運命の人と出会う前兆[最重要]を徹底解説!

 

運命の人と出会うには、ある前兆があると言われています。

 

その前兆にはいくつか共通点があることが、多くの人の体験から報告されています。

 

あなたがそれを知りたい理由はなんでしょうか?当サイト(マインディストKEN)では、それを「結婚」ということを前提に、たくさんのことをご紹介しています。

 

あなたの運命の人との結婚に、何か役に立つことがきっと書かれていることでしょう。

 



《広告》


「磁石」のように

引き寄せ合う

【運命の彼】

を占ってもらう

  

なたはこのまま、運命の彼を知らないまま過ごしますか?

 

運命を聞くと将来が楽になるかもしれませんよ。

 

あなたは有名な占い師にも占ってもらえます。

 

運命の彼について聞いてみませんか?

 

今なら登録するだけ。最大2500円分無料で占えます。

 

登録は簡単、無料です。

 

詳細は↓こちら(リンク先では今日昨日の口コミも下部で確認できます)

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト
 

 

 

 

「1運命の人と出会う前兆の期間」

 

運命の人と出会う前兆に、ある期間というものが存在していることが多くあります。

 

例えば準備期間、充電期間といった期間です。

 

これらはどれも、一旦1人になることや、まずは恋愛などの感情を忘れる期間となることが多くあります。

 

これを充電期間と言ったり、準備期間と言ったりしますが、重要なことはこのような期間がなぜ必要であるか?ということです。

 

これら期間の必要性は、あなたがもし、運命の人と出会いたいという願いが強いことが障害を生んでいる可能性が高く、その障害を取り除くために重要で、必要な期間だとされています。

 

 

このような期間は実は、本当に重要な期間となることが多いのです。

 

なぜなら、運命の人と出会いたいという願いが強いこと、それは、人の欲求が高まっている時や、まさにその状態でもあるからです。

 

この欲求状態は、非常に高い確率で、運命の人と出会うことの障害となり、これら期間は欲求を抑える、あるいは捨て去るために重要となります。

 

まず人が欲求が高い状態だとどのようになるのか?とういことをご紹介します。

 

人の欲求は脳内の記憶と扁桃体という場所で生まれることがわかっています。

 

運命の人や運命的な恋愛を求める人は、そのような恋をしたい、あるいは素晴らしい人と一緒になりたいという願い、つまり欲求が高くなっていることが多くあります。

 

これらを願いと言わず、欲求というのには大きな理由があります。

 

なぜなら願いは、何か問題から離れたい時に生まれていることがほとんどだからです。

 

そして人はその問題から離れるためには何が必要か、ということを合理的に考えようとする傾向があり、その欲しいものが欲求となり、欲求が生まれることで、それを掴み取ろうという行動へと仕向けられています。

 

言い換えるのなら、何かの行動はほぼ必ず、何かの問題を改善あるいは解決しようとする感情が元になっているのです。

 

この感情は実は、ほとんどが恐怖心なのです。

 

つまり、あなたが今もなお、運命の人を探そうとしたり、あるいは会いたいという願いがあるなら、そこには何かを避けたいという心理が働き、すなわち恐怖心によって、今、動いていると言えるのです。

 

当サイト(マインディストKEN)は、運命の人を知りたい、あるいはで会いたいという理由と目的を、「運命の結婚」や運命の人と結婚するということを前提に話しています。

 

結婚については、以下のリンク先に詳細にありますので、そちらを参照いただくと、きっとあなたの素敵な結婚において、何かの助けになることだと思っています。

 

 

→ 運命の結婚

 

 

運命の結婚も運命の人と結婚することも、大切なことは問題を避けようとする無意識的に作用している恐怖心から、自分を解放することです。

 

上記の準備期間や充電期間とは、これら恐怖心から、自分を解放するために必要なことであり、時間なのです。

 

人は恐怖心があると、脳内でそれを避けるために必要なものを欲するように仕向け、行動させていきます。

 

