運命の人を知る、出会う、引き寄せて結ばれる



《広告》


 

1「運命の人を知るには」

 

人は常に、運命の人を知りたいと望むものです。

 

運命の人を知ることができたらどんなにも、今の悩みや、問題から解放されるだろう、そう感じている女性は多くいます。

 

では、運命の人を知りたいと望む理由を、あなたはご存知でしょうか。

 

その理由はおそらく、あなたが未来の不安から解放されたいという恐れの思いがあるから、と言えるのです。

 

よく考えてみてください。

 

あなたが運命の人を知りたい、あるいは出会い、結ばれたいという理由を。

 

そこにはおそらく、その人と出会うことで、きっとこの先の未来、自分が救われると感じている部分があるから、ではないでしょうか?

 

運命の人と出会い、この人だと思えた時はまさに、あなたにとって「答え」が見つかった瞬間だと言えます。

 

とてもわかりやすい例えで言うと、あなたが好きな人に告白をしたとします。

 

告白した相手からの返事がこないうちは、不安で不安で仕方がないでしょう。

 

つまりこれが、あなたが運命の人を知らない状態であり、不安を抱いている現状に似ていると言えます。

 

そして、相手の方から「イエス」と言う答えが明確になった時、あなたはこれからの日々がとても輝き、そして幸福で、愛に満たされるであろうと言うことを実感するでしょう。

 

そうです。

 

これが、あなたが運命の人だと確信した時であり、答えを手にした瞬間だと言えるのです。

 

この瞬間を、多くの人は求めているものです。

 

そしてこの瞬間が訪れた時、全ての悩みや問題から解放される、そう信じていることが多いのです。

 

 

しかし、多くの場合で人は、自分の運命の人が誰であるかを知ることができないか、その手立てさえ知ることができないものです。

 

なぜでしょう?

 

 

その理由には様々なものがありますが、単純に言うと、自分の未来は見えない、と言うことに尽きるでしょう。

 

誰も、あなた自身でさえも、一秒先になにがあるかを知ることができないのです。

 

それなのに、未来、きっと自分を幸福にしてくれるかもしれない運命の人を、人は探し求めるのです。

 

そして、私が占いをしてきた中で、未来を知ることができないことを受け入れることができていない人ほど、運命の人に気がつかなかったり、出会えなかったりしている傾向がありました。

 

あなたの運命の人が誰であるか、それを知るには、あなた自身を知る必要がある、それがこのサイトでの見解であり、とても効果的な方法であるとおすすめできます。

 

加えて、これが最も重要なことですが、運命の人は、現在のあなたに一番適した人だといえ、それはこれからも変わっていく可能性があると言うことです。

 

つまり例え誰かに恋をしたとしても、あるいは好きになったとしても、その人が自分の運命の人だと、焦って答えを出さないのも重要だということです。

 

今回恋をした、好きになった人それは、今現在のあなたの現状であり、限界とも言えます。

 

もし、あなたが今の自分に満足していなかったり、不満があるなら、その中で運命の人と出会うのは難しいばかりか、間違った人、相手を運命の人だと勘違いしてしまうことさえ起こり得ます。

 

これから先は、あなたが自分の運命の人と出会うために、何が重要であるかをお伝えしていきます。

 

 

2運命の人と結婚する

 

占い師としての経験から、もっとも多くの質問が「運命の人といつ会えますか?」ということか、「運命の人は誰ですか?」という質問でした。

 

おそらくこのような質問を投げかけていた多くの女性は、運命の人が誰だか知ることができれば、それは理想の結婚相手として決断ができ、とても安心できるからでしょう。

 

自分がなぜ、運命の人を知りたいか?という質問を投げかけたことがあるでしょうか?

 

この質問に対する回答が、運命の人を知る本当の目的や目標が隠されていることが、非常に多くあるのです。

 

そこで結婚したいという答えが少しでもあるのなら、もしかするとあなたが、運命の人を知りたいと願っているのは、最終的な目標でもある「結婚」というものを強く意識していると言えるのです。

 

それがなかったら、何のために運命の人を探したり、誰であるか知りたいと言った欲求が生まれるのでしょう。

 

これは実は、非常に重要なことの一つです。

 

自分がなぜ、運命の人を求めているのか、その本当の理由を自分で探し当てることは、きっとあなたのこれからの恋愛や結婚観の軸となり得るものです。

 

何が言いたいかというと、おそらくこのようなことは、同じようなコンテンツを扱っているところでは聞いたこともないでしょうが、運命の人と結婚するためには、自分を知ることがとても重要である、ということです。

 

自分を知ることこそ、なぜ、自分は運命の人を求めているか?

