「ビビビっときた結婚とは」

 

運命の人は、あなたにとって感情的になれる人ではないなら、結婚とはとてもつまらないと感じてしまうかもしれません。

 

結婚にロマンや、華やかで愛情と幸福に満ちたようなイメージを持っている方は多くいらっしゃいます。

 

でも、それが幸福であるか、自分自身に疑問を投げかける必要があるでしょう。

 

なぜなら、上述のように感情的に結婚や運命の人を決めつけてしまうと、それはただの時間の無駄になる結果とさえなる可能性があるからです。

 

これは運命の人と結婚をしていない今のうちに、冷静に考えた方が良いことです。

 

つまり、感情的な道を選ぶか、それとも理性と冷静さの道を選ぶのかということです。

 

運命の人は上述のように、感情に支配されている時はその人がそうであるかの判断はとても難しいものです。

 

決して結婚がつまらないことだと言いたいのではなく、結婚は冷静で理性的なものほど、結果的に幸福感が高いということを伝えたいのです。

 

そして運命の人を求める気持ちを抑え、感情が穏やかになるまで待つことが重要です。

 

感情が穏やかになると、その人が本当に運命の人なのか、その人と結婚をしても良いのか、たくさんの逆の意見や思考が生まれることでしょう。

 

それを感情で再び処理しようとするのではなく、さらなる思考によって処理することが大切です。

 

なぜなら結婚は、とても理性的なものであることで、幸福が長く続くからです。

 

理想の結婚相手を諦めるという意味合いも感じますが、理想だと掲げている人が必ずしも、あなたを幸福にしてくれるとは限らないのです。

 

結局は人は自分の価値観の範囲を許せないものです。

 

自分の価値観にあっている人はおそらく、あまり面白みが感じられないかもしれません。

 

しかし、価値観の外にいる人、つまり、理想的な人というのは、とても新鮮味があり、輝かしく見えるものです。

 

理想は自分にないから理想になるからで、既に理想を手にしているなら、それはもはや日常であり、理想像として描かれないものです。

 

つまり、理想が実現している状態というのは、つまらないものなのだと言えるのです。

 

結婚に理想を求めることは、自分の価値観の外を求めることを意味していると言えます。

 

例えば、あなたの価値観とは異なる人は、友人で言えばどのような人でしょう?

 

仲が悪いか、あまり口をきかないか、お互いが避けるように付き合っているかもしれません。

 

そのようなことが、理想的な相手との結婚後に起こりやすいのです。

 

そうです。

 

理想ではなかった結婚や、結婚相手の方が、自分の価値観と非常にあっていて、あなたを幸せにしようとしてくれる人であったりするのです。

 

理想にうつつを抜かしているよりも、むしろ、もっとも身近なところに、あなたの運命の人がいたりします。

 

運命の人と結婚することは、どこか遠くや、一生懸命に探すことはあまり必要ないかもしれないのです。

 

良い人と巡り合って結婚したい、しかし、それがずっと叶わない夢であるならは、まず、理想の人や運命の人を探すことやめてみることです。

 

以下のリンク先では、運命の人と結婚するための内容だけでなく、結婚できない原因について追求しているページになります。

 

あなたがもし、運命の人と結婚できないと感じているなら、そこにはもしかすると原因があり、それを特定できるかもしれません。

 

以下のリンク先では、それを知る手がかりの一つとなることでしょう。

 

→ 運命の人と結婚できない理由

 

 



《広告》