「運命の人じゃない」特徴3つ!(※最重要)

 

運命の人を見分けることは重要なことですが、実は、運命の人じゃないという場合もあり、そこには特徴的な部分があるものです。

 

ここでは他では絶対に知ることのできない、運命の人じゃない特徴をご紹介しています。

 

これはきっと、あなたが運命の人かそうではない人を見分ける、大きな助けとなることでしょう。



《広告》


 

「運命の人じゃない特徴1 感情的な恋愛」

 

運命の人と出会う時、例えばビビビっと感じた時や、あるいは好きという感情がとても高まった人だという意見があります。

 

これは当サイト(マインディストKEN)の見解すると、運命の人である可能性は低いと言えます。

 

その理由とは、感情的な恋愛やそれに似た感覚で、運命の人を決定付けることは、人の脳機能的な部分から言って、間違いである可能性が高いからです。

 

人の脳には自律神経というものがあり、交感神経と副交感神経とがあることがわかっています。

 

これら二つの自律神経は働きと機能として、全く逆のものとなっています。

 

ではなぜ?この自律神経の働きと機能が、運命の人じゃない特徴と関係していると言えるのでしょう。

 

その理由とは、例えば交感神経で運命の人だと思っているか、それとも副交感神経で運命の人だと思ったのか、これには非常に大きな違いがあるからです。

 

この違いとは、交感神経で思っている方が間違えであることが多く、副交感神経でそれを思った場合は、正解が多いというほど、かなり大きな違いが生まれる傾向となります。

 

感情的な恋愛がいけないというのではなく、そこに潜んでいる交感神経優位の落とし穴があるということを言いたいのです。

 

交感神経が優位になるというのは、その時点で人は、過度のストレス状態となっていることが多くあります。

 

恋愛なのになぜ?ストレスを感じてしまうのでしょうか?

 

この理由とは、感情を揺さぶるほどの何か衝撃が走った時というのは、例えば心臓の鼓動が早まったり、締め付けられたり、目を見開くように開いたり、といった身体的な変化が現れることが多くなるからです。

 

これらは交感神経が優位になった時に現れる、身体的な生理作用でもあるのです。

 

交感神経の生理作用の中には、血管の収縮、筋肉の強張り、瞳孔を開く、心拍数を上げる、思考の幅を制限し集中する、というものがあります。

 

つまり、感情的な恋愛には、これらの作用が生まれている可能性があり、それを指し示すかのように、心臓がドキドキと早くなり、瞳孔が開くことで目の前の景色の光を多く捉え、キラキラしたように写り、さらにはその人のことしか考えられなくなる、という身体状態に仕向けてしまうのです。

 

そしてドーパミンというホルモンも多くなり、これによって、目の雨の人と一緒になれたら、どれだけの幸福感と快楽、そして興奮が味わえるだろう、という期待感だけが高まり続けることになるのです。

 

そしてドーパミンの後は、ノルアドレナリンやアドレナリンというホルモンも分泌されることがわかっています。

 

このホルモンは、「逃走か闘争か」というある意味で極限状態に近い心理へと持っていく作用があることがわかっています。

 

つまり、これによって幸福感を得る期待ともに、それを必ず手に入れるといった行動力が高まるのです。

 

そして、獲物を捉えるハンターのように、相手の人を獲得することに意識と思考を集中させていきます。

 

見事、獲物を手にした時、その瞬間は言うまでもなく、多大なる幸福感と快楽が押し寄せることになります。

 

この時のホルモンをベータエンドルフィンと言って、脳内麻薬とか快楽物質と言われています。

 

しかし問題はここからです。

 

このようにして仕留めた恋愛の幸福感、つまりベータエンドルフィンの分泌と効果は、そうj長く続かないのです。

 

快楽ホルモンであるベータエンドルフィンの分泌が収まり、ドーパミンやアドレナリンなどのホルモンもやがて少なくなっていきます。

 

さらには、同じ人物を目の前にしても、当時のような感覚に戻れなくなっていきます。

 

これはホルモンの分泌が、同じ環境では分泌されにくくなることが原因であり、人の脳は環境に慣れていく性質があるのです。

 

環境に慣れていくと、以前の熱く、高い恋愛感情を取り戻すことはできないばかりが、ようやく自分の現状を冷静にみられる心理と精神状態へと戻っていきます。

 

思考の幅も元に戻り、以前よりも幅広く物事や現状と捉える状態に戻っていきます。

 

つまりこれは、感情的な状態から理性的な状態に戻ったという瞬間を意味しています。

 

 

別の言い方をすると、交感神経から、副交感神経優位になった時だと言えます。

 

