運命の人に出会うには?占いよりも強力な内容とは?

 

運命の人に出会うには、どうすれば良いのか、それを知りたいという女性はとても多くいるでしょう。

 

しかし、それは可能なのでしょうか?

 

もしかすると可能なのかもしれないのです。

 

 

 

ここでは他では聞くことができない、当サイト(マインディストKEN)独自の視点で、運命の人に出会うには何が重要となるかをご紹介いたします。

 

きっと、あなたの運命の人との出会いに、何か役に立つことになるでしょう。

 



《広告》


 

「運命の人に出会うには、自分の状態が重要」

 

運命の人に出会うには、自分の状態が重要であるということを、あなたは聞いたことがあるでしょうか?

 

当サイト(マインディストKEN)は、これこそもっとも運命の人に出会う、もしくはその人を知る上で重要なことだという考えを持っています。

 

それはなぜなんでしょう?

 

その理由とは、運命の人やその出会いに気がつくには、人の脳機能的な部分や身体的な機能がより深く関係しているだろうと、ということが言えるからです。

 

人は脳がどのようなことを記憶しているか、あるいは大事にしているかによって、それぞれに反応を示すことがあります。

 

例えば、蛇が好きな人と嫌いな人では、蛇を見たときの反応が全く違います。

 

これは、蛇が好きな人は、蛇にはポジティブな記憶や体験があったり、あるいはとても関心を高く持っていることが言えます。

 

一方で、蛇が嫌いな人は、全く逆のネガティブなものが脳の記憶や思考などに強くあり、その結果、それをいち早く避けようとしたり、逃げようとします。

 

これが運命の人との出会いにどのように関係していくかというと、運命の人に出会うことに対する、自分自身の認識の仕方がとても重要となっているということが言えるのです。

 

つまり、運命の人との出会いにどのような記憶や認識があるかということことが、それに対するポジティブな反応か、ネガティブな反応かを大きく分ける要素になるということです。

 

そしてこれはおそらくもっとも重要なことかもしれませんが、この記憶や認識というものが、運命の人ということに対して、ネガティブであると、人は自然と、運命の人と出会わないような選択を、自分でも気がつかないで行っている可能性があることです。 

 

例えば運命の人と出会うことは難しいとか、あり得ないとか、自分にはそれは無理だ、自分にはその資格などない、という記憶と認識が深くに眠っていることによって、自分で進んで、運命の人との出会わないように、出会わないように、ということを繰り返している可能性が高いのです。

 

これは自分でも気がつけることは、とても困難なのです。

 

そのため、運命の出会いに気がついたり、その人が運命の人だと気がつけるようになるには、まずは自分の状態が重要だと言え、自分の状態とは、自分の記憶や認識であることが言えるのです。

 



《広告》


  

「運命の人に出会うには、記憶と認識にアクセスする」

 

運命の人と出会うには、まずは、そのことに対する、自分の認識や記憶というものにアクセスして、どのようなことを本当は思っているかを知る必要があるでしょう。

 

どのような認識と記憶を持っているか、それが、本当に自分が思っていることであり、人は本当に思っていることを、自分で勝手にしていまいがちなのです。

 

例えば多くの場合において、人の記憶というのは、自分でも意識していなかったことや、意識できない頃に、蓄積されていることがあるものです。

 

小さい頃や、幼い頃などの体験が、そのまま何かを判断する基準になっていることがあるのです。

 

もっとも多い場合でいうと、大人に否定や拒否、拒絶をされた体験などは、もっとも記憶に定着しやすく、それはそのまま自己否定の観念を強める傾向があります。

 

このような自己否定の観念は、とても小さい頃に多くが蓄積されていることが多くあります。

 

自己否定の観念があると、自分にはできっこない、自分には相応しくない、自分にはその資格がない、といった価値観を、全く意図せず大きくしていることがあるのです。

 

否定された体験が記憶となり、自己否定という観念をうみ、それがその人の自己認識につながっている可能性があるのです。

 

自分は本当は、どう思っているのか?

