運命の人との結婚はビビビ婚!?の真実とは?運命の結婚をするための最重要7つ

 

ビビビ!と来た瞬間に、運命の人だと感じて、その人と結婚することが「運命」であると思うかもしれません。

 

しかし、運命の人はビビビ!と来た人ではない可能性が高いと言えるのです。

 

ビビビとくる理由とは、スピリチュアルやメンタル的な要素だと思う人は多くいますが、実際のところそれは、とても生理的な現象であったりします。

 

ここではそれを踏まえて独自の理論によって、運命の人と結婚する方法や、改善点,ビビビ婚の真実をお伝えできたらと思います。

 



《広告》


 

「1運命の人と結婚する」

 

運命の人を見つけて結婚ができたらなら、それはどれほどの幸福をあなたに与えてくれるでしょうか。

 

もちろん、人はそのようなことを当然のように望むし、それは悪いことではないでしょう。

 

しかし問題は、運命の人と結婚していると自覚している人や、または、運命の人と結婚できる人がとても少ないことです。

 

ここで一つ疑問が生じます。

 

人がこんなにも運命の人との結婚を求めているのに、圧倒的にそれが難しい現状があることです。

 

そうです。

 

求めることと、結果を得ることは、実は全く異なったエネルギーが働いており、もしかすると、求めていることそれ自体が、運命の人との結婚を遠ざけているのかもしれない、ということです。

 

一つ一つ詳細にお伝えしていきましょう。

 



《広告》


 

「2運命の人との結婚は、望まないときにやってくる」

 

人が何かを欲しているとき、その時こそ、欲しいものが手に入らないことが多くあります。

 

おそらくですが、運命の人の結婚もその一つと言えるでしょう。

 

その原因は何か?

 

それは、人は求めれば求めるほど、自分の思考の範囲を狭くし、視野が狭くなる性質があるからです。

 

これは脳科学的な側面でいうと、運命の人と出会いたい、結婚したいと望む感情が強くなったときに、人の脳は扁桃体という部位が活性化することがわかっており、これが活性化することによって、人の思考の幅や視野は、とても狭くなることがわかっているようです。

 

これはいわゆるスピリチュアルや占いの範疇を超える内容ですが、求めることはつまり、自分の行動や選択の範囲を、自分で狭くしている状態を作ってしまうということが言えるのです。

 

この状態が作られることによって、本当はあなたの目の前にいる人が運命的な人で、結婚するととても幸福になれる2人の組み合わせだったとしても、それを事実として認められないことが多くなります。

 

そして多くの場合は結果的に、いつまでも頭の中で描いている理想を埋めるような相手を、ずっと求め続けていることになってしまうのです。

 

もし、あなた自身がそのような状態に既になっているという自覚があるとしたら、それは脳が扁桃体優位になっていて、あなたの思考と視野を狭くしている可能性があります。

 

そのままの状態は、あなたがサランラップの芯のような、筒の中に目を覗かせて、外の景色を見ようとしていることに似ています。

 

筒の中から外を見ようとすれば、ほんのわずかな範囲しか見ることができません。

 

その筒を外せば、外の世界は視界の許す限り見渡すことができるはずです。

 

求めることとは、サランラップの芯の中から、外を覗き込む状態を作りやすくしている可能性が高いのです。

 

運命の人と結婚したいというのは、ほとんど場合で、あなたが自分の求める感情が穏やかになったときに、自然な形で姿を表してくれるでしょう。

 

望むときにはその人が見えなくて、気がつきにくくて、探してばかりですが、望まないようにすると、自然と隣にいたことが理解できるでしょう。

 

以下のリンク先の内容は、運命の人がこの人だとわかる時を詳細にご紹介しています。

 

もちろん、これまでとは異なる意見と独自の理論に基づいている内容ですが、運命の人を勘違いしてしまう身体的な状態で、思い込みをしないようにする助けになる内容となるでしょう。

