結婚後に運命の人に出会ったら、離婚すべきか?

 

結婚後に運命の人と出会ってしまったと感じた時、それは本当の運命の結婚相手なのか?を他では知れない独自の内容をご紹介します。

 

これより先を読んだあなたは、きっと、悩みが深く苦しい日々を、少しは改善することができるかも知れません。

 



《広告》


「磁石」のように

引き寄せ合う

【運命の彼】

を占ってもらう

  

なたはこのまま、運命の彼を知らないまま過ごしますか?

 

運命を聞くと将来が楽になるかもしれませんよ。

 

あなたは有名な占い師にも占ってもらえます。

 

運命の彼について聞いてみませんか?

 

今なら登録するだけ。最大2500円分無料で占えます。

 

登録は簡単、無料です。

 

詳細は↓こちら(リンク先では今日昨日の口コミも下部で確認できます)

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト
 

 

 

 

 

「結婚後に運命の人に出会ったら、今の人とは離婚すべきか」

 

結婚後に運命の人と出会ったと思った時、今の結婚相手とは離婚すべきかということに関して、もちろんその最終的な答えは、あなたが責任を持って決めることですが、当サイト(マインディストKEN)の考えを何かの参考だと思ってお伝えするならば、今はそれを考えることをやめた方が良い、といことになります。

 

なぜなら、運命の人だと思った相手に対して、今あなたがどのような感情状態であるか、それを自分で認めることや知ることが最も重要だと考えるからです。

 

もしあなたが本当に結婚後に運命の人と出会う体験しているなら、あなたはすでに、結婚している相手がいるはずです。

 

おそらくですが、その結婚を決めた時もいろいろな心境や心理状態があったことが推測されます。

 

例えば、元々結婚するつもりもなかった人と結婚した、好きではなかった、親から頼まれた、ということもあるでしょう。

 

つまり、自分の本意ではなかった結婚ということです。

 

もう一方で、好きで結婚した、自分で決めた、運命の人だと思って結婚した、ということもあるでしょう。

 

前者の場合はすでに不満を抱えていることが多くあるため、もしかすると、結婚後に運命の人と出会えたら、それに対する願望が強くあるかも知れません。

 

しかし後者に至っては、自分でかなりポジティブな意見と決意によって決めた結婚である可能性が高く、本来ならば、このような思いは抱きにくいと言えるでしょう。

 

あなたがどのようなケースであったとしても、今おそらくかなり高まっている運命の人への想いは、完全に冷静になり、理性的な思考になるまで落ち着かせることが重要でしょう。

 

なぜなら、あなたが運命の人を以前から望んでいる気持ちが高いなら余計ですが、それは感情と欲求の高まりである可能性が高いと言えるからです。

 

人は常に、不満が生まれ、そしてそれを埋めるか満たすために欲求が生まれるものです。

 

不満が続くととてもストレスを強く感じるようになり、このストレスは欲求を早く満たすように自分を見失う危険性も孕んでいます。

 

非常に身近な例で言うと、空腹時の食べ過ぎ、ストレス発散の高額な買い物などがそうだと言えるでしょう。

 

 

また欲求が高まると、ストレスが増えるだけでなく、さらに不満感も大きくなっていく傾向があります。

 

これは今の自分が強く求めている欲求が、目の前の現状、外の環境で満たされていないことを強く認識したり、それに比例して不満とストレスが大きくなっていく場合があります。

 

つまり自分の内面と、外の現実とのギャップの広がりによって、心理的なバランスは崩れていきやすいと言うことです。

 

この心理的なバランスは、満たされいない欲求を早く、今すぐに、満たそうと言う思考と選択を自然に増やしてしまうのです。

 

例えば、誰かが今の結婚生活や結婚相手に、何か不満を抱えていたり、それが募っていると、それを解消したいと自然に考え、動こうとします。

 

買い物で解消する人もいるだろうし、お菓子などで解消する人もいるでしょう。

 

今抱えている不満が、外の環境で全く解消されていないと認識するほど、何かで解消したくなる傾向が人にはあるものです。

 

夫は何も変わってくれない、金銭的に厳しい、自分の時間がない、好きなことができないなどなど、結婚後は何かと束縛が多くなるものです。

 

