「運命の人じゃない人と結婚する」

 

運命の人とは結婚出来ないとか、結婚相手は運命の人と違う人だということが思い込みの一種であるなら、運命の人じゃない人と結婚することについてはも、きっとあなたは理解をすでに出来ている部分があるでしょう。

 

つまり、運命の人じゃない人と結婚すると思っている人や信じている人の多くには、自分の中で運命の人とは結婚はできない、難しい、自分には無理だ、という思い込みが構築されていることがあるのです。

 

その結果、運命の人じゃない人と結婚しよう、という判断をしやすくなります。

 

そしてこの判断に至る心理においても、自分ではとても正しい選択だと強く感じて、決めていることが言えます。

 

人の中にある概念という思い込み、または信念という思い込みは、その人の心理状態と行動に如実に反映しやすいものです。

 

例えば運命の人じゃない人と結婚したと思っている場合は、運命の人と結婚を本当はしたくても、それを阻止することを当然のように行えることや、結論づけることが多いからです。

 

例えば、目の前にお化け屋敷があるとして、お化け屋敷が怖くし危険だと思っている人と、楽しめるチャンスだと思っている人は、全く異なる決断をすることがあるのと似ています。

 

お化け屋敷は客観的な事実からすると、人が作り出したものであり、怖がることが醍醐味のエンターテインメント施設であることがわかります。

 

ところがそれが本当はどのようなものであるかの概念は、それぞれ主観的に違うのです。

 

怖い人、楽しい人、つまらない人、たくさんいるのです。

 

そして各個人が所有しているそれら主観と概念に基づいて、自分が何をするかの判断を常にしているわけです。

 

そして結果的にお化け屋敷に入ることや入らないこと、それによって楽しめた人、後悔した人などに分かれます。

 

そしてそれら判断のどれもが、自分では正しかったと結論づける傾向があります。

 

運命の人ではない人と結婚をする一連の心理的な状態も同じことが言え、最初から自分が運命の人と結婚ができると、自分で自分の可能性を許していない可能性があると言えるでしょう。

 

では実際に、運命の人と結婚をすることは可能なのか?

 

ということですが、それはきっと可能です。

 

なぜなら、運命の人ではない人と結婚できることが、自分の中では可能だと思っていて、それが実現できるわけですから、運命の人との結婚も同じような主観と心理と行動や決断が働いているとすると、それは可能なのです。

 

問題は、あなた自身がそれを自分に、許しているかの問題と言えるでしょう。

 

人は必ずしも、自分が本当に望んでいることがあったとしても、そうなる自分を許しているとは限りません。

 

例えば望みとは逆の自分を許していると、望みが叶わないように叶わないように、という選択を自発的にしていることがあるのです。

 

これを改善するには、自分としっかりと向き合い、自分の選択と行動の原因を探る必要があります。

 

なぜ自分はどのような判断に至ったのか?

 

その判断と決断は自分が本当に望んでいることに、少しでも役に立つものだったか?

 

などなど、過去の自分と、今の結果を手にしている自分と向き合うことに多くの時間を費やすことが重要となります。

 

人は後悔などしたくないと思い、いつも行動している傾向があります。

 

しかし、それが時間が経過した後に、実は本当に望んだことを決断しなかったことに気がつき、結果的に後悔することもあります。

 

後悔はとても良いことです。

 

過去の自分を振り返り、あなたの決断によって生じた今という現実と結果を、よく考えることを可能にしてくれます。

 

そしてもし、望んだ人生ではないと思ったのなら、思う存分に後悔することが大切でもあるのです。

 

これはもう後悔したくない、自分の望んだ決断をしたい、そう願い、それを実行していく力になるか、その大きな助けになります。

 

そして後悔したのなら、これから、後悔しない選択を始めていけばいいだけです。

 

これはとても重要です。

 

なぜなら、あなたの主観的思い込みの繰り返しと、未来や将来の現実を、もう二度と体験しないために必要となる最初の一歩となり得るからです。

 

 

「どうしてもっと早く、この決断をしなかったのか。」

 

 

過去の自分と今の自分を振り返り、このような思いが沸き起こったのなら、どうしてもっと早くしなかった決断を、今からするか、行動に移していくことが重要となります。

 

そうしないと将来も未来も、今の主観的思い込みの延長を進む可能性を高めるでしょう。

 

そして、きっと、あなたは自分を、自分の将来と変えられるのですから。

 

運命の人との結婚を望む場合、もしかすると以下のページがとても効果的で役に立つかも知れません。

 

 

→ 運命の人と結婚