「運命の人&パートナー」7つの特徴

 

運命のパートナーや運命の人が、どんな特徴かを知りたい人はたくさんいます。

 

ここでは、他では絶対に知ることのできない、知っておくべき運命のパートナーの特徴6つをご紹介します。

 

きっと、あなたがこれからその人を見つけ見分けることの助けとなるでしょう。

 

 

#運命の人とは #運命の人結婚 #運命の人出会う

#運命の人恋愛 #運命の人特徴

 



《広告》


 

「1運命のパートナーの特徴を知るあなたの目的」

 

運命の人やパートナーの特徴の多くには、ビビビっときた人や、出会ったときにすでに知っている感覚などがあり、たくさん報告されています。

 

パートナー、つまりこれはそれを探し求めている人においては何を意味しているのかというと、そのほとんどが「結婚相手」です。

 

つまり、もしこの運命のパートナーの特徴を読んでいるあなたは、結婚相手を探しているという心理が働いていると言えるのではないでしょうか。

 

もちろんこの目的はとても良いものです。

 

なぜなら、自分の目的がしっかりと自分でも理解していないと、それを果たすことはより困難を極めるからです。

 

そして何よりも、当サイト(マインディストKEN)では運命の人、つまり運命のパートナーとの結婚が目的であり、目標であるということを前提に、コンテンツを作成しています。

 

運命の結婚についての詳細は、以下のリンクより知ることができます。

 

このリンク先にも、決して他では教えてくれない内容を、独自の理論に基づきご紹介しています。

 

きっと、あなたの結婚相手が運命的であるには、何が重要なのかを知ることになるでしょう。

 

 

→ 運命の結婚

 

 

 

それではこれより、運命のパートナーの特徴を、とても独特な切り口と、理論によってご紹介していきます。

 

こうご期待の内容です。

 



《広告》


「2運命のパートナー特徴 出会うとどうなる?」

 

 まず人は、運命のパートナーと出会うと、一体どうなってしまうのでしょう。

 

例えば胸がキュンとする、胸が張り裂けそうになる、とても落ち着く、頭痛がする、熱が上がる、眠気がくる、などなど、たくさんの報告をされている方がいらっしゃいます。

 

これらは事実かというと、おそらくほとんどが事実だと言えるでしょう。

 

特に当サイト(マインディストKEN)でも、眠気や頭痛、熱が上がるといった体調の変化のことを、生理学的な見地から妥当だと考えています。

 

詳細は「運命の人と出会うとどうなる?」 と「運命の人と出会う前兆とサイン」というページで、詳細にお伝えしています。

 

特に、運命の人と出会うとき、そこには理由があったりします。

 

その理由とは、運命のパートナーを望んでいるほとんどの人が、おそらくそれをはっきりと自分自身に明示していないことが多くあります。

 

その理由こそ、結婚というものであり、結婚したいという意識そのものなのです。

 

以下のリンクでは運命の人やパートナーと出会わないことについても、触れています。

 

きっと、運命の人やパートナーと出会う時に、どうなる傾向があるのかを知ることができるでしょう。

 

 

→ 運命の人と出会うとどうなる?

 

 

そして、特に運命のパートナーと出会う時、上述のように体調の変化があることもあります。

 

これは何か特別で、得体の知れないエネルギーが、体調にまで及んでいると考える人もいますが、実際はそうではなく、むしろ、とても現実的な生理的な影響を受けていることがあるのです。

 

特に、眠気や頭痛というのは、運命のパートナーと出会った時に起こるとされています。

 

もちろん。これらの症状の原因はそれだけではないので、医者や専門家に判断してもらうべきことを忘れないでください。

 

 

ここではこれら体調面を、運命の人やパートナーと出会った時の特徴として、ご紹介していきます。

 

それでは、なぜ?

 

運命のパートナーと出会うと、体調面で変化が起こることがあるのでしょうか?

 

それは出会えた人が、あなたの運命のパートナーであるという確証的事実は、ほとんどの場合でありません。

 

運命のパートナーがこの人だと確定することは、あなたの本人以外にはできないことです。

 

これは目に見えない領域の概念なので、他人にはあなたのと同じように見えたり気がつくことは愚か、感じることもできなのです。

 

この確定的な答えを導き出せるのは、それを求めて、感じ取っている、あなたの他には不可能なことなのです。

 

だからきっと、運命のパートナーと出会った時に、どんな特徴があるのかを知りたいのでしょう。

 

当サイト(マインディストKEN)では、運命のパートナーとは、あなたの結婚相手となり得る人だということを前提にしています。

 

そのため、ここからお伝えする内容には、他の同様のコンテンツとは異なることを大切にしています。

 

その一つの考え方が、運命の人と出会った時には、まず、感情的な高まりはないか、とても薄いものである、という考え方です。

 

そしてこれが、体調面の変化にもつながっていきます。

 

まず多くの場合で、人は運命の人はビビビっときた人や、感情的な高まりが生まれた人だと考える場合が多くあります。

 

これを完全に否定しませんが、おそらく判断を間違える場合が多いと思われます。

 

それはなぜか?