これがもし運命の人の出会いや恋愛であるなら、とても大きな問題が生じることにもつながります。

 

その問題とは、運命の人を間違えるという問題です。

 

人は恐怖心が高まっている時、それは欲求も高まっている時でもありますが、このような時の人の脳機能とは、見える範囲、気がつける範囲、思考できる範囲をとても狭くしてしまう働きがあるのです。

 

そしてより早くに欲求を満たすように、物事を集中的にかつ短絡的に判断していくようになります。

 

このような状態になると、人は判断を間違いやすくなります。

 

運命の人でもない人を、運命の人だと信じ込むようになり、最も問題は、運命の人など気がつきにくくなることです。

 

恐怖や欲求というのは、人の脳機能をとても制限的にしてしまうのです。

 

例えるなら、とてもお腹が空いていて、甘くて美味しそうなスイーツが目の前にいくつも会ったら、それを貪るように食べてしまうようなものです。

 

つまり、食欲が高まってくると、人はそれを早く満たすように、目の前のスイーツしか見えなくなり、それを食べることしか考えることができなくないのと同じなのです。

 

食欲も早く栄養を摂取しないと、生命に危険が訪れるという恐怖心から端を発しているものです。

 

このような状態で出会う人は、とりあえず付き合える人や、とりあえずあなたの欲求を満たしてくれる人であることが多くあるでしょう。

 

準備期間や充電期間をしっかりともつことで、きっと冷静さを取り戻して、脳機能も本来の状態に戻っていくでしょう。

 

そこからが、新しいスタートになるでしょう。

 

 



《広告》


 

「2女性における運命の人と出会う前兆」

 

女性において、運命の人と出会う前兆やその特徴はあるようです。

 

上述もしましたが、特に恋愛から離れる期間が訪れることは多くあり、しかしそれは、とても良い影響を及ぼしてくれるであろう前兆となります。

 

恋愛から離れる、というと、おそらく女性の大半がとても不安を抱えるかもしれません。

 

なぜなら、恋愛、特に素晴らしい恋愛がしたいのに、それから離れてしまう前兆が訪れるのですから、それで本当に運命の人と出会えるのか、不安になるものです。

 

この心境は痛いほどよく理解できます。

 

そして同時に、多くの女性もこの不安感に同意するでしょう。

 

ところが、これは事実とは異なることが、とても多くあるのです。

 

上述のように、人は欲求か恐怖か、どちらかが発端となることによって、合理的に考え、その中で判断をし、行動を起こしている繰り返しの人生である傾向にあります。

 

これが時間という軸によって、繰り返されていくことによって、それは人生となっていきます。

 

運命の人に出会うために、その欲求が高くなり、そしてそのために合理的に考え、判断し、行動を繰り返している女性がほとんどだと思います。

 

やがてこれが時間の経過に比例して繰り返されていくことによって、運命の人と出会うための人生を形成していくことになるのですが、まずはこの結果を振り返ってみることがとても重要です。

 

つまり、この繰り返しによって、あなたが、運命の人と出会えたのか?

 

その人生を手に入れることができたのか?

 

ということを客観的に振り返ってみることが重要だということです。

 

もし、運命の人とまだ出会えていないなら、おそらくこれまでの考える方向性、判断、そしてそれに基づいた行動が、見当違いだったことを示唆しています。

 

女性が運命の人と出会うために、これまで欲求を高め、合理的な判断に基づいてやってきたことが、本当は違う方向に自分を進めていたのかもしれないのです。

 

このことを気がつける期間がとても重要なのです。

 

そしてそれは、自分の進む方向性を変えていくための、つまり、本当に運命の人と出会うための前兆の一つなり得るのです。

 

今までの自分の恋愛や運命の人に関する考えから離れること、それが例え怖さを感じることであっても、とても良い効果となることがあります。

 

この前兆はとても重要だといえ、もしかするとそれ以外の前兆は女性にとってあまり重要ではないことかもしれません。

 

なぜなら、いくら細かな前兆を知識として知っていたとしても、方向性が間違っているなら、その知識が活かされる可能性は低いからです。

 

女性が運命の人と出会う、とても、いや、最も重要な前兆こそ、この恋愛から離れるという前兆だといえ、過去の全ての誤った見解や考え、そして価値観から離れるための時期でもあります。

 

運命の人と恋愛することや、求めることから離れて、本当にその人と出会えるのか?