 

→ 運命の相手この人とわかる

 



《広告》


 

「3運命の人は、感情的な高まりではない」

 

運命の人があなたにとって、素晴らしい結婚相手になる理由はたくさんあるものです。

 

ただし、楽しい、愛情が高まる、好きという気持ちが止まらない、ということではない場合が多くあります。

 

運命の人は、あなたを感情的にしてくれたり、感情を高まらせてれる人ではないかもしれないのです。

 

人は、感情的になることを実は、とても望んでいる生き物です。

 

感情的になることは、脳が思考をすることをやめる状態だということがわかっています。

 

思考をするよりも、感情的に判断することがとても脳は好む傾向があるのです。

 

例えば、若い時よりも、年齢を重ねていくほどに感情のコントロールが難しくなっていきます。

 

これは、脳が決してサボっているのではなく、感情的に判断する力が理性的に思考して判断する力を上回ってしまったと言えます。

 

感情的に判断することは、とても楽なことであり、いつだってできます。

 

しかし、それを制御したり、本当にそれで良いのかを思考するのが、理性的なものです。

 

ここまでくると、察しがつく方もいらっしゃるかもしれませんが、感情的な判断をしてしまったとき、つまり、運命の人を自身の感情の高まりによって「そうだ、この人だ。」と決めてしまった時、それは脳が思考を停止して決めてしまったこと意味しているのです。

 

恋愛とは確かに感情的なものです。

 

そのため、運命的な人を決めるのに、感情が全く動かないわけがありません。

 

しかし、感情が高まった状態でそれを決めてしまうのは、もっと危険と言えるかもしれないのです。

 

 

上述した通り、感情的な状態とは思考が追いついておらず、脳はそれを好んでいる傾向があります。

 

これで厄介のなことは、感情で思考が止まるのは、ネガティブな感情だけではなく、ポジティブな感情の時も同じであるということです。

 

例えばネガティブな状態とは、怒りや悲しみなどが挙げられますが、そのような感情だと怒りなら、かっとなって暴言を吐いてしまうことがあります。

 

悲しみなら、何もしたくないとずっと1人で孤独に時間を過ごしたりもするでしょう。

 

このように感情が強く働いている時ほど、冷静に考えたり、今の現状がどのような状態だと思考を巡らせるよるも、感情の赴くままでいたいという行動をしやすいのです。

 

これがポジティブな状態でも同じで、例えばとても魅力的な人に会えて、恋に落ちてしまうことを例にしてみましょう。

 

魅了されてしまった人の方は、思考が停止状態に近く、この人と一緒にいたいと思い、そしてそれを望むようになっていきます。

 

そしてその人を望めば望むほど、その人しか見れなくなっていきます。

 

これは既に、感情が理性的な思考を抑え、思考と視野を狭めていく状態と言えます。

 

思考が停止に近いので、相手の人の悪い部分や、自分とは相容れない価値観の相違などにも寛容になっていき、この時は価値観の違いを許してしまうか、無理やりに肯定していることが多いでしょう。

 

これもその人と一緒になることを求めている感情が、そのようにさせているということです。

 

そしていざ結婚という時期や、結婚が近くなると、価値観の相違や、実は相容れない部分にも気がつき考えるようになります。

 

しかし、思考がほぼ停止状態で結婚目前に来てしまうと、きっと結婚したらこの人が変わるだろう・・・そう信じてしまう傾向が強くなります。

 

そしてほとんどの場合で、それは起こらないのです。

 

数年が経ち、この人となぜ結婚してしまったのか、そのように後悔が生まれるのは、感情的な状態が完全に落ち着き、思考停止が解かれ、ようやく理性的に幅広い思考ができたときに訪れることが多いでしょう。

 

運命の人と結婚することは、難しいというよりも、最初から自分の思考が停止状態で恋愛をしているかどうかを振り返った方が良いと言えます。

 