 

このようなビビビっときた時や、感情が高まった時というのは、人の脳内ではストレス反応を示している可能性が高いからです。

 

特にビビビっときた、あるいは感情が高まった時は、すでに理想的な相手を明確にしている可能性があるのです。

 

理想的な相手を明確にしているとは、とても客観的なことを求めている傾向があり、そしてそれに執着していることがあります。

 

人の脳は、欲しいものが生まれる時、つまりそれは、こんな人だったらいいな、という理想が生まれた時ですが、それを手に入れるように本人を仕向ける働きがあるのです。

 

理想が生まれると、それを手にした時はきっと自分は幸福になれる、と考え、感じることができるホルモンの分泌が高まることがわかっています。

 

これは、ドーパミンと言われているホルモンです。

 

ドーパミンは、理想が生まれ、それを手にすれば非常に幸福感を味わえると、自然に感じさせることで、交感神経を優位にし、集中力と行動力を高める作用までを起こします。

 

よく「アンテナを張る」といった表現を用いることがありますが、まさにアンテナを張ったかのように、目的の理想の情報やチャンスにすぐに気がつけるように、集中させることができるのです。

 

この状態は、それ以外のことを気がつきにくくさせる作用も、同時に機能しており、理想を掴むためにほぼ全ての神経を集中させていると言えます。

 

そして集中している情報の多くは、とても客観的かつ表面的なことに傾いている点が注意すべき点でしょう。

 

これらは見た目の容姿や、言葉、雰囲気、あるいは仕事、収入、年齢などといった、誰でも客観的かつ表面的に理解できる情報のみに集約されていきます。

 

言い換えると、それ以外のことは気が付きにくいということです。

 

これが運命の人やパートナーであるという答えに、大きな歪みを生じさせる可能性があるのです。

 

運命の人は果たして、そのような誰でも知ることができる客観的で、表面的な内容で決まるものでしょうか?

 

もっと言うと、それらの情報が自分の結婚相手としてふさわしいか?

 

これらの質問にどのような回答が出るかは、まさしく、あなた次第です。

 

しかし少なくとも、目に見えない領域のことを求めているなら、目に見えるだけの情報や内容による判断では、間違い生じる可能性は高くなるでしょう。

 

人の脳内では、このように理想が生まれたり、理想が高くなるほど、ドーパミンは多く分泌され、それが満たされない欲求不満に陥ることがあるのです。

 

そして交感神経を優位にしやすいドーパミンは、それが続くことによってストレス状態に人を仕向けていきます。

 

このストレス状態から解放される方法は、とても単純かつ効果的な方法として、二つしかないと言えます。

 

 

まず一つ目は、理想を手にすること。

 

 

そして二つ目は、理想を手放すこと。

 

 

この二つです。

 

そして深刻な問題を招く可能性があるのは、一つ目の理想を手にすることであることが多いのです。

 

理想を手にすることは、きっと誰もが求めている現象の一つです。

 

それまでのストレスと欲求不満が一気に解消される、まさにその瞬間だとも言えます。

 

しかし、これはあくまで、表面的なことに敏感に反応する自分が、表面的なことを満たした人に反応し、それで獲得した理想だとも言えるのです。

 

表面的なことに反応する状態、つまり、ドーパミンの分泌が高く、交感神経が優位になっている状態とは、上述した「ビビビ!」と感じることが多くあるのです。

 

このビビビ!と言う反応は、交感神経が高まり、ドーパミンによる理想を手に入れろと言う指令が強まっていて、脳が強く「それだ!それ(その人)が手にするべき理想だ!」と決めつけた瞬間とも言えます。

 

脳が決めつけた「それだ!」という答えは実際、「それである可能性が高い。」と言う範囲を超えません。

 

しかし、とても強烈にビビビっときたり、感情が高まってしまう作用こそが、交感神経が優位な状態であり、かつドーパミンが多い状態なので、真実としか考える余地がなくなる傾向があるのです。

 

 

そして人は非常に幸福や快楽を感じ、まさに求めていた理想が手に入った、と言う確信にも似た感覚に陥ることになります。

 