最初はそれが輝くしくさえ思え、自分は大丈夫だと考えていたはずなのに、それが本当の現実になると、不満が徐々に募っていくことはあるものです。

 

そして多くの場合で、夫が変わってくれることはないし、経済的なこともすぐに解決できる要素でもないし、子供がいれば尚更、自分の時間は少ないものです。

 

このような現状を認識するほど、不満がつのり、ストレスがたまり、それはいつか解消する傾向にあります。

 

つまり、もしかすると、その不満の解消が、今思っている運命の人であるかも知れないと言うことなのです。

 

今の現状や不満から、抜け出したいと言う冷静さを欠いた想いが、運命の人をより魅力的に見せている可能性があるかも知れない、そのことは自分の中で考えてみると良いかも知れません。

 

さらにあなたの心理状態がもし、もう運命の人のことが頭から離れないとか、考えずにはいられないなら、それはおそらく上述した場合が強く考えられるものです。

 

人の欲求は高まると、それを満たすことが例えどんなに危険やリスクが潜んでいても、欲求を満たすことしか考えなくなり、それを正当化し、合理的だと判断しやすい傾向にあるのです。

 

言い換えるなら、自分ではそうは思っていなくても、行動では欲求を満たすために自分を見失っている心理的状態と言えるでしょう。

 

そしておそらくこれが、最も人が心理的なバランスを崩している状態とも言えます。

 

もちろん、あなたが必ずしもそうだと言うことは、ここでは決めることは不可能です。

 

むしろその答えは、あなた自身が決めるべきことです。

 

どちらの場合せよ、完全に今の感情が落ち着き、その人の存在を考えなくなる状態になることは、その人が本当の運命の人であるかを見極めることに、とても重要な心理だと言えます。

 

心理的にバランスを崩れている状態で、正しい答えや自分で納得のいく答えを出せる人は、ほぼいないものです。

 

もちろん、その人が運命の人であっても良いわけですから、そこにはしっかりと自分に責任のある答えと、納得のいくものを自分で導き、決めることは何よりも大切なことです。

 

そのためには、あなたの心理状態は、理性的で冷静であることは重要であると考えます。

 

そしてきっと、あなたの中で良い答えが出せるはずなのですから。

 

以下のリンク先は、運命の人と離婚について詳細にご紹介しています。

 

運命の人と離婚

 

あなたの今抱えている何かを、改善できるかも知れません。

 



《広告》


  

「結婚後に好きな人ができて苦しい」

 

結婚後に好きな人ができた、つまり上記のように運命の人に出会ったしまったような時、とても悩みの深い日々を過ごしていることでしょう。

 

これは苦しい心理的状態に傾倒していると言え、そして、その原因は自分ではどうしたら良いのか分からないからと言うものが多いことでしょう。

 

結婚したのに、好きな人ができてしまったと言うのは、果たしてそれが正しいのか、それとも自分は良からぬ感情を抱いているのか、頭を抱えてしまうものです。

 

では、今これを読んでいる機会を良い機会と捉えて、あなたが抱いているであろう好きと言う感情や、「好き」と言うそのものについて、今までとは違う考え方をしてみましょう。

 

これまではきっと、「好き」と言う思い、感情に対して、あまり深くは考察してこなかったかも知れません。

 

好きとは感情であり、形をなすものではなく、それは答えのない答えであり、もっと言うと、説明のつかないものだ、と考えている人は意外に多くいるものです。

 

しかし、それをあえて説明してみようと試みてみましょう。

 

つまり、好きとは説明がつく、明確な身体的かつ生理的な作用だと考えてみるのです。

 

好きと言うのは感情であることは言うまでもないですが、この感情を生む機能と働きのほとんどは、私たちの脳内で起こっていることがわかっているようです。

 

脳内の扁桃体と言われている部位では、感情が湧きこることでよく知られています。

 

そして扁桃体は感情を高めるために働いているのですが、感情を高める理由こそ、人の欲求であり、それを満たそうとする働きの一連の中にある可能性があるのです。

 

これをよりわかりやすい例で言うと、例えば好きな人は、自分のタイプとか好みとか、または他の要素によって抱くものですが、好きと言う感情は、その人を手に入れるために強められているとも考えることができるのです。

