「運命の人に出会いたい」そこに落とし穴が?心理的重要性とは

 

あなたは自分の運命の人に出会いたいでしょうか?もしそれが可能だとしたら、そこには大きな心理的要因があると考えられます。

 

ここではそれを独自の理論に基づいて、ご紹介しています。

 

きっとあなたの運命の人との出会いに、役に立つことでしょう。

 



《広告》


 

「1運命の人に出会いたいと望む気持ちの問題点」

 

運命の人に出会いたい、そう思う気持ちはきっと、多くの人にあるものです。

 

しかしあなたは、その気持ちがもしかしたら、問題点となっているということを考えたことがあるでしょうか。

 

実はこれは大いにあり得ることで、運命の人に出会いたいと望む気持ちが大きいほど、それは顕著になっていく可能性があるのです。

 

それはなぜでしょう?

 

人の感情や気持ちというのは、ほとんどの場合で、心理的に欲求が高まったときに大きくなる傾向があるのです。

 

この心理的な欲求の高まりは、その人が何かを満たしたいという衝動から大きくなる傾向があります。

 

簡単な例えをすると、人が仕事をしていて、お昼頃に差し掛かったとき、お腹が空いていることに気がつくとしましょう。

 

そのときに、もうお昼でかなり集中して仕事をしていたので、空腹感をかなり感じているとすると、食欲は大きくなっていくことがあります。

 

つまり欲求がかなり高まり、そして、それを満たそうとする行為に及ぼうとするのです。

 

いろいろな食べ物を見ては美味しそうと感じるし、何でも食べたいとさえ思うほど、食欲は増進しているでしょう。

 

そして大抵の場合、ついつい食べ過ぎてしまうことになるでしょう。

 

これはとても簡単に人の欲求と感情の例えた話ですが、あながち的外れでもないのです。

 

これを運命の人に出会いたいという感情と欲求に置き換えてみましょう。

 

運命の人に出会いたいという感情と欲求の高まりは、お腹が空いていて、何かをすぐに食べたいというものと、実は酷似していると言えます。

 

運命の人に会いたい欲求は、そのまま、それを見つけることに執着し、さらには、そのためならなんでもすると盲目的になったり、自分が今満たされていないのは、運命の人がいないからという心理にさせてしまう傾向が強くなります。

 

人の心理的な働きには、お腹が満たされていない時ほど、食べ物への執着が高まり盲目的になりやすくなる傾向があります。

 

つまり自分の中にある高い欲求が、外の環境で実現されていないとき、最も心理的なバランスを崩しやすいと言えるのです。

 

その結果、食欲は暴走しやすく、結果的に食べすぎていると知りながらも、盲目的に食べ続けてしまうことに繋がりやすいのです。

 

運命の人もこれに似たような現象であると聞くと、あなたは驚くかもしれません。

 

しかし人は心理状態によって、自然と勝手に動いしまうことがとても多くあるのです。

 

運命の人と出会いたい欲求がとても高くなると、それは自分の中にあるそれと、外の環境とに、自らギャップを大きくしていくことを助けます。

 

そして望めば望むほど、自分の欲しいものから遠ざかるか、あるいは盲目的になり、見えにくくしてしまいます。

 

見えにくいというのは、とても危険とも言える心理状態と言えます。

 

なぜなら、盲目的であるということはそのまま、運命の人が誰であるかに気が付きにくいことと、出会っていてもそれを知ることを困難にしてしまう傾向になるからです。

 

それだけではないでしょう。

 

盲目的になるということは、すぐに自分の欲求を満たすことに熱心になり、集中的で、他のことが見えなくなっている状態とも言えます。

 

そのため、間違った人を運命の人だと思い込む可能性も高めるのです。

 

あなたの心理状態がもし、運命の人と出会いたいという気持ちや感情た高くなり、欲求として高まっているなら、それは今まさに、欲求が満たされない不満と不安、そしてストレスを多く実感していると言えるでしょう。

 

そしてそのままの心理で、運命の人を探したり、見つけようとすることは、あなたにとって必ずしも良い結果を招くとは限らないものです。

 

あなたの心理状態がとても乱れている時に、どうして運命の人が誰かを、自分で正確に気がつくことができるでしょうか?