副交感神経とは、人が寝る前などに優位になる自律神経として有名です。

 

つまり、この副交感神経の状態で、相手の人が運命の人であるかどうかが、交感神経優位の状態よりも、より精度を高く、知ることが可能な状態だと言えるのです。

 

副交感神経はα波が出ている状態だと言われており、これは人の思考の幅を広くし、創造的な思考と精神へと仕向けていく作用があります。

 

交感神経は目の前のことに敏感に反応するのに対して、副交感神経は現象や物事のより細部や深部に自然と思考が及ぶことを助けるのです。

 

つまり、簡単にいうと、目に見えない部分に思考や観察が及びやすいのが、この副交感神経の作用でもあるのです。

 

これらのことから、感情的な恋愛や、それが生じた人というのは、運命の人であるかの判断は難しく、一旦自分の感情が落ち着くのを待つことが賢明だと言えるのです。

 

運命の人との出会いや、それを知るには、上述のように感情的な反応ではない可能性が高いことがきっと理解していただけたと思います。

 

そして、以下のリンク先には、その感情的なものと運命の人について詳細にお伝えしているページになります。

 

あなたが運命の人を知るには、あなたの感情的な高まり、特に欲求的な高まりを抑えるか、穏やかな時に、それを知る可能性を高めることができるというのが当サイト(マインディストKEN)の考えになります。

 

感情と理性的な反応は、どのように違いがあり、それがどのように運命の人に気がつかせてくれるのか?きっとその答えが理解できることでしょう。

 

→ 運命の人を知る、出会う、結ばれる

 

また上述でもしましたが、ビビビっときた人が自分の運命だという感覚になりやすいことがあるものです。

 

そしてそのビビビという感覚によって、結婚を決めてしまう人も少なくないでしょう。

 

もちろん素晴らしい結婚生活になる可能性もありますが、その一方で、上記のように身体的に欲求が高まり、ホルモン状態によっては盲目的になって、運命の人だと思い込んでいる場合もあるのです。

 

ビビビっときた人、それは本当の運命の人であるのか、その見極めとして正当性がどれだけあるのか?

 

以下のリンク先で、そのヒントがきっとわかることでしょう。

 

→ 運命の結婚はビビビ婚

 



《広告》


 

「運命の人じゃない特徴2 結婚を考えられない」

 

次に運命の人じゃない特徴として、結婚を考えられない、イメージできない場合などがあります。

 

当サイト(マインディストKEN)では、運命の人を見つけることや、あるいは求めている目的をしっかりと設定した上で、これらの関連コンテンツを作成しています。

 

そして運命の人を見つける目的とは、その人と結婚をするため、だということを前提にしています。

 

改めて、あなたが運命の人を知りたい、あるいは見つけた、一緒になりたいという目的はなんでしょうか?

 

当サイト(マインディストKEN)は、この目的は最終的な目的として、自分の中で明確にしておくことが重要だと考えています。

 

なぜなら、運命の人を見つけたり出会えたからと言って、そこがゴールではないからです。

 

それは必ずと言っていいほど、2人のスタート地点となるはずです。

 

運命の人の結婚や、運命の結婚に関しては、以下のリンクより詳細を知ることができます。

 

あなたの目的が、結婚することであるなら、きっと以下のコンテンツはその新たなる知識と、何らかの助けになるはずだと思っています。

 

 

→ 運命の人との結婚

 

 

運命の人じゃない特徴として、もの結婚を想像できないことは、とても大きな問題を孕む可能性があります。

 

なぜなら、結婚を想像できない時は大抵、上述でもしたような交感神経優位の状態になっていることが多いからです。

 

結婚を想像するとは、勢いとか、ノリとか、気持ちとか、感情だけでは済まされないことが多くあります。

 

結婚後は出来る限り、離婚をしないことが重要だし、最初から離婚を想定したり、離婚を望んで結婚する人はいないでしょう。

 

結婚する理由は何か?

