「運命の人が現れるスピリチュアル的な前兆」

 

運命の人が現れる前兆には何があるか、それを気に掛ける人は少なくありません。

 

前兆を知ることや、その特徴などがわかれば、きっとこの人が自分の運命の人だと知ることができ、それによって、大きな自信と確信を持てることがあるものです。

 

ではスピリチュアル的にいう、運命の人と出会う前兆には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

スピリチュアル的なそれとは、各スピリチュアリストと呼ばれる人からすると様々なものが憶測として語られています。

 

つまり、その前兆とは、 人それぞれに特徴があるということを先に認めておくことが重要です。

 

人はよく、恐怖心が勝ることがあります。

 

恐怖心とは、教委に対して沸き起こるもので、この場合の脅威とは、運命の人であるかどうか、その明確な答えを知ることができないという脅威だと言えます。

 

そして脅威とは、ほぼ必ずと言っていいほど、欲求の不足から生じるものでもあります。

 

欲求の不足、それは自分が素晴らしい愛や愛情に満たされていないという欲求不満だと言えます。

 

人は欲求不満の状態になると、それを早く埋めたいと強く感じる傾向があります。

 

これは脳がそのように指令を出していると言え、欲求を埋めることを最優先に考えさせ、行動させるように仕向けている機能が働いているということです。

 

そして時としてスピリチュアル的な要素を取り入れ、運命の人が現れる前兆やサインを知る行為が目立つようになっていくのです。

 

しかしその希望を壊す意味などありませんが、これはとても千差万別で、決定打のないものでもあるのです。

 

なぜか?

 

それはあなたの中にしかないものであり、いかなる前兆もサインも本人の中でしか感じ取れないことであるから、と言えるのです。

 

上述の中には、特徴や傾向的な部分としてご紹介していますが、本当にこの限りではないのです。

 

しかし、一つだけスピリチュアル的な前兆として言えることがあるとしたら、それは、例えばあなたが、運命の人に出会いたい、結婚したいという欲求が弱くなった時に、前兆が起こりやすいと言えます。

 

この原因と理由、そしてメカニズムのようなものは、人が強く欲している時、つまり欲求が満たされていないと脳が指令を出しているときほど、周囲の状況を把握する機能が抑制されているから、と言えるのです。

 

人の脳は、欲求不満を素早く観たし、解消することを優先する傾向と働きがあります。

 

そのためには、焦点を絞り、思考を欲求を満たすためにはどうしたら良いか、何をすべきかということに絞り込んでいきます。

 

これは普通に考えても、とても合理的かつ効率的な手法だと言えます。

 

ところが、目の前の、特に目に写っているものだけに焦点を絞るので、運命的、あるいは物理的な要素を超えた情報というのに気がつきにくくしていることがあるのです。

 

人の心理状態には、不安定と安定があります。

 

不安定になる理由は、自分の心理的部分で欲していることや、願っていることが、外の環境にないと確認している時に不安定になるものです。

 

安定とは、外の環境でそれが満たされている時、心理は安定的になります。

 

つまり、欲求が強くなるほど、心という内なる部分の欲求が大きくなり、外の世界で大きくなったそれが満たされることが困難になるし、不足を確認することが圧倒的に多くなるのです。

 

その結果、心は不安定状態を維持するようになります。

 

運命の人の前兆を感じるには、そのような心の不安定状態から、まず自分を解放する必要があるのです。

 

それには、まず欲求を抑え、それによって自分の心と外的な部分が満たされやすくするようにし、心の安定を図ることは重要です。

 

 

そうなると必然的に脳の機能が、これまでとは全く異なる機能と働きをしてくれるのです。

 

つまり、目に見えるもの以外のことに、あなたを気がつかせやすくするという可能性を、非常に高めてくれるのです。

 

前兆に気がつけるのはあなたです。

 

あなたには、その前兆に気がつける状態が、とても重要とということです。