 

という問いに対して、心から正直な回答を見出す必要があると言えるのです。

 

 

スピリチュアルの観点からいうと、運命の人、それも恋愛や結婚、真実の愛としての運命の人は、ツインレイと言われているものがあります。

 

ツインレイとは魂を分けた存在で、別々に生まれ、そして出会い、永遠と真実の愛を獲得しようとする関係性という概念です。

 

もし、あなたがツインレイのことを知りたいなら、以下のリンク先にツインレイの特徴や見分け方など、詳細にご紹介しています。

 

 

ツインレイ男性のすべて

 

 

 

そしてツインレイであっても、運命の人と結婚に至るまではプロセスがあります。

 

まずは運命の人が誰であるかを知ること、そして出会えるようになること、最後に結婚をすること、という一連の流れがあるものです。

 

運命の人と結婚する場合、そこにはおそらく、普通に思っていたことが実は逆だったり、あるいは間違いの可能性があったりします。

 

以下のリンク先は、運命の人と結婚する重要なことを、独自の理論に基づきご紹介しています。

 

 

 

運命の人と結婚する

 

 

あなたの運命の人を求める、あるいは欲している本当の理由は、あなたの中にのみ存在しています。

 

そして運命の人がなぜ自分に必要なのか、それを明確にしていくことによって、運命の人が誰であるか知ること、出会うこと、結ばれることに繋がっていくでしょう。

 

これより先で、運命の人を知ることから、結ばれるまでに重要なことをご紹介していきます。

 

あなたもきっと知らなかったことや、ここでしか知ることのできない内容を知り、きっと驚きを隠せないことでしょう。

 

もしかすると、 そう遠くない未来に、あなたは運命の人を知ることになるかもしれません。

 

 

3「運命の人と出会うには、自分を知ること」

 

これは上述したように、運命の人が誰であるかを知るには、まず自分を知ることに通じることです。

 

つまり、自分を知ることによって、誰が運命の人であるかが無意識的に理解し始め、それが理解されるようになると、運命の人に出会うことも可能となると言うことです。

 

あなたの知ること、つまり自分を知ることは、多くの人が避けていることの一つだと言えます。

 

自分を知る方が自分の人生や運命の人など、良いことが多く起こりやすいのに、それをしようとしないのです。

 

なぜでしょう?

 

 

それは、人は自分を守りたがる生き物だから、と言うことができます。

 

自分を知ることは、実は本能的にとても怖いものであったり、恐怖体験だったりします。

 

その理由は、私たちの脳機能が、いつも現状の自分でいようとするからであり、現状から離れようとすることを嫌うからだと言えます。

 

私たちの脳の機能は、現状の自分をとてもよく知っていますが、一方で、本当の自分、つまり、奥底に眠っている本質的な自分に目を向けようとしない傾向があるのです。

 

その理由とは、その本質的な部分を否定されることが、脳は最も嫌がるからです。

 

では、否定されたくない人の本質的な部分とは、一体何でしょうか?

 

それは、人の欲求であり、否定とは、それから離れることです。

 

本質的なものとは、とてもわかりやすく言うと、人の欲求であり、欲望です。

 

食べることや、寝ること、愛されることなどを指します。

 

人の脳はこれをとても重要にし、それがたくさん得られるために生きようとします。

 

そして、それが得られそうな時には、とても多くの力を発揮しようとします。

 

 

一方で、欲求が満たされていない時、人はとてもネガティブな思いを抱きます。

 

恋愛でいうと、寂しい、悲しいなどの感情が大きくなったり、また幸せそうなカップルや人を見ては、羨ましいと思うものです。

 

これは脳があなたに、欲求が満たされていないことを伝え、それを満たすようにと仕向けている働きだと言えます。

 