感情的な状態が思考停止させるということは、つまり、(何か不都合があったとしても)どうなっても良い、ということを示唆しているのです。

 

恋愛と結婚が違うとよく言われますが、それは違うのではなく、そもそも自分の思考を優先しなかった結果、間違った選択をしてしまう可能性があるということです。

 

結婚したら恋愛の時の感情のほとんどは落ち着きます。

 

恋愛で求めていたことや、求められていたことは、結婚後はほぼゼロになると考えても良いでしょう。

 

結婚は至って理性的で、そして感情的でない方がうまくいくものです。

 

感情的になる結婚はむしろ危険で、勢いで離婚してしまったり、あるいは感情を大切にすると、結婚後の夫婦仲はうまくいかないでしょう。

 

恋愛が重要ではないということではないですが、大抵、そこに運命の人はいない可能性が高いということです。

 

あなたを感情的にさせることも、実は、扁桃体が活躍しているときです。

 

恋愛も感情が高まると、その人の全てがよく見え、全てを許してしまうようになってしまいます。

 

これは既に思考がされておらず、感情的に気分が良いから、その状態を維持しようとしているだけであることが多くあります。

 

これが恋愛の大きな特徴であり、結婚と大きく異なる要素になります。

 

感情的に気分の良い状態は長く続くことはなく、冷静になると、ようやく視野と思考が広がり、自分の現状がよく把握できるようになるのです。

 

このことから、運命の人との結婚は感情的な高まりではないことが言えるのです。

 

運命の人との結婚については、以下のリンク先にも詳細にご紹介しています。この内容は運命の人や結婚は運命によって決まっているのかについて、ご紹介しているページになります。

 

→ 運命の結婚相手は決まっているか

 

 

きっと、あなたの運命的な結婚が何か、それを知る助けになる内容となっているでしょう。

 

 

「4運命の人と結婚するには」

 

運命の人は、あなたにとって感情的になれる人ではないなら、結婚とはとてもつまらないと感じてしまうかもしれません。

 

結婚にロマンや、華やかで愛情と幸福に満ちたようなイメージを持っている方は多くいらっしゃいます。

 

でも、それが幸福であるか、自分自身に疑問を投げかける必要があるでしょう。

 

なぜなら、上述のように感情的に結婚や運命の人を決めつけてしまうと、それはただの時間の無駄になる結果とさえなる可能性があるからです。

 

これは運命の人と結婚をしていない今のうちに、冷静に考えた方が良いことです。

 

つまり、感情的な道を選ぶか、それとも理性と冷静さの道を選ぶのかということです。

 

運命の人は上述のように、感情に支配されている時はその人がそうであるかの判断はとても難しいものです。

 

決して結婚がつまらないことだと言いたいのではなく、結婚は冷静で理性的なものほど、結果的に幸福感が高いということを伝えたいのです。

 

そして運命の人を求める気持ちを抑え、感情が穏やかになるまで待つことが重要です。

 

感情が穏やかになると、その人が本当に運命の人なのか、その人と結婚をしても良いのか、たくさんの逆の意見や思考が生まれることでしょう。

 

それを感情で再び処理しようとするのではなく、さらなる思考によって処理することが大切です。

 

なぜなら結婚は、とても理性的なものであることで、幸福が長く続くからです。

 

理想の結婚相手を諦めるという意味合いも感じますが、理想だと掲げている人が必ずしも、あなたを幸福にしてくれるとは限らないのです。

 

結局は人は自分の価値観の範囲を許せないものです。

 

自分の価値観にあっている人はおそらく、あまり面白みが感じられないかもしれません。

 

しかし、価値観の外にいる人、つまり、理想的な人というのは、とても新鮮味があり、輝かしく見えるものです。

 

理想は自分にないから理想になるからで、既に理想を手にしているなら、それはもはや日常であり、理想像として描かれないものです。

 

つまり、理想が実現している状態というのは、つまらないものなのだと言えるのです。

 

結婚に理想を求めることは、自分の価値観の外を求めることを意味していると言えます。

 

例えば、あなたの価値観とは異なる人は、友人で言えばどのような人でしょう?