しかしこれらはほぼ全て、客観的な要因であり、欲求不満とストレスから解放されようとする脳の決め付けでもあるのです。

 

そしてこの時の感覚や恋愛、あるいは、この人が運命のパートナーではなかった、そう思えるようになるのは、高まった感情が冷め、ドーパミンの分泌も収まった時に訪れるものです。

 

つまり、感情が収まり理性的になって初めて、表面的なもの以外の領域に気がつけるようになる、と言うことです。

 

よく言われる運命の人と出会う特徴の多くには、実は、交感神経優位で、ストレスを抱えていて、欲求不満になっている状態が、表面的なことだけで判断させるように仕向けた結果であるとも言えるのです。

 

もし運命のパートナーが、このような感情と欲求不満ではない状態で、出会うことがあるとしたら、これまで述べてきた身体的な反応や状態とはまるで逆のことが起きてもおかしくありません。

 

その中の一部に、頭痛や眠気、と言うものがあげられるのです。

 

これは上述したストレスからの解放の二つめである、「理想を手放す」と言うことにもつながるものです。

 

人は概ね、理想を追いかけると上述の交感神経優位な状態になり、判断を間違える可能性を高めますが、理想を手放したり、それがない状態になると、副交感神経が優位になることが多くあります。

 

副交感神経は交感神経とは全く逆の作用が多く、例えば、思考や視野を集中させるのではなく、広くします。

 

ストレスから解放され、欲求不満も消えていきます。

 

副交感神経は人が寝る前などに優位になる自律神経ですが、まさにこれに近い深いリラックス状態が訪れていることを意味しているのです。

 

そして、副交感神経の作用には、血管を広げる作用があり、心拍数を穏やかにし、体温を上昇させる働きがあります。

 

もし、副交感神経が優位になれる人がいたら、その人といると、眠くなる作用も生まれることが考えられるのです。

 

そして副交感神経の血管を広げる作用は、頭痛を招くこともあるのです。

 

この原因とは、一度交感神経によって収縮した血管(交感神経には血管収縮作用があります)が、副交感神経よって広がった時、脳内の神経に血管が圧迫されることがあるのです。

 

これが頭痛となる要因の一つであることがわかっています。

 

運命の人と出会えたら、これら眠気と頭痛といった身体的な特徴があると言われる理由も、このような生理的な作用がある可能性が示唆できるからです。

 

つまり、運命の人やパートナーというのは、広い視野と思考で、リラックスと理性によって判断できた相手が、運命の人であり、結婚相手としてふさわしいパートナーである、と言うことができるのです。

 

あなたが運命のパートナーに出会うと、もしかすると、眠ってしまうほど深いリラックス状態になっているのかもしれません。

 

この身体的な特徴については、運命の人の特徴か、運命の人と安心感というページでも詳細jにお伝えしています。

 

もちろん、運命の人だからとても眠気が強くなるとか、深いリラックスが必ずえられるという保証はどこにも、誰にもないものです。

 

しかし、これらの身体的な特徴を知識的に知っておくことによって、あなたの運命の人との出会いや今後に、何かよく機能することがあるかもしれません。

 



《広告》


「3運命のパートナー特徴 出会いのサイン」

 

 運命のパートナーの特徴に、出会いのサインがあると言われています。

 

これは上述した体調の変化もその中の一つだとも言えます。

 

そして、もっとも納得のしにくい出会いのサインがあるとも言われています。

 

それが失恋と別れ、と言うサインです。

 

なぜ?失恋と別れが運命のパートナーとの出会いのサインとなる得るのでしょうか?

 

これには、上述の体調のと言う特徴にも関係があるのですが、運命のパートナーが誰であるかと言う見極める、あるいは見分けるためには、時として恋愛という感覚から離れる必要があるからです。

 

つまり、いったん恋愛を休止する期間が、出会いのサインになり得ると言うことです。

 

誰でも失恋や別れは辛いものです。

 

これに対して否定の余地はないでしょう。

 

しかし恋愛から離れることには、これらの辛い経験よりも重要な要素も隠されているのです。

 

恋愛から離れるには、大きく二つの意味が込められていることが多くあります。

 

一つ目は、運命のパートナーがまず、その人ではなかったこと。

 

そして二つ目は、運命のパートナーとの関係は恋愛感情やそれに似た感覚ではないこと。

 

これらの二つの意味が隠されている可能性があるのです。

 

まず一つ目の運命のパートナーがその人ではない、と言うことですが、これは単純に、間違った判断を自分がしている可能性を示唆しています。

 

そして相手の人にも、自分の運命的な存在ではないと言う感覚が芽生えている可能性もあります。

 

告白して失恋することや、別れを告げられると言うことは、お互いの関係に何か摩擦や不和が生じたかもしれません。

 

つまり、冷静に考えてもちょっと違うな、と言う感覚がこのような結果になったとも言えます。

 

そして二つ目の、運命のパートナーとの関係は恋愛感情やそれに似た感覚ではないこと、と言うことについてですが、恋愛感情とは、上述の交感神経優位でドーパミンが高まっており、そしてストレスと欲求不満を抱えている状態でもあると解釈できます。

 

なぜ恋愛がそのような状態になっているか?