脳は欲求を満たそうと、あなたをいつも動かせているようなものです。

 

それは食べることや寝ることに限らず、愛情で満たされることも同じことなのです。

 

つまり、あなたが向き合うべきは、あなたの脳内で起きている思考であり、それを自分で気がつき、正しい道へ導かなくてはならないのです。

 

脳は欲求を満たすことを否定されるのを、とても怖がり、その怖さはそのまま、あなたへと伝えていきます。

 

怖さを感じたあなたは、もうそんなことは思うまいと、考え方を脳に改めさせられてしまうのです。

 

例えば、あなたが運命の人と出会う必要はない、運命の人などいらない、そう考えたら、途端に悲しくなったり、人生がつまらなく感じたりするでしょう。

 

脳は、あなたにそうするなと命令し、同時にその欲求を捨てて欲しくないのです。

 

 

これを繰り返していくと、あなたは運命の人に近づくどころか、間違った人を運命の人だと勘違いしたり、あるいは運命の出会いから遠ざかる傾向になるでしょう。

 

 

それは、なぜか?

 

 

運命の出会いを求めさせている脳が、それを見つける手助けをしてくれていないからです。

 

脳はあなたに欲求を満たすように追わせますが、それを見つける手助けはしてくれないのです。

 

脳機能は、欲求を満たすことに働きが傾くほど、あなたの視野を狭くし、考えを制限し、今すぐに手に入るものだけを、一生懸命に追わせようとするのです。

 

一生懸命に追っているのは、あなたが本当に欲しいものかどうか、そんなことはお構いなく、手に入る確実性のあるものだけに、焦点を絞り込みます。

 

上述でも言いましたが、あなたが今すぐに手に入るものは、あなたの現状を超えたものではなく、今のあなたの限界的なものがほとんどです。

 

たとえ時として、限界以上のものを手にすることもあります。

 

しかし、それはやがて手の中からすり抜けていくように、離れ、消えて、元に戻ってしまうのです。

 

これに似た経験はないでしょうか?

 

もしあるのなら、それは自分が変わったのではなく、ただ何かが目の前を通り過ぎたのに似ています。

 

運命の人と出会うには、このような脳の機能や働き、そして習慣を変えていく必要があるのです。

 

それが「まず自分を知る」ということなのです。

 

 

4「運命の人を求めている理由を知る」

 

人の脳は誰もが、欲求を満たすようにできています。

 

これが生存欲求といわれるものであり、それから離れることはできないでしょう。

 

だから、脳はあなたに欲求から離れるようなことをさせないように、恐怖でそれを押さえつけようとしています。

 

例えば人が一生懸命に働くのは、お金に困り、お金がなくなることで、生きることが困難になること、または食べるものや食欲を満たすことが難しくなるからと言えます。

 

これは、あなたが運命の人と出会わないと、これからの人生のあらゆる欲求が満たされないと思っていることに似ています。

 

だから人は、運命の人を探し求め、それを続けると言えます。

 

もし、これに似たような思考や思い込みがあると気がついたなら、あなたは自分を知ることに一歩近づけのかもしれません。

 

まさに、あなたがなぜ?運命の人を求めているのか?この疑問に向き合う必要があるのです。

 

運命の人が自分を幸せにしてくれると思っているのか?

 

運命的な出会いをすれば、それだけで人生が何もかもうまくいくと思っているのか?

 

自分が深い愛で満たされるには、運命の人が必要だと思っているのか?

 

個人差があり、その答えは様々でしょうが、これらの疑問と向き合って、その理由を知ることは重要です。

 

なぜなら、それは、脳が求めて求め、欲求を満たそうとすることを、止めることができるからです。

 

逆に、脳が求めることや欲求を満たそうとすることを落ちつかせないと、あなたは運命の人ではなく、身近な人(すぐに手に入る人)に運命を感じさせられてしまうかもしません。

 

あなたが気がつかないうちに、脳の欲求を満たすために動かされ、考え方も変えさせられ、すぐに手に入りそうなものを追わせらられている可能性があるなら、まずは脳の暴走を止めることや、冷静になることが大切です。

 