 

そうです、2人で人生を共有し、幸せになるという目的と理由のはずではないでしょうか。

 

しかし感情的な状態や、感情に支配されていると、この目的の達成の可能性を考えるよりも、結婚することしか考えられない状態になったりしやすいのです。

 

もし、あなたに結婚するという目的が明確にあるのなら、それは決して感情に支配されないように判断をすることが重要となるでしょう。

 

なぜなら、このような理性的で冷静な思考に戻ることが、感情と交感神経の支配から解放さえれるのに、とても効果的な方法でもあるからです。

 

感情で決めることは、実はあまり難しいことではありません。

 

むしろ、最も簡単な方法の一つの、代表格と言えるでしょう。

 

なぜなら、感情には欲しいものが目の前にあると、それを絶対に手に入れようと仕向ける、大きな力があるからです。

 

これは力でもあり、人や動物には当然のようにある、機能の一つなのです。

 

例えが適切ではないかもしれませんが、それを許されたと仮定してあえていうなら、犬が餌を欲しがるために、なんでもすることに似ています。

 

犬は人の身近にいる動物の中で、最も感受性が高く、そして感情を重貞に出してくれる動物だと言えます。

 

だから人と一緒に暮らせるのであり、犬は猫よりも昔から飼育されている歴史があります。

 

犬は餌を目の前にすると、理性を簡単に失うことができます。

 

なぜなら、食べることに一生懸命であり、脳がそのように指令を出しているからです。

 

これも同じく、交感神経が優位になっている状態といえ、餌を食べるためなら、マテ、お座り、ゴロンなど、覚えたことを即座にこなします。

 

これは欲しいものを手に入れるために、手段など選んでいないようなものです。

 

上述もしましたが、交感神経が優位になっていると、目の前の人を手にするために、とても盲目的になっていて、さらには行動的になっているものです。

 

この感情の勢いに任せて、結婚しよう!と決断することは、さほど努力を要しません。

 

むしろ、ほぼ労力なしで決めることさえできます。

 

そしてその決断が正しかったかどうか、それは、この熱が完全に冷めた時に、ようやく気がつけるようになるのです。

 

運命の人じゃない特徴の中で、あなたが冷静さを失ったままなら、それはまず冷静さを取り戻すことが重要だと言えます。

 

なぜなら、何度も言いますが、熱はいずれ、冷めるからです。

 

そして冷静になり、よく考えたときに、それでも一緒にいて安心感があるとか、結婚を自然に想像できる人なら、きっとあなたの運命の人となり得る可能性を有しているでしょう。

 

 

「運命の人じゃない特徴3 お互いが格好をつけている」

 

運命の人じゃない特徴として、例えば付き合ってから数年という時間が経過していても、お互いが格好を付け合っていることがあります。

 

お互い格好つけてしまうのは、付き合いたてや知り合ったばかりだと、それも理解できます。

 

ところが数年経っても、格好つけてしまうというのは、運命の人の特徴として若干のズレが生じるものと言えます。

 

しかし実は、このような付き合いをしているカップルや、あるいは夫婦というのは、意外にも多くいるのです。

 

お互いが格好をつけてしまうという理由や原因には、様々なものがあります。

 

例えば初期のものや、まだ付き合っている段階では、嫌われたくない、と言った心理が強く働いており、嫌われないために必死に彼や彼女に合わせようとしたり、理解あるふりをしてみたりしてしまうものです。

 

でも、夫婦や長い期間付き合っている2人にも、格好をつけあってしまう状態があるのです。

 

その一例として、夫がしっかりしなくてはというプレッシャーや教えの数々、妻は夫と家族をしっかりと支えるべきというプレッシャーや教えの数々などは、代表的なものだと言えるでしょう。

 

これらは、例えば奥さんが夫側の両親を意識してしまったり、あるいはその逆の、旦那さんが妻の両親を意識しすぎてしまったりということも考えられます。

 

そしてもっとも大きな要因は、プライドが高い場合は問題が大きくなる傾向があります。

 

プライドの高さは、運命の人と結婚するだけでなく、結婚後も幸福へと進む歩みを困難にする、もっとも大きな要素の一つとなり得ます。

 

そしてプライドの高さは、夫婦の関係を破滅的に導く、大きな力となる可能性が高いのです。

 

格好をつけることが、このプライドのためであるなら、それは早急に見直すことが良いでしょう。

 

プライドが高いため、相手を尊重できない、自分を偽りで固めてしまうと言った行為は、時間の経過とともに、取り返すことが難しくなっていきます。

 

これは例え運命の人と結婚をできたとしても、間違った関係性の構築に時間という力が加わることによって、これも元に戻ることを困難にしていきます。

 

お互いがもし、格好をつけているという自覚があるなら、または自分だけでもそのような自覚があるなら、少しずつ正直になれるにはどうすれば良いか、その方法を模索することは重要と言えます。

 

格好をつけてしまうのはなぜか?

 

どうして素直になれないのか?

