「運命を感じる恋愛の正体とは」

 

上述の運命について、ある程度理解していただけと思います。

 

次に本題である、運命を感じる恋愛の正体について、ご紹介していきます。

 

運命を感じる恋愛について、まず何を感情的に沸き起こっているか、あるいは、高まったかということに着目し、それを知る必要があるでしょう。

 

何が言いたいかというと、運命を感じる恋愛の正体の一つに、感情の高まりによって運命だと感じている可能性が高いと言えるからです。

 

感情の高まりは実は、人の思考を強力に固定する効果があります。

 

思考を固定するとは、ある意味で決めつけや思い込み、偏見となる可能性があるのです。

 

そしてそれらを作り上げることを助けてしまうことが、この感情という要素だと言えます。

 

運命を感じる恋愛の多くにある、感情的な特徴を挙げてみましょう。

 

ときめき、好きというポジティブな感情、これは運命だと思いたい衝動や興奮、というものがあるでしょう。

 

このように、運命を感じる恋愛というのは、本人がそう感じたいという場合があるのです。

 

この理由というのも、運命を感じられるのが本人以外にいないからです。

 

運命だと思っていても、それを感じているのは本人か、あるいはお互いがそうである場合もあります。

 

これをどのように証明しようとしても、それは他の第三者には不可能なことであり、本人たちにだけ、この証明、あるいはそうだという実感があるものなのです。

 

運命を感じる恋愛の正体とは、自分がそう感じたから、あるいは運命だと感じたいから、というものがとても主軸となっていて、この感情の高まりは、上述のように思い込み、決めつけ、偏見を強める力があるのです。

 

ではこれが悪いことなのかというと、実際にはそうではないと言わざるを得ません。

 

なぜなら、運命という証拠はなくても、それだけ人を好きになれるということは、それだけで素晴らしい体験であるからです。

 

感情は高まることによって決めつけや思い込みを強くしたとしても、それはその人を愛する力にそのままなるものです。

 

このような感情の高まりは、人と人とを結びつけ、そしてそれを強固なものにする力となります。

 

そして結果的に、この強いつながりと結びつきが、2人が運命を感じることにも関係していくことでしょう。

 

運命を感じる恋愛をもし、あなたが手にしたいなら、それは自分が感じることによって可能であることを知っておくと良いかもしれません。

 

なぜなら、上述のように、運命は決まったものではないからです。

 

全ては可能性と、結果は確率で決まるという世界にいるのであって、決まったものなど何一つないといっても過言ではないのです。

 

では運命を感じるためには、どのようにしたら良いのでしょうか?

 

ただ好きというポジティブな感情だけで、それは可能なのでしょうか?

 

次より、運命を感じるための要素をご紹介していきます。