そして、この冷静さを取り戻すことが、運命の人に近づく一歩となり、その人が誰かを、あなたに気がつかせてくれる助けとなるのです。

 

 

5「運命の人との出会いの本質」

 

運命の人と出会うには、上述のように、あなたの脳の、欲求を満たそうとする状態を冷静にする必要があります。

 

運命的な出会いは、残念ながらドラマやアニメのような出会いによって引き起こることは稀です。

 

ではどのように起こるかというと、引き寄せの法則のように、自然かつ、至極当然のように起こり得ることがほとんどです。

 

そうです、運命の出会いは当然のことであり、自然な流れの一つだと言えるものです。

 

しかし人は運命というと、とても難しく捉えていて、非現実的で、奇跡的な出来事だと思っていることがあります。

 

それが、運命から遠ざける原因にもなり得ます。

 

何度も言いますが、運命の人と出会うには、あなたの中で興奮しているその欲求を抑える必要があり、そのためには、なぜ自分はそれを求めるのか?を深掘りしていく必要があります。

 

欲求に暴走している脳に対して、あなた自身が問いかけ、問いかけ続け考えさせることで、冷静に本当の答えを導き出すためです。

 

欲求によって暴走している脳を、とてもわかりやすく例えると、お腹が空きまくった状態に似ているでしょう。

 

つまり食欲が暴走している状態です。

 

この時のあなたの脳は、あなたに対して、何でもいいから食べろ食べろと仕向けているはずです。

 

野菜から食べる方が健康に良いとか、バランスよく食べようとか、それら冷静な考えよりも、好きなものから、あるいは目の前にあるものから食べようとしてしまうでしょう。

 

そうです。

 

脳は欲求が極限まで高められると、目の前にあるもの、一番手っ取り早いものが、とても重要に感じるのです。

 

だからこそ、あなたが今、運命の人を求めてやまないなら、それは脳が欲求に暴走している可能性があり、まずはそれを冷静になるまで穏やかにする必要があるのは、運命ではないものを運命だと勘違いしないことにあります。

 

 

本質的な運命の出会いは、実は全く逆であることが多いのです。

 

 

6「運命の人を引き寄せる」

 

上述のように運命や運命的な出会いは、引き寄せの法則のように、とても自然なことの一つであり、人の人生の中にある「流れの中の一つ」だと言えます。

 

流れの中の一つというのは、あなたの日常生活の中にあるもので、例えば買い物に行く途中で誰かと肩がぶつかったとします。

 

多くの場合、これが運命的な出会いだと気がつく人はいないものです。

 

また、運命の出会いだと断定することも不可能であり、間違ったことが多くあります。

 

たまたま肩がぶつかった人は、人生の中できっと数人か数十人はいることでしょう。

 

それらすべてが、自分の運命の人であるはずもありません。

 

しかし、このような何も重要性のない部分に、運命的な出会いというものが隠されている場合が多くあります。

 

そして肩がぶつかるだけでなく、もしかすると、会社であなたの目の前に座っている人だったり、小さな頃から知っている幼馴染だったりもします。

 

そうです。

 

誰であるかを特定することが、とても困難なのが、運命の人であると言えるのです。

 

つまり、運命の人が誰であるかを特定すること、それ自体が、運命の人や運命的な出会いから、あなたを遠ざけている可能性が高いのです。

 

 

運命の人が誰であるか、出会いはどこにあるか、それらに気を配ること、心配すること、そしてそれを決めつけようとすること、その行為には、あまり大きな価値がないというわけです。

 

もしかしたら本質的に価値のない行為に対して、それが非常に重要だという価値をつけてしまっているのは、自分自身であることがほとんどなのです。

 

人は価値をつけたがります。

 

そう、その理由は、上述したように、人の脳は欲求を満たそうとすることが本能的に備わっており、そして欲求は恐怖を生みやすいからです。

 

例えば、本当はこの仕事をしたいわけじゃないけど、生活が困難になるから仕事をしている。という人がいるとします。

 

これは食欲や物欲といった生存欲求を満たすために、恐怖によって、自分の選択が正しいことや、その選択には価値があると思っていると言えます。

 

もちろん仕事をして、生きていくことは重要だし、仕事には人の役に立てるほど、大きな価値があるものです。

 

