結婚相手は運命&直感で決めるべきか?付き合う前や初対面でなんとなく感じる【最重要7つ】とは

 

結婚相手は運命的で、それは直感で決めるべきでしょうか?結論から言うと、そうではないと言えます。それはなぜでしょう?

 

これから先は、他では決して聞くことのないその内容を、8つのケースに分けて細かくご紹介します。

 

あなたのこれまでの価値観や意見が、もしかするとガラッと変わってしまうかもしれません。

 



《広告》


 

「結婚するんだろうなという直感とは」

 

まずは人によっては、「なんとなく、この人と結婚するんだろうな。」と言う思いがよぎることがあ流ものです。

 

これは運命的な直感と言えるのでしょうか。

 

そして、果たしてそれで結婚相手を決めても良いのでしょうか?

 

この問いに対する回答は、あなただけが出せるものですが、もし、結婚するんだろうなと言う思いや思考が、大きな感情を伴っていない場合は、それは良い傾向と言えるかもしれません。

 

つまり、とても冷静で、普通の精神と心理状態の時に、このような思いが生まれたなら、それはとても良い傾向があると言えるのです。

 

結婚は多くの場合で、この人としたい、と言う欲求的な部分が強くある傾向があります。

 

一方で、なんとなくこの人と結婚するんだろうと言う思いは、欲求的でもなければ、それに似た衝動的なものでもない場合が多いのです。

 

つまり、とても自然で、それはまた同時に、確信的でもあると言えるでしょう。

 

しかしこの人と結婚するんだろうなと言う思いの中に、強い感情があると全く逆になる可能性があります。

 

それらは例えば、運命の結婚相手はこの人だと思いたい欲求か、あるいは、そうだと信じたい願いであると言えます。

 

これは本人がそう思いたいし、そう感じたいだけであることが多く、自然な思考ではない場合が多いでしょう。

 

自然な場合の思考というのは、思いたいのではなく、そうなのだという確認であり、事実を受け入れている心理的状態に近いものです。

 

しかし思いたい、感じたいという欲求的なものでは、そうでなくてないけない、それ以外は考えられないという利己的な解釈である場合があり、それは運命の結婚相手ではない可能性があるのです。

 

そしてこれは同時に、直感とも異なるものでしょう。

 

 

この人と結婚するんだろうな、と漠然と感じたり、考えられたりしている方が、かなり自然な思考だと言えそうです。

 

あなたがもし、このような思考になっているのであれば、それは自然と沸き起こってきた思考であり、直感であるか、それとも感情を昂らせながらそう思っているのか、自分の心理状態をよく観察してみると良いでしょう。

 

 



《広告》


  

「男性側によくある結婚相手への直感」

 

直感的なものは、実は男性側にもよくあるものなのです。

 

そして意外なことに、男性の方がもしかすると、直感的に結婚相手を知ることができる場合があるのです。

 

なぜ男性の方がそのような傾向があるかというと、男性は女性の心理的な状態に比べて、比較的落ち着いていることが多くあるからと言えます。

 

心理的な状態はとても重要で、上述のように、なんとなくでも、落ち着いた心理的な状態の中で結婚をイメージできていることが重要であると言えるからです。

 

そして男性は結婚については、女性よりも積極的ではない傾向がありますが、積極的ではないからこそ、相手を潜在的な部分でよく見極めている可能性が高いのです。

 

女性からすると、答えをなかなかはっきりとしない男性を見ては、イライラすることもあるかもしれません。

 

しかし男性はある意味で直感的に女性を見ている部分があるのです。

 

将来を想像し、それに対して現実性があるか、良い結果になる可能性はどれくらいか、ということを、口にはしないし、本人も真剣にいつも考えているわけではないのですが、潜在的な思考として働いていることがあるのです。

 

しかし女性の場合は、何かとはっきりとした言葉や、約束事などで、男性に明示してもらうことを望む傾向があります。

 

この理由の主なものとしては、明示してくれないと不安だからです。

 

女性は結婚に対して男性よりも神経質な場合が多くあります。だから神経質ではない男性との間に、心理的ギャップが生まれることがあるのです。

 

そして特に女性の心理的なギャップは、結婚をしたいという欲求が男性よりも高いため、これが起こる可能性を高めてしまうのです。

 

つまり、結婚したいのにそれができるかできないか、ということを肌で感じやすく、できないかもしれない不安が、心理的なバランスを崩しやすくなるのです。

 

結婚ができると理解すると、この心理的なバランスはすぐにでも整うでしょう。

 

しかし、できないかもしれないという不安、つまり自分が求めていることが実現されない不安が高まると、それに比例して、心理的なバランスは崩れやすくなるのです。

 

そして心理的なバランスが崩れてしまうと、男性に早く答えを出させようとしたり、それを求める傾向を強めていきます。

 

男性は直感的な答えが出てくるまで、おそらくはっきりとは明示しない傾向が強いので、すぐに答えを出してもらうことは難しいでしょう。

 

男性がもし、この直感をより確かなものにできるためには、より深くあなたとの将来を考える必要があり、それに対して、現実味が伴う必要があります。

 

