運命の人と出会うとどうなる?

 

あなたがもし、運命の人と出会うとどうなるのでしょうか?

 

多くの場合で、何か直感的なものを感じたり、安心感が高まったりと言われていますが、それとは少し異なることがあるかもしれません。

 

これより、ここでしか知ることのできない内容を、ご紹介します。

 



《広告》


 

「運命の人と出会うとどうなる?」

 

 

 運命の人と出会うと、人はどうなるかというと、まず運命の人が本当にその人であるかどうかがとても重要です。

 

果たしてあなたは、誰が自分の運命の人だと知ることができるのでしょうか?

 

その手立てがあるとしたら、それはどのようなもので、どのような方法があるのでしょうか?

 

もしかすると、この問に答えられる人はいないかもしれません。

 

なぜなら、スピリチュアルの領域、魂の領域のことは、誰も証明することができないからです。

 

しかし唯一、これを証明可能な人物がいます。

 

そう、それがあなた自身なのです。

 

誰かのことを運命の人だと感じ、そして間違いないと確信することができるのは、あなた本人しかいない。この理由というのも、目に見えない非物理的な次元のことや回答を、誰も提供することができないからです。

 

逆に、あなたが誰かの運命の人を答えることができるか?

 

ということを考えてみると、このことがより理解できるでしょう。

 

人は運命や運命的な出会い、そしてその人物を望んでいます。

 

このように運命的なことを求める人は、以下のことをよく考えることが重要です。

 

それとは、運命の人と出会いたい理由は何か?

 

ということです。

 

あなたはなぜ?自分の運命の人を望むのか?

 

この物理的な時空間の中で、非物理的で証明されないことを、どうしてそこまで望むのか?

 

この回答に対する答えが、あなたが運命の人と出会った時に、どうなるのかを決めてしまう要素にもなり得るのです。

 

運命の人が誰かを知るには、感情的な判断はよくないというのが、当サイトの考え方です。

 

その詳細を知るには、以下のリンクの先でご紹介しています。

 

  

運命の人を知る

 

 

 おそらく、全く知らなかった内容が書かれているので、あなたの運命の人の判断にきっと役立つことでしょう。

 



《広告》


 

「運命の人と出会う理由とは」

 

上述の質問に対して、まだ答えが出ないということもあるでしょう。

 

しかしここでは、プロ占い師として最も多くあった、理由を前提に話していきたいと思います。

 

運命の人と出会う、その理由とは・・・・

 

その人と結婚したいから。

 

という答えであり、これが前提であることが多くあるでしょう。

 

ここで結婚についてより深く想像してみてみましょう。

 

結婚とは、お互いが一緒になり、そして人生のあらゆるものを共有していくことから始まります。

 

それは衣食住のみにかかわらず、お金や、子供、親戚などがそれぞれが共有するものとして増えるのです。

 

とてもイメージしやすい例えがあるとしたら、2人が人生を豊かにしていくためにお金を共有する必要があるし、一緒に住むことで多くのスペースを共有する必要があります。

 

テレビも大抵は自分専用ではなく、家族全体のものになり、椅子やテーブルも同じことです。

 

また親戚を共有することもあり、それまで他人だった人に年賀状を書かなくてはならないこともあるでしょう。

 

結婚とはこのお互いの所有し得るたくさんのものや、概念を、お互いが共有し、それが一生続くという認識があるものです。

 

一生続くか、できれば結婚は一生続かせたいものです。

 

しかしそれが一生続く保証も未来も、全く不確実性の中にあり、結果は誰にもわかりません。

 

つまりお互いが結婚してから、それぞれが共有するものが自分や相手にとって不都合なこともあるのです。

 

夫の実家と関係性がうまくいかなかったり、価値観が違ったりなどして、それまでは問題とならなかったことが問題となることがあるのです。

 

そして人は、これら問題が起きないように、正解を探そうとする傾向があるのです。

 

だからこそ、目に見えないけれど、魂のつながりや、運命の人であるなら、大丈夫だと思っている傾向があるのです。

 

運命の人であれば、問題も少なく、結婚生活が一生続くだろう、安心できるだろう、という概念が強く生まれやすいのです。

 

そうです、運命の人と出会いたいと願い、探している人の多くの目的と理由は、安心感であると言えるのです。

 

だから、きっと多くの人はおそらく運命の人だと思える人と出会うと、安心感を覚える傾向が強くあります。

 

また、ただ安心感を覚えたいがために、その人を運命の人だと決めつたくなる傾向も強いのです。

 

運命の人と出会うとどうなるか、それは、その人が運命の人であるかは抜きにして、安心感を覚えるでしょうし、目的そのものが安心であるから、この可能性が非常に高いのです。

 

そしてこの大きく感じることのできた安心感があれば、結婚もきっとうまくいくといく連想がある可能性があります。

 

しかし、残念なことにこの安心感と結婚は比例関係にない場合が多いのです。

 

その詳細や運命の結婚については、以下のリンクで詳細にご紹介しています。

 

これも独自の理論によって解説していますので、他ではまず聞くことのできない内容となっています。

 

 

運命の結婚

 

 

つまり、多くの人や、もしかするとあなた自身も、運命の人と出会う目的は結婚で、結婚の目的は安心で、安心を保証してくれる答えが、運命の人との出会いである可能性が高い言えます。

 

もう一度自分と向き合う時間を、できる限り十分にとって、回答を出してみてください。

 

その回答こそが、あなたの決断になるはずです。

 



《広告》


 

「運命の人と出会わない、出会えない」

 

運命の人と出会わないことや、出会えないことはよくあるものです。

 

では、運命の人と出会えない人たちは、本当に不幸なのでしょうか?

