運命の人とは必ず結ばれるのか?

 

運命の人とは必ず結ばれる、そう思いたい人はいるものです。しかし、結ばれるにはあなたの心理と精神状態が、実は大きな鍵を握っていると言えるのです。

 

これからご紹介する内容はきっと、あなたも初耳のものであることでしょう。

 

ここから先を読むことで、あなたの運命の人と結ばれることに、大きな助けとなるかもしれません。

 



《広告》


     

「まず運命の人と結ばれる前兆とは」

 

運命の人と必ず結ばれるという場合、その人と結ばれる可能性が高いと思われる運命の人と出会う前兆があると言われています。

 

それら代表的な前兆をまずご紹介し、あなたの精神と心理状態がどのように関係しているかをご紹介します。

 

運命の人と必ずとは言い切れなくても、そうなる可能性の高い前兆の多くに、この人が自分の運命の人だと、自然と気が付いたり、心理的な変化を感じることがあります。

 

これは今付き合っている人や、あるいは、友人のようにすでに知り合っている人に対して、ふと自然に湧いてくるような思考だと言えます。

 

実はこ「自然さ」がとても重要であるのです。

 

この「自然さ」には、多くの創造的思考や創造性の高い精神が使われている可能性が高いのです。

 

自然さのある、創造的思考が訪れているとき、精神と心理状態はとても落ち着きがあり、平常心であることが多くあります。

 

その逆に、自然とは言えない思考もあります。

 

例えば運命の人と結ばれる前兆のように思えて、そうではない、自然ではない思考の特徴として、感情的な思考がそうだと言えます。

 

感情的な思考とは、驚き、興奮、付き合いたいという欲求、快感、期待、などの感情が高まっているときに訪れるものだということができます。

 

具体的にどのようなものかというと、自然とふと湧いてきた思考ではなく、どちらかというと勢いがあり、感情的な精神と心理になっているときに訪れる思考がそれだと言えます。

 

感情的な状態で訪れる思考の多くは、自己を満たしたちという欲求が根源的に働いている場合が多くあります。

 

そのため、「この人と一緒になるんだろうな」というのではなく「この人が欲しい」という思考が大きい傾向なのです。

 

 

平常心を保つことも難しく、その人のことばかり考え、その人と一緒にいたいという欲求がさらに募り、自分の精神と心理がそのことでいっぱいになっていきます。

 

これを恋とか、愛とか、そして運命の人だと思い込む人がいます。

 

それはもしかすると間違いではないかもしれませんが、正しい判断ができていることも少ないのです。

 

なぜなら、私たち人間が欲求によって感情が高まるとき、創造性と創造的思考を抑制する働きがある場合があるからです。

 

これは脳科学的にも実験で立証されていることの一つで、人は感情的になると前頭前野という理性と創造性を司る部位の活性化が抑制されることがわかっているようです。

 

運命の人という概念は上述のように、非物理的概念であり、それは個人の創造的思考の産物であるものであるなら、創造的思考が抑制されている中で、運命の人が誰かの答えを出せるとは到底賛成できるものではないでしょう。

 

恋愛や愛とは、とても感情的な働きを示す要素であることは事実です。

 

しかしその感情的な状態のままで、運命という非物理的で創造性の高い概念について、正しい回答を導き出すことの方が難しいのです。

 

つまり運命の人と結ばれやすい前兆と、結ばれにくい特徴があるということが言えるのです。

 

 

結ばれやすい前兆とは、あなたが平常心で、とても気持ちがフラットな状態の時に、ふと湧いて出てきた、運命の人への答えが、大きな鍵を握っていると言えるでしょう。

 

運命の人と出会う前兆

 

上記のリンク先では、運命の人の前兆やタイミングについて、詳細にご紹介しています。



《広告》


 

「結ばれなくても運命の人」

 

上述のように、運命の人と結ばれることや、そうなりやすい前兆には、あなたの精神と心理状態が、とてもフラットで自然体であることが重要だということが言えます。

 

ただし、そうだからといって必ずしも運命の人と結ばれるという確証にはならないのです。

 

この確証についても上述しましたが、運命の人はあくまで、個人的な創造的思考であるからと言え、その物的証拠は何もないかです。

 

そのため、たとえ結ばれなくても、その人は運命の人だという考え方は存在するでしょう。

 

運命の人だと思いながら、決して結ばれることのない状態を望んでいるのか、それとも、結ばれてはいけないような相手を運命の人だと感じてしまったのか、その理由は各個人で違うはずです。

 

結ばれなくても運命の人だと、もし、あなたが正直に思えるのなら、それはそうだとしか自分で説明のしようがありません。

 

自分で説明できるか、その説明に対して、自分で明確な自信と責任を持てるか、これを自問自答を繰り返していくと良いかもしれません。

 

あなたのその自信と責任感が、しっかりとあるなら結ばれることがないけど、あの人が運命の人でよかったという納得と合意が得られることでしょう。

 