 

このような不安は消えることはないし、それは難しいでしょう。

 

しかし、それこそが、運命の人が例え目の前にいたとしても、気がつかせなくさせていることがあるのです。

 

人の脳機能は、恐怖と欲求によく自分を支配されてしまうことがあります。

 

これはあなたが本当にしたいことではなく、本当にしたいことだと思い込まされていることを示唆します。

 

つまり人は、多くの点で、自分の本来の思考と選択、行動をしているのではなく、脳が産み続けている恐怖と欲求によって、それが合理的で正しいと思い込んで、行動していることが多いということです。

 

これらはすべて、あなたではなく、脳が欲していることですから、あなたの望む結果に結びつく可能性はとても低いのです。

 

ただし脳が求めていることは、ほぼすべて手に入れることが可能です。

 

例えば恐怖心からの一瞬の解放、欲求が一瞬だけ満たされること、これらはすべて可能なことで、人はこの一瞬のために動いている可能性が高いのです。

 

一瞬は一瞬であり、それは間違っても一生となり得ません。

 

あなたの運命の人は一瞬の人なのでしょうか?

 

それとも一生の人なのでしょうか?

 

もし、恋愛や運命の人から離れることがあるなら、それはとても良い前兆の一つであるかもしれません。

 

またスピリチュアル的に運命の人のことを、ツインレイと呼ばれている概念があります。

 

これは魂が二つに分かれて生まれ、それぞれの魂がまた一つになることで、本当の愛、永遠の愛を感じ合えるという概念です。

 

このことの詳細が気になるなら、以下のリンク先に詳細にお伝えしています。

 

 

→ ツインレイ男性のすべて

 

 

あなたの運命の人と出会う前兆は、きっと、上述したことが最も重要となるでしょう。

 

これまでの自分の流れを変えるには、今から何かを変えていく必要があります。

 

もし何一つ変えないのだとしたら、これから何かが変わる可能性はとても低いでしょう。

 

人は過去の延長上を、全く気がつくことなく生きている傾向があります。

 

運命の人と出会えていない過去を、今も、繰り返しているかもしれないのです。

 

あなたはこれからどちらを選びますか?

 

過去の延長か、それとも、未来に変わっている自分か?

 

あなたの選択はそう、今、できることのはずです・・・

 



《広告》


 

「3男性における運命の人と出会う前兆」

 

男性における運命の人の前兆には、女性とはとても異なる性質があるでしょう。

 

女性の場合は上述したように、求めている感情や欲求を抑える時期が来ることが多く、そしてそれは例え怖くても、おそらく最も効果的な前兆であるといことです。

 

一方で男性の前兆としては、全く予測もしていない出会いや再会が、運命の人との出会いとなる可能性があり、そのような前兆があります。

 

男性の場合は女性に比べると、恋愛や運命の人を求める傾向が少なく、そのためそれに対する欲求もない人が多くいます。

 

運命の人への欲求がないなら、そこに不満や不安、恐怖と言った感情もなく、精神状態もフラットな感じを保っています。

 

また年齢にもよりますが、男性は年齢が重なるほど、思春期の時に体験するような恋愛から遠ざかる傾向にあります。

 

これが男性が最も運命の人と出会いやすい精神状態や脳の状態を作りやすく、その結果、出会うこともあります。

 

しかし問題は、欲求が少ないため、それをつかもうとしないことがあることです。

 

人は欲求が高まるから、それを掴めるチャンスがきたら率先して行動を起こし、掴み取ろうとするものです。

 

