運命の人とは結婚できない?他では聞けない重要な内容とは

 

運命の人と結婚できない、ということを感じている人が多くいるようです。

 

それは本当なのでしょうか、それとも宿命的なことなのでしょうか。

 

ここでは他では聞けないこれら内容を独自の理論でご紹介しています。

 

運命の人と結婚できない、本当の理由に迫りたいと思います。

 

「運命の人とは結婚できない理由とは」

 

運命の人と結婚できないと思っている人は、おそらく女性を中心に多くいるでしょう。

 

しかしそれは、もしかしたら事実とは異なることであり、異なる解釈であるかもしれません。

 

運命の人と結婚できないことを、何か宿命や決まった定めのように感じて諦めようとしている人がいます。

 

おそらくこの考えは、全く見当違いといえるでしょう。

 

例えば、結婚できなかった理由の中に、2人は結ばれる運命ではなかった、時期が違った、生まれる時代が間違った、などなど、様々な理由をあげることができます。

 

確かに、その可能性はあると言えます。

 

しかし問題は、それを証明する手立てが、ほぼ一切ないことです。

 

運命という概念は、非物理的な概念であり、あくまで個人の創造的思考に委ねられる要素が非常に強いものです。

 

この非物理的で創造的思考というものは、他人が、あるいは物理的な何かが、それを証明できることはできません。

 

これは例えるなら、宝くじに当選した物的証拠を探すことに似ています。

 

宝くじに当選することは高額であればあるほど、とても稀なケースになります。当選した人たちは当選した理由を、昨日の夢で見た、良い方角と良い時間帯に宝くじを購入した、などというもっともらしいことを話します。

 

それは物的証拠とは言えないものばかりです。

 

では逆に、もしあなたが、宝くじ当選者と同じことをしたら、果たして同じような高額当選するのでしょうか?

 

可能せはもちろんゼロではありません。

 

しかし、きっと可能性としては極めて低いと言わざるを得ません。

 

このような非物理的な概念は、他人や他の物的要素によって証明したり、証拠を見つけることはできず、あくまで、本人の決めつけか思い込みによって、理由付けされます。

 

本当だといくら伝えても、他人にはそれは理解に苦しむことが多いだろうし、それを実感できるのは、本人のみなのです。

 

これは運命の人と結婚できない理由を解き明かすことにおいて、とても重要な要素なのです。

 

運命の人と結婚する人はいるし、また同時に、できない人もいます。

 

これらの違いを生んでいるのは何か?

 

それを一部分でも知っていないと、運命の人と結婚できないままか、その可能性を高めることは本当に難しいでしょう。

 

では、運命の人と結婚できる人と、できない人の大きな違いとは何のか?

 

それとは、自分の決断、覚悟の有無だといえるのです。

 

なぜ決断と覚悟の有無が運命の人との結婚に関与しているかというと、上述の宝くじの高額当選の例に同じことだと言えます。

 

つまり、運命の人と結婚できた人も、できない人も、それを決めるのは自分以外にいないということです。

 

運命や運命の人は、個人的な創造性の高い思考の一つだと言えます。

 

運命の人と結婚できた理由や、あるいは証明などは、本人にしかそれを確認、あるいは、実感することはできません。

 

そしてそれを同じことを、他の人がやったとしても、それは不可能である場合が多いのです。

 

そして運命の人と結婚できない人も、これと全く同じ要素だといえるのです。

 

つまり、結婚できないと、自分で決めつけているという可能性が高いのです。

 

このような人はおそらく、多くの場合で、運命の人と結婚できないという理由に対して、最もらしい意見を持っているでしょう。

 

そしてそれを信じ、決めつけ、思い込んでいるでしょう。

 

その結果、運命の人と結婚できない可能性を、自分で高めていると言えます。

 

これは人の心理的な作用から思考と行動への作用への一連の流れを生んでおり、運命の人と結婚できないことが、当然のことだという前提で、全てを見て、聞いて、判断と行動をしている可能性が高くあります。

 

言い換えるなら、自分の望んでいる結果にならないように、自分で自発的に行動しているといえるかもしれません。

 

このような人の場合の多くは、運命の人と結婚したいという欲求がだけが強くあり、それが焦りを生んだり、ストレスを生んだり、時に嫉妬心を高めたりしている傾向があります。

 

一方で、運命の人と結婚できたという人は、結婚できないと思い込んでいる人とは全く異なることを思い込んでいると言えます。

 

つまり、自分は運命の人と結婚することが当然だ、というものだといえるでしょう。

 

この認識と自己の捉え方の違いは、全く同じ状況下にあっても、全く異なる可能性が見えている場合が多いのです。

 

とてもわかりやすい例えを言いましょう。

 

ある2人の人物がいたとします。

 

1人は幼いころに犬に噛まれた経験があるとします。

 

もう1人は幼いころに犬を飼っていて、とても仲が良かったとします。

 

この2人はお互い知り合い、2人でいる時に、ある一匹のとても人懐っこい犬と遭遇しました。

 

犬は甘えてきて、お腹を見せたり、撫でられると嬉しそうな表情をします。

 

幼い頃に犬を飼っていた経験のある人は、犬に対して肯定的な認識を持っており、自分でもそうだと思い込んでいます。

 

そのためこの人懐っこい犬が、可愛くてしょうがないと思っているのは、想像に難くありません。

 

しかし犬に噛まれたもう1人は、犬に近づかないように、避けるか、この場から逃げようとしています。

 

彼からしたら「どんな犬」も、恐怖の対象でしかないのです。

 

例え彼にお腹を見せて、服従と愛情の意を犬が一生懸命に伝えても、なかなか心を開けないでしょう。

 

この例え話から人の心理とは、思い込み、決めつけ、偏見など、その他なんと言われてもいいですが、固定した観念があると、それは現状の認識とその結果の行動へ、かなり直結していることが理解できるでしょう。

 

そしてそれは、自分が見出せる可能性へ影響していきます。

 

 

犬が好きな人には、犬がとても可愛らしい動物としか思えないし、まさか自分に牙を剥き出すという可能性が見えません。

 

犬が嫌いな人は、犬は脅威でしかなく、まさか自分にすり寄って甘えて、愛情が欲しいと伝えているとは思えないし、その可能性も見出せないのです。

 

そしてこの行動と犬への反応、見出せる可能性というのは、同じ犬なのに、全く違うということです。

 

つまり、運命の人と結婚できる人と、結婚できない人では、このように自分への認識が大きく異なっている場合があるといえるのです。

 

結婚相手は運命の人と違う

 

上記リンク先は、運命の人と結婚相手が違う場合のことについて、詳細にご紹介しています。

 



《広告》