「運命の人が現れる日を知るには、創造性を高めることが鍵となる」

 

運命の人が現れる日を知るには、おそらく、あなたの創造性がどこまで高いかに、大きく関わってくると言えるでしょう。

 

運命というものが概念で、その現実的要素を受け入れることが可能なら、それに固執したり、執着したり、依存する必要がなくなっていくでしょう。

 

そしてそれらが小さくなると、創造性や創造的な思考を高めることを助ける場合があります。

 

なぜでしょう?

 

運命の人や運命という概念だけに固執している状態は、とても恐怖心と不安と不満が高まっていると言えるからです。

 

これらの感情が高まるから、運命という本当はいつも変化し続けている概念を、固定化したいと願い、それを手にすることで自分は救われるという思考を強めることを助けます。

 

そして恐れや不安といった感情は、人の脳機能の理性的な思考を制限し、感情的な思考を強くすることが科学的に知られているものです。

 

そして感情的な思考の中には、損得、決めつけ、偏見などを強める働きがあり、それらを如実に助けてしまいます。

 

一方で理性的な思考とは、創造性と創造的思考を助けることがわかっているようです。

 

理性的な思考は、精神と心理がとても落ち着いていて、リラックス状態が深い状態を言います。

 

そのような精神状態になると、運命や運命の人の概念を、事実や現実的な視点でもみられるようになることを助けてくれます。

 

しかし感情的になると、自分の目の前のことや、目に見えているものを中心に焦点を当てて、思考する傾向があり、その結果、多くの場合で目の前の損得や決めつけ、偏見を持ちやすくなります。

 

そしてそれら決めつけたことや、自分でそうだと確信したものはどれも、事実の一部をなしていても、事実を大きく見据えた答えにはならないことが多いのです。

 

ましては運命の人という、極めて目で見ることが困難か、あるいは一切見ることのできないものを、見えたものだけでそれを確信することは、到底、不可能と言わざるを得ません。

 

多くの場合で人は、自分が感情的になっていることに気がつかないものです。

 

なぜなら感情こそが、それが正しいという実感を強くさせる働きがあるからです。

 

上述のように、運命の人やその概念に固執している状態は、恐怖と不安がその根源的なものとして働いていることが多くあります。

 

これら負の可能によって、自分自身が支配されると、見えているものや気がつけることは、とても目の前のことだけに限られ、創造性の高い運命という要素やその感覚を、実感しずらくなるのです。

 

つまり、あなたがもし、運命が存在して欲しいとか、あって欲しいと願っているなら、自分自身の精神と心理状態を、とても穏やかでフラットな状態になれるように努力することが重要だと言えるのです。

 

運命の人がいるとか、現れる日がいつかを知ると、きっと安心することでしょう。

 

最もわかりやすい例を言うなら、誰かとてもえらい人が、あなたに向かって以下のように話したとしたらどうでしょうか?

 

 

「明日、あなたは運命の人と出会い、その人と幸福を手に入れます。」

 

 

あなたはこの話をきっと、気分良く聞いているか、聞いた瞬間に大きな嬉しさと安堵感を感じているかもしれません。

 

つまり、あなたが感じたこの安堵感は、あなたがそれまで避けたかったものであり、それは不安や恐怖であったことが示唆されるのです。

 

人が安心する時は大抵、同時に心配し避けていたことが消滅したことを確認できた時でもあります。

 

人間ドックを受けた人なら、よりその感覚がわかるかもしれませんが、審査の結果、何も異常は見つからなかったと、専門医から言われた瞬間、どれだけの安心感があるか、イメージに難くないことでしょう。

 

もしあなたが、運命の人がいつ現れるか、それを知りたいと言う欲求があり、またそれが強くあったと自分で認めるなら、それはもしかすると、恐怖感でずっと今の今までいたことを示唆します。

 

そして上述のように、その恐怖感が、あなたの創造性を低めていて、運命の人がいつ現れるかを、むしろ、気がつきにくくしていたとさえ言えるでしょう。

 

運命や運命の人は概念であり、その概念はとても創造的なものだと言えます。

 

創造的なことは、物的なものだけでは知ることのできない何かを感じることが多くないと、その正体を自分で確かめることは難しいものです。

 

そして、それが何かを決めることや、自分の中で見出すことができるのは、あなた以外にいないのです。

 

運命の概念は、常に、どんな人でも持っていて、いつも何かがきっかけで変わってしまう現実的要素を持っています。

 

絶対に変わらないものは、この世界にない。

 

と言うのが、私たちが体験しているこの物理的な環境であり、そうである以上は、全てはいつも変わっていて、その変化は次に何かを変える影響力にもなっているのです。

 

あなたが運命を信じるなら、それはあなたの中にしか、その答えと創造的な確証は存在しないものです。

 

あなたが常に、自分の精神と心理状態と向き合って、それを落ち着かせることは、きっとあなたの創造性を高めて、同時に運命に気がつかせてくれることでしょう。

 

その時、あなたには運命の人と出会える日や、現るかもしれない日にも、気がつけるかもしれません。

 

それが、あなたの創造性によって、可能性を高めることにつながるでしょう。