 

仲が悪いか、あまり口をきかないか、お互いが避けるように付き合っているかもしれません。

 

そのようなことが、理想的な相手との結婚後に起こりやすいのです。

 

そうです。

 

理想ではなかった結婚や、結婚相手の方が、自分の価値観と非常にあっていて、あなたを幸せにしようとしてくれる人であったりするのです。

 

理想にうつつを抜かしているよりも、むしろ、もっとも身近なところに、あなたの運命の人がいたりします。

 

運命の人と結婚することは、どこか遠くや、一生懸命に探すことはあまり必要ないかもしれないのです。

 

良い人と巡り合って結婚したい、しかし、それがずっと叶わない夢であるならは、まず、理想の人や運命の人を探すことやめてみることです。

 

以下のリンク先では、運命の人と結婚するための内容だけでなく、結婚できない原因について追求しているページになります。

 

あなたがもし、運命の人と結婚できないと感じているなら、そこにはもしかすると原因があり、それを特定できるかもしれません。

 

以下のリンク先では、それを知る手がかりの一つとなることでしょう。

 

→ 運命の人と結婚できない理由

 

 

「5運命の人と結婚するとどうなるか?」

 

運命の人を探すことをやめると、不思議なくらい、あなた自身が楽になり、思考と視野の広がりを感じるでしょう。

 

これがすなわち、あなた本来の状態であり、その状態で、運命の人と出会ったり、判断することが重要なのです。

 

では、運命の人と結婚すると、あなたはどうなってしまうのでしょうか?

 

とても幸福感が高いものあるか、それとも、日常とあまり変わらないのか?

 

おそらく日常とさほど変わらないでしょう。

 

日常と変わらないということは、あなたにとってつまらないことかもしれません。

 

結婚に一体何の意味があるのか?

 

そう感じてしまうかもしれません。

 

しかしもし、感情が高く、幸福感が高い状態を感じているなら、それは感じ続けられないのです。

 

幸福感はいつかは穏やかになり、やがては無くなります。

 

言いようのない幸福感とはまさに、理想を手にしたとき、その瞬間だけなのです。

 

その後は何も感じなくなってしまうのです。

 

適切であるかは不明ですが、非常にわかりやすい例えをするなら、空腹時に食べ物を目の前にし、食べているときは至福のひと時を味わえますが、お腹がいっぱいになると、食べ物に興味がなくなるのに似ています。

 

運命の人は、あなたの欲求が満たされていても、満たされていなくても、あなたの隣にいてくれる人だったり、あなたもそれが自然だと思える人だったりします。

 

それが結果的に持続的な幸福に繋がるということです。

 

もし、まだ自分が運命の人と結婚できる可能性を実感していないか、あるいは困難であるなら、以下のリンク先のページは、とても役にたつかもしれません。

 

 

→ 運命の人と結婚できない理由

 

→ 自分は結婚できない理由

 

→ 結婚相手は運命の人と違う

   

 

かなり徹底的に、運命の人との結婚について、詳細にどれもご紹介しているページになります。

 

あなたの願望を実現する、その何かの助けになることでしょう。

 

「6運命の人は好きを超越している」

 

持続的な幸福を選択することは、感情的な状態を維持しない結婚や、相手の人だったりします。

 

感情的な状態にならないのは、好きではないという理由ではなく、それを超越しているという方が正しいかもしれません。

 

好きを超越していると、恋愛で起こるような感情の高まりといった抑揚が、ほとんどなくなるか、最初からあまりないものです。

 

好きでいるというのは、その好きでいる自分の状態や感じ取れる幸福感のようなものを維持したい欲求が膨らんでいきます。

 