欲求が薄い、あるいはない、ということは、チャンスが来てもそれをつかもうという行動を起こそうとしないか、そのきっかけさえない傾向となるのです。

 

だから、そのままスルーしてしまう可能性も、同時に高めてしまいます。

 

しかし、上述したようにこれが実は最も誰が運命の人であるか、それをかなり精度高く知ることにつながる状態でもあるのです。

 

とても皮肉なことに、欲求を高めると行動的にそれを掴みにいきますが、本当に望んだものは掴みにくくなるか、間違ったものを掴みやすくなります。

 

しかし、欲求が低いと、本当に望んだものが目の前にあることを知りやすいですが、掴む必要性を感じないため、あえて行動にも移さないのです。

 

男性が運命の人と出会う前兆には、このようなある胃いみで恋愛において消極的な状態になっていることが多くあるのです。

 

恋愛に対して消極的になる時、欲求がないため、なんら恋愛感情か抱いていない女性や、あるいは抱かないような女性が周囲に多くなっていきます。

 

そしてやがて、その女性の数は集約されていく傾向にあります。

 

最終的には1人の女性になっていき、その人が、運命の人となる可能性が非常に高くなります。

 

しかし欲求が低いので、その女性には恋愛感情を抱いていない場合がほとんどです。

 

一方で女性がその男性に恋愛感情を抱いているとしたら、とても大きなショックとなるでしょう。

 

なぜこのようなすれ違い起こるのか?

 

それこそ、女性は愛されることを求める傾向が強いからと言えます。

 

この欲求が強いことで、欲求の希薄な男性とのすれ違いが起こる可能性を高めるのです。

 

そして男性からすると、恋愛感情とは過去に抱いた恋愛感情がそれであると思っている可能性が高くあります。

 

つまり、例え運命の人が目の前にいて、1人に絞られたとしても、精神的に非常にフラットな状態なので、これがまさか過去を凌駕するような素晴らしい恋愛であるとは全く気が付いていないのです。

 

そしてこれが、男性の運命の人と出会う前兆である可能性が高いのです。

 

男性と女性ではこのように、前兆には大きな差と違いがあるのです。

 

「4運命の人と出会う前兆 体調の変化 眠気と頭痛」 

 

運命の人と出会う前兆の中に、体調の変化があると言われています。

 

特にこれら変化には、眠気があったり、頭痛があったりすると言われています。

 

もちろん、これは前兆以外の他のことが原因として起こっている体調の変化の可能性も大いにあります。

 

そのため、出会いの前兆だと決め付けないで、医者や専門機関に相談することをお勧めします。

 

そしてここでは、運命の人との前兆として、眠気と頭痛が起こる原因とその可能性が高い内容をご紹介していきます。

 

運命の人と出会う前兆だけでなく、もしかするとすでに出会っているからこの体調の変化が訪れたという可能性があります。

 

上述でも何度も繰り返してお伝えしていることですが、人は欲求か恐怖によって、無意識に動いている傾向があります。

 

欲求は高まることで欲求不満も比例して高まり、これはそのまま精神状態の不安定を生みます。

 

恐怖とは何かを避けるために、その打開策を早くに手に入れようと、人を突き動かしています。

 

つまり運命の人もこれら欲求か恐怖のどちらか、あるいは両方に入るものであることが多いのです。

 

運命の人を求める時も、自分は不幸になりたくないからそのために運命の人と出会いたいという理由である時も、欲求と恐怖感は高まる傾向があるのです。

 

これら二つが高まることによって、人は自律神経のバランスもどちらかの一方向に傾けていきます。

 

そして傾く先はほぼ決まって、あるいはかなりの確率で、交感神経という方向に傾きます。

 

交感神経とは興奮、恐怖、不安、欲求、という要素が強くさせる自律神経で、文字通り交感神経が優位になることで人は、ストレスを多く抱えることになります。

 

ストレスと多く抱えるとは。精神的に不安定になりやすい状態になります。

 