 

これは人が好物を見た時に、それを食べたくなる欲求と思考が強くなることに、とても似ています。

 

甘いものは別腹とよく言いますが、これは脳がそれを食べるために欲求と喚起させ、感情を高まらせ、例えその前にたくさん食べていたとしても胃袋に隙間を開けさせ、何がなんでも食べられる状態を作っていることがわかっています。

 

これが好きな人や、好きと言う感情にも、同じような作用があるとも考えられるのです。

 

つまり、好きな感情が高まった時、その人を欲する欲求が高まり、そしてふと気がつくと、何がなんでもそうなるために、その人を手に入れる(または一緒になる)ことしか考えられなくなっていると言うことです。

 

感情は欲求を満たすために扁桃体が機能して、さらにはそれが正しいと言う思考さえ強めるために、感情的になっている可能性があるのです。

 

 

今、あなたが抱いている好きと言う感情を、このような側面から見直してみると、以下のような不満を抱えていると推測ができるかも知れません。

 

結婚相手に嫌気が差している

 

結婚生活に不満を抱えている

 

結婚によって自分の予想と反した結果を体験している

 

と言うものです。

 

つまり言い換えると多くの場合で人は、日常的に抱えている不満や不満足感を解消するために、何かを欲する傾向があると言うことです。

 

それが誰かを好きになる、と言うことだってあるし、それが自分の中で正当化されることは往々にしてあると言えるのです。

 

ここではあくまで推測でしかありませんが、あなたがこれから自分で不満を抱えていることで、それを解消する欲求をさらに高めていないか、自分で自分を見つめる必要があるでしょう。

 

それらとしっかりと向き合った上で、さらには上述のように、自分が完全に冷静さと理性とを取り戻し上で、考え直してみることは重要でしょう。

 

もしかしたら、ただの刺激欲しさに駆られていないか、自分を冷静に見つめ直す機会は重要なことです。

 

もし刺激欲しさだけのために、あまり深く考えないまま、決断をしてしまうことは、あなたの将来において必ずしも良い結果となる保証はないものです。

 

これはたとえ、その相手の人が本当に好きだったと言う答えに到達したとしても、向き合うべき大切な、あなたの内面的要素だと言えるでしょう。

 

本当に好きなら、本当の自分の答えを、時間をかけてでも自分で導き出す必要があります。

 

 

「結婚後に運命を感じる人が既婚者(既婚者同士)だった時」

   

結婚後にある既婚の人に対して、運命を感じてしまった場合、それは本当に運命なのでしょうか?

 

これはつまり、既婚者同士の運命的な出会いが起きた、と言うことになります。

 

既婚者同士であっても、運命を感じることはあるでしょうし、可能性は否定できません。

 

ただ注意したいことがあるとすれば、その想いが感情や欲求的なものでないかは、しっかりと自分自身で見極めることは大切だと言えます。

 

上述でもしましたが、感情と欲求つまり、不満から解放されたいと言う欲求的なもので、それを正当化することは、あまりよくない判断となりかねません。

 

これは一時の情緒的な乱れであり、すでに崩れている心理状態によって、間違った答えを正しいと思い込みやすいことにつながります。

 

一時のもので、一生にさえ関わるようなことを判断すると言うことに、自分でそれなりの責任を持つか、責任があることを思い起こすことは重要です。

 

そして既婚者同士ても運命だと言えるなら、それはそれで良いことでもあるでしょう。

 

ただし、運命というのは誰が決めるわけでもなく、自分で決める要素であり、自分でしか決めることができない概念であることを理解することは大切です。

 

運命とは物的な形を持たず、人の考えや概念だと言えます。

 

これが運命だった、こうなる運命だった、運命とはこういうものだ、と言う意見は個人間で異なるものです。

 

つまり概念は、ある統一された特定の答えはない、と言うことなのです。

 

これは何かを食べて美味しいと思う考えと概念に酷似していると言えます。

 

甘いものが好きな人もいれば辛いものが好きな人もいます。

 

これらには共通した食べ物という物的な要素の中に、全く異なる概念が存在していることが言えます。

 

言い換えるなら、運命という概念も、全く逆の意見や概念を持っている人はいて、それはその人本人が決めていることだと言えるのです。

 