 

しかしその人が持っている仕事に対する本来の価値とは、仕事ではなく、食べることや生き抜くことにおいて重要視されていると言えるのです。

 

運命の人やその出会いにおいて、それが欲しいという欲求が強くなると、それがないと自分は幸福ではないという「恐れ」を生みやすい傾向にあります。

 

この恐れは、脳が当人に欲求を満たそうとする働きの一つであり、それが手に入った瞬間をピークに、この恐怖感から解放されます。

 

 

人は欲求を追い求め、恐怖から解放されようと、無意識に動かされていることが、非常に多くあるのです。

 

だから、運命の人や出会いを、自分がなぜ求めているのか、その理由を明確にすることは重要であり、それが第一歩となり、さらに、その欲求から踊らされていた自分にまず気がつく必要があるということです。

 

 

ここまで読み進めたあなたには、きっと理解ができていることでしょうが、欲求による恐怖で動かされている期間は、運命の人を間違いやすいということなのです。

 

そうです。

 

この状態では、運命の人を引き寄せることは、ますます困難になります。

 

そして恐怖から解放されるために、人は一生懸命になり、それを探し求めようとします。

 

 

ここで問題が発生します。

 

自分は運命の人と出会い、そして幸福になりたい。という欲求は、別の言い方をすれば、運命の人と出会っていない今の私は、とても不幸なのだ。という認識が元になっていることです。

 

人は空腹だから、何か食べたいと思うものです。

 

つまり、栄養などが不足しているという判断を、脳がしているのです。

 

このような判断をした脳が、指令を与え、人はその指令のもと、自然と何かを食べたいと感じ、そして欲求が満たされるまで食べます。

 

不足感はさらなる恐れ、恐怖感を大きくさせる傾向があります。

 

つまり、運命の人や出会いを求めている傾向にある人は、不足感を強く持っており、その不足感は大きな恐怖感となっており、脳に突き動かされている可能性が高いのです。

 

このような恐怖感が高まった状態は、脳の辺縁系の扁桃体といった部位を、活性化させることがわかっています。

 

扁桃体とは、恐怖や不安といったネガティブな感情だけでなく、嬉しい楽しいといった快楽やポジティブな感情を人に与える働きをしていることがわかっています。

 

そして、欲求もこの扁桃体が司っていることがわかっています。

 

扁桃体が活性化し、欲求や恐怖といった感情が高まっているとき、理性的な思考を司っている前頭前夜の働きを抑えてしまいます。

 

何が言いたいかというと、前頭前夜が抑えられることで、人は非常に思考が浅くなり、目の前の出来事に対して敏感に反応しやすくなる状態が、自然と作られるということです。

 

この状態になると、運命の人を手短に決めてしまおうとしたり、ちょっと心が動かされた人に対して、運命のようなことを感じやすくなります。

 

これが多くの人が、運命の人だと間違ってしまう典型的な一例だと言えます。

 

それはただ、感情が敏感になりすぎた状態で、目の前のことをとてもオーバーに捉えて、「答え」を決めてしまっただけ、ということが多いのです。

 

運命の人や出会いは、そのような感情的なものではなく、とても自然な流れの中にあるものです。

 

むしろ、感情的な出会いは、運命の人との出会いではないことが多くあるでしょう。

 

運命の出会いは決して、あなたを揺さぶり、理性的な判断を失うような刺激的なものではではないし、奇跡的なものでない、そう言われるとどう感じるでしょうか?

 

つまらない。

 

嫌だ。

 

もっと感動的なものが欲しい。

 

そう感じたりするかもしれません。

 

しかし、それを求めているということは、その時点で、すでに脳の欲求に自分の身を委ねようとしている可能性が高いのです。

 

脳の欲求に自分が支配されるか、それとも脳を自分が支配するか、その二つの選択しか人には残されていないと言えます。

 

なぜなら、上述したように扁桃体が高まるつまり、感情的な働きを強まると、人は理性が弱くなり、理性が強くなると逆に、感情的な働きが弱くなるからです。

 

そして運命の人を間違えないことや、それに加えて引き寄せるには、理性的な働きが重要であると言えるのです。

 