例えば以下のような自問自答は、もしかすると、あなたの本当に思っている答えや願望にたどり着くことが可能かもしれません。

 

 

 

本当に結ばれない人が、自分の運命の人でいいのか。

 

本当にそのような人が自分にふさわしいのか。

 

心の底から、そうだと言えるか。

 

これらの質問を、ある程度の期間繰り返していくと、もしかしたら違う回答が出てくるかもしれません。

 

このような自問自答の行為は、実は、自分の深層心理や無意識、あるいは潜在意識と呼ばれるものにアクセスすることを大いに助けてくれる、かなり効果的な行為の一つです。

 

もし、心からそうだと自分に言えないなら、あなたは運命の人と本当は結ばれたい、そう思っている可能性が高いと言えます。

 

そして、結ばれることのない運命の人が、本当に運命の人であるかを決める必要もあるでしょう。

 

そうではないかもしれない、そのような自問自答を繰り返して、今度はこの答えに対して心から自然に思える、明確な回答を見出してく必要があります。

 

あなたが心から納得と合意をしていれば、その人は結ばれなくても運命の人になり得る、それを心の底から認めていれば大丈夫だと言えるでしょうし、大丈夫にすることが可能とできる人物も、あなたです。

 

非物理的な概念に、証拠を求めることはできません。

 

自然とそう思えるなら、平常心でそれが自然に湧き上がる思考であるなら、そうかもしれないとしか言えません。

 

また自分と向き合い、自問自答する過程の中で、すぐに答えが違うことを認めることもあります。

 

そのような場合は、結ばれないその人が、自分の運命の人ではないことに明確な回答を得ていると言えるでしょう。

 

 

運命はあなたが決めることであり、あなたが本当に望んでいるものが何であるか、それを自分で知ることが最も重要なことです。

 

心の底から、納得のいく本当の答えを、見つけてみましょう。

 

運命の人を知る、出会う、結ばれる

 

上記リンク先では、運命の人を知るための詳細な内容をご紹介しています。

  

「結ばれるべき運命」

 

上述のように、結ばれない運命の人がいるなら、結ばれる運命の人もいると言えます。

 

そして2人は、結ばれる運命にある、そう思いたい感情も当然のようにあるものです。

 

それは本当にあるのか?

 

結論から言うと、それを作ることができるのも、あなた次第と言うことになります。

 

当サイト(マインディストKEN)の運命と運命の人の非物理的概念は、本人の個人的な創造的思考の可能性が非常に高いと言うものです。

 

これが運命というものの正体という見解をお伝えしています。

 

結ばれるべき運命が、本当にあるかというと、それはほぼあり得ないと言えます。

 

それはなぜか?

 

その理由は運命が個人的な創造的思考だけではなく、この世の中に、決まっているものがないからです。

 

今という瞬間は決まっている既成事実があり、それを私たちは確認しながら生きていると言えます。

 

しかし数年後はどうでしょうか?

 

例えばこれは、あなたの隣の家の住人が、自宅を売り払い引っ越してしまうことがあるのと同じです。

 

隣の家は取り壊され、一軒家が酒豪住宅になり、あなたの二階の窓を塞ぐこともあるかもしれません。

 

これは例えばの話に過ぎませんが、それでも、隣の家がそんな状況になることを、あなたはどうやって予測できたでしょう?

 

ずっと暮らしていて、ずっとそのままでいると、どかで人は錯覚している可能性が高いのです。

 

これからもきっと、ずっと、「私の周囲は同じ環境だろう」と思うことは自由ですし可能なことですが、そこには同じであり続けるだけのもっともらしい証拠も保証も、確率的優位性も存在しないのです。

 

もしかしたら数分後に、隣人が引越しの挨拶をしてくるかもしれない、そんな可能性の中に私たちはいるというのが事実以外のなんでもないと言うことです。

 

したがって、あなたに本当に運命の人と出会い、幸福になって欲しい思いが多くあっても、将来結ばれるべき運命が本当にある、などと口が裂けても言えないのです。

 

人は常に、創造的思考の産物である運命に対して、事後報告しかできないのです。

 

そして事後報告した内容のどれもが、確証と証拠を持たない予測でしか成り立つことができないのです。

 

結ばれるべき運命があるなら、あるいは、そうだと思えることができたら、それはきっとあなたの精神的かつ心理的な安心感をとても大きく高めてくれることでしょう。

 

仮に誰かが、あなたには結ばれるべき運命があると言ったとしても、あなたは安心してしまうかもしれません。

 

そして多くの場合で人は、そう思いたいものです。

 

なぜなら、人は弱い傾向にあるからです。

 

決まっていない自分の将来が怖くて、それだけで、自分を自分で弱くしていることが往々にしてあるものです。

 

その恐怖から抜け出し、そして不確実の可能性の世界に自分はいると言うことに、最大限の納得を得られた時、きっと、あなたは全く違う世界を見ることになるでしょう。

 

そして、新しく見えた世界に基づいた行動を、きっとできることでしょう。

 

もしかするとそれが、運命の人にもっとも近づける可能性を、高めるのかもしれません。

 

  

「運命の人は既婚者でも必ず結ばれるのか?」

 

運命の人は既婚者であっても、結ばれるのか?

