結婚相手は運命&直感で決めるべきか?【最重要7つ】

 

結婚相手は運命的で、それは直感で決めるべきでしょうか?結論から言うと、そうではないと言えます。それはなぜでしょう?

 

これから先は、他では決して聞くことのないその内容を、8つのケースに分けて細かくご紹介します。

 

あなたのこれまでの価値観や意見が、もしかするとガラッと変わってしまうかもしれません。

 

 

1「結婚するんだろうなという直感とは」

 

まずは人によっては、「なんとなく、この人と結婚するんだろうな。」と言う思いがよぎることがあ流ものです。

 

これは運命的な直感と言えるのでしょうか。

 

そして、果たしてそれで結婚相手を決めても良いのでしょうか?

 

この問いに対する回答は、あなただけが出せるものですが、もし、結婚するんだろうなと言う思いや思考が、大きな感情を伴っていない場合は、それは良い傾向と言えるかもしれません。

 

つまり、とても冷静で、普通の精神と心理状態の時に、このような思いが生まれたなら、それはとても良い傾向があると言えるのです。

 

結婚は多くの場合で、この人としたい、と言う欲求的な部分が強くある傾向があります。

 

一方で、なんとなくこの人と結婚するんだろうと言う思いは、欲求的でもなければ、それに似た衝動的なものでもない場合が多いのです。

 

つまり、とても自然で、それはまた同時に、確信的でもあると言えるでしょう。

 

しかしこの人と結婚するんだろうなと言う思いの中に、強い感情があると全く逆になる可能性があります。

 

それらは例えば、運命の結婚相手はこの人だと思いたい欲求か、あるいは、そうだと信じたい願いであると言えます。

 

これは本人がそう思いたいし、そう感じたいだけであることが多く、自然な思考ではない場合が多いでしょう。

 

自然な場合の思考というのは、思いたいのではなく、そうなのだという確認であり、事実を受け入れている心理的状態に近いものです。

 

しかし思いたい、感じたいという欲求的なものでは、そうでなくてないけない、それ以外は考えられないという利己的な解釈である場合があり、それは運命の結婚相手ではない可能性があるのです。

 

そしてこれは同時に、直感とも異なるものでしょう。

 

 

この人と結婚するんだろうな、と漠然と感じたり、考えられたりしている方が、かなり自然な思考だと言えそうです。

 

あなたがもし、このような思考になっているのであれば、それは自然と沸き起こってきた思考であり、直感であるか、それとも感情を昂らせながらそう思っているのか、自分の心理状態をよく観察してみると良いでしょう。

 

 



《広告》