これが、自然のように起きている運命の出会いに気が付きやすくなり、運命の人が誰であるかにも気が付きやすくなる状態だと言えるでしょう。

 

脳が求める欲求と、不足感と、そして恐怖感から解放され、創造的な脳の部位を活性化することが重要となります。

 

そして人は、それがないとダメなんだと思い込むまでに膨れ上がった欲求と恐怖から、自分を解放した時に、運命の人を引き寄せることを可能にするでしょう。

 

7「欲求、不足感、恐れから解放するには」

 

あなたの欲求の多くは、自分が今それを所有していなくて不幸だと感じている不足感が生まれ、そしてそれを生きているうちに手にしないとという恐怖感が大きくなっているかもしれません。

 

これらから自分を解放するには、上述のように扁桃体を活性化させないで、理性的な働きのある前頭前野を活性化させる必要があります。

 

前頭前野は理性や、創造的な思考を司っていると言われている脳の部位で、扁桃体と前頭前野を同時に活性化させることはできないことが知られています。

 

人はこれら二つの異なる要素を、常日ごろから互い違いに行ったり来たりして、思考や感情が常に動いているのです。

 

例えば、理性的だと思ったら、次は感情が支配したりしています。

 

この理性と感情の移り変わりは、人が受ける出来事や、何らかの外的刺激などによって切り替わることが多くあります。

 

理性的な状態になる時とは、例えば何も問題がないときや、恐れる要素がない時に、自然と人はそうなっています。

 

もっともわかりやすい時が、一人暮らしの休日の寝起きだと言えるでしょう。

 

寝て起きると、外的な刺激がもっとも少ない環境であるといえ、布団から起き上がるか起き上がらないかの時が理性的な状態に自然に慣れている時でしょう。

 

休日の朝は、仕事に遅刻する心配もないし、何かに追われているものや、答えを決めるべきことから解放されている状態です。

 

しかし、平日の朝は今日の会議のことや、顧客のクレーム、作業、さらには遅刻をしてはいけないために、起き上がってからすぐに、朝食はどうするか、何時の電車に乗るにはどれくらいに家を出たら良いかなどを常に考え、そして決めていることでしょう。

 

これは背後にある恐れや、欲求を満たすというゴールに向かって、計画立てて考え、それを満たそうとしていることだと言えます。

 

これに加えて、恋の悩みや問題などがあると、人の脳は理性的な状態どころではないでしょう。

 

これらを例にして何が言いたいかというと、人は常に、欲求と不足感と、恐怖感によって合理的だと思い、動いているということです。

 

しかしこれは、上述してきたように、あなたが本心から動いているのではなく、脳の欲求を満たすことに、あなたが突き動かされている状態だと言えます。

 

欲求や不足感、恐怖感の三つ(それ以外にもありますが)は、とても密接に繋がっていて、どれか一つだけが際立って突出していることは滅多にありません。

 

どれもが繋がって、高まっていることがほとんどです。

 

 

つまり、どれか一つが強くなると、どれもが強くなる傾向があるのです。

 

この作用はネガティブなものに限らず、快楽を得ることにも同じことが言えます。

 

快楽、つまりここでいうと、あなたが運命の人と出会えたり、結ばれたりする、その瞬間だと言えます。

 

人においてこの快楽こそが、欲求と呼ばれているものだと言っても差し支えないでしょう。

 

快楽を得られるために、脳は当人の思考を狭め、視野を狭め、良い感情も悪い感情も高め、動かそうとしているのであり、人は自分で気がつかない限り、快楽の虜になってしまう可能性があるのです。

 

そして、快楽(欲求)の背後にはそれを満たさないと不幸になるという不足感、不測は嫌だという恐怖感が募り、高まっていき、人は徐々に、あるいは急激に理性的な状態を失っていく傾向があります。

 

話を整理すると、人の脳はまず快楽を求めることを欲し、これを欲求と言います。

 

そしてその欲求を満たそうとすればするほど、不足感や恐怖感を大きくさせていき、同時に理性を失う傾向になります。

 

つまり、あなたが不足感や恐怖感から解放されるには、理性的な自分に目を向け、それを維持する努力や、それを習慣にしていくことがまず重要ということになります。

 

