に立つことでしょう。

 



《広告》


 

「1運命の人に出会いたいと望む気持ちの問題点」

 

運命の人に出会いたい、そう思う気持ちはきっと、多くの人にあるものです。

 

しかしあなたは、その気持ちがもしかしたら、問題点となっているということを考えたことがあるでしょうか。

 

実はこれは大いにあり得ることで、運命の人に出会いたいと望む気持ちが大きいほど、それは顕著になっていく可能性があるのです。

 

それはなぜでしょう?

 

人の感情や気持ちというのは、ほとんどの場合で、心理的に欲求が高まったときに大きくなる傾向があるのです。

 

この心理的な欲求の高まりは、その人が何かを満たしたいという衝動から大きくなる傾向があります。

 

簡単な例えをすると、人が仕事をしていて、お昼頃に差し掛かったとき、お腹が空いていることに気がつくとしましょう。

 

そのときに、もうお昼でかなり集中して仕事をしていたので、空腹感をかなり感じているとすると、食欲は大きくなっていくことがあります。

 

つまり欲求がかなり高まり、そして、それを満たそうとする行為に及ぼうとするのです。

 

いろいろな食べ物を見ては美味しそうと感じるし、何でも食べたいとさえ思うほど、食欲は増進しているでしょう。

 

そして大抵の場合、ついつい食べ過ぎてしまうことになるでしょう。

 

これはとても簡単に人の欲求と感情の例えた話ですが、あながち的外れでもないのです。

 

これを運命の人に出会いたいという感情と欲求に置き換えてみましょう。

 

運命の人に出会いたいという感情と欲求の高まりは、お腹が空いていて、何かをすぐに食べたいというものと、実は酷似していると言えます。

 

運命の人に会いたい欲求は、そのまま、それを見つけることに執着し、さらには、そのためならなんでもすると盲目的になったり、自分が今満たされていないのは、運命の人がいないからという心理にさせてしまう傾向が強くなります。

 

人の心理的な働きには、お腹が満たされていない時ほど、食べ物への執着が高まり盲目的になりやすくなる傾向があります。

 

つまり自分の中にある高い欲求が、外の環境で実現されていないとき、最も心理的なバランスを崩しやすいと言えるのです。

 

その結果、食欲は暴走しやすく、結果的に食べすぎていると知りながらも、盲目的に食べ続けてしまうことに繋がりやすいのです。

 

運命の人もこれに似たような現象であると聞くと、あなたは驚くかもしれません。

 

しかし人は心理状態によって、自然と勝手に動いしまうことがとても多くあるのです。

 

運命の人と出会いたい欲求がとても高くなると、それは自分の中にあるそれと、外の環境とに、自らギャップを大きくしていくことを助けます。

 

そして望めば望むほど、自分の欲しいものから遠ざかるか、あるいは盲目的になり、見えにくくしてしまいます。

 

見えにくいというのは、とても危険とも言える心理状態と言えます。

 

なぜなら、盲目的であるということはそのまま、運命の人が誰であるかに気が付きにくいことと、出会っていてもそれを知ることを困難にしてしまう傾向になるからです。

 

それだけではないでしょう。

 

盲目的になるということは、すぐに自分の欲求を満たすことに熱心になり、集中的で、他のことが見えなくなっている状態とも言えます。

 

そのため、間違った人を運命の人だと思い込む可能性も高めるのです。

 

あなたの心理状態がもし、運命の人と出会いたいという気持ちや感情た高くなり、欲求として高まっているなら、それは今まさに、欲求が満たされない不満と不安、そしてストレスを多く実感していると言えるでしょう。

 

そしてそのままの心理で、運命の人を探したり、見つけようとすることは、あなたにとって必ずしも良い結果を招くとは限らないものです。

 

あなたの心理状態がとても乱れている時に、どうして運命の人が誰かを、自分で正確に気がつくことができるでしょうか?

 

このことについて、より詳しくは以下のリンク先にもご紹介しています。

 

是非とも一読して欲しいものであり、きっと、あなたの運命の人を見つけ、それを知るた目の手助けになることでしょう。

 

→ 運命の人と出会う

 

→ 運命の人を知る、出会う、結ばれる

 

→ 運命の人に出会うには