運命の人と出会う前兆[最重要]を徹底解説!

 

運命の人と出会うには、ある前兆があると言われています。

 

その前兆にはいくつか共通点があることが、多くの人の体験から報告されています。

 

あなたがそれを知りたい理由はなんでしょうか?当サイト(マインディストKEN)では、それを「結婚」ということを前提に、たくさんのことをご紹介しています。

 

あなたの運命の人との結婚に、何か役に立つことがきっと書かれていることでしょう。

 

 

「1運命の人と出会う前兆の期間」

 

運命の人と出会う前兆に、ある期間というものが存在していることが多くあります。

 

例えば準備期間、充電期間といった期間です。

 

これらはどれも、一旦1人になることや、まずは恋愛などの感情を忘れる期間となることが多くあります。

 

これを充電期間と言ったり、準備期間と言ったりしますが、重要なことはこのような期間がなぜ必要であるか?ということです。

 

これら期間の必要性は、あなたがもし、運命の人と出会いたいという願いが強いことが障害を生んでいる可能性が高く、その障害を取り除くために重要で、必要な期間だとされています。

 

 

このような期間は実は、本当に重要な期間となることが多いのです。

 

なぜなら、運命の人と出会いたいという願いが強いこと、それは、人の欲求が高まっている時や、まさにその状態でもあるからです。

 

この欲求状態は、非常に高い確率で、運命の人と出会うことの障害となり、これら期間は欲求を抑える、あるいは捨て去るために重要となります。

 

まず人が欲求が高い状態だとどのようになるのか?とういことをご紹介します。

 

人の欲求は脳内の記憶と扁桃体という場所で生まれることがわかっています。

 

運命の人や運命的な恋愛を求める人は、そのような恋をしたい、あるいは素晴らしい人と一緒になりたいという願い、つまり欲求が高くなっていることが多くあります。

 

これらを願いと言わず、欲求というのには大きな理由があります。

 

なぜなら願いは、何か問題から離れたい時に生まれていることがほとんどだからです。

 

そして人はその問題から離れるためには何が必要か、ということを合理的に考えようとする傾向があり、その欲しいものが欲求となり、欲求が生まれることで、それを掴み取ろうという行動へと仕向けられています。

 

言い換えるのなら、何かの行動はほぼ必ず、何かの問題を改善あるいは解決しようとする感情が元になっているのです。

 

この感情は実は、ほとんどが恐怖心なのです。

 

つまり、あなたが今もなお、運命の人を探そうとしたり、あるいは会いたいという願いがあるなら、そこには何かを避けたいという心理が働き、すなわち恐怖心によって、今、動いていると言えるのです。

 

当サイト(マインディストKEN)は、運命の人を知りたい、あるいはで会いたいという理由と目的を、「運命の結婚」や運命の人と結婚するということを前提に話しています。

 

結婚については、以下のリンク先に詳細にありますので、そちらを参照いただくと、きっとあなたの素敵な結婚において、何かの助けになることだと思っています。

 

 

→ 運命の結婚

 

 

運命の結婚も運命の人と結婚することも、大切なことは問題を避けようとする無意識的に作用している恐怖心から、自分を解放することです。

 

上記の準備期間や充電期間とは、これら恐怖心から、自分を解放するために必要なことであり、時間なのです。

 

人は恐怖心があると、脳内でそれを避けるために必要なものを欲するように仕向け、行動させていきます。

 

これがもし運命の人の出会いや恋愛であるなら、とても大きな問題が生じることにもつながります。

 

その問題とは、運命の人を間違えるという問題です。

 

人は恐怖心が高まっている時、それは欲求も高まっている時でもありますが、このような時の人の脳機能とは、見える範囲、気がつける範囲、思考できる範囲をとても狭くしてしまう働きがあるのです。

 

そしてより早くに欲求を満たすように、物事を集中的にかつ短絡的に判断していくようになります。

 

このような状態になると、人は判断を間違いやすくなります。

 

運命の人でもない人を、運命の人だと信じ込むようになり、最も問題は、運命の人など気がつきにくくなることです。

 

恐怖や欲求というのは、人の脳機能をとても制限的にしてしまうのです。

 

例えるなら、とてもお腹が空いていて、甘くて美味しそうなスイーツが目の前にいくつも会ったら、それを貪るように食べてしまうようなものです。

 

つまり、食欲が高まってくると、人はそれを早く満たすように、目の前のスイーツしか見えなくなり、それを食べることしか考えることができなくないのと同じなのです。

 

食欲も早く栄養を摂取しないと、生命に危険が訪れるという恐怖心から端を発しているものです。

 

このような状態で出会う人は、とりあえず付き合える人や、とりあえずあなたの欲求を満たしてくれる人であることが多くあるでしょう。

 

準備期間や充電期間をしっかりともつことで、きっと冷静さを取り戻して、脳機能も本来の状態に戻っていくでしょう。

 

そこからが、新しいスタートになるでしょう。

 

 



《広告》