 

実際はそうではないでしょう。

 

むしろ健全な人生をパートナーと送っている可能性さえあります。

 

さらに、運命の人と出会いたいという欲求が高いうちは、これはとても難しいもので、出会えなくなる可能性を高めることになります。

 

その原因は、人は欲求をもち、そしてそれを高める傾向があるからです。

 

欲求の高まりは、自分の脳機能にも影響を及ぼし、それは結果的に心の安定状態から、不安定状態へと変えていきます。

 

これは自律神経と脳の扁桃体というものが深く関係していることがわかっています。

 

欲求が高まることによって、それが満たされていないという不足感も同時に高まります。

 

脳はこの不足感を嫌い、欲求をとにかく埋めるように、満たすようにと指令を出し、自律神経を交感神経優位に仕向けます。

 

交感神経が優位になると、恐怖、興奮、快楽、不安、といったとてもアンバランスな感情状態を作り上げ、早く心を安定しようと、思考と行動を集中的にしていきます。

 

集中的とは、見える範囲を狭くし、考えられる範囲に制限を持たせ、他のことをできなくさせたり、あるいは他のことを気がつかせないようにします。

 

これによって、運命の人が目の前や近くにいたとしても、それは欲求を満たす行動と思考に集中させられているので、見えないし、気がつかない、ということが発生しやすくなります。

 

大事なことは、運命の人と会いたい会いたい会いたい、というように、この欲求を高めすぎないことだと言えます。

 

運命の人と出会えていない人はつまり、運命の人を求めていない人でもあります。

 

だから欲求が高まることなく、むしろ理性的にパートナーを見ていて、理性的に愛し合っているとも言えるでしょう。

 

これが最も重要で、運命の人は欲求と感情の高まりではなく、それがたとえ冷めたとしても、つまり理性的になっても、愛し合い、大切な人だと思い合える関係だと考えています。

 

上述もしましたが、運命の人と出会いたいと願い、欲求が高い人は、その目的は安心感を得たいからということが多いのです。

 

安心したいから、運命の人だったらきっとそうなるはずだから、そのような人と出会い結婚したい、そう奥底で思っていることが多いのです。

 

安心したいからという理由で、運命の人と出会いたいと思っても、それは恐怖感に自分が支配されているかもしれないことを、認める必要があります。

 

恐怖感こそ、最も、脳が視野や思考の幅を狭くし、制限してしまう要因となり得ます。

 

安心したい気持ちは誰でもあります。

 

それに対して否定の余地などありません。

 

しかしそれをそのままにしていることは、結果的に自分の望んだものから遠ざかってしまう可能性を高める、そのような機能が私たちにはあるのです。

 

 

これら感情に自分を支配されてしまわないようにすることが、とても重要なのです。

 

運命の人をそんなに意識していない人は、確かに運命の人と出会っているという実感も希薄なことがあるでしょう。

 

しかしそれは、自分が感情と恐怖、そしてそれらの元になる欲求に支配されていないことを示唆しています。

 

だから、より健全な結婚や、パートナーとの関係性を築いていけることにつながっているのです。

 



《広告》


 

「恐怖感を乗り越えて、運命の人と出会うとどうなるか」

 

それでは、上述のように欲求や感情、そして恐怖を乗り越えて、運命の人と出会うとどうなるか?

 

これはきっとあなたにとって、非常に興味深い疑問のはずです。

 

恐怖感がなく、運命の人と出会えた場合、おそらくほとんどのケースで、好きといった恋愛感情を抱かない可能性があります。

 

恐怖感がないなら、そこに安心感を求める欲求もありません。

 

欲求がないから、2人はかなりの可能性で、理性的に相手を見て、そして理性的にその人が自分の人生に必要な人で、大切にするべき人かを試行している可能性が高くあります。

 

運命の人に出会うと、それは自分の感情が沸き起こるというよりも、自然体でいられることが多いのです。

 

また2人の中には恋愛感情というよりも、パートナーとしての認識が強くあるものです。

 

人生を共に進み、そしてたくさんのことを共有し合うパートナーであり、それができる2人であるという確信を持っていることでしょう。

 

しかし、人は恋愛感情に支配されやすい傾向があるのも事実です。

 

なぜなら、人の脳機能と感受性は、感情的なものに対して、事実だと判断するようにできているからです。

 

感情を伴った体験は、記憶として非常に色濃く刻み込まれ、そしてこれを基準にあらゆる子音を判断していきます。

 

例えば犬に噛まれたなら、犬を怖くなるでしょう。

 

問題は、次に出会う犬にも同じ基準で考え、怖くなることです。

 

以前自分を噛んだ犬と、次会う犬は性格も特徴も全く異なるのに、全ての犬に恐れを抱くように脳は仕向けていきます。

 

何が言いたいかというと、これは事実ではないことが多い、ということです。

 

今回の犬はとても友好的なのに、それが事実なのに、その人は避けるという行為を反射的にしてしまうからです。

 

事実とは異なる行為を、もしかしたらあなたもしている可能性がある、ということです。

 

だから、恐れを抱いて運命の人を追いかけるのは、あまり効果的ではないばかりか、欲求を高めてしまうこととも効果的ではないのです。

 

脳があなたを感情的に仕向け、欲求以外を何も見えなくさせ、さらにそれが事実だと信じ込ませるだけの力が、人の脳にはあるということです。

 

恐怖感を乗り越えるには、欲求が高まっているなら、それを穏やかにし、手羽していくことが重要です。

 

 

そして、そのように本当のあなたらしさが取り戻せた時、運命の人と出会ったら、今までとは異なることをきっと感じることでしょう。

 



《広告》