運命の人はいるのか、いないのか?真実に迫る理論とは?【保存版】

 

本当に運命の人はいるのか?

 

この問いに対して、あなたの回答はどのようなものでしょうか?

 

占いや占い師から得た意見ではなく、あなたがどう思っているかが、実は、運命の人を出現させる力になる可能性を高めます。

 

これより、運命の人はいるのか、ということについて、独自理論を元に掘り下げてご紹介していきます。

 

きっと、あなたの運命の人を見つけるために役立つことになるでしょう。

 



《広告》


「磁石」のように

引き寄せ合う

【運命の彼】

を占ってもらう

  

なたはこのまま、運命の彼を知らないまま過ごしますか?

 

運命を聞くと将来が楽になるかもしれませんよ。

 

あなたは有名な占い師にも占ってもらえます。

 

運命の彼について聞いてみませんか?

 

今なら登録するだけ。最大2500円分無料で占えます。

 

登録は簡単、無料です。

 

詳細は↓こちら(リンク先では今日昨日の口コミも下部で確認できます)

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト
 

 

 

  

「運命の人はいるのか?いないのか?まずは運命という概念について知ること」

 

運命の人はいるのか?という問いに対して、あなたの持っている回答は、非常に重要になります。

 

その理由とは、運命という概念をより深く理解することによって、そうであるとわかることでしょう。

 

まず運命という概念についてですが、 これが本当にあるのか、それとも、実は存在しないのか、ということをとても気にしている人が多くいることでしょう。

 

そして、運命の人はいるのか、それは存在しないのではないか、という心配から、占いや占い師さんに頼ったりする人も少なくありません。

 

一生懸命に自分の運命や運命の人を探すこと、とてもロマンチックなことに思えます。しかし、それはあまり効果的ではない行為だと言えるかもしれません。

 

なぜでしょう?

 

運命とは、証明することが不可能な概念だからです。

 

これが私の運命だと思いたい気持ちは理解できても、なぜそうであるかの確実な証拠が存在しないのです。

 

言うなれば、本人がそう言うなら、きっとそれがその人の運命なのだろう、ということでしか説明ができないのです。

 

これは、私の運命はこれだ、と話している本人も同じことで、自分でもそれが本当に運命であるかの証拠を手にできずいるのです。

 

それでは、運命は存在しないのかというと、それもまた違う、と言わざる得ないでしょう。

 

運命はそれを感じている本人は、しっかりと存在しているからです。

 

運命の人も、この人がそうだと感じている本人は、その相手の人はおそらく運命の人なのです。

 

運命や運命の人は、それを感じている人にだけ、存在していると言えるのです。

 

上述の通り、物理的な概念ではありません。

 

物理的な概念とは、例えば目の前にテレビがあるとしたら、それは共通認識でテレビがあると認識することができます。

 

それはテレビという共通したものと、機能と、基本的な使い方を皆が共有している物理的存在だからと言えます。

 

では、目の前のテレビのデザインがとてもポップなデザインだとしたらどうでしょう?

 

このとき意見は大きく分かれることが多いでしょう。

 

可愛い、お洒落、大好きなデザインだ、斬新だ、あまり好みじゃない、ダサい、テレビに集中できない、部屋のインテリアに合わない、などなどがあるでしょう。

 

テレビというものは共通した認識でも、例えばデザインの良し悪しというのは物理的存在ではないので、ここでは大きな個人差が生まれやすいのです。

 

これが非物理的概念の特徴でもあるのです。

 

非物理的概念には、個人が様々な見解、憶測、希望、あるいは絶望などの無限の要素が組み合わさって、無限に生まれ続けるものです。

 

形を取らないため、無限にそれは存在し、そして増え続けることが可能です。

 

だからテレビのみならずファッションや飲食、住宅、家具、インテリアなど、この世界にはあらゆるものに対して、あらゆるデザインつまり非物理的な概念がそれを増やし続けていると言えるのです。

 

運命や運命の人はいるのか、という非物理的な概念に対しても、個人差があり、無限の広がりがあると言えるのです。

 

あなたが、自分がどう思っているか?

 

つまり運命の人はいると思っているのか、いないと思っているのか?

 

それによって、あなたには運命の人が「見える」か「気が付く」か、それともその全く逆かを決めてしまう可能性があるのです。

 

もっとも良い表現でこれをいうなら、決めることができる、ということになるでしょう。

 

運命の人は、あなたが本当はどう思っているのかに大きく関わっている概念だと言えます。

 

しかし重要なことは、本当にどう思っているのか、という部分だと言えます。

 

例えば、本当は運命の人はいない、という深層心理を抱えていながら、運命の人はいると考えていたり、望んでいる場合は、おそらくストレスだけが大きく高まり、運命の人を見つけることは難しくなるでしょう。

 

重要なことは、あなたの深層心理の中で、その奥底にある概念が、本当にそれを信じていて、それを受け取って良い人物だと認めていることが重要なのです。

 

 

あなたが深層心理では実は、どのように思っているのか、それを知る一つの手がかりとなるものを、次にご紹介します。

 

きっと、あなたの運命の人への概念に到達する助けになるでしょう。

 



《広告》


  

「運命の人はいる、いない、深層心理を知るには?」

 

本当は自分はどのように思っているのか?

