結婚相手は運命の人とは違う?他では聞けない重要なこととは

 

結婚相手は運命の人と違うと言う意見があります。

 

しかしそれは本当にそうでしょうか?

 

もしかすると、運命の人に対する概念が見当違いのものである可能性もあります。

 

これより先で、運命の人が結婚相手と違うのか、それとも、結婚相手になり得るのか、他では決して聞けないような内容を、独自理論に基づいてご紹介していきます。

 

あなたの結婚相手は、運命の人になり得るのでしょうか。

 

 

     

「運命について」

 

まず運命とは何かについて、当サイト(マインディストKEN)の考えをご紹介したいと思います。

 

多くの場合で、運命という言葉を聞くと、人は天などから何かを定められて生きているという概念や、人の意思を超えて起こり得る事象などを指していることが多くあります。

 

つまり、何かしら決まっていること、という認識があると言えます。

 

当サイト(マインディストKEN)は全くこの意見とは異なる考えを持っています。

 

運命とは、決めていくものだという考えです。

 

決めていくことをもっと簡便にいうと、自分の望みを実現する可能性を高めることが、人にはできるという考えです。

 

そのため、運命の人は結婚相手にならないことは、自分がそう決める以外に、そうなることはないと言うのが、当サイト(マインディストKEN)の考え方の根幹と言えます。

 

結婚相手は運命の人と違うと言うことを、もし、あなたが信じているなら、あるいは、自分の奥底にあるまだ気がついていない部分で、そう思っているなら、運命の人は結婚相手になる可能性は低いと言えるでしょう。

 

そしてもっとも重要なこととは、自分でその可能性を低くしている可能性があると言うことです。

 

運命という概念は、実は、とても個人的な解釈であり、そうであるなら、それを証明できる人は自分以外にいないのです。

 

他人があなたの運命を決めることも、あるいは知ることも、変えることも不可能なのです。

 

もし変わることがあるとするなら、それは、本人が同意していることを意味します。

 

運命というのが証明不可能な理由とは、それが自分の中にある創造性であり、非物理的なものであるからです。

 

これは愛が非物理的で、それを誰も証明できないばかりか、人それぞれ愛の形、愛の概念、愛の解釈が異なることに全く同じと言えます。

 

どのような解釈も可能で、それは個人の責任と決定によって、全てが決められる要素であるということです。

 

だから、運命の人はあなたの結婚相手にもなるし、また結婚相手にもならないのです。

 

あなたが自分で、それを決めない限りは、おそらく自分の奥底にある自分への信頼に比例して、実現するかが決まっていくことでしょう。

 

 



《広告》