 

それが説明できる理由の一つに、その恋愛感情が全く冷めた時を想像してみると理解できるかもしれません。

 

人は恋愛感情が高まっている時、これはつまり、理性的な状態ではないことを意味しています。

 

人の脳は、感情的な作用が強まると、理性的な思考や状態を抑制する働きがあることがわかっています。

 

これは具体的に言うと、扁桃体と言う部位が活性化することによって感情的に傾き、前頭前野と言う部位が活性化すると理性的に傾くことがわかっていて、これらはまるでシーソーのようにどちらかに作用の活性が偏ると、一方は活性が抑制されることがわかっています。

 

では本題に戻りますが、人は感情的な時は、かなり判断や選択を適当してしまう傾向があるのです。

 

理性的な判断と感情的な判断は、似て非なるものです。

 

もっともわかりやすい例えとしては、人は気分がいい時は、なんでもOKを出しやすくなります。

 

一方で理性的な時は、このような心境には程遠く、いったん考えてから答えを出すと言う行動を自然とできるものです。

 

つまり恋愛による感情が高まって、さらにより良い気分が続いている時と言うのは、問題や不都合に寛容になれる傾向があるのです。

 

しかし、これは恋愛感情の気分の良さが、続いている限りは・・・・と言う制限付きのものです。

 

そしてもっとも問題は、恋愛感情は必ずと言って良いほど、冷める時が来ると言うことです。

 

恋愛感情はドーパミン(その他にオキシトシン などがあります)が中心となって高まっていることが多く、これはやがて耐性がついてしまうことが多くあるのです。

 

耐性がつくと、それまで幸福感が高まっていたのが、もうそれが高まらなくなり、やがては反応もなくなります。

 

あらゆる恋愛の欲求がなくなっていき、感情的な高まりもなくなっていきます。

 

人は感情的になることや、感じることを大切にする傾向があります。

 

そのため、恋愛感情を高めたい、恋愛している自分を感じたいと言う欲求が高まる場合もあります。

 

これによって再びドーパミンは増え始め、その結果、新しい恋愛に舵を切ったり、よろしくない恋愛関係にも手を染める傾向を強めます。

 

このようになると人の脳は、恋愛で手に入れることができる幸福感、つまり興奮が欲しいのです。

 

恋愛をこのように感情のみで判断したり、頼ったりすることによって、運命の人を間違える可能性を高めるだけでなく、興奮だけを求め、危険性まで高める傾向となります。

 

上述にもあるように、運命の人と出会うには、交感神経から副交感神経優位に変えることが重要なはずが、ずっと交感神経優位で、それが真実だと信じ込み、抜けられなくなることも示唆されます。

 

だから、いったん恋愛をおやすみする必要性があると言えるのです。

 

また恋愛(恋愛感情)をおやすみしないままでいると、これから先もなんら変化のない未来を進み続けることさえ示唆します。

 

つまり、運命のパートナーとは出会えず、運命だと間違えた人と時間を過ごしてばかり、ストレスと欲求不満が募る時間と日々を、これからも継続する可能性があるのです。

 

そうならないためにも、失恋や別れがあるなら、それを受け入れて、恋愛から、あるいはその感情的な高まりから距離を置く必要があると言えるのです。

 

恋愛感情から離れると、人は自ずと理性的な脳機能を回復させていきます。

 

理性的に好き、と言うのは、感情的に好きと言うのと、大きな違いあるものです。

 

理性的に好きな人は、自分に不都合があってもなくても、気持ちのバランスを保ったまま、2人のために何ができるかを創造的に考え、行動することを助けます。

 

しかし感情的な好きは、不都合が起こると、それから逃げるように思考しやすくなります。

 

この理由の一つに、交感神経が優位な状態では、「闘争か逃走か」と言う、二者択一の選択肢か思考できない状態に陥りやすいからです。

 

運命のパートナーと出会うためにも、もし、今のあなたに恋愛感情が高まっているなら、それを一度おやすみする期間があっても良いのかもしれません。

 