 

これを繰り返し繰り返し、自問自答しないと、本当はどう思っているのかに気がついたり、知ることは困難でしょう。

 

つまり、運命の人と出会いたいという人の多くには、もしかすると、本当はそんなことできるはずがないと、思っている可能性があるのです。

 

その認識よって、出会わないような選択を自らしていることが往々にしてあるし、それに気がつかないで、時間だけが経過している結果となっている人は多くいるでしょう。

 

自分の記憶と認識にアクセスする必要があるのは、本当はどのように自分が思ってるのかを、自分自身で確かめることを助けるからです。

 

本当に自分が運命の人と出会えると思っていない人ほど、占いに頼ったり、見かけの何かで判断したり、そうだとただ一方的に思い込みたい欲求が高まっている場合があります。

 

そして、自分の記憶と認識にアクセスしたくても、できないこともあります。

 

それはどのような状態なのでしょうか?

 

  

「記憶と認識にアクセスできない理由」

 

人は、記憶と認識にアクセスしようと試みるとき、とても大きな不安感と恐怖感が生まれることがあります。

 

これはおそらく脳が、記憶と認識をあなたに理解されては困るから、ということがあるのです。

 

それはなぜか?

 

脳は防衛本能が高かく、特にそれを主体にして働いていると言っても過言ではないほどです。

 

防衛本能や本能とは、不快なことを避け、快楽なことを求めるというものが本能的な働きです。

 

つまり運命の人との出会いに対して、本当はそんなことは自分にはできないという記憶と錦があるなら、それは不快なことであり、だから脳はそれを手にしようとしないか、できないことをしようとしていることがあるのです。

 

人の心理においても、上記の場合は運命の人と出会えないことが自然で、出会わない方が良いと合理的に考え、それが正しいとさえ感じてしまうでしょう。

 

しかし、運命の人と出会いたい欲求が高い人ほど、本当はそう思っていないのに、欲求だけは高まっていることが多くあるのです。

 

それはなぜでしょう?

 

その理由の一つに、欲求が高まることによって、自分を客観的に見ることができていない状況になりやすいからです。

 

自分を客観的に見られないというのは、その時点で、記憶と認識にアクセスする重要性と必要性をほぼ全く感じていません。

 

なぜなら、欲求を埋めること、あるいは満たすことが最優先となっていて、自分が本当はどう思っているかなどは、この時は全く関係がないからです。

 

自分が本当に思っていなくて、どんなに欲求を満たそうとしても、それは上っ面の、極めて表面的なものでしか埋めることができないでしょう。

 

そして大抵の場合は、それで満足をしてしまい、間違ったことに気がつき、また欲求が再燃して、それを手短に満たす・・・・という繰り返しになってしまうことが多くあるのです。

 

そのもっともな理由として、運命の人や、運命という概念こそが、表面的な領域ではないからです。

 

とても創造性の高い領域のことだと言えるからです。

 

運命の人の証拠や、その概念は、全く目に見えないものです。

 

誰にも何が正しいかなど、物理的な証拠を元に正解を導き出すことは、不可能なのです。

 

これは愛とは何か?という問いに対して、正解がないことに似ています。

 

愛の概念は確かに人が感じることはあっても、それは人それぞれで異なるし、また愛は目に見えるものではありません。

 

これに対して答えを導き出せる人は、この世界の中でたった1人しかいません。

 

それが、あなたであり、本人なのです。

 

つまり、自分の出す回答に対して、絶対的な自信と確信を持つことくらいしか、正しいと思うことはできないのです。

 

だからこそ、本当は自分はどう思っているのか?ということを、しっかりと自分で見つめることや、発見する必要があると言えるのです。

 

脳はあなたや自分を守ろうとするために、過去の体験から記憶に蓄積し、そしてその記憶を元に、自分がどんな人間で、どんなものであるかを決めつけている可能性があります。

 