つまり、たとえ既婚者同士で運命を感じていても、それは個人間の中にのみ完結していることであるということが言えるのです。

 

例えばあなたが、「これが私たちの運命だ」と思っていても、そう言えるのは自分だけでしかできないものであって、他人にはその証拠を確認が取れないし、他人が証明できないし、他人が口を挟むことは非常に困難な内容です。

 

その運命の証明も証拠も、確信も、あなたと相手の方のみ可能である要素なのです。

 

既婚者同士であるなら、自分の感情的なものだけでないか、それを特に確認してから答えを出すことが重要でしょう。

 

そのためには、感情が完全に治ってから、再び考え直すことが最も効果的な方法の一つだと言えます。

 

 

これはあなたの運命の人だという感覚や、その思いを否定するつもりで言っているのでありません。

 

むしろ、本当の答えを、あなたが導き出すために重要な要素であると言えるのです。

 

あなたは本当の答えを出したい、きっとそう思っているはずです。

 

そのためには、高ぶり、支配的になっているあらゆる感情を穏やかにすることは大切だと言えるでしょう。

 

以下のリンク先では、運命の人だと思ったら、既婚者同士だったということについて詳細にご紹介しているページです。

 

運命の人が既婚者同士

 

この先を読むことによって、あなたの悩みの解決に向かうかも知れません。

 

「結婚後に運命の人と出会うとどうなるか」

 

運命の人と出会うと、一体どうなるのでしょうか?

 

よくビビビっときたり、思考が止まったり、胸がキュンとしたり、または締め付けられるようなものを体感すると言われています。

 

これらはどれも、身体的に体感することですが、そこにも脳機能的な作用や生死的な作用が働いた結果、そうなると言えるでしょう。

 

あなたの目的が、運命の人との結婚である場合は、おそらく多くの場合で理性的な思考を失いやすいと言えます。

 

人は求めていたものが目の前に現れた時、つまり目的や願望、理想が目の前に現れた時、理性を失う傾向が強いのです。

 

例えば憧れの人、有名人などを目の前にすると、何もできなくなったり、何が起きたのか分からなくなったりすることがあります。

 

そうです。

 

願望や目的、理想というのは、自分にとって非日常であるからこそ、それが理想的に思える場合が多いのです。

 

そして非日常に直面すると、人は何もできなくなってしまうことがあったり、胸が締め付けられるなどの生理的な作用も起こりやすいと言えるです。

 

これは結婚していて、結婚生活が数年や十数年と経過しているときも起こり得るものです。

 

つまり結婚生活が日常となった時に、新しい恋心は非日常的に感じやすくなり、それが運命的にさえ感じることは往々にしてあると言えるのです。

 

そして日常から離れた非日常感が強いほど、人は思考が停止し、理性的判断ができなくなる傾向があります。

 

これはまるで、プロのマジシャンが見せる不思議な出来事を目の当たりにしたあの感覚に似ていると言えるでしょう。

 

信じられないような非日常の体験や光景は、それを提供した人をとても輝しい存在として受け入れてしまうことがあり、それはほぼ無条件に近いものです。

 

つまり運命的な何かを結婚後のあなたが感じてしまった時は、それは非日常的でありながら、それをほぼ無条件で受け入れてしまい、それに意識が集中してしまっている可能性が示唆されます。

 

自分が結婚しているとか、家族がいるとか、今の結婚相手と永遠の愛を誓ったことなど、考えたくない意識が強くなっているとしたら、それはもしかすると、すでに非日常体験に我を見失っているかもしれません。

 

例えば、今の結婚相手の人と結婚を決めた時も、きっとそれは非日常的なものだったでしょう。

 

非日常的で理想的で、とてもポジティブな感情に包まれ、そして幸せを実感していたことでしょう。

 

しかしその感覚、感情、そして理想や熱は冷めていくことがあるものです。

 

その時に、それまでは考えなかったこと、あるいは考えることを避けていたことが、表面化して明確にそれらを把握できるようになったりしているものなのです。

 

これは感情的な状態が、理性的な状態と思考と判断を抑制していたため、なかなか気がつくことも難しかったのですが、感情の力が小さくなったことによって、理性的な思考と判断が可能になったということが言えるでしょう。