そして、ずっと今までと変わらず、恋愛を感情的に捉え、それが事実だと信じていたなら、同じように恋愛をしようとすると、この先も変化のない人生となる可能性の方が高いでしょう。

 

そしてこれまで述べてきたサインや前兆には、実は、男性と女性において、その特徴やサインが異なることがあります。

 

詳細は以下のリンク先で知ることができます。

 

 

→ 運命の人と出会う前兆とサイン

 

きっと、あなたが運命の人と出会った時に、その前兆やサインとして効果的な助けとなることでしょう。

 

 



《広告》


 

「4スピリチュアル的な運命のパートナーの特徴とは」

 

運命のパートナーをスピリチュアル的な概念で言うと、それはツインレイと言われているものに該当するでしょう。

 

ツインレイとは、元々一つだった魂が二つに分かれ、男性と女性としてこの世に生まれた存在だと言う概念です。

 

また、ツインレイは男性と女性に分かれる理由のもっともなものとして、真実の愛、永遠の愛を手に入れると言うことが目的だと言われています。

 

ツインレイであることを知るには、これまで上述した内容も重要であることに加えて、それ専用の見分け方や特徴などもあります。

 

もしツインレイに詳しく知りたいなら、「ツインレイとは」をご覧いただくか、相手の人や出会った人が自分のツインレイであるかを知るには、以下のリンクの先で詳しく知ることが可能です。

 

 

→  ツインレイ男性の全て

 

 

きっとあなたのツインレイを知る助けとなることでしょう。

 

このようにスピリチュアル的に言う運命のパートナーとは、魂の次元と言う概念が用いることが多くあります。

 

運命の人もそうですが、この魂の次元においても、目に見えない領域の概念であり、それは見た目や客観的かつ表面的なことだけでは判断はできないものです。

 

これに加えて、他人があなたのツインレイが誰であるかを判断することは、非常に困難を極めます。

 

つまり、ツインレイや魂のつながり、魂の次元を感じ取り、その答えを出せるのはあなただけ、と言うことです。

 

そしてもっとも重要なことがあるとするなら、これに絶対的な自信と確信を持てる必要があると言えるでしょう。

 

迷い、疑い、不信感は、この魂と言う物理的次元を遥かに超えた概念において、おそらく不利に働くことがあるでしょう。

 

そしてもちろん、スピリチュアルを信じることに加えて、運命の人という概念を信じること、あるいは求めることにおいても、迷い、疑い、不信感は、大きなデメリットにも働きかねません。

 

人にはできること、できないことがあるものです。

 

もっとも重要なことは、できないことや理想だけを追い求め、欲求を高めて感情的になるのではなく、理性的であることが重要であり、それが運命のパートナーを見分ける助けにもつながるものです。

 

つまり、自分にできそうなことにまずはコミットし、そのリスクとリターンを確実に取っていくといった、着実な進み方が良いだろうと言えるのです。

 

できることを明確にするとは、自分のこれら非物理的概念に対して、徐々に信用度を上げていくことかもしれません。

 

急にこれらを信じたとしても、おそらくそれは、無理をして信じ込ませている可能性があります。

 

それでは、結局、理性的な状態を維持する妨げとなり、ツインレイも運命の人にも気がつくこなく時間が過ぎると言う、以前と同じ結果を繰り返すことでしょう。

 

信じるには時間が必要だし、あなたが他人を信じるにも、徐々に距離を縮めたり、お互いの関係性が徐々に発展していく過程で、その人を信用するようなことに似ています。

 

自分や自分の信じたいスピリチュアルな概念を信じると言うことも、これと同じことが言えます。

 



《広告》


 

「5運命のパートナー特徴 シンクロする」

 

運命のパートナーの特徴として、動きや言葉などがシンクロする、と言う特徴があると言われています。

 

これは出会ってすぐに、あるいは出会ったその日に、言葉や行動、あるいは思っていることなどもシンクロしてしまう現象が起こることがあります。

 

この原因の一つに、2人は非常に近い価値観を持っていると言うことが考えられます。

 

価値観が近いと言うのは、例えば思考の順番、組み立て方、連想するものが似ていることが挙げられるでしょう。

 

これは脳機能でいうと、神経の伝達する方向性が似ていることや、活性化している部位も似ているとも言えるでしょう。

 

そのため、同じ電気的信号が同じ脳の場所に伝わることによって、このようなシンクロ現象が起こる可能性があります。

 

しかし、このシンクロだけが、あなたの運命のパートナーを決定する要素ではないことも知っておく必要があるでしょう。

 

シンクロする原因の一つには確かに、価値観や脳内での働きが似ていることはあるといえ、特別な現象であるものです。

 

