結婚後に運命の人に出会ったら、離婚すべきか?

 

結婚後に運命の人と出会ってしまったと感じた時、それは本当の運命の結婚相手なのか?を他では知れない独自の内容をご紹介します。

 

これより先を読んだあなたは、きっと、悩みが深く苦しい日々を、少しは改善することができるかも知れません。

 

 

 

「結婚後に運命の人に出会ったら、今の人とは離婚すべきか」

 

結婚後に運命の人と出会ったと思った時、今の結婚相手とは離婚すべきかということに関して、もちろんその最終的な答えは、あなたが責任を持って決めることですが、当サイト(マインディストKEN)の考えを何かの参考だと思ってお伝えするならば、今はそれを考えることをやめた方が良い、といことになります。

 

なぜなら、運命の人だと思った相手に対して、今あなたがどのような感情状態であるか、それを自分で認めることや知ることが最も重要だと考えるからです。

 

もしあなたが本当に結婚後に運命の人と出会う体験しているなら、あなたはすでに、結婚している相手がいるはずです。

 

おそらくですが、その結婚を決めた時もいろいろな心境や心理状態があったことが推測されます。

 

例えば、元々結婚するつもりもなかった人と結婚した、好きではなかった、親から頼まれた、ということもあるでしょう。

 

つまり、自分の本意ではなかった結婚ということです。

 

もう一方で、好きで結婚した、自分で決めた、運命の人だと思って結婚した、ということもあるでしょう。

 

前者の場合はすでに不満を抱えていることが多くあるため、もしかすると、結婚後に運命の人と出会えたら、それに対する願望が強くあるかも知れません。

 

しかし後者に至っては、自分でかなりポジティブな意見と決意によって決めた結婚である可能性が高く、本来ならば、このような思いは抱きにくいと言えるでしょう。

 

あなたがどのようなケースであったとしても、今おそらくかなり高まっている運命の人への想いは、完全に冷静になり、理性的な思考になるまで落ち着かせることが重要でしょう。

 

なぜなら、あなたが運命の人を以前から望んでいる気持ちが高いなら余計ですが、それは感情と欲求の高まりである可能性が高いと言えるからです。

 

人は常に、不満が生まれ、そしてそれを埋めるか満たすために欲求が生まれるものです。

 

不満が続くととてもストレスを強く感じるようになり、このストレスは欲求を早く満たすように自分を見失う危険性も孕んでいます。

 

非常に身近な例で言うと、空腹時の食べ過ぎ、ストレス発散の高額な買い物などがそうだと言えるでしょう。

 

 

また欲求が高まると、ストレスが増えるだけでなく、さらに不満感も大きくなっていく傾向があります。

 

これは今の自分が強く求めている欲求が、目の前の現状、外の環境で満たされていないことを強く認識したり、それに比例して不満とストレスが大きくなっていく場合があります。

 

つまり自分の内面と、外の現実とのギャップの広がりによって、心理的なバランスは崩れていきやすいと言うことです。

 

この心理的なバランスは、満たされいない欲求を早く、今すぐに、満たそうと言う思考と選択を自然に増やしてしまうのです。

 

例えば、誰かが今の結婚生活や結婚相手に、何か不満を抱えていたり、それが募っていると、それを解消したいと自然に考え、動こうとします。

 

買い物で解消する人もいるだろうし、お菓子などで解消する人もいるでしょう。

 

今抱えている不満が、外の環境で全く解消されていないと認識するほど、何かで解消したくなる傾向が人にはあるものです。

 

夫は何も変わってくれない、金銭的に厳しい、自分の時間がない、好きなことができないなどなど、結婚後は何かと束縛が多くなるものです。

 

最初はそれが輝くしくさえ思え、自分は大丈夫だと考えていたはずなのに、それが本当の現実になると、不満が徐々に募っていくことはあるものです。

 

そして多くの場合で、夫が変わってくれることはないし、経済的なこともすぐに解決できる要素でもないし、子供がいれば尚更、自分の時間は少ないものです。

 

このような現状を認識するほど、不満がつのり、ストレスがたまり、それはいつか解消する傾向にあります。

 

つまり、もしかすると、その不満の解消が、今思っている運命の人であるかも知れないと言うことなのです。

 

今の現状や不満から、抜け出したいと言う冷静さを欠いた想いが、運命の人をより魅力的に見せている可能性があるかも知れない、そのことは自分の中で考えてみると良いかも知れません。

 

さらにあなたの心理状態がもし、もう運命の人のことが頭から離れないとか、考えずにはいられないなら、それはおそらく上述した場合が強く考えられるものです。

 

人の欲求は高まると、それを満たすことが例えどんなに危険やリスクが潜んでいても、欲求を満たすことしか考えなくなり、それを正当化し、合理的だと判断しやすい傾向にあるのです。

 

言い換えるなら、自分ではそうは思っていなくても、行動では欲求を満たすために自分を見失っている心理的状態と言えるでしょう。

 

そしておそらくこれが、最も人が心理的なバランスを崩している状態とも言えます。

 

もちろん、あなたが必ずしもそうだと言うことは、ここでは決めることは不可能です。

 

むしろその答えは、あなた自身が決めるべきことです。

 

どちらの場合せよ、完全に今の感情が落ち着き、その人の存在を考えなくなる状態になることは、その人が本当の運命の人であるかを見極めることに、とても重要な心理だと言えます。

 

心理的にバランスを崩れている状態で、正しい答えや自分で納得のいく答えを出せる人は、ほぼいないものです。

 

もちろん、その人が運命の人であっても良いわけですから、そこにはしっかりと自分に責任のある答えと、納得のいくものを自分で導き、決めることは何よりも大切なことです。

 

そのためには、あなたの心理状態は、理性的で冷静であることは重要であると考えます。

 

そしてきっと、あなたの中で良い答えが出せるはずなのですから。

 

以下のリンク先は、運命の人と離婚について詳細にご紹介しています。

 

運命の人と離婚

 

あなたの今抱えている何かを、改善できるかも知れません。

 



《広告》