運命の人を求めている気持ちが高くなると、人はストレスを無意識に抱えている状態になりやすいのです。

 

そしてこのストレスが弱くなる、あるいは解放される瞬間やきっかけというのがまさに、運命の人と出会えた時であり、その前兆だと言えるでしょう。

 

このようになると人はストレスから解放されることにつながり、つまり交感神経優位の状態から副交感神経が優位の状態に変わっていきやすくなるのです。

 

副交感神経が優位になると身体的にどのような変化が起こりやすいかというと、それが眠気と頭痛であることが多いのです。

 

まず眠気が高まるというのは、私たち人間が夜寝る時に高まる眠気のメカニズムと同じで、この時も副交感神経が高まることによって、人は眠気が高くなることがわかっています。

 

ストレスからの解放、副交感神経優位、眠気の高まり、という順番で、体調の変化が訪れることは容易に考えられるのです。

 

そして次に、頭痛という体調の変化ですが、これも交感神経から副交感神経に変わることで、その可能性を高めるのです。

 

交感神経が優位になると、つまりストレス状態になると、毛細血管の収縮が起こることがわかっています。

 

これは指先だけでなく、全ての毛細血管が収縮し、血流が末端にまで及ぼないことがあります。

 

そして、副交感神経はこの収縮を和らげ、逆に血管の膨張作用があることがわかっています。

 

毛細血管や血管は脳にたくさん張り巡らせれており、ストレスからの解放は脳内でも、収縮から膨張へと変化していきます。

 

収縮された血管が膨張することによって、大量の血液が流れ込み、さらには膨らんだ血管がそばに走っている神経を圧迫することがあるようです。

 

この結果、偏頭痛のような頭痛を感じることがあると言われています。

 

つまり運命の人と出会うことや、その前兆を感じた時というのは、とても精神的にストレスから解放されるほど、安心感とリラックスが生まれたといことを示唆します。

 

運命の人の前兆として、これらの体調の変化が訪れたとしたなら、その人はあなたにとって副交感神経が優位になる程、とてもリラックスできて安心できる人であると言えます。

 

 

もちろん、頭痛や眠気の原因は、この限りではありません。

 

しっかりと体調の変化についてはご自身の責任のもと、判断する必要があります。

 

 

「5運命の人と出会う前兆 失恋と別れ」

 

上述の期間(「運命の人と出会う前兆の期間」)の箇所でもご紹介しましたが、恋愛や、恋愛感情から離れる期間があり、それが運命の人と出会う最も効果的な前兆となることがあるということです。

 

恋愛から離れるとは、もし恋愛をしていないのであれば、その欲求を手放し、恋愛から離れることを意味します。

 

しかし、恋愛状態にある場合は、もしかすると、今お付き合いしている人と別れたり、あるいは告白した人から振られるなどの、失恋があることが考えられるのです。

 

別れや失恋は、誰にとっても歓迎し難いものであるでしょう。

 

特にその瞬間は・・・・

 

しかし、別れと失恋の瞬間がある程度の期間が過ぎると、これらで生じたネガティブな感情や心理というのはやがて色あせていくことになります。

 

執拗に執着していなければの話ですが、むしろ、執着していることによって運命の人の前兆であることにも気が付きにくいか、あるいは受け入れることも困難にしてまうでしょう。

 

ネガティブなショックや、傷つく体験をするのは、実はまさにその時の一瞬であることがほとんどです。

 

この一瞬というのは、自分にとって望まない結果を突きつけられた瞬間とも言い換えることが可能です。

 

このショックや傷ついた体験を、その一瞬や短期的に終わらせるのか、あるいはずっと持ち続けていくのか、それはその人にのみ委ねられた選択肢であり、権利でもあります。

 

そして運命の人と出会う前兆として、別れや失恋をきっかけにできる人は、ほぼ間違いなく、短期的にこの体験を処理できた人です。

 

なぜでしょう?