そしてそれをずっと感じていたいがために、多くの場合で人は気がつかずして、固執し、わがままになり、自分中心になっていきます。

 

これは自分のためだけの恋愛であり、結婚であり、相手のことをあまり考えた行為とは言い難いものです。

 

自分の欲しいものや、欲望が高まると、人は自己中心的になりやすいのです。

 

人は欲求に強くはできていません。

 

なぜなら、脳がそれを求めようしているからです。

 

そして、欲求を高まらせ、それを手にさせようと感情を高まらせるのも、扁桃体の働きであるのです。

 

扁桃体をいかに抑制的に働かせる自分を作るか、それが大きなカギとなることであり、言い換えるなら運命の人は、そのような欲望からは超越した存在であると言えるのです。

 

好きという感情は、その人が欲しいという欲望の一種だと考えられます。

 

好きだから付き合いたい、一緒にいたい、結婚したい、これらは欲望です。

 

これが叶うからこそ人は、いや、人の脳は、快楽物質を大量に分泌させて、それが幸福感へとつながっていきます。

 

そしてそれを受けた本人は、これで良かったのだ、とさらに思いを深くしていくわけです。

 

これは賞味期限があり、それは長くはありません。

 

快楽物質はそれが出ていると、とても幸福感を得ますが、それが出ていると上述したように、思考を停止して、なんでもよくなってしまうほど理性的な状態、つまりあなたらしい状態から離れていく可能性を高めます。

 

運命の人は、あなたの感情的な反応や欲求的な反応から超越していることが多く、おそらく多くの間違いは、この感情と欲求の二つにあると言えます。

 

欲求とそうではない感覚的なものを見極めるのは、自分をよく客観的に観察しないととても難しいものです。

 

以下のリンク先は、運命の人と結婚相手における感情的な直感や感覚ではなく、本当に結婚する可能性の高いと思える直感との違いを、詳細にご紹介しています。

 

あなたがもし、判断に迷ったなら、この先の内容はとても役に立ってくることでしょう。

 

→  運命の結婚相手と直感

 

 

 

「7運命の人と結婚する方法」 

 

さて、運命の人と結婚する具体的な方法ですが、ここまで読んでくるときっと気がつかれているかもしれません。

 

その方法とは、探すこと、求めることをまずお休みしてみることだと言えます。

 

あなたの精神的な状態は脳の機能と、あなた自身の選択に大きく影響を及ぼしています。

 

選択を間違えないようにするにはどうするのが良いか、それも、あなたの精神的な状態に関わっていることです。

 

すなわり、欲求を穏やかにすることだと言えるのです。

 

今まで運命の人と出会えていない、結婚したいけどできていないというなら、運命の人が誰であるか、会いたい気持ちを抑えてみると良いでしょう。

 

これまでとは異なる景色がその瞬間から見えたり、感じたりするでしょう。

 

諦めるといったら言葉に語弊が生じますが、諦めてみることです。

 

諦めるとは、それに執着しなくなることです。

 

執着が、あなたをあなたらしさから遠ざけていると、脳の機能的な側面から言え、それから誰も逃れることなどできないという事実があります。

 

これまで頑張っても頑張ってもダメだったなら、その方法をもうやめるか、逆のことをやってみるくらいが重要でしょう。

 

これ以上同じ努力をやっても、結果は同じか、時間が無駄に過ぎるだけでしょう。

 

自分が変わらなくてはなりません。

 

追い求めて、自分を見失い続けていたなら、自分を取り戻すために来た道を戻る必要があるでしょう。

 

運命の人と簡単に出会い、結婚できたら、誰も苦労はしませんが、おそらく多くの女性は苦労していることでしょう。

 

多くの女性が運命の人を求めているから、苦労が絶えないという声が多いのかもしれません。

 

求めているうちは、好きを超えた恋愛は体験できないでしょう。

 

好きを超えた先に、あなたの運命の人がきっといるはずですから・・・・