運命の人はどんな人?(でもその特徴を気にしすぎない方がいい。)

 

運命の人がどんな人か?あなたも気になっているかもしれません。

 

しかし特徴がどのようなものかが重要で、それが大切でもないことがあります。

 

ここでは、ほかではきっと耳にしないことを、あなたにご紹介することになります。

 

でもきっと、あなたの運命の人の特定に、役に立てる内容になっていると感じることでしょう。

 

     

「運命の人の特徴とは」

 

運命の人の特徴や、その人と出会う前兆を多くの場所で紹介されていることを、きっとあなたもご存知のことでしょう。

 

それはもしかしたら正解の場合もあるし、またそうでないものあるでしょう。

 

しかし気を付けておくべきであろう点が、ここにあるのです。

 

運命の人がこの人なら、きっとこんな特徴があるということや、それを元に運命の人だと判断することは、おそらく、あなたと相手のとの関係性にあまり良い効果を生むとは考えにくいものです。

 

なぜでしょう?

 

その理由の一つに、運命の人の特徴がたとえどんなものであれ、そこには確証的な事実が存在しないことです。

 

運命の人は概念です。

 

概念というのは、目に見えないものであり、それは第三者や多くの人が確認できる共通したものがないことを示唆します。

 

もし共通して確認できるものがあるとしたら、それは、「運命の人の特徴」という言語的特徴くらいでしょう。

 

つまり、運命の人の特徴は、無限に存在し、また無限の組み合わせが成り立ち、それは今も、無限に生まれ続けているものであると言えるのです。

 

無限に生まれ続けているものに対して、確証的な事実を見出すことは不可能です。

 

なぜなら、例えば今はこれが運命の人の特徴だけど、次の瞬間は容易に変わってしまうものであるからです。

 

運命の人の特徴探しに、あなたの一生を使い切れるほどそれは多いか、あるいは一生ではきっと足りないでしょう。

 

これがひb物理的概念の特徴なのです。

 

非物理的概念は、どんな人でも、どんなものを、産み続けることができます。

 

でも物理的なものには、そこにかなりの制約と限界が存在します。

 

例えば目の前に薔薇の花があるとしましょう。

 

これは目で見えるもので、薔薇という名称が決められていますから、そこには共通の認識が多くの人の中であるものです。

 

これが物理的なものである特徴です。

 

しかしこの薔薇の花が全て、物理的なものであるかというと、それは違います。

 

ここにも運命の人の特徴と同じような、非物理的概念があるのです。

 

例えばそれらは、薔薇の印象、好み、表現など、個人が感情的に感じる何かは全て、非物理的な概念で、それはそれぞれ異なる見解を示します。

 

薔薇の花がどんなもので、どんな表現をしているかは、無限の広がりがあります。

 

例えば光の反射を表現に加える人もいれば、薔薇の色を表現の中心にする人がいます。あるいは薔薇の花びらに焦点を合わせ、それがどんな風雨に見えると感じる人もいるでしょう。

 

目の前の薔薇の花でさえ、そこには無限に作り続けられる非物理的な概念が存在すると言えるのです。

 

運命の人の特徴が非物理的な概念であるなら、それは無限に生まれ続け、そして変わり続けるものだと言えます。

 

あなたはその答えのない、答えを探すことに、どれだけの重要性を感じることができるでしょうか?

 

それはあなたが決めることなのです。

 

 



《広告》