直感が確かなものなのか、それとも、そうではないのか、これは直感だけに頼っているのはとても危険だと無意識で実感している傾向があるのが男性なのです。

 

 

しかし、自分の直感が正しかったと確認できた時、男性は人生の覚悟が決まったも同然で、あなたのことをとても大切にしようとすることでしょう。

 



《広告》


  

「付き合う前に結婚するかもという直感について」

 

付き合う前から、結婚するかもしれないという直感がある場合、これは運命的であると言えるのでしょうか。

 

これも上述のとおり、感情的であり、感情優先にそれを思っているか、それとも感情は至って平静を保っているけれど、なぜかそのように考えているかで、大きく異なることがあります。

 

付き合う前というのは、お互いがおそらく知り合ったばかりか、あるいは知り合ってはいるけど、恋愛関係に発展していない時期であると言えます。

 

恋愛関係に発展していないというのは、実は運命的な直感を感じる上で、もっとも重要でもあると言えるかもしれません。

 

それはなぜか?

 

それを知るためには、恋愛に発展しやすいケースを考えてみると、その違いが明らかにわかると言えるでしょう。

 

恋愛に発展しやすい場合の、人の心理的状態というのは、多くの場合で、感情的になっていると言えます。

 

そして感情的になっている時の思考の多くには、以下のようなものが多いと言えます。

 

この人と付き合いたい。

 

この人と一緒になりたい。

 

この人が欲しい。

 

といったものであることでしょう。

 

これらの思考は、その人を手に入れたいという欲求的な衝動だと言えます。

 

つまり、恋愛に発展しやすい時というのは、1人が、あるいはお互いが、とても欲求的な衝動である場合ということができます。

 

これはあくまで欲求であるため、運命的やあるいは直感的であるとは言い難いものです。

 

一方で、直感的な思考には、これと大きく異なることが多いのです。

 

直感の多くは、おそらくですが、リラックスしている心理状態に多く出現しやすいと言えるのです。

 

感情的になっている時というのは、いわゆる脳や身体的に興奮状態になっていると言えます。

 

これは脳機能的な側面からも言え、感情は扁桃体という部位が活性化していることがわかっているからです。

 

扁桃体は情動、つまり感情的な働きを主体としており、これは自律神経にも影響を及ぼしていきます。

 

扁桃体の働きが活性化し、感情的になっていくと、自律神経は交感神経優位になる傾向にあるのです。

 

交感神経は、人が恐れや興奮といった、激しい活動状態の時に優位になるもので、それは同時に多くのストレス状態を招く恐れがあります。

 

つまり感情的な恋愛感情というのは、とても激しい情動活動でありながら、ストレスを抱え込みやすく、心理的には不安定な状態であることが言えるのです。

 

心理的に不安定な状態では、目の前の現状が自分の思い通りになっていることを強く望み、それと反対に現状が自分の思いと反した結果になっている場合は、とても心理的なバランスを崩しやすいのです。

 

これは脳機能に制限を加え始め、やがては、欲求を満たそうとする利己的な思考を育む恐れがあります。

 

自分中心で現状を捉え、一方的な見方をしてしまい、その結果、多くの失敗を繰り返しやすくなるでしょう。

 

しかし本人はこれに気がつかないことが多いのです。

 

なぜかというと、欲求を満たそうとする思考に、すでに自分を見失っているか、支配されつつある状態に近いからです。

 

このようにストレス状態が高く、そしてそれが長時間続くことによって、欲望の暴走が起きやすくなります。

 

欲求の暴走は、例えばダイエット中に我慢していた甘いお菓子やケーキを、リバウンドのリスクも気にせず、ドカドカと食べてしまうことに似ています。

 

つまり、この人が運命の結婚相手だと、早合点したり、焦って決めつけて、早急に答えを出してしまう心理を高めてしまうのです。

 

付き合う前から、そのような心理状態でいると、結果的に運命は愚か、良い結婚相手でさえ見つけることは困難といえるでしょう。

 

恋愛関係に発展しやすい心理状態とは、その多くが、上記のような心理状態になっているか、またはその流れの中にあること多くあるのです。

 

一方で、感情的ではない時は、この反対の心理状態と言えます。

 

つまり、理性的で、思考は幅広く、欲求的ではないし、衝動的でもないといえるのです。

 

このような心理状態で、付き合ってもいない人と、結婚するかもしれないと思えることは、かなりまれなケースですが、実は、可能性としては高いといえるかもしれないのです。

 

なぜなら、上述のような交感神経の興奮ではなく、副交感神経が優位になっている状態と言え、この自律神経は脳機能の前頭前野という部位を活性化することがわかっているのです。

 

前頭前野の活性化は、思考に創造性を与え、脳派もアルファ波になっていることが多くなります。

 

リラックスしていて、創造的な思考が高くあるということは、目の前の現状や目で見えること以外のことまで、思考の幅が広く、答えを導き出すことを助けてくれます。

 

そのような状態で付き合ってもいない人と、結婚するかもしれないという思考は、とても漠然としており、証拠となるものもないのですが、感情的な思考状態に比べると、とても多くのことを判断した結果ということができるのです。

 

そのため、結果は結婚するかはわからなくても、恋愛に発展していない状態で、かつ精神的にリラックスしている時の方が、直感的に思考が働いている可能性があるのです。

 

あなたの心理状態はどちらでしょうか?