 

つまり今回の運命の人も同じように見てみることが、とても重要だと言えるのです。

 

理性的になるまで、答えを待つか、決めることも考えることからも離れてみることが良いと言えるでしょう。

 

 

このほかにも以下のリンクでは、運命の人と出会うとどうなるかについて、詳細で独自の理論によってご紹介しています。

 

あなたの悩みに、何かの助けになってくれるかも知れません。

 

  運命の人と出会うとどうなる 

 

「既婚者でも運命の人なら必ず結ばれるか」

 

既婚者でも、運命の人であるなら、その人とは必ず結ばれるのでしょうか?

 

上述の内容をよく読まれているなら、きっともうご存知のことでしょうが、この答えは、あなたが自分で責任と明確な意図を持って、決めることが最も重要だと言えます。

 

その理由は以下の通りです。

 

まず上述もしましたが、運命とは概念であり、自分で決めることしかできない要素であること。

 

次に、運命かどうかは感情と欲求が完全に落ち着いてから、改めて考えることが望ましいこと。

 

そして、人には間違いはある、ということです。

 

運命は概念であり、正しい答えなど存在しないばかりか、個人の中に正しい答えや意見が無数に存在しているというものです。

 

例えば同じカレーライスを食べていても、辛いと思う人、全く辛さを感じない人がいるのに似ていて、その個人的な辛さと美味しさの概念は1人として完璧に一致することはないのです。

 

概念はとても抽象的かつ統一した答えのないものです。

 

そして運命という答えのない答えを決めなくてはならないということは、それによって想定される結果もリスクも、しっかりと受け入れた上で決める必要があると言えます。

 

運命だから2人は必ず結ばれるというのは、概念の一つに過ぎないものです。

 

つまり、そうとも言えるし、そうではないとも言えるし、あなたの場合はそのどちらであるかは不明であるということです。

 

運命であるかをしっかりと見極めるには、感情と欲求の要素を完全に抜くことが重要でしょう。

 

理性的で自然体で、平常心で、何も求めていないような心理状態の時、その人が運命の人で一緒になるべきか、改めて考えてみると良いでしょう。

 

そしてそのような精神状態に比較的近いタイミングが、寝起きの時が多くあります。

 

寝起きですぐにそのようなことを考えることは難しいかも知れませんが、深く考える必要はないものです。

 

深く考えようとしたり、適切な答えを出す計算をしようとすると、それはすでに感情と欲求の要素が働くことがあります。

 

それらの要素を抜くことが難しいなら、寝起きにすぐに、運命の人のことを考えて、一緒になったらいいかを軽く考えてみるだけでも、良いかも知れません。

 

そして最後に、人は間違いをするもの、ということです。

 

最初から運命や運命の人を知ることは不可能に等しいですし、だからこそ、間違いが生まれやすいとも言えます。

 

しかし運命を知ったからといって、必ずしも正しい選択がいつもできるとは限らないのです。

 

なぜなら、運命は無限の要素であり、決まっていない要素であるからです。

 

未来と将来のことは、何も決まっていません。

 

何も決まっていないから、人は間違いだと気がつくまでに、それなりの時間が必要な時があるものです。

 

そのような答えを出す場合であっても、自分の欲求や感情、この時は特に自分に対する否定や自己批判、後悔などの気持ちも抑えて考える必要があると言えます。

 

以下のリンクでは、運命の人と必ず結ばれるのかについて詳細にご紹介しているページになります。

 

あなたのこれから出すであろう答えに、何か役に立てるかも知れません。

 

 

運命の人と必ず結ばれるのか

  

また運命の人が既婚者同士だった場合についても、以下のリンク先でご紹介しています。

 

運命の人が既婚者同士

 

「運命の人の特徴とは」

 

運命の人の特徴があるなら、それを知ることによって、例え自分が結婚した身であったとしても、自信を持って決断ができると考えるでしょう。

 

そしてもっとも多くの感情とは、特徴があるなら、それを特定することによって安心感さえ生まれることでしょう。

 

なぜなら、その答えにはきっと、間違いないと思えるからです。

 