しかしシンクロ現象は、時間が経ってから起こることも往々にしてあるのです。

 

そのため最初からシンクロが多い人が、運命の人やパートナーだと決めつけることも、もしかすると早合点かもしれないのです。

 

シンクロは一つの要素であり、現在2人は似たような価値観を所有しているという範囲で認めると良いでしょう。

 

なぜなら、2人が運命的な関係性にあるなら、最初のシンクロはスタート地点にすぎず、もっとも重要なことはゴールであり、それとは結婚生活の充足と長期にわたり2人が成長していくことだと言えるからです。

 

それよりも、時間をかけながら2人がシンクロしていく、つまり、価値観の共有や理解を徐々に深めていくことが、もっとも重要だと言えるのです。

 

シンクロは時間の経過に比例して、多くなっていくことで十分だと思えば、シンクロという特徴があったとしても、それに固執し、視野と考えを限定することも不要になるでしょう。

 

そして、このような広い視野と考えがむしろ、運命のパートナーをもっとも気が付きやすくさせる助けとなるのです。

 

 



《広告》


 

「6運命のパートナーを引き寄せるための特徴とは」

 

運命のパートナーとの出会いは、まるでそれが引き寄せ合うかのような現象もあるのです。

 

よく引き寄せの法則と言われますが、これが本当に存在するかははっきり言って不明な点が多くあるでしょう。

 

ただ、引き寄せあったような現象があることは事実です。

 

引き寄せられるという確証はありませんが、そのような現象に気がつくには、やはり上述にもある、あなたの精神と心理と脳の状態が関わっているだろうというのが、当サイト(マインディストKEN)の考えです。

 

これを前提に、引き寄せの法則と、運命の人を引き寄せることについてをご紹介していきます。

 

まず引き寄せの法則とは、自分が以前イメージしたり、想起した非現実次元のことが、現実、つまり物理次元に現れ、それを体験するという概念を言います。

 

他にもいろいろな言い方や、概念の説明があるでしょうが、基本的に引き寄せの法則には、自分の意識が現実に反映し、それがやがて磁石のように近づいてくるというのが概ね正確な表現と言えます。

 

引き寄せの法則には、意識が関係しているため、人によってアファメーションをして潜在意識を書き換えることなどを伝えている人もいます。

 

潜在意識とは、顕在意識よりも遥かに大きな要素として存在しており、私たちが普段気がついたり、思考し行動していることのほかに、遥かに多くの要素が潜在意識の中で働いていると言われています。

 

潜在意識がもし、引き寄せの法則に関係していて、もし、それを書き換えることによって望んだことを引き寄せることができるなら、アファメーションやそのほかの方法でそれは可能となるのでしょうか?

 

当サイト(マインディストKEN)の見解では、いいえ、という見解です。

 

当サイト(マインディストKEN)の見解からすると、引き寄せの法則と潜在意識の書き換えには、全く関連性が強くないと見ています。

 

なぜなら、潜在意識の書き換えは、アファメーションでは不可能に近いことに加えて、引き寄せの法則は、ある種の視野であると考えているからです。

 

そのため、運命の人を引き寄せることにおいても、潜在意識は関係ないばかりか、アファメーションや他の方法では、それは困難だと見ています。

 

まず、潜在意識の書き換えですが、アファメーションなどの方法でこれを書き換えるには、数年という単位ではなく、おそらく数十年か、一生かかるでしょう。

 

なぜでしょう?

 

潜在意識を書き換えることは、アファメーションという言葉によって洗脳あるいは、脳に覚え込ませる行為に似ているものです。

 

これはすなわち、健在意識によってなされている一種になります。

 

そして、このような洗脳に似たことを繰り返しても、例えば貧乏だという潜在意識が、急にお金持ちの潜在意識になり、それによって本当にお金が引き寄せられることは、ほとんどないのです。

 

とは言え、潜在意識を書き換えられないというと、それは嘘になります。

 

潜在意識は、非常に深く眠った体験の記憶の集合体である、と当サイト(マインディストKEN)は考え理解しています。

 

つまり、深くに眠った記憶を掘り起こすことで、潜在的なものが初めて顕在化することができるということです。

 

そして多くの場合で人は、潜在的なものが顕在化した時、初めて、大きな気づきが生まれるのです。

 

この気づきが、自分を今まで苦しめ、あるいは同じ現実に縛り付けていた考えと価値観の基準であったことに気が付くことにつながるのです。

 

これが人が何かを思考し、そして行動を決める原因となっていることが多いのです。

 

そして潜在的なまま、それを放置しているというのは、人生を突き動かしている本当の原因に、自分が翻弄されているとさえ言えるかもしれません。

 

そうです、潜在意識とは決して、言葉を繰り返しただけでは書き換えることのできない、深く、そして強い記憶であるものなのです。

 

そしてもし、この潜在意識を変えることによって、引き寄せる何かが変わるのであれば、それは潜在的だったものを、顕在化することによって可能となる場合があるのです。

 

ただし、これを実際に行える人はおろか、成功する人はもっとも少ない傾向にあります。

 

それはなぜでしょう?

