結婚相手は運命の人とは違う?他では聞けない重要なこととは

 

結婚相手は運命の人と違うと言う意見があります。

 

しかしそれは本当にそうでしょうか?

 

もしかすると、運命の人に対する概念が見当違いのものである可能性もあります。

 

これより先で、運命の人が結婚相手と違うのか、それとも、結婚相手になり得るのか、他では決して聞けないような内容を、独自理論に基づいてご紹介していきます。

 

あなたの結婚相手は、運命の人になり得るのでしょうか。

 

#運命の人とは #運命の人結婚 #運命の人出会う

#運命の人恋愛 #運命の人特徴

 



《広告》


 

     

「運命について」

 

まず運命とは何かについて、当サイト(マインディストKEN)の考えをご紹介したいと思います。

 

多くの場合で、運命という言葉を聞くと、人は天などから何かを定められて生きているという概念や、人の意思を超えて起こり得る事象などを指していることが多くあります。

 

つまり、何かしら決まっていること、という認識があると言えます。

 

当サイト(マインディストKEN)は全くこの意見とは異なる考えを持っています。

 

運命とは、決めていくものだという考えです。

 

決めていくことをもっと簡便にいうと、自分の望みを実現する可能性を高めることが、人にはできるという考えです。

 

そのため、運命の人は結婚相手にならないことは、自分がそう決める以外に、そうなることはないと言うのが、当サイト(マインディストKEN)の考え方の根幹と言えます。

 

結婚相手は運命の人と違うと言うことを、もし、あなたが信じているなら、あるいは、自分の奥底にあるまだ気がついていない部分で、そう思っているなら、運命の人は結婚相手になる可能性は低いと言えるでしょう。

 

そしてもっとも重要なこととは、自分でその可能性を低くしている可能性があると言うことです。

 

運命という概念は、実は、とても個人的な解釈であり、そうであるなら、それを証明できる人は自分以外にいないのです。

 

他人があなたの運命を決めることも、あるいは知ることも、変えることも不可能なのです。

 

もし変わることがあるとするなら、それは、本人が同意していることを意味します。

 

運命というのが証明不可能な理由とは、それが自分の中にある創造性であり、非物理的なものであるからです。

 

これは愛が非物理的で、それを誰も証明できないばかりか、人それぞれ愛の形、愛の概念、愛の解釈が異なることに全く同じと言えます。

 

どのような解釈も可能で、それは個人の責任と決定によって、全てが決められる要素であるということです。

 

だから、運命の人はあなたの結婚相手にもなるし、また結婚相手にもならないのです。

 

あなたが自分で、それを決めない限りは、おそらく自分の奥底にある自分への信頼に比例して、実現するかが決まっていくことでしょう。

 

 



《広告》


 

 

「結婚相手が運命の人と違うという原因とは」

 

上述のように、運命という概念は非物理的であり、これはとても個人的な解釈を抜け出すことはできません。

 

自分で決められることを、なぜ?最初から運命の人は結婚相手とは違うと決めつけてしまうことがあるのでしょう?

 

その理由とは、自分の実体験に基づく記憶と、それによって構築される運命の人や結婚への概念が大きく関わっていくと言えます。

 

これはどういう意味かというと、例えば過去に、恋愛において自分の思い通りに行かないという実体験が多くあると、運命の人の概念や結婚の概念が、自分の望まないものに歪んでしっまう可能性があるということです。

 

歪むという表現は、あなたがち間違っている表現ではないと言えます。

 

なぜなら、本当は運命の人と結婚したいのに、それはできないことだ、と願望とは異なる価値観を強く持っていしまうからと言えます。

 

本当はこうしたい、でも自分にはそれはできない、というのは「願望を実現したいけど、今はやめておきます。」と言っているようなものです。

 

願望への可能性を歪めて認識して捉え、それが真実だと思い込んでいると言えるでしょう。

 

このような場合は、運命の人と結婚したいという願望は強くても、それを知ることをとても難しくしてしまう心理状態になりやすいのです。

 

だから、結果的に運命の人と結婚できないと思うか、結婚相手は運命の人と違うという固定観念を強めてしまう傾向となります。

 

しかし運命の人を見極めることは、実はとても困難なものだと言えるでしょう。

 

つまり結婚相手が運命の人と違うという固定観念がある場合、特に、運命の人を勘違いしてしまっているパターンが多いのです。

 

それはどのような勘違いなのでしょうか?

 

 



《広告》


  

「運命の人を勘違いしているパターン」

 

運命の人を勘違いしている主なパターンとして、まずは上述のように求めているけれどできないと可能性を歪めている場合があります。

 

そしてそのほかに、運命の人をそのように歪んだ可能性を抱えたままで起こりやすいのが、欲求だけが大きくなっている場合です。

 

これは運命の人と早く、手っ取り早く、今すぐに、会いたいとか、それで自分が楽になりたいという欲求的なものが膨れ上がっている可能性があると言えます。

 

そのような状態だと、運命の人を感情的な浮き沈みで決めたり、あるいはこの人ではないと別れたり、おそらくお付き合いもかなりの浮き沈みがあると推測されます。

 

運命の人は決して、気分で決まるものではないものです。

 

上述では自分で決めることだという当サイト(マインディストKEN)の考え方と矛盾しているように聞こえますが、そうではないのです。

 