不足感や恐怖感とは、上述してきたように、欲求が高まることによって全てが膨れ上がっていきます。

 

そのような中で理性的な自分を維持することは難しいだけでなく、とても難しいと言えるでしょう。

 

では理性的になる努力とは具体的にどのようなことでしょうか。

 

それとは、求めることを穏やかにしていくことが、もっとも効果的だと言えるでしょう。

 

人は求めるものですが、それは欲求があるからでもあります。

 

欲求の全てを捨てることは不可能ですが、運命の人と出会いたいという欲求は弱めていくほうが良いと言えます。

 

なぜなら、あなたをあなたらしくしていない原因、つまり理性的で創造的なあなたを邪魔しているものこそ、運命の人へのこだわりや執着であり、欲求であると言えるからです。

 

運命的な出会いは脳が求める快楽からは得ることができないでしょう。

 

その理由というのも、快楽への追求が、創造性を失う原因になっているからだと言えます。

 

あなたが一人暮らしているとして、休日の朝、一体どのようなことを求めているでしょうか?

 

きっと、寝起きから数十分の間は、何も求めるものがなく、心がゆったりとしていることでしょう。

 

やがて「今日は何をしよう(欲求を満たそう)か?」と考え始めて、それに向かって計画的に考え、合理的に動いていくでしょう。

 

そうやって人は創造性から徐々に快楽(楽しみなども含め)という欲求を満たそうと、脳に動かされていく傾向となっていきます。

 

欲求を捨てること、それは快楽を捨てることとも同意義ですが、これを捨てないにしても、離れてみたり、ある時には忘れてみたり、距離を置くことが重要でしょう。

 

そうしていくと不思議なことに、恋愛に限らず、これまでのあらゆる問題にも変化が訪れていきます。

 

その理由とは、あなたの脳が欲求から離れ、不足や恐れから離れ、創造性を高めていく理性的な城田になったからです。

 

そうです。

 

運命の人やその出会いも、そのようにして自然な改善と解決の中で、現れてくることの一つだということです。

 

 

人は求めることで、自ら恐れてしまう状況を作り上げてしまいがちです。

 

しかし人は同時に、求めないということを嫌います。

 

それは脳がそれを拒む傾向があるからと言えます。

 

そしてそのままにしておくことで、快楽という欲求を捨てるどころか、大切にしようとしていきます。

 

つまり、価値を作ってしまうということです。

 

それを手にすることに価値が高まると、ますます捨てることはおろか、距離を置くことさえも難しくしてしまうでしょう。

 

もしあなたの中に、運命の人や、運命の出会いがとても価値が高いものだとしたら、理性的で創造的な自分に戻ることを難してしまうことにつながりかねません。

 

それ結果的に、間違った運命の選択をする傾向を強めるか、何も得られないかのどちらかになってしまう可能性さえあります。

 

少しずつ、自分の求めているもの、価値があると思っているものから、自分の意識や行動や、思考を遠ざけてみましょう。

 

これは初めての試みとなるかもしれませんが、今までやってこなかったを、あえてやってみる価値こそあるものです。

 

なぜなら、今までと同じことをやっても、その先の結果に変化を起こすことは非常に困難であるからです。

 

自分自身を欲求や不足感、そしてそれらから生まれている恐怖感から、徐々に解放してあげましょう。

 

手っ取り早い方法は、求めることを考えないようにしてみることです。

 

 

8「さらに身体的に改善して創造性を高め、運命を変える」 

 

上述してきたことは、人がなぜ?運命の人と出会えない可能性が高かったり、その原因は何で、そして、改善するためのメカニズムと方法を述べてきました。

 

いわば思考や感情をコントロールすることが中心で、内的要素の改善方法でした。

 

ここでは、外的な要素を変えること、つまり、身体的に改善を加えていくことによって、内的な要素にも良い影響を与えていく方法をご紹介したいと思います。

 

上述したように、運命の人を知ることや気がつきやすい状態というのは、あなたの精神が落ち着いた状態であり、それは脳科学的にいうと、理性的で創造性の働きをする部位が活性化しているときだと言えます。

 

その状態になるには、自分で思考や感情のコントロールをすることも重要ですが、身体的かつ外的なストレスによって難しくしていることが多くあるのです。

 