それが自己否定的なことであるなら、運命の人と出会える訳がないと思っているだろうし、そして運命の出会いを実現することは不可能に近いでしょう。

 

これは1人の時間を作り、いつも、自問自答する習慣をつけることが重要となるでしょう。

 

そして記憶と認識を徐々に解放していくことによって、それまで感じていた恐怖感や不安感も徐々に小さくなっていくことでしょう。

 

つまりあなたが自分の脳の記憶に対して、「そうじゃないよ」「それは必ずしも正しいわけではないよ」と、教えてあげることにつながります。

 

それまで脳があなたに教えていたことを、今度はあなたが脳に、そうではないということを教えてあげるようなものです。

 

そして自己否定の多くは、思い込み、決めつけ、偏見であることに気がつくでしょう。

 

  

「欲求を満たそうとする自分に気がつく」

 

運命の人と出会いたいという願いが強い場合、それはただ単に欲求が強くなっていることによって、その衝動に支配されている可能性があります。

 

これでは、自分の記憶と認識にアクセスして、本当は自分はどのように思っているのかの回答を得られることは難しいと言えます。

 

欲求はとても表面的な満足感しか与えてくれないものです。

 

これは脳が快楽と思えるものであり、それで十分だからです。

 

わかりやすく言えば、お腹がすいた、お腹がいっぱいになった、とても気分が良いというものです。

 

あるいは恐怖感が高まった、怖い、逃げた、ホッと安心できた、ということも同じです。

 

つまり、不快感を抱いている状態からの解放が、欲求であり、それを満たされることによって、その不快感が表面的に消滅するということです。

 

これはあくまで表面的にしか消滅しない傾向があります。

 

なぜでしょう?

 

その理由とは、欲求は次もまた生まれるからであり、その時はさらに大きくなった欲求となっていることが多いからです。

 

欲求を高まった状態は、それを満たすことに自分を支配的にしてしまう危険性があります。

 

欲求に支配されるという言葉がありますが、それはおそらく、事実の何ものでもないと言えるでしょう。

 

ただし、欲求が決していけないのではないのです。

 

本当は運命の人と出会えないと思っているのに、それに対して表面的なものでしか満たそうとしないこと、あるいはそれに支配されている状態が危険だと言えるのです。

 

そしてもっというなら、本当はそう思っていないのに、それを認めようとしないまま、運命の人を欲することが、このような表面的な欲求を高める要因にもなり得るのです。

 

この欲求をいくら大切にしても、それで満たされる部分は、本当にごくわずかです。

 

そのちょっとした快楽の瞬間のためだけに、自分を奪われないようにした方が良いでしょう。

 

根本的な部分、つまり、あなた自身の本当の状態に、あなたが、もっと目を向けるべきでしょう。

 

例えるなら脳はいつだって、欲求を高めて、それを満たさせようと仕向けるのが仕事です。

 

あなたのフラストレーションとなるものを読み取り、それを欲求によって補うことが使命だとも言えるでしょう。

 

しかし、フラストレーションが高まる原因というのは、自分が本当はそう思ってもいないし、本当にそうなれるなど信じてもいない場合があるのです。

 

それにいつも気がつくことが重要です。

 

何か恋愛的な欲求を満たそうとしているなら、本当にそれで良いのか?本当にそれを望んでいるのか?と自問自答することは重要です。

 

その質問に対して、NOが言えるなら、それは表面的な欲求を満たそうとしていた、まさに瞬間だと言えるでしょう。

 

そのような自分にいつも気がつき、そして、本当の自分に戻るという習慣が必要なのです。

 

 

表面的な欲求は、満たしたところで、ほとんどが後悔しか生まないものです。

 

なぜならそれは、時間が経過し、冷静になれば間違いだったと気がつくからです。

 

本当のあなたの望みを満たそうと、これから、あなたが頑張る必要があります。

 

そしてそれは、きっと、できるのですから。