運命の人とは必ず結ばれるのか?

 

運命の人とは必ず結ばれる、そう思いたい人はいるものです。しかし、結ばれるにはあなたの心理と精神状態が、実は大きな鍵を握っていると言えるのです。

 

これからご紹介する内容はきっと、あなたも初耳のものであることでしょう。

 

ここから先を読むことで、あなたの運命の人と結ばれることに、大きな助けとなるかもしれません。

 

     

「まず運命の人と結ばれる前兆とは」

 

運命の人と必ず結ばれるという場合、その人と結ばれる可能性が高いと思われる運命の人と出会う前兆があると言われています。

 

それら代表的な前兆をまずご紹介し、あなたの精神と心理状態がどのように関係しているかをご紹介します。

 

運命の人と必ずとは言い切れなくても、そうなる可能性の高い前兆の多くに、この人が自分の運命の人だと、自然と気が付いたり、心理的な変化を感じることがあります。

 

これは今付き合っている人や、あるいは、友人のようにすでに知り合っている人に対して、ふと自然に湧いてくるような思考だと言えます。

 

実はこ「自然さ」がとても重要であるのです。

 

この「自然さ」には、多くの創造的思考や創造性の高い精神が使われている可能性が高いのです。

 

自然さのある、創造的思考が訪れているとき、精神と心理状態はとても落ち着きがあり、平常心であることが多くあります。

 

その逆に、自然とは言えない思考もあります。

 

例えば運命の人と結ばれる前兆のように思えて、そうではない、自然ではない思考の特徴として、感情的な思考がそうだと言えます。

 

感情的な思考とは、驚き、興奮、付き合いたいという欲求、快感、期待、などの感情が高まっているときに訪れるものだということができます。

 

具体的にどのようなものかというと、自然とふと湧いてきた思考ではなく、どちらかというと勢いがあり、感情的な精神と心理になっているときに訪れる思考がそれだと言えます。

 

感情的な状態で訪れる思考の多くは、自己を満たしたちという欲求が根源的に働いている場合が多くあります。

 

そのため、「この人と一緒になるんだろうな」というのではなく「この人が欲しい」という思考が大きい傾向なのです。

 

 

平常心を保つことも難しく、その人のことばかり考え、その人と一緒にいたいという欲求がさらに募り、自分の精神と心理がそのことでいっぱいになっていきます。

 

これを恋とか、愛とか、そして運命の人だと思い込む人がいます。

 

それはもしかすると間違いではないかもしれませんが、正しい判断ができていることも少ないのです。

 

なぜなら、私たち人間が欲求によって感情が高まるとき、創造性と創造的思考を抑制する働きがある場合があるからです。

 

これは脳科学的にも実験で立証されていることの一つで、人は感情的になると前頭前野という理性と創造性を司る部位の活性化が抑制されることがわかっているようです。

 

運命の人という概念は上述のように、非物理的概念であり、それは個人の創造的思考の産物であるものであるなら、創造的思考が抑制されている中で、運命の人が誰かの答えを出せるとは到底賛成できるものではないでしょう。

 

恋愛や愛とは、とても感情的な働きを示す要素であることは事実です。

 

しかしその感情的な状態のままで、運命という非物理的で創造性の高い概念について、正しい回答を導き出すことの方が難しいのです。

 

つまり運命の人と結ばれやすい前兆と、結ばれにくい特徴があるということが言えるのです。

 

 

結ばれやすい前兆とは、あなたが平常心で、とても気持ちがフラットな状態の時に、ふと湧いて出てきた、運命の人への答えが、大きな鍵を握っていると言えるでしょう。

 

運命の人と出会う前兆

 

上記のリンク先では、運命の人の前兆やタイミングについて、詳細にご紹介しています。



《広告》