 

上述したように、運命の人は、恋愛や好きと言った感情的な高まりが収まった時、ようやくその答えがわかることが多くあります。

 

しかし結婚をしたということは、あなたにも、相手の人にも、きっと何か感じ取れるものがあったはずです。

 

結婚をしたのに、相手の人が運命の人じゃないという判断をするのは間違いの元です。

 

また「運命の人じゃない」というその一言を意識した時点で、もしネガティブだったり、失敗したという思いや感情的になっているなら、すでに冷静さを失っていると言えます。

 

怒りも感情であり、これはもっとも交感神経を優位にさせる要因となります。

 

2人は結婚、あるいは長く付き合ってきたりして、ここまで来たことは、一つの事実でもあります。

 

そしてその事実にはきっと、何かの意味があるはずです。

 

人は間違いを犯しますが、同時に、改善も出来るのです。

 

 

そして改善には、まず原因の特定が重要で、これが明確になったときに、具体的な考えとアイディアが生まれ、行動にしやすくなります。

 

 

ではこれより、おそらく大体のパターンで、お互いが格好つけてしまっている原因と要素に迫りたいと思います。

 

もちろん考えられる原因は、この限りではないですが、ひとまずそうかもしれないと自問自答することは大切でしょう。

 

自問自答することによって、新しい発見があることもあるし、それが解決の糸口にもなったります。

 

そして、今日というこの瞬間をきっかけに、これから伝えることを自問自答することは、きっとあなたの今後のためにも良い選択となるでしょう。

 

お互いが格好をつけてしまう原因とは、おそらく、理想の結婚、理想の愛という幻想がそうさせている、というものです。

 

人は誰も理想を持っており、結婚においても、または愛し合うことにおいても、必然のように持っているものです。

 

理想の結婚や結婚生活、誰もが夢見るような日々を抱き、それを求めていた時期がきっとあるはずです。

 

しかし、現実はそのようにはならないこともあります。

 

理想を抱いていると、もしかすると自分では気がつかないでいるかもしれません。

 

しかしもし出来るなら、あえて、これを今日をきっかけに、自問自答してみてください。

 

 

理想を持っていて、それを実はまだ、引きずっていないか?

 

夫からこう愛されたい、という理想をずっと引きずっていないか?

 

自分の思い描いていた人生とは、今はだいぶ違った現実にいると思っていないか?

 

 

これらの質問はほぼ全て、理想を抱いており、それに執着しているかもしれない自分を知る助けとなる内容です。

 

そして、理想への執着が、相手の前で素直になれない、あるいは格好をつけてしまうという行為に発展している可能性があるのです。

 

 

なぜなら、理想に少しでも執着している場合、それは欲求不満を生みやすいからです。

 

 

理想を持つことは自由な行為で、誰でもいつでも可能なことです。

 

しかしそれは脳の働きからすると、欲求を高め、それを追い求めるようにし、その欲求が満たされていないと欲求不満が続き、身体はストレスを多く抱えていく傾向にあるのです。

 

脳内で生まれた理想は欲求、つまり、それを獲得しようという思考と意欲を生みます。

 

それが満たされた時は満足感や幸福感、上述したベータエンドルフィンの効果を得ることができます。

 

しかし満たされない場合は、不満、不安、イライラ、怒り、悲しみなどが増大しやすく、精神と心理がとても不安定になるのです。

 

これは理想が高いか、強ければ強いほど、この傾向は比例的に高まっていきます。

 

人の心理は、自分の欲求が外的にも満たされている時、安定的になる傾向があります。

 

一方で欲求が外的な環境において満たされていないと認識していると、不安定になりやすいのです。

 

これは食欲に例えると、より明確にこの原理が理解できるでしょう。

 

お腹が空いている時は、欲求が高くなっていることは、当然のように察しがつきます。

 

しかし目の前には食べ物はないのです。

 

外的な環境で自分の欲求が満たされない事実に、気がつき、強く認識した瞬間です。

 

このような時間が続くほど、人の精神は不安定になり、正常な状態から離れていきやすくなるのです。

 

つまり、理想にまだ執着している場合、それが結婚生活で満たされていないという認識が、不満やストレスとなり、交感神経を優位にし、より感情的にさせてしまうのです。

 

その結果、お互い、あるいはどちらかが、格好をつけたり、プライドが高くなったいr、素直に接することが困難になるという状態に陥りやすくなるのです。

 

例え今、お互いがプライドが高く、格好を付け合っているからといって、別れを決断する必要などありません。

 

これは改善ができることだし、結婚や付き合ったという事実は、きっと何かそこに2人のつながりがあることを示唆しています。

 

もしかすると理想が邪魔をしているだけかもしれません。

 

他の要因があるのかもしれません。

 

 

でも、きっと2人には何かがある、その可能性も否定できないし、きっと素晴らしい何かがあるはずです。

 

それを今から、少しでもいいから、2人で見つけていきませんか・・・・