しかし運命という概念は上述の通り、統一された答えはない、あくまで個人的な解釈と概念であるというのが当サイト(マインディストKEN)の考えです。

 

この概念が生まれるには、個人的な過去の体験、あるいは獲得してきた知識、そして願望や希望などが絡まって、個人個人のそれぞれの答えを創造しています。

 

そうです。

 

運命という概念はとても創造的な思考の、創造的解釈と答えであるということができるのです。

 

そして創造性は誰もが持っているものであり、その創造性はこの人が運命の人だとか、運命の人はこのような特徴があるという意見さえも創造します。

 

創造には際限がなく、無限であり、そして常に変化するものです。

 

つまり、運命の人の特徴というのはそれを求めている人の個人的な心理状態によって、創造されているものであって、創造され続けていると言えます。

 

そうであるなら、これにも統一した解釈や特徴もないのです。

 

あなたの心理状態が、何が特徴であるかを決めている要素として、非常に強く機能していると言えます。

 

言い換えるなら、信じられないかも知れませんが、心理状態によって運命の人だと思える特徴もコロコロと変わったりしているということです。

 

例えば信じていた感覚や概念に裏切られた、という体験は人の中にはあるものです。

 

こうだと思っていたのに、以前はこうだったのに、こうなるはずだったのに、という体験は誰にでもあるものです。

 

これは全く同じ味付けで料理を作れないことに、とてもよく似ています。

 

味付けは変わっていないのに、なぜか、以前のように料理が仕上がらないことはあるものです。

 

それには湿気が関係しているのか、または、お湯の量や塩加減が微妙に異なりバランスを崩したのか、熱を少し通し過ぎたのか、使用した野菜の鮮度が違ったのか、あらゆる要素が考えられるものです。

 

特定したもの、変わらないもの、統一なものは、この世に存在し続けることは不可能なのです。

 

さらに答えのない運命の人や、その特徴は、以前の心理状態と異なることで、容易に変化ししてしまう要素と言えます。

 

そのため、そこに強いこだわりと固執をすることは、あまり良い結果には結びつかないでしょう。

 

以下のリンク先では、運命の人の特徴について、数多くの情報をご紹介しています。

 

きっと、あなたの今抱えている悩みや、どこかすっきりしない心境を改善する助けになることでしょう。

 

 

運命の人の特徴

 

 運命の人&パートナの特徴

 

運命の人じゃない特徴

 

「運命の人の前兆とは」

 

運命の人の前兆には、いろいろなところで報告やコンテンツなどが紹介されているものです。

 

ここまでお読みになれたあなたなら、もうご存知の通りでしょうが、運命の人の前兆やその体験談、あらゆるエピソードは、その人本人のものだと言えます。

 

しかし、前兆に気が付くことにおいても、あなたの心理状態は大きく関わっていると言えます。

 

あなたの心理状態は、とても多くの現状を把握すること、それを時に歪めること、または素直に捉えることに、大きく関わっていると言えるでしょう。

 

そして事実、多くの場合で人はその心理状態の通りに、現状を認識し捉えることはとても多くあるものです。

 

運命の人と出会う前兆の中で、心理的な状態が例えば感情的な高まり、ストレス、イライラ、欲求というものから離れているか、それとも身近にあるかで、大きく異なると言えます。

 

これら感情的な高まりと離れているほど、おそらくあなただけが感じ取れる、運命の人やその出会いの前兆に、自然と気がつける可能性を高めてくれるでしょう。

 

しかし、感情的に高まっている状態では、それに気がついたとしても、おそらく表面的で、心が揺さぶられてばかりのものに目や自分の意識を奪われてしまいがちです。

 

もしある程度の前兆があるのなら、きっとそこには、あなたが多くの欲求やそこから生まれる負の感情、恐れ、怒り、不安などから解放されている心理状態である場合が多くあります。

 

以下のリンク先でも、独自の理論でこの前兆について詳細にご紹介しています。

 

運命の人と出会う前兆とタイミング

  

関連コンテンツ「運命の人と結婚」

 

運命の人との結婚について、関連した全てのページを以下のリンク先にてまとめています。

 

きっと運命の人との結婚に、新しい発見や、きっかけを作ってくれることを助けてくれるでしょう。

 

 運命の人と結婚