それらは、特に以下の三つの点だと考えられます。

 

刺激物の摂取

 

電磁波

 

質の良くない睡眠

 

これらの三つです。

 

そして上の二つである、刺激物の摂取と電磁波関連を改善できると、三つ目の質の良くない睡眠を自然に改善することも可能です。

 

つまり、あなたが運命の人と出会い、そして幸福な人生をこれから歩もうとするなら、それは刺激物の摂取と自宅の電磁波的な環境の改善がまず重要となると言えるのです。

 

刺激物の摂取は、アルコールやカフェイン、タバコといったものを控えるか、辞めることを意味します。

 

これらは人の脳を興奮状態にし、上記した扁桃体を過剰に働かせることになります。

 

扁桃体が過剰になることで、目の前のいろいろなことに敏感に反応しやすくなり、それは睡眠中にも影響を及ぼしていきます。

 

これらの習慣を見直し、摂取をしないことは、あなたの今後の出会いを大きく変える可能性を秘めています。

 

そして次に、電磁波についてですが、これはあなたが寝ている環境の電磁波環境を改善することが重要だと言えます。

 

例えば、携帯やスマートフォンを頭の近くに置いて寝ていることや、家電製品が近くにあるというなら、それは遠ざけた方が良いでしょう。

 

そして遠ざけるだけでなく、最も効果的なことは、しようしない場合は出来るだけコンセントを抜いておくことが重要です。

 

家電製品は、実を言うと、交流電場と交流磁場という二つの電磁場を発しています。

 

交流ということは、振動を持っているということであり、電場と磁場は上下に振動しながら家電製品から出ているということです。

 

これらの近くにいたり、近くで寝ていると、睡眠を障害したりする可能性が高く、またストレス状態を高めてしまうことがあります。

 

交流磁場においては距離に比例して弱くなる特徴があります。

 

そのため磁場においては家電製品から距離を置くだけで、大きな対策となりえます。

 

ところが電場においては、距離を離しても床や壁に伝わる特徴があります。

 

つまり、家電製品から距離を離しても、電場の振動だけは伝わり、人の体を振動させてしまうということです。

 

この電場の振動は電気的な性質を持っているので、電場に晒され続けると、体の表面が電気を帯電するようになります。

 

電気にはものを吸い寄せる力があるので、細かいホコリや花粉、有害物質などの粒子を吸い込みやすくしてしまいます。

 

これはそのまま、外的なストレスとなり、免疫は常に過剰反応し、身体はゆっくりと休まることが困難になっていきます。

 

さらに人の体も電気的性質を持っており、そのバランスを崩すことにもつながります。

 

電気的なバランスが崩れることで、体内のカリウムやマグネシウム、カルシウムといったプラスのイオンがマイナスの電気によって身体から放出されることになります。

 

これらのミネラルイオンが放出されてしまうと、身体のミネラルバランスも崩れることになり、健康や代謝に大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

家電製品は特に、寝るときはコンセント抜くようにすると、眠りの深さや体調面が大きく完全されたりすることがあります。

 

また電場と磁場において、睡眠の際に特に注意すべきことは、金属製のベッドをしようしているかどうかです。

 

 

金属製のベッドはご存知の通り、電気を通しやすいので、家電製品の電場が特に伝わりやすくなります。

 

また電場が伝わり、さらにそこに電気が流れやすい可能性があるので、寝ている時に常に電気的ストレスがかかっている状態を招きやすくなります。

 

金属製のベッドの使用を避けて、さらに、家電製品のコンセント抜くことが、睡眠環境を整えることにつながります。

 

刺激物を控えるか、一切に摂取をやめて、そして寝るときには家電製品のコンセントを抜く、この二つによって、大きく睡眠の質が向上していきます。

 

そして睡眠の向上こそ、運命の人との出会いを改善する可能性が非常にあるということです。

 

質の良い睡眠は、特に、人の脳の状態を扁桃体優位から、前頭前野優位にする助けとなり、結果的に運命の人を知ることにも大きな影響を及ぼしていくれるのです。

 

身体的な状態をこれらのことで改善していくことを、お勧めします。