 

これは深層心理という、深い部分、無意識という潜在意識の領域にまで自分自身でアクセスしないと知ることのできないものだと言えるでしょう。

 

そしてその深い深い深層心理にアクセスすることは、実は、とても簡単なことなのです。

 

ただし唯一、難しいことがあるとあえて指摘するとしたら、それは、深層心理を探ろうとするときに沸き起こる、恐怖心や悲しみ、あるいは怒りといったものに、逃げないことかもしれません。

 

そうです。

 

深層心理に到達することは難しいことではないし、シンプルなのことなのですが、それを拒むのが自分自身の感情だったりすることがあるのです。

 

そしてこれが厄介なうちは、おそらく深層心理に辿り着き、自分が本当はどう思っているのかについて、その回答を得ることは時間を要することがあるでしょう。

 

深層心理にアクセスする方法の中でも、効果的なものは、自分で1人の時間を作り、静かな環境で、自問自答をすることです。

 

窓などを閉めて音が少ない環境を作り、そして、カーテンを閉めて視覚情報も抑制すると良いでしょう。

 

暗いというだけで、視覚情報に制限を加えることができます。

 

そして精神をリラックス状態にして、運命の人に対して、自分は本当はどう思っているのか>という質問を投げかけてみます。

 

そうすると、まずふと出てくる答えがあるでしょう。

 

とりあえず、こう思っている、ということがこのときに答えとして得られることがあります。

 

しかしそれはまだ、深層心理に近づいたことではなく、表層的な思考によって、質問に対して出てきた答えだと言えるでしょう。

 

これは確かに、あなたが思っていることであり、それは正しい一面があると言えます。

 

どのような答えであっても、それに対して、「本当にそうなの?」「実は違うと思っているんじゃないの?」と、繰り返し繰り返し、それに対してある意味での疑いをかけていきましょう。

 

そうすると「いや、実はこう思っている。」と先ほどの答えとは変わる可能性があります。

 

これは深層心理に一歩近づいた状態を意味し、別の言い方をすれば、潜在意識に埋もれていた情報を、顕在意識に引き出してきたと言えるかもしれません。

 

本当にそうか?

 

本当にそう思っているのか?

 

実は違うんじゃないか?

 

と、さらに繰り返していきましょう。

 

そうすると、不思議なことにまた答えは変わったりします。

 

そして深層心理の奥に、潜在意識の奥に、進めば進むほど、答えはコロコロと変わることがあります。

 

やがて、ある程度の深さになると怒り、憎しみ、悲しみ、恥じらい、後悔、恐れ、不安などが、大きくなる場合があります。

 

これはあなたが今まで信じて生きてきたことを、いよいよ、否定しようとしていることを示唆します。

 

このとき、おそらく以下のような心理になっていることが多くあるかもしれません。

 

「え?今までのことは何だったの?」

「違うの?」

「だとしたら、どうすれば良い?」

 

迷いが生じていることがあるでしょう。

 

人は、自分の思っていたことを普段から大切にして行動していると思っていることが多くあります。

 

しかし、それは実は違った、ということがあるのです。

 

この心理的相違は、以下のような行動と結果を生みだすことを助けてしまうようになります。

 

 

自分の望んでいるものに向かい努力するけど、それが手に入らない・

 

自分の望んだ結果にならないような決断と選択を、知らずに繰り返している。

 

自分の望んだ結果が近づくと、それを無駄にしてしまうことをする。

 

 

ということが多くなるでしょう。

 

何を言いたいかというと、あなたの深層心理で思っていることが、もっとも強力な力を発揮していて、最終結果は、「本当に思っていたこと」になる可能性がとても高いということです。

 

例えば、あなたが運命の人がいると表層的な意識で思っていて、深層心理ではそれを否定したとします。

 

つまり、深層心理で、運命の人はいない、運命の人と自分は一緒になれる存在ではない、などといった否定の思いがあったとします。

 

このとき運命的な出会い、運命の人はいると感じていながら、しかもそう思える恋愛をすることは、実は可能です。

 

そしてその恋愛の数々が、あなたの運命的なものである可能性も大いにあります。

 

それでも最終的な結果は、運命の人はいない、一緒になる存在ではない、という強い深層心理が働き、多くの場合で、運命的な恋愛を解消してしまうことがあるのです。

 

恋愛を解消する前では、本当にその人と一緒になるというまさにそのときに、心理的なバランスが崩れることがあるのです。

 

怖さ、イライラ、不満などが大きくなり、結果的に自分で「そうならない」決断と選択をする可能性を高めます。

 

そして残念なことに、多くの場合で人は、これがなぜ起きているのかに気が付きもしないことが多いのです。

 

だから、深層心理という深い部分で、本当は自分は何をどう思っているのか?という自分の中の真実に、自分でアクセスして、それを明確にする必要があると言えるのです。

 