自分で決めることは確かに重要ですが、それに対して自分が責任を持って決断しているかは、もっと重要なことです。

 

そうでないと気分の浮き沈みによって、運命の人はコロコロと変わってしまうことになるでしょう。

 

運命の人を感情的な衝動で決めていると、特にこのような勘違いや見当違いが起きやすくなります。

 

例えば、かっこいい、お金を持っている、学歴がある、地位がある、権力がある、というとても表面的なことに敏感に反応しやすく、かつその反応はとても大きなものである傾向があります。

 

この敏感で大きな反応が、精神的にも心理的にも大きく感じてしまうため、この人が運命の人だと勘違いをしてしまう可能性を高めてしまうのです。

 

そして、高まった感情はその多くが、やがて収束に向かいます。

 

つまり、恋愛の熱が覚めてしまうのです。

 

こうなると、以前まで強烈に感じていた運命の人だという感覚にも、影響を及ぼしていくでしょう。

 

そして、運命の人ではない、別れる、という決断をするのに、さほど時間を要さないでしょう。

 

この繰り返しをしている人は、運命の人は常に、気分によって変わっているため、ゴールにたどり着くことはとても困難になります。

 

 

ゴールにたどり着けないという体験を多くすることによって、やがて、運命の人とは結婚できない、という答えになることも珍しくありません。

 

そしてまるで全てを知ったように、結婚相手は運命の人と違う人だ、という意見に落ち着き、それは強くなるでしょう。

 

上述したように、このような頑な意見は、個人的な解釈であり、又の名を固定観念と言えます。

 

そして人は、自分で強固にした固定観念の通りに、気がつかずして思考し行動をしてしまう傾向があるのです。

 

つまり、とても感情的になってストレスを抱えながら、一生懸命に恋愛をした結果、運命の人と結婚などできるわけがない、という個人的解釈を強めている可能性があるのです。

 

 

もし仮に、あなたがそれでいいと思っているか、それが本当に人生で望んだ答えだと思っているなら、それは素晴らしいことです。

 

この個人的解釈は、あなたの願望に非常に役に立っていると言えます。

 

しかしそうではないなら、これはずっとストレスと欲求が満たされない不満を抱えてしまうでしょう。

 

これはとても苦しいことです。

 

しかし、この苦しみを産んでしまったのも、自分の実体験から考えられた個人的解釈だったという場合が往々にしてあるのです。

 

あなたがそのような人生を望まないなら、自分の中にある解釈を、自分の手で変えていく必要があります。

 

それをできるのは、あなた以外にいません。

 

そして、運命の人や結婚に対する解釈が変わった時、あなたにはまるで違う可能性、そう、純粋な願望に基づく可能性が見えていることでしょう。

 

運命の人じゃない特徴

 

上記リンクは、運命の人じゃない特徴について、詳細にご紹介しています。

 

あなたの悩みの改善に役に立つことでしょう。



《広告》


 

「結婚した人が運命の人だと気が付く場合がある」

 

運命の人と結婚相手は違う、という人の中に、もしかしたら結婚をすでにしている人がいるかもしれません。

 

この場合は、もしかすると本当は運命の人と結婚したかったのに、私は諦めて、違うこの人と結婚することにした、と言っていると思えます。

 

しかし、運命とは、運命の人とは、個人的な解釈です。

 

これが当サイト(マインディストKEN)の考えであり、運命という概念です。

 

この理由は、この世の中は運命という決まった将来がないことが言えるからです。

 

これが事実であることを、すでに最新の物理学は解明しています。

 

つまり、この世の中は全て可能性の領域にあり、それは確率的に決まる、という量子力学という理論物理学が教えてくれいます。

 

この理論物理学の答えから言えば、将来は、全くわからない。ということなのです。

 

そうです。

 

これを自分に問いかけてみると、より理解と納得が得られやすくなります。

 

あなたの将来を、あなたは正確に知ることができるでしょうか? 

 

あらゆる推測と予測は、必ず将来の結果となるでしょうか?

 

今の自分は過去、そうなると予測ができたでしょうか?

 

そして今の自分は、将来、どうなるかを知る手立てや証拠はあるでしょうか?

 

おそらく、全てに「いいえ」と答えるのではないでしょうか。

 

最新のテクノロジーと、膨大なデータを持ってしても、天気予報は当たる時もあれば、外れることもあるのと同じで、個人的な将来は、誰も予測し、正確に知ることは不可能なのです。

 

だからもしかすると、今の結婚相手が、自分の運命の人かもしれないし、ただそのような解釈をしていないだけなのかもしれないのです。

 

解釈を変えたくないなら、そのままでも良いかもしれません。

 

どのような答えであっても、その解釈の結果と全ての責任は、自分にあることを忘れないことです。

 

今の結婚相手がたとえ、運命の人ではないと思っていたとしても、それは個人的な解釈であり、そうであるなら、自分でいつだって解釈を変えていくことは可能だと言えます。

 

あなたが今の結婚相手と、人生で何を本当は望んでいるか、それを自分の中で明確にしてみても良いでしょう。

 

本当にこの人と何を実現したいのか、その明確な願望がきっと、あなたのこれからを自分で変える力になり得るでしょう。

 

そしてきっと、それは変えられるのですから。

 

#運命の人とは #運命の人結婚 #運命の人出会う

#運命の人恋愛 #運命の人特徴