 

実は、人の脳機能として、感情を伴った体験が記憶に残りやすく、それが次また同じシチュエーションとなった時の強力な判断基準となる、と言えるからです。

 

 

人の脳は感情の度合いに比例して、記憶として深く残される傾向があることがわかっています。

 

例えば上記の、失恋や別れによって大きな感情が生まれた時、それはネガティブであることが多いですが、失恋や別れが自分にとってネガティブであるという内容の記憶を深く刻み込みます。

 

そして、そのような記憶と内容が刻まれた後は、失恋や別れそうになると、とても嫌で辛いことがこれから起こると脳は察知し、それを避けるように行動させたり、考えさせたりと仕向けます。

 

この結果、例え前回とは全く異なる状況や結果となる可能性であっても、それを「前回と同じ」として脳は捉えてしまい、失恋と別れに対して、大きなダメージを感じやすくなっていくのです。

 

しかし冷静に考えてみれば、失恋も別れも、決してすべて同じではありません。

 

また前回との関連性も本来は、全くないものです。

 

しかし別れることや、振られることに対してネガティブな体験と記憶が、それを避けようとしたり、または短期的にそれを処理することを自ら難しくしているのです。

 

つまり、失恋や別れが、運命の人と出会う前兆となる、その可能性が高くできるのは、過去の失恋と別れに対する記憶が、しっかりと精査されている必要があるのです。

 

これが精査されていない場合は、おそらく全ての失恋と別れがとてもネガティブだ錯覚しており、それをポジティブに受け入れることが難しいのです。

 

このような人の場合は、失恋や別れが、運命の人と出会う前兆とは決して実感はできないことでしょう。

 

その結果、運命の人との出会いも、困難を極めていくでしょう。

 

もし失恋や別れがあり、それを運命の人と出会うきっかけや、前兆として変えていく可能性を高めたいなら、過去のこれらの記憶を精査した方が良いと言えます。

 

そしてそれは、今からでも遅くはなく、可能なことなのです。

 

 

別れると言えば、以前付き合っていた人が運命の人だった、つまり元彼が運命の人だったと実感することがあるでしょう。

 

2人は以前付き合っていながらも、別れるという決断をした関係性にあります。これは2人が別れて、距離が離れることによって、新しく何かが見えたりすることや、それまで気がつかなかった何かを、ようやく発見できるようになったことを示唆します。

 

以下のリンク先は、そのことについて詳細にお伝えしており、あなたがもし、元彼が自分の運命の人だったかもしれないということにおける悩みや、何かしらの新しい発見などに役に立つことでしょう。

 

→ 元彼が運命の人なら

 

そしてもう一つ重要なことが、再婚相手だと言えます。

 

再婚相手も同じように、一度別れている関係性にあります。

 

これも同じように、以前の結婚生活ではお互い気が付けなかったことに、ようやく気がつけるようになったのかもしれません。

 

以下のリンク先から、再婚相手と運命の人について詳細にご紹介している内容が豊富にあります。

 

なぜ2人は一度別れることになったのか、その本当の原因に少しでも近づけるかもしれません。

 

→ 再婚相手は運命の人

 

「6運命の人と出会う前兆 夢」

 

運命の人と出会う前兆の中に、夢で知らない人が現れ、その人が運命の人だったり、あるいはすでに知っている人が頻繁に出てきて、その人が運命の人となったりすることがあるようです。

 

夢の中で出会う人には、確かにそれなりの関係性があると言えます。

 

なぜなら夢とは、記憶の整理とも言われており、上述した感情を伴った記憶は特に、夢や寝ている時に整理されていることが多くあるものです。

 

例えばテスト勉強で徹夜すると、とても多くの学習時間と機会を増やすすことができます。

 

しかし結果的に、翌日あるいはその後に覚えていることは多くはなく、生産にはつながらないことがわかっています。

 

つまり寝ている時というのは、起きて活動していたことを記憶に宿す働きがあることは、明白な事実の一つ問えいます。

 

では人間関係や、運命の人とはどのような関係性があるのでしょうか?