 

人は変わりたいと思っているけれど、本当に変わるための方法を自ら選ばないことの方が、とても多いからです。

 

そしてそれを選ばない理由の一つこそ、怖いからなのです。

 

自分の潜在的な記憶にアプローチすることは、とても恐怖感が強く生まれる部分でもあるのです。

 

この原因と言えるのも、脳がそれを拒むからであり、この拒む要因の一つであるのも、それを思い出して欲しくないからというものがあるのです。

 

なぜ脳は記憶を顕在ではなく、深くの潜在意識にしまいこむのでしょうか?

 

それは上述の怖いということのほかに、実は、そもそもそれを人生の選択から自然と避けるために、奥底の潜在意識に仕舞い込んでいるということが言えるのです。

 

例えば人生を変えたい、運命の人と出会いたい、自分を変えなくてはならない、そう思っている人がいるとしたら、脳が自然と恐れ、常に避けている思考と記憶にアクセスする必要があるのです。

 

これがもっとも怖さと、恐怖感を高めるため、多くの人はなかなかアクセスできないのです。

 

そしてアクセスした時には、自然と涙がこばれたり、悲しみや裏切り、怒りと言った、非常に言葉には言い難いネガティブな感情にさらされることになることがほとんどです。

 

だから、人は潜在意識に本当の意味でアクセスできることは少なく、この結果、引き寄せの法則があるとするなら、引き寄せる現実も変わることがないのです。

 

引き寄せる現実が変わるとは、当サイト(マインディストKEN)的な見解でいうと、自分自身の価値基準が180度変わったことを意味しています。

 

この価値基準が180度変わるとは、これまで人生の進んできた方向を反対向きに歩き始めることに似ています。

 

前向きだったと思っていたことが、実は後ろ向きになり、これまでの経路に対して完全に疑いの心理を持たざるを得なくなるほど、それくらい大きな変化だと言えるでしょう。

 

これを本当にできることは、とても難しいだけでなく、精神的苦痛を覚悟の上で行う場合がほとんどとなります。

 

脳はこのことをよく理解しています。

 

だから、あなたにはそれをしないように、避けさせるか、考えないように仕向けるか、今のあなたが正しいと思い込ませることが往々にしてあるのです。

 

 

ではどうすれば、引き寄せの法則を利用できるのでしょう?

 

その一つが、願望を手放すことがもっとも効果的な方法となり得ます。

 

願望あるいは理想を手放し、もう追うことをやめてみることです。

 

これによって必ず引き寄せる現実が変わるという保証などありません。

 

しかし、これまで当たり前に抱いてきて、考えてきたこと、行動してきたことの、反対のことをしてみる価値は大いにあるものです。

 

潜在的な記憶や情報にアクセスするよりも、今までやってきた結果をより注意深く見てみることです。

 

結果、自分はどうなったのか?

 

抱き続けた理想や願望を手にできたのか?

 

もし、この質問にあなた自身が、いいえ、と答えるのなら、これ以上同じことをやっても、その道の延長上を進むだけでしょう。

 

そしてどうでしょう?

 

今までと反対のことをやってみると考えた時、あなたにはどのような感情が生まれているでしょうか?

 

おそらくそれは、恐怖ではないでしょうか?

 

これが、あなたを本当の意味で変えさせようとしない、脳の働きの一つだと言えるのです。

 

しかし、あなたの理想や願望を本当に実現している未来は、全く反対の場所にあり、今とは逆のことばかりを当たり前に考え、行動している可能性が高いのです。

 

理想や願望を手にしていないなら、運命の人と出会えていないなら、頑張ったけどそれが今も実現していないなら、それは今の現状のあなたと、未来それを手にしているあなたとは、大きな違いがあることを示唆します。

 

さぁ、もう一度、今までとは反対のことを考え、行動してみようと考えてみてください。

 

このきっかけは、きっと今忘れてしまうと、二度とそのような機会に恵まれないかもしれません。

 

なぜなら、脳はいつも、その事実から逃げたいという傾向があるからです。

 

恐怖心は誰にでもあります。でもその先にきっと、あなたの望んだ情景がある、その可能性が高いのです・・・・

 

 



《広告》


 

