「運命の人と結婚できないという思い込み」

 

運命の人と結婚出来ないという思い込みがあると、その可能性を自分で高めるか、可能性を高める決断と行動を自発的にしてしまうことがあるのを、きっとあなたも理解してくれたと思います。

 

そうです。

 

これは思い込みであり、それは心理を作り、そして心理が確定すると思い込みの通りに行動することが当然であり正解であると、さらに思い込みを強くしていく傾向があるのです。

 

運命の人と結婚出来ないもっともな理由も、正当性も、そして真実性も、おそらく存在しません。

 

言い換えるならもっともな理由、正当性、真実性は、その人の中にしか存在しないと言えるでしょう。

 

つまりあなたの中に、あなたのみに通用する真実があるというわけです。

 

これは運命が物的に存在しているわけではなく、概念として存在しているからということができます。

 

どのようなことにおいても概念は存在しています。

 

目の前に家があるということにおいても、家があるということは客観的な事実であり、物的な事実と言えます。

 

しかしその家が大きいのか、立派なのか、好みなのかなどなどを、人は無意識ながらに意識しながら見て判断していることが多いのです。

 

これが思い込みというもので、とても強い信念として機能しています。

 

例えば、先ほどの目の前の家が立派すぎるという思い込みが生まれたら、その家を自分で立てようとは思わないし、また建てないような選択を正当だと強く感じているでしょう。

 

その結果、そこから発生するいかなる思考も行動も、正しいという判断のもと決断していく傾向を強めていくのです。

 

これは思い込みの一つであり、決して客観的な事実とは言い難いものです。

 

言い換えるなら、例えあなたにとっては立派すぎると思う家であれ、あなたにそれが実現できないもっともな理由は存在しないということです。

 

これは運命の人と結婚できるかできないかにも、同じことが言えるでしょう。

 

あなたがどのような思い込みが、今、自分の中にあったとしても、それは決して将来を決めている要素としては不十分です。

 

ただし、その思い込みの通りの選択をしなければ、ということです。

 

今抱いている思い込み、つまり、運命の人とは結婚出来ないという思い込みがあるなら、自然とそうなる思考と選択と決断をしてしまいやすくなり、それがそのまま本当に自分の将来となることにつながります。

 

これが将来に運命の人と結婚出来ない可能性を、本当に高めてしまいます。

 

そしてもっとも注意すべき点というのは、その可能性を高めているのは他でもない、自分自身ということです。

 

未来の可能性は自分が高める、ということを事実として受け入れるようになると、きっとあなたの行動は変わっていくでしょう。

 

自分でそれを変えることや、変えていくことに対して、自分で責任をもち、自分の望むことが実現できるような選択を自発的にする必要性を理解するようになります。

 

これはとても大切です。

 

なぜなら、将来を変えていくか、望むものにしていくには、これがスターチ地点と言っても過言ではないからです。

 

運命の人と結婚出来ないということが思い込みで、あなた自身がそれを望んでいないのなら、あなたはそれと向き合い、そして自分で変えようと、今までとは異なる決意が必要です。

 

そしてそれはきっと、あなたにはできるはずです。

 

自分と向き合い、自分を知り、自分をどこに連れて行きたいか、あなたには決めることができるのです。

 

運命の人と結婚出来ない理由について、以下のリンク先でもご紹介をしています。

 

あなたの理想的な将来と結婚に、何か役に立てるかも知れません。

  

→ 運命の人と結婚できない理由

 

自分は結婚できない理由