結婚相手は運命で決まっているか、それはあなた次第という真実とは?

 

結婚相手は運命で決まっていると思いたいでしょう。しかし、それは本当は、あなた自身が決めることでもあるのです。

 

ここでは結婚相手と運命について、他では聞くことのできない内容をご紹介しています。

 

独自の理論に基づいて、運命についてを掘り下げていきます。

 

これより先を読んだあなたは、きっと、ご自身の運命の結婚について理解が深まっていることでしょう。

 



《広告》


「磁石」のように

引き寄せ合う

【運命の彼】

を占ってもらう

  

なたはこのまま、運命の彼を知らないまま過ごしますか?

 

運命を聞くと将来が楽になるかもしれませんよ。

 

あなたは有名な占い師にも占ってもらえます。

 

運命の彼について聞いてみませんか?

 

今なら登録するだけ。最大2500円分無料で占えます。

 

登録は簡単、無料です。

 

詳細は↓こちら(リンク先では今日昨日の口コミも下部で確認できます)

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト
 

 

 

  

「運命は決まっていない事実」

 

運命は実は決まっていないという事実があります。

 

これは物理学がそれを証明していくれていると言え、量子力学という分野によって解明されています。

 

量子力学が伝えている、運命や決まった未来がないという理論は、全ては確率的に決まっているということです。

 

確率で決まる、あるいは決まっているということは、まるでサイコロを転がして、次に出る目が確率的に決まることに似ています。

 

つまり運命とは、誰もが未来が決まっているとか、あるいはすでに定められた何かを連想しますが、そうではなく、未来はまだ何も決まっていないというのが、むしろ運命だと言えるのです。

 

これはそれまでの運命とは全く逆の概念になりますが、まだ何も決まっていないことだけが、決まっている事実であり、それは同時に定められたものだと言えるでしょう。

 

当サイト(マインディストKEN)はこれを前提にして、運命の結婚相手は決まっていないということを、あなたにご紹介していきます。

 

そして同時に、決まっていない運命であるなら、それは自分で決めていくことが可能であるということにも触れたいと思います。

 

  

「結婚相手は運命ではなく、自分が決めること」

 

結婚相手を運命という概念に決めてもらおうとする人は、実はたくさんいるものです。

 

この人は運命の人で、定められた結婚相手であるか、ということを多くの女性を中心に知りたい需要があるものです。

 

そのため、占い師や占いサービスの多くは、運命の人の鑑定や診断を設けていることが多く、それはまた、とても好評なのです。

 

しかし結婚相手を運命という概念で決めることには、リスクがあると言えます。

 

そのリスクとはなんでしょう?

 

それは自分で未来を決める可能性を、とても小さくしてしまっているかもしれない、と言えるからです。

 

運命の結婚相手を知りたいという、根源的な欲求とは何かを、あなたは自分で考えたことがあるでしょうか?

 

なぜ?あなたは運命の結婚相手を知りたいのか?という本当の理由です。

 

この理由が自分の中で明らかでないと、運命の結婚相手を運命という概念のまま捉え続けることを意味するでしょう。

 

運命という願念のまま、その結婚相手を思い続けるとどのような状態が起こり得るのでしょうか?

 

それとは、自分で決めた相手と結婚の決意ができない自分を作ってしまう可能性があるのです。

 

例えば誰か信頼のおけている人が、「この人が、あなたの運命の結婚相手だ。」と伝えたとしましょう。

 

あなたは驚きと、または嬉しさと、このほかいろいろな感情が呼び起こされ、その相手の人をまさに、運命の結婚相手だという前提で見てしまうことになるでしょう。

 

そしていつしか、本当に運命だと思い込み、結婚してしまう可能性を高めることになります。

 

運命の結婚相手とは、非物理的なつながりがあり、それはとても強固で、魂の次元で定められているものと考える人は多くいます。

 

そのため、運命の結婚相手を見つけたり、その人が誰であるかを知ることができれば、もう迷いも、悩みも、そしてこれからへの恐れもなくなるだろう、そう考えていること多くあります。

 

つまり、運命の結婚相手を知りたいという欲求の根源の多くとは、自分の将来への恐怖心をできる限り小さくするため、ということが目的であることが多いのです。

 

とても多くの場合で、将来への迷いや悩みや恐れなどからの、解放を望んでいることがあるのです。

 

あなたが必ずしも、同じだとは限りません。

 

だからこそ、あなたが運命の結婚相手を望み、願い、そして欲している本当の理由を、自分で見つけてもらいたいのです。

 

運命は自分で決めるもの、これが当サイト(マインディストKEN)の運命に対する考えです。

 

自分で決めるということは、運命は、自分がそうだと思えば、それは運命になるということを意味しています。

 

結婚相手も、自分がこの人が運命の結婚相手だと決めて良いのです。

 

しかし上述した、将来の不安や恐れなどを解消する目的で、運命の結婚相手を探し求めているなら、それはおそらく、目的の通りにはならない可能性があります。

 

それはなぜか?

 

あなたの将来も、そして運命の結婚相手の将来も、まだ何も決まっていないからです。

 

つまり、運命だと思うことは簡単だし、また思いたい感情を高めることはとても容易です。しかし、事実は異なる二つの結果がいつもあるということなのです。

 

その二つの結果こそ、運命の結婚相手とずっと一緒にいるか、それとも途中で別れるか、というものです。

 

これらの可能性はいつまでも消えることはないのです。

 

しかし、可能性を自分から低くしたり、望む結果の可能性を高めることは可能です。

 

それを実現するためにも、運命は決まっているのではないく、また変えられないものでもなく、自分で自発的に決めていけるものだという認識が重要なのです。

 

この認識が強くなると、2人の絆も強くなっていく傾向となります。

 

なぜなら、自分太刀で決め、それに対して責任を持って、人生をお互いに歩んでいくることを大いに助けてくれるからです。

 

運命を自分で決めていけるなら、よくなる可能性を、徐々に高めていくことができることを示唆します。

 

将来は決まっていないし、自分で、あるいは2人で作り上げていくものだという考え方になると、2人は力を合わせ、今を、そして次の瞬間をより良くしていくための選択を自発的にしようとするでしょう。

 

その繰り返しが、最後まで別れることなく、そして、2人で幸福を分かち合いながら人生の多くを共有できる関係を作り上げることにつながるのです。

 

 

運命の結婚相手は、決まっていないのです。

 

まだ何も決まっていない将来のことを、あなた以外の人が知れることなどないのです。

 

まずはあなたがどうしたいか、何を本当は望んでいるのか、これらを明確にする必要があるでしょう。

 

そして、将来の恐れや不安は、おそらく何の役に立ちません。

 

それを解消してくれる運命の結婚相手は、現れないでしょう。

 

もっと自分に責任を持って、もっと自分の可能性を信じて、もっと自分と向き合って、あなたが決めていくことが重要です。

 

運命の結婚相手がもし、あなたの前に現れる時は、きっとあなたが自分のことをとても理解していて、今自分が何をするべきかをわかっていて、それを着実に実行している時でしょう。