「結婚相手が運命の人と違うという原因とは」

 

上述のように、運命という概念は非物理的であり、これはとても個人的な解釈を抜け出すことはできません。

 

自分で決められることを、なぜ?最初から運命の人は結婚相手とは違うと決めつけてしまうことがあるのでしょう?

 

その理由とは、自分の実体験に基づく記憶と、それによって構築される運命の人や結婚への概念が大きく関わっていくと言えます。

 

これはどういう意味かというと、例えば過去に、恋愛において自分の思い通りに行かないという実体験が多くあると、運命の人の概念や結婚の概念が、自分の望まないものに歪んでしっまう可能性があるということです。

 

歪むという表現は、あなたがち間違っている表現ではないと言えます。

 

なぜなら、本当は運命の人と結婚したいのに、それはできないことだ、と願望とは異なる価値観を強く持っていしまうからと言えます。

 

本当はこうしたい、でも自分にはそれはできない、というのは「願望を実現したいけど、今はやめておきます。」と言っているようなものです。

 

願望への可能性を歪めて認識して捉え、それが真実だと思い込んでいると言えるでしょう。

 

このような場合は、運命の人と結婚したいという願望は強くても、それを知ることをとても難しくしてしまう心理状態になりやすいのです。

 

だから、結果的に運命の人と結婚できないと思うか、結婚相手は運命の人と違うという固定観念を強めてしまう傾向となります。

 

しかし運命の人を見極めることは、実はとても困難なものだと言えるでしょう。

 

つまり結婚相手が運命の人と違うという固定観念がある場合、特に、運命の人を勘違いしてしまっているパターンが多いのです。

 

それはどのような勘違いなのでしょうか?