 

この問いに対して、もうあなたの答えは概ね出ていることでしょう。

 

それを決めるのは、自分だと言うことです。

 

そしてもし、あなた自身が今現在で、運命の人を既婚者のあの人だと思っているなら、それは考え直したほうが良いかもしれません。

 

自分が本当にそれを望んでいるのか、それとも、欲求的な高まりでそう思いたいだけではないか、この区別はしっかりとしておくことが重要です。

 

さらに既婚者をそのように思い続けることには、通常とは異なるリスクがあることも、しっかりと確認と覚悟した上で、自分の行動に責任を持たなくてはならないでしょう。

 

リスクという考え方は、欲求が高まっているほど、無視してしまいがちです。

 

しかしリスクはどんなことにも潜んでいるものです。

 

どんな恋愛にも、どんな考えや概念にも、それは存在しています。

 

既婚者を運命の人だと思い続けることにおけるリスクは、ここであえていうまでもないでしょう。

 

問題は、そのリスクが実際に現実となった時に、それを受け入れることが本当にできるかということを、自分の中で明確にしておかなくてはならないことです。

 

リスクが現実のものになる場合はあります。

 

それは上述にもあったような、隣人が急に自宅を売り払い、アパート業者がアパートを建てることに似ています。

 

隣の人がどんなことをするか、それを知ることも止めることもできないものです。

 

実際にそれで土地の争いなどは、各地で起きていることでもあるでしょう。

 

既婚者の人を、自分の運命の人だと思うことも、実感することも可能です。

 

上述もしましたがそれは、あくまで個人的な自由であり、個人の創造的思考と解釈であるからです。

 

それを他人が止めることはできません。

 

止めることができるのは、あなたであり、進めることができるのも、あなただけなのです。

 

それをしっかりと理解した上で、改めて、運命の人が既婚者であって良いのかを考えても良いかもしれません。

 

以下のリンク先は運命の人が既婚者の場合について、詳細にご紹介しいます。

 

運命の人が既婚者

 

あなたの悩みの改善に、少しばかりの助けになる内容となっているでしょう。

 

 

  

「運命の人と結ばれるまで」

 

運命の人と結ばれるまで、多くの前兆や特徴があることでしょう。

 

前兆については、上述でもしていますが、これには結ばれやすいものと、結ばれにくいものがある可能性があるものです。

 

運命の人と結ばれるまで困難があるとか、一度別れて離れ離れになるとか、いろいろな現象を体験している人は多くいるようです。

 

これは事実であるか、それとも根拠のないものか、それは本人だけが知っていることであり、本人だけが決める権利を持っているものです。

 

つまり、例えばあなたの友人の誰かが、運命の人と結ばれたと実感している人がいるとして、結ばれるまでにこんなことがあった、あんなことがあったと話してきたとしたら、それはその人にとっては事実だと言えます。

 

しかしそれがあなたと、あなたの運命の人とが結ばれることに重要で、かつ同じこがあるのかというと、それは違う可能性が高くあります。

 

あなたの運命の人と、あなたが結ばれるまでに体験するのは、あなたであり、そこにはあなたにしか与えられていない決定権と、創造的思考を反映させた解釈だけが存在していると言えるのです。

 

それらが本来は存在しているのですが、多くの場合で人は、自分にしかできない決定とその権利、そして創造的思考を手放す傾向があります。

 

なぜでしょう?

 

それは確証を持たない自分の意見や考えに、不安を抱えている場合が多くあるからです。

 

その不安感を払拭するために、人の意見、人の体験談、専門的な知識を有する人などを頼りにしてしまうことがあるものです。

 

これが決して間違った選択とは必ずしも言い切れません。

 

ただ、重要視しておいた方が良いであろうことは、他人の意見や考え方を受け入れて、それを実行し、その結果を受け入れるのは、自分であることを、決して忘れてはいけないことです。

 

あなたが誰を信じようと、誰の意見に従おうと、その決断に起こした行動の結果は、あなただけが受け入れるものであるという自覚は、とても重要です。

 

 

この運命や運命の人という非物理的な概念、つまり、正しい答ええお立証できない事柄に対して、他人がその責任を負えることは基本的には不可能であるということです。

 

信じた自分に、その責任はあり、また幸いなことに自分で信じるか信じないかを、自由に決めることもできるのです。

 

運命の人と結ばれるまで、あなたは自分で何をどのように信じて、行動して良いことが本来は許されています。

 

形のない概念を、どうにか形にしていくのは、自分の信念的な部分がとても重要となると言えるでしょう。