 

このことについて、より詳しくは以下のリンク先にもご紹介しています。

 

是非とも一読して欲しいものであり、きっと、あなたの運命の人を見つけ、それを知るた目の手助けになることでしょう。

 

→ 運命の人と出会う

 

→ 運命の人を知る、出会う、結ばれる

 

→ 運命の人に出会うには

 



《広告》


 

「2運命の人に出会いたい欲求と感情」

 

 

運命の人に出会いたい欲求と感情は、上述のお腹が空いて、何かをたくさん食べたいという欲求と感情に似ている可能性があります。

 

なぜなら、人が強い欲求を持った場合、そこには心理的な空間が生まれるようになり、これはそのままその空間を満たさないとならないという衝動が大きくなることがあるのです。

 

欲求は心理的な虚無感となり、この虚無感をずっと抱いているとき、多くの場合で人は、心理的なパランスを崩しやすくなるのです。

 

それは上述の食欲でも同じなのです。 

 

食欲が大きくなると、例えばイライラしたり、早く何か食べたいという衝動が強くなったり、たくさん食べたいなど、心理的なバランスが大きく崩れることがあります。

 

この心理的バランスが崩れるのは、欲求という満たされていない内なる部分と、外的な環境に差があるからです。

 

つまり、「お腹が空いているのに目の前に何も食べ物がない」、という内と外の全く異なった状況が、この心理的なバランスを大いに崩しやすくします。

 

そしてもっとも問題となるのは、この心理的なバランスが大きいか、あるいは長期間それが続くことによって、多くの場合で人は欲求の暴走をしてしまう傾向にある点です。

 

だから、つい食べ過ぎてしまったり、余計なものまで注文してしまったり、食べ終えてもおやつを食べたいと思ったり、欲求を満たしきろうとする傾向が強まるということなのです。

 

 

このような心理的な状態になると、すでに自分や、あるいは周囲の状況を冷静には見ることが困難な状態になっていることが多くあります。

 

例えば上述の例に加えて、さらにダイエット中だとしたら、ダイエット中なのに食べすぎてしまうだろうし、食べすぎていると頭で理解しつつも、食べ進めていることをしてしまうのです。

 

欲求の暴走は、それが満たされないと感じる強さと期間に比例して、大きくなることがあります。

 

この欲求の暴走は、運命の人と出会うことをより難しくするか、あるいは出会えたとしても、それに気がつきにくいと言えます。

 

なぜか?

 

それは、すでに欲求の部分だけを満たすことに、思考と意識、そして行動が集中的になっているからだと言えます。

 

このような心理的かつ身体的状態になることによって、運命の人と出会いたいといくら思っても、それは逆効果となることが多くなるのです。

 

次に、運命の人と出会いたいという欲求や感情を抑えることで、おそらく多くの点で実感できる良い効果を紹介していきます。

 

 

 

「3運命の人と出会いたい欲求を抑える良い効果とは」

 

運命の人と出会いたい、という欲求を抑えることによって、不思議と心理的な重圧やストレスは軽減することを体験することがあります。

 

これは欲求の空間を満たそうとする働きや、イライラ、虚無感、怒り、消失感、怒り、嫉妬という感情が抑えられるからだと言えます。

 

イライラやその他の感情が生まれる理由や原因の多くこそ、欲求が大きくて、かつそれが、満たされていない状況にあるなら、欲求の大きさを小さくするか、あるいは捨て去ることによって、これらの感情が不要になることがあるのです。

 

これらの感情がなくなることによって、実は、人の思考というのは、大きく変化することがあるのです。

 

これは自律神経的な部分が深く関係していると言えます。

 

例えば、欲求が強い状態で、それが満たされていないという時は、人の心理的バランスが崩れていると同時に、自律神経は交感神経が優位になっていることが多くあるのです。

 

交感神経は 興奮を高めたり、ストレス状態を高めている状態を示し、心的なものにも大きな負荷を与えていることがあります。

 

そして交感神経が優位になる程、人は欲求の暴走に傾倒しやすいのです。

 

言い換えるなら、交感神経を副交感神経優位にすることで、欲求とそれを満たそうする行為と心理、そしてそれらのバランスは穏やかにすることができるということです。

 

問題は、欲求を抑えることは、非常に難しいことです。

 

人は追い求めていること、満たしたいと思っている欲求を、抑えることや、捨てることに大して、とても抵抗感を示す傾向があるのです。

 

これらを抑えるか捨てるかすれば、とても精神的にも心理的にも、身体的にも楽になることがわかっているのに、それをしようとはしないか、あるいは、したくないのです。

 

なぜでしょう。

 

その理由とは、抑えるか捨てるということんによって、それが手に入らないという恐怖感が生まれやすいからです。

 

欲求を捨てるとは、自分が欲しいと思っていたものを諦めることに似ています。

 

諦めたらもうそれは二度と手に入らないのではないか、という心理がとても働きやすく、その状態はすでに、欲求がかなり大きくなっていて、その欲求に自分が支配されている状態と言えるかもしれません。