 

人は実は、顕在的な意識の他に、潜在的な意識を用いて、人を判断していることがあります。

 

顕在意識な部分とは、例えば、見た目や、話す言葉、あるいは雰囲気などを判断していることが多くあります。

 

そして潜在的な意識の領域では、全く自分でも考えてもいない内容や基準で、相手を見ていることがあるのです。

 

これは顕在的な意識と異なり、普通にしていると全く知る手立てがないばかりか、知ろうとする間に日常的な忙しい時間の中で、ほぼ触れることなく過ぎ去っていることが多くあるのです。

 

夢とはこれら二つの意識が重なり、総合的な判断をして、記憶に宿す過程において映像化されたものだと言えるでしょう。

 

そこで例えばある人物が夢に出てきたというのは、顕在的にも潜在的にも何かしらの意味があると言えるのです。

 

これをすぐに運命の人だとは決め付けることはできませんが、その可能性があるというなら、その夢を見ている時の心理によく着目することが望ましいでしょう。

 

もしその夢を見ていて、思い出せる心理がとても穏やかで、リラックスができて、そして安心感が自然と膨れ上がってくるなら、または夢の中でもそのような状態なら、運命の人である可能性があります。

 

上述のように、運命の人はあなたの欲求や感情を高める人というよりも、理性的で普通の状態のなかで見つけることができる可能性が高いものです。

 

そしてそのような普通の精神状態なのにもかかわらず、副交感神経が優位になるくらい、安心感やリラックスが生まれる人は、おそらく他の人に比べると、あなたにとって特別な存在である場合が多くあります。

 

夢で誰かが出てきたら、まずは夢を見ていたときの自分の心理がどのようなものだったか?ということを探り、その次に夢を思い出している時の現在の心理にどのような変化が起きているか?といことにも着目してみると良いでしょう。

  

 

 

「7運命の人と出会う前兆とタイミング」 

 

運命の人と出会う前兆とタイミングとは、もちろん人それぞれですが、このタイミングは特に上述してきたことを裏付けるであろう事実が多くあるものです。

 

まず、運命の人への欲求やそれによって増大しやすい恐怖感を取り除くのに、冷静になれる期間が訪れることは、出会うタイミングを早める効果があるでしょう。

 

そして次に、失恋や別れを体験することも同じことがいえ、これら辛く傷ついた体験を過去も含めて精査することによって、出会うタイミングを早める可能性を高めます。

 

これらは人の脳内に起こっている欲求と恐怖感を、少し手荒な方法ですが、抑えたり、穏やかにする効果があります。

 

そして自然と交感神経優位から、副交感神経が優位になる状態を作るやすくなります。

 

副交感神経が優位になることで、もしかすると体調の変化が訪れるかもしれません。

 

しかし自分の身体と精神状態が、深くリラックスしている時というのは、脳の前頭前野という部位が活性化していることを示唆しているのです。

 

前頭前野という部位は、人の思考を理性的にし、かつ、創造性を司っていることがわかっています。

 

つまり、この部位が活性化することによって、それまで見えなかった事実や、気がつかなかった物事に気がつけるようになりやすくなるのです。

 

これによって、運命の人が誰であるか、または出会ったこの人が運命の人であるということに、気がつく助けとなるのです。

 

運命の人は求めているばかりでは、むしろ出会いを遠ざけることに力を貸してしまうことが多いのです。

 

あなたがもし、これまで運命の人との出会いを求めていて、うまくいかない事実を多く体験しているのなら、もしかすると今の方法では不可能であることを示唆しています。

 

そしてこれまでの方法を変えるには、運命の人と出会うタイミングを早めることができるとしたら、少なくとも、今までの方法ではないと、あなた自身が実感する必要があります。

 

この心理に到達できた時、きっとあなたは、運命の人と出会う前兆がすでに起きていることに、気がつくことができるでしょう。

 

 

もしかするとあなたは、すでにその人と出会っているのかもしれないのです・・・・