ビビビ婚とは?実は運命の結婚は、望まないときにやってくるのが多い

 

人が何かを欲しているとき、その時こそ、欲しいものが手に入らないことが多くあります。

 

おそらくですが、運命の人の結婚もその一つと言えるでしょう。

 

その原因は何か?

 

それは、人は求めれば求めるほど、自分の思考の範囲を狭くし、視野が狭くなる性質があるからです。

 

これは脳科学的な側面でいうと、運命の人と出会いたい、結婚したいと望む感情が強くなったときに、人の脳は扁桃体という部位が活性化することがわかっており、これが活性化することによって、人の思考の幅や視野は、とても狭くなることがわかっているようです。

 

これはいわゆるスピリチュアルや占いの範疇を超える内容ですが、求めることはつまり、自分の行動や選択の範囲を、自分で狭くしている状態を作ってしまうということが言えるのです。

 

この状態が作られることによって、本当はあなたの目の前にいる人が運命的な人で、結婚するととても幸福になれる2人の組み合わせだったとしても、それを事実として認められないことが多くなります。

 

そして多くの場合は結果的に、いつまでも頭の中で描いている理想を埋めるような相手を、ずっと求め続けていることになってしまうのです。

 

もし、あなた自身がそのような状態に既になっているという自覚があるとしたら、それは脳が扁桃体優位になっていて、あなたの思考と視野を狭くしている可能性があります。

 

そのままの状態は、あなたがサランラップの芯のような、筒の中に目を覗かせて、外の景色を見ようとしていることに似ています。

 

筒の中から外を見ようとすれば、ほんのわずかな範囲しか見ることができません。

 

その筒を外せば、外の世界は視界の許す限り見渡すことができるはずです。

 

求めることとは、サランラップの芯の中から、外を覗き込む状態を作りやすくしている可能性が高いのです。

 

運命の人と結婚したいというのは、ほとんど場合で、あなたが自分の求める感情が穏やかになったときに、自然な形で姿を表してくれるでしょう。

 

望むときにはその人が見えなくて、気がつきにくくて、探してばかりですが、望まないようにすると、自然と隣にいたことが理解できるでしょう。

 

以下のリンク先の内容は、運命の人がこの人だとわかる時を詳細にご紹介しています。

 

もちろん、これまでとは異なる意見と独自の理論に基づいている内容ですが、運命の人を勘違いしてしまう身体的な状態で、思い込みをしないようにする助けになる内容となるでしょう。

 

→ 運命の相手この人とわかる

 



《広告》