「7運命のパートナー特徴 男性の行動的特徴とは」 

 

運命のパートナーの男性の行動などには、ある特徴的なものがあると言われています。

 

これはおそらく女性の感覚では、あまり受け入れることがむずかしい事かもしれません。

 

しかし、男性と女性とでは、運命の人のサインや前兆にも異なる点があることは、上述した通りです。(詳細は運命の人と出会う前兆とサインへ)

 

ここでは、男性の特徴的な行動に集約してご紹介していきます。

 

男性と女性とでは、運命のパートナーに対する見方がまず大きく異なることがあるのです。

 

異なることは理解できていても、それを受け取る女性からすると、これは少し難しい場合があるのです。

 

その異なる部分とは、男性は運命の女性やパートナーを、至って冷静に見ているという点です。

 

男性は運命的であるかどうかというよりも、非常に冷静かつ理性的に相手の人を見ていることが多いのです。

 

これを言い換えるなら、恋愛感情がほとんどない、と言えるかもしれません。

 

恋愛感情がないのに、大切に思える、これが男性の運命の人において、女性と大きく異なる点だと言えます。

 

女性は恋愛感情やその高まりを求める傾向が強く、それを男性側にも求めることがあります。

 

しかしもし、男性が恋愛感情を高めて、あなたに好きだと近づいてきた時、この恋愛感情が完全に冷めた時を想像してみてください。

 

この時の男性からするとそれはまさに、恋愛という夢から目覚めた状態に似ているのです。

 

そしてもっとも難しいのは、この恋愛という夢を一生持続することが困難であることです。

 

つまり、女性が求めているそれは、おそらく運命の人の男性からは手に入らない可能性が高いということです。

 

運命の人は、恋愛感情といういわばドーパミンや交感神経によって興奮する要素の外側にいることが多いのです。

 

もちろん中には、恋愛感情と理性の両方あるという場合もあるかもしれません。

 

しかし基本的に、人はそのような身体の機能を持っていないのです。つまり人は、感情的か理性的なかのどちらかしか、状態を選ぶことができないことがほとんどなのです。

 

もしあなたが、恋愛感情が欲しいと相手の人に求めるなら、それはそれで良いことでしょう。

 

しかし、上述もしましたが、これまで同じ考え、同じ感覚、同じ行動によって、果たして自分が理想や願望を手にすることができたか?ということをよく考えてみてください。

 

もしこの答えに否定的な答えが出たのなら、同じことをこれからやっても、結果は同じになることでしょう。

 

自分を変えることは、とても難しいものです。

 

男性への見方、運命の人への見方そのものが、実は見当違いだったということもあります。

 

上述では、例えば自分自身を変えるために、これまでとは反対のことをやってみる、ということを伝えています。

 

つまり、もしかすると、あなたが抱いていた運命の人やパートナーに対する概念を、逆のことに考え直してみる、反対のアイディアを考えてみるということを意味しています。

 

 

そしてその結果、運命的な出会いや、関係には、恋愛感情を超えたところにあるかもしれないと、納得がいくかもしれません。

 

しかし多くの場合で、女性はこれを受け入れることを拒みます。

 

なぜでしょう?

 

それは、感情の伴わない恋愛は、つまらない、という固定観念が強い場合があるからといえます。

 

 

感情は夢のような良い気分を伴いますが、それは本当に夢に近いものなのです。

 

だから人の脳は、その虜になりやすく、このような幸福感や快楽にとても弱い傾向があるのです。

 

男性は女性からすると、本当の運命の恋愛や関係性というのは、つまらないかもしれないし、不満足かもしれない、けど男性はとても精神的に安定した状態で、今と将来を見据えていることがとても多くあります。

 

少しだけでも、この理解があるのとないのとでは、きっとこれからの結果にも違いをもたらす可能性があるでしょう。

 

なぜなら、今までとは異なることや、今まで進んできた道の逆に、理想や願望が転がっていることが多くあるからです。

 

願望を手にしていないなら、それは素直に自分の中で認めることが良いでしょう。

 

悔しくても、悲しくても、今進み続けている先に、自分の願望が転がっている可能性があるかどうか?

 

それを一度冷静になり、落ち着いた精神状態を維持しながら考察してみると良いでしょう。

 

あなたは何が目的で、何が欲しいのでしょう?

 

自分を正当化することが欲しいのか、それとも、運命の人と幸福に暮らし、人生をともにしている現実が欲しいのか?

 

ここまで来ればきっと、あなたにはもう答えが出ているはずです・・・・

 

#運命の人とは #運命の人結婚 #運命の人出会う

#運命の人恋愛 #運命の人特徴