 

「深層心理の内容を変えて、運命の人を見えるようにする」

 

深層心理で「本当に思っていた」ことに直面するとき、大きな衝撃を受けることがあります。

 

そのとき同時に、なぜ自分が運命の人と出会えなかった、あるいは出会えてもそれを良い結果にできなかったなどの理由が、明確に感じることでしょう。

 

本当はそんなこと無理だと思っていた。

本当は運命の人はいないと思っていた。

 

ということに気がつき、自分でそうならないようにしていた可能性があると言えるでしょう。

 

そして、おそらくですが、これが最も厄介かつ、もっとも「そうならない決断」をさせていた深層心理だと思いますが、それとは、そうなっていい自分を許していなかった、というものです。

 

本当はそうなっていいと、自分を認めていないか、許せていないか、あるいは自己を否定している場合が特に多くあると言えます。

 

これは運命の人と出会いたいとか、一緒になりたい、結婚して幸せになりたいと強く願いながらも、本当にそうなることを拒絶していると言えるでしょう。

 

これを当選しない宝くじに例えると、より理解できるかもしれません。

 

例えばあなたが、宝くじは当たらないと深層心理で思っているとします。

 

それが本当に当たるかどうかは別として、このような深層心理が表層の心理と思考まで働いていると、おそらく宝くじを買わない選択をとり続けるでしょう。

 

しかし、深層心理では当たらない、当たるはずがないと思っていて、でも億万長者にはなりたい、と強く願っているとしたらどうでしょうか?

 

おそらく、宝くじを購入し続け、なかなか当選しない自分と宝くじに、イライラや怒りを感じ続けるでしょう。

 

運命の人という非物理的概念も同じことがいえ、本当はそうなれると思っていないのに、強く願っていたり、欲していたりすると、とてもストレスの高い状態を自分に強いることになりかねないのです。

 

そしてその結果の多くは、たとえ目標に近づいたとしても、ほとんど元に戻してしまうという繰り返しをしがちになります。

 

これはまだ良い方ですが、本当に自分が運命の人と一緒になっていいと認めていないと、運命の人が見えないこともあります。

 

繰り返しますが、運命の人は非物理的概念で、それはとても創造性の高い思考と価値観でもあると言えます。

 

創造性の高い思考と価値観は、自分が深層心理で否定していることを、あなたに見せてくれることは困難か、見えるようになるには限りなく可能性として低いと言えるのです。

 

なぜなら、逆の否定している深層心理に対して、創造的に思考が働いていると言えるからです。

 

つまり、運命の人と一緒になれない、なってはいけない自分に対して、創造性を働かせ、なぜそうならないかの理由や原因、証拠を、多く見つけている場合があるのです。

 

そして、大抵の場合はこう思うことが多くあるでしょう。

 

 

「ほら、やっぱりだめだった。」

 

 

これは深層心理の通りになって、本当はほっとしていて、安心感さえ得ていると言えます。

 

おそらく最も正確な表現としては、安心感を獲得するために、自分でそれをダメにしたと言えるかもしれません。

 

深層心理が何であるか、それを明確にすることは、この安心感を求めようとしている自分を否定し、そうではないことを自分に教える必要があります。

 

そして、深層心理を変えるには、この行為の繰り返しが必要だと言えるのです。

 

さらにもう一度、自分に問いかけてみてください。

 

あなたは、本当は何を望んでいるのか?

 

ということを。

 

 

本当は何を求めていて、人生で何を叶えたいのか?

 

本当は運命の人とどのような状態を求めているのか?

 

人生で自分はいったい、何を手にしたいのか?

 

 

この本当に望んでいることについても、あなたは明確にする必要があるでしょう。

 

確かに、それが明確になったとは言え、絶対に叶うという保証はどこにもありません。

 

しかし、おそらく大きな大きな変化が、きっとあなたに訪れるはずです。

 

その変化とは、あなたが、あなたらしくいられるという安心感である可能性が高くなるということです。

 

大抵の場合で、多くの人は、自分が本当に望んでいるものなど、手に入らない、自分には無理だ、自分にはその資格がない、自分はその器じゃない、という自己を否定している観念があります。

 

だから、本当に願っている自分のことも、深層心理の奥底のさらに奥に、自分で追いやっている可能性があるのです。

 

運命の人と本当に一緒になりたい、明らかな気づきが生まれるまで、これを上述の深層心理を明確にする自問自答と同じように、繰り返してみると良いでしょう。

 

「そうだったんだ。」

「私は本当は、これを望んでいた。」

 

これが自分で理解できただけで、とても大きな変化と言えるでしょう。

 

そしてさらにそれを、「そうなってもいいんだ。」と自分で許してみてください。

 

そうなれる保証など不要で、むしろ、「そうなってもいい人だ」と認めてあげることが重要だと言えます。

 

 

それが運命の人を、きっとあなたに見えるようにし、気がつけせる助けになります。

 

あなたには運命の人はいる、この非物理的な概念に対して、明確な真実として受け入れることができるでしょう。