 

すでに支配されてしまっていると、周囲の意見も的確なアドバイスも聞けるような心理状態ではなくなっていることが多く、よりそれにのめり込むような行為が増えていく傾向にあります。

 

つまり、運命の人に出会いたい、それを捨てたくない、諦めたくない、というまさにこの状態が、その実現の妨げになっているなど、思いもしないものなのです。

 

これらを穏やかにすることによって、日常的に抱えている多くのストレスはかなりの確率で緩和されていきます。

 

そして、緩和した時、改めて事実や現実、自分の立たされている現状に気がつくことが可能となります。

 

そしてこの気がつけた現状こそ、運命の人と出会うためのスタートラインとなり得るのです。

 

運命の人に出会いたいという欲求が抑えられないままでいると、この本当のスタートラインを見逃したまま、時間だけが多く経過してしまう事態を招きかねません。

 

あなたは今現在、どのような状態でしょうか?

 

運命の人と出会いたいという望みが、感情が、気持ちが、そして欲求が大きくなっていますか?

 

これはあなたの中で、必ずと言っていいほど、明確にすべき答えだと言えるでしょう。

 

なぜなら、自分の心理状態は自分でしか制御できないし、また覗き込むことも、把握することも不可能な部分だからです。

 

そしてそれができるとき、交感神経が穏やかになり、副交感神経が優位になる可能性が高まります。

 

その結果、とても精神的に落ち着くような体験をすることでしょう。

 

この落ち着いた精神状態こそが、かなりの確率で、あなたの運命の人との出会いの最適な出発点だと言えるのです。

 

 

「4運命の人と出会いたい人が占いをする時の注意点」

 

運命の人と出会いたいという人の中で、その回答を占いなどで頼ろうとする人がいます。

 

しかし冷静に考えてみると、占いでその答えが出る可能性は、限りなく低いと言えるでしょう。

 

それはなぜか?

 

運命の人と出会えるか、それは実は、常に誰にとっても不確実なものだからです。

 

不確実なものというのは、出会えることもあれば、出会えないこともある、つまり両方の答えがあるということです。

 

もっというと、例えば運命の人だと思って、結婚まで行った人がいるとしましょう。

 

結婚を決めた時というのはきっと、素晴らしい運命と運命の人を手に入れたという幸福感でいっぱいでしょう。

 

しかし、その数年後に離婚をしてしまった時はどうでしょうか。

 

この結婚は果たして、運命の結婚であり、相手の人はあるいはお互いは、運命の人だったと言えるのでしょうか?

 

答えはいうまでもないでしょう。

 

つまり、人は心理的なことによって衝動、欲求、行為が生まれる傾向があるのです。

 

この場合では、結婚した時は全てが満たされた状態だと言えます。

 

しかし離婚をした時、全ての答えが否定されたと言えます。

 

運命の人と出会えたと思っても、それをどこまで続けるか、いつ終わりにするかは、お互いの心理的な変化による部分が大きく、それは自分で決めることができるということです。

 

運命の人と出会えたと思うことも自分だし、それを終わりにすることも自分だし、その期間はいつまでも伸ばせるし、またすぐに見切りをつけることもできるのです。

 

常に、未来は不確実なのです。

 

それを決めるのは、自分であり、占い師ではないと言えるのです。

 

運命の人が誰で、いつ現れるかなど、それは不確実なもの中にあるからこそ、占いに頼りたくなる精神的支えと弱い部分は誰にでもあります。

 

それによって何かしらの答えを聞くと、そうかもしれないと、不確実な中で答えを絞り込む助けにはなるでしょう。

 

しかしよく考えてみましょう。

 

その答えは、他人が占いという技術によって出した答えであり、その実現性が高いか低いかは、あなたが決める部分なのです。

 

実現性というのは、その可能性が高いか、それとも低いか、という部分をいいます。

 

例えばどんなに偉い占い師の人の鑑定で、運命の人と出会うのに、毎朝5時に起きなさいというアドバイスがあったとします。

 

そこに実現性があるかどうか、これは全く不確実な要素であり、正確な答えは、どちらとも言える、ということなのです。

 

もし、あなたが運命の人と出会いたいと願い、それを占いや占い師さんに頼ろうとするなら、この不確実性という要素を、これをきっかけに考えておくと良いでしょう。

 

そして不確実性の中に、全てがあると知ると、自分がしっかりとした答えを出す重要性にも、きっと気が付くことでしょう。

 

人生とは、それがもっとも重要なことなのです。