運命の人が現れる日はいつか?それを知る方法

 

運命の人が現れる日を、第三者に聞く人は多くいるでしょう。

 

しかし、それは自分で知ることができるかもしれないのです。

 

その可能性は高いとも低いとも言えませんが、全くあり得ないこともないと言えるのです。

 

ここではその可能性とそれを高めるかもしれない方法を、ご紹介します。

 

きっとあまり聞いたことのない内容に、あなたは驚くことでしょう。

 

 

     

「運命の人が現れる日を知る、可能性を高める方法とは」

 

運命の人が現れる日を、正確に知ることは不可能か、極めて不可能なものです。

 

そして当サイト(マインディストKEN)であくまで可能性を高めるとしか言えないのは、事実とも言える確たるものがあるからです。

 

それは運命の人や運命という概念そのものが、決まったものでないと言えるからです。

 

人はよく、運命とは生まれる前から決まっていることで、人はそれから逃れることはできないと耳にすることがあります。

 

例えば何か都合の悪いことが起きると、そうなる運命だったと思い込むことも少なくないでしょう。

 

これは運命だった、だからしょうがない。

 

という発想や認識、あるいは思考というのはやがて、恋愛や結婚相手という要素にも大きな影響力を持って浸透することはように考えられるものです。

 

つまりそれこそが、運命の人がいる。という思考であり概念だと言えます。

 

運命の人が入れば、それは自分が生まれる前から決まっていることであり、必ず結ばれることが決まっていて、あるいはそうなる可能性がとても高いので、安心だと思えるものです。

 

また運命の人がいつ自分の前に姿を現すか、それを知りたいという思いが高まり、発展しやすいのも容易に想像が尽きます。

 

多くの場合でまず運命の人や運命という概念を、とても肯定的に捉えている認識があることが多いものです。

 

さらに、この概念に対する肯定が、そうであるならいつ現れるのか、という疑問にも発展し、それを知りたい欲求が高まるのはむしろ当然の流れとも言えるでしょう。

 

最も、これが自然になることを助けているのが、運命の人がいる、という前提条件を自分で付けているからと言えます。

 

この条件が前提であると、それを否定することを避けるか、見ないようにするか、認めることに時間を要することになるでしょう。

 

では事実、運命の人はいるのか、あるいは、運命とは存在するのか?ということを現実的な視点において考えてみましょう。

 

運命の人や運命は存在するのか?

 

その現実的な答えは、正確のところ、わからないというものです。

 

わからないだけでなく、それを認める人にはそうだと言え、認めない人にはそうではないと言えます。

 

つまり運命の人と運命というものは、概念であり、その解釈と信念には、個人差があるものなのです。

 

そしてこの概念というのは、非物理的なものであるため、それを証明する手立てはないのです。

 

概念をわかりやすくいうと、ある一つの飴玉で例えると理解しやすいかもしれません。

 

ここに一つの飴玉があるとして、その大きさを感じるのは、とても個人差があるものです。

 

子供には大きい、大人ではちょうどいい、でもたとえ大人であっても口の小さい人には大きすぎると感じる、一方で口の大きい人や体格の人には小さすぎると感じる。などなど、同じ雨であっても、受け取る印象とそこから生まれる概念には個人差があるものです。

 

共通して認識できるのは、物理的に存在している、一つの飴玉です。

 

しかし非物理的な大きさの概念、または味などの概念は、極めて一致性を欠くものなのです。

 

運命の人や運命も、これに似たものだと言えます。

 

そして、これからが最も重要な内容になるでしょうが、例えば上記の飴玉が大きいと思った人は、そのサイズ感が強い認識として育まれ、これは記憶などに蓄えられる経験となります。

 

大きいと思ったその人は、自分で飴玉を購入しようとする時、過去と同じようなサイスを選ぶでしょうか?

 

おそらくその可能性は低いでしょう。

 

その理由としてもっともなことの一つは、飴玉のサイズがこれ以上だと自分には大きすぎる、という前提条件が作られているからです。

 

だから自分にとって食べにくいほどの大きいと思うような飴玉は、進んで買うことはなく、自分に最適なサイズの飴を購入しようと、無意識で思考が働いていることが多くあるのです。

 

運命の人がいる、という前提条件を強く持っていると、そこから離れることが難しくなるか、その傾向を自分で強めることを助けます。

 

そのため、運命の人や運命というのは、現実的に見ると抽象的で、あくまで個人的な概念であることを認めることに時間を要することにつながります。

 

では、運命の人や運命という概念を、現実的に見る必要性と重要性は果たしてどこまで高いのでしょうか?

 

それは必ずしも必要なことだと言えるのでしょうか?

 

答えは「イエス」、というのが当サイト(マインディストKEN)の見解です。

 

概念である以上、それは概念上の存在と、現実的な存在とに二つに分かれています。

 

つまり、概念という存在のあり方と、現実という存在のあり方とでは、大きな違いがあり、せめてその違いを知っておくことだけでも重要だと言えるのです。

 

 

それはなぜか?

 

 

運命という概念には、良い結果と悪い結果の二つが、常に、ずっと存在し続けるからです。

 

常に存在し続けるというのは、概念というものである現実的特徴でもあります。

 

概念を現実的に受け入れると、例えば上述の飴玉の例をまた考えてみましょう。

 

子供にとってその飴玉のサイズは、大きくて食べにくいという概念が生まれたとします。

 

しかし、それはずっとそうであり続けるのかというと、まだ成長期の子供にとっては、そうであり続ける可能性は低いものです。

 

成長して口角が大きくなり、口腔内も大きくなると、大人になると信じられないくらい大きかった飴玉は、小さく感じるものです。

 

大きいという概念は、人にとっても違うし、たとえ同じ個人であっても、それは成長過程や条件によっても異なっていきます。

 

つまり運命の人や運命という概念も、人によって常に変わるし、例えばあなた自身の状況や環境、あるいは心理的な変化によっても変わるものであると言えるのです。

 

変わるということは、あなたの都合の良い変化、つまり良い結果に変わることもあれば、その逆もあり、その二つの可能性は常に、存在し続けるのです。

 

なぜなら、概念はまた、変わる可能性があるからです。

 

また変わるということを、なかなか受け入れらない人もいますが、これは変わる可能性が常にあるということ以外に、説明がつかないでしょう。

 

 

運命とは、自分が生まれる前から決まっている、どうしようもできない事実だということを思っているほど、それが変わる可能性があるという事実を、受け入れられにくい傾向があります。

 

一方で概念を概念のまま、信じることも信頼することも、あるいは一生そうであることも可能です。

 

これは現実的解釈を無視して、そちらに自分の人生を賭けることを意味し、それは本人の意気込みと決断次第で、容易に可能です。

 

ただそうしたことによって、概念から現実的要素が消えたわけではないのです。

 

「私は運命を一生信じる。」

 

と断言したとしても、運命が概念である以上、それは変わる可能性を常に抱えていることには変わらないのです。

 

状況、環境、心理、他人の意見、あらゆるものによってそれは変更される可能性が消えないのです。

 

つまり、運命という概念の現実的側面とは、決まった運命などない、ということを意味します。

 

そして信じられないかもしれませんが、これが、あなたの運命の人が現れる日を知る、その可能性を高める一方になる場合があるのです。