 

感情的でそれを思っているでしょうか、それとも、理性的にリラックスした状態で、そのように思えているのでしょうか?

 

自分を見つめ直して、時間をかけて、この答えを明確にしてみると良いかもしれません。

 



《広告》


 

「初対面で結婚するかもという直感について」

 

初対面でもこのような直感が働くことは、大いに考えられます。

 

そしてその多くは、本当に結婚していることもあるようです。

 

この理由や原理というのも、上述と同じことが言えます。

 

つまり、心理的にリラックス状態で、創造的な思考が優位になっている時に、このような直感が生まれたなら、それはもしかすると、本当に実現するかもしれないし、素晴らしい結婚相手になるかもしれません。

 

ただその人が運命の結婚相手だあるということよりも、その人を見た瞬間、あなたは平然とした心理状態の中で、何かを感じ取ったことを示唆しているものです。

 

当サイトの考えでは、運命であるかどうかは、自分自身が決めることという考えですが、直感というものは、その人の心理的な状態に大きく左右されるものであり、特に平然としている心理状態の方が直感的であるといえるのです。

 

例えば初対面の人に、私にはきっとこういう人が合っているんだ、と無意識にそのような思考が突然湧いてくることがあります。

 

これは直感的な要素だといえ、同時にとても創造性の高い精神と心理状態であると示唆できます。

 

創造性の高い状態になると、何かしらを感じたり、ふと何かの答えに到達したような体験することが多くなるといえるでしょう。

 

初対面で結婚するかもしれない、ということを感じる時に、ふとそれが答えがわかったように感じとったり、または、自然と想起させられた場合は、直感が働いといえる可能性が高いのです。

 

ただし、それがその通りの結果となるとは、保証されているわけではないことは忘れない方が良いでしょう。

 

直感が必ず当たるとは限りません。

 

また相手の方が、全くそのような直感が働いていない場合があるのです。

 

例えば他の人に夢中で、感情的になっている時は、あなたに対しても、また夢中になっている人に対しても、直感が働きやすい状態ではないでしょう。

 

この世の中は、可能性の世界であり、確率的に決まる環境です。

 

直感が正しいと証明できる方法もなければ、間違いだと証明できる方法もないのです。

 

ただ直感的に結婚を感じたのなら、その可能性は高いだろう、ということを示しているに過ぎないし、それくらいしか、この世界で暮らしている私たち人間にはできないことなのです。

 

その可能性を確実性の高いものへ上げていくには、直感を頼りにした地道な行動が重要であることは言うまでもないでしょう。

 



《広告》


 

「付き合っていないけど、結婚するんだろうなという直感 男性と女性の違い」

 

この場合においても、付き合う前だけど結婚するかもしれないという直感と、初対面だけと結婚するかもしれないという直感とほぼ同じだと言っていいでしょう。

 

付き合ってないということは、付き合う前でも初対面でも両方のケースがあると言えます。

 

そしてそこには、男性と女性において、少しだけ違いあるといえるのです。

 

 

付き合ってないけど結婚するという、男性の直感的特徴とは

 

男性の場合は、とても漠然としてそれを考えているというよりも感じている場合が多くあるでしょう。

 

男性は直感が働きやすい精神と心理状態であることがあります。

 

その理由は、女性よりも特に結婚に対してのこだわりや焦り、あるいは願望というのが低い傾向にあるからです。

 

 

そのため、結婚に対してなかなか答えを明示しないことが多くあります。

 

しかし男性は全く結婚を考えていないのではなく、しっくりとくるまで、つまり直感的にも思考的にも、結婚をしても大丈夫だという納得を得たいという場合があるでしょう。

 

そして付き合っていないのに、結婚するかもしれないという直感的は、男性にとって、かなり精度の高いものである場合が多くあります。

 

つまり結婚をあまり意識していないし、願望や欲求も高まっていないような平常心の時に、付き合っていない人に対して、この人と結婚するかもしれないというのは、かなりの可能性で、創造的な思考による答えだといえるかもしれないのです。

 

創造的な思考は、自分の顕在意識で理解していること以外の、あるいははるか多くのことを無意識に思考していて、たどり着いた答えであることが多くあります。

 

なんとなくだけど、この人と結婚する気がするというのは、男性にとってポジティブな直感だといえるでしょう。

 

ただし、それが本当かどうかも疑うのが男性的な特徴だと言えます。

 

直感的なものだけに頼って、全ての答えを出すことはおそらく、多くの男性が無意識で控えていることだといえます。

 

 

付き合ってないけど結婚するという、女性の直感的特徴とは

 

 

一方、女性の特徴としては、男性と同じように漠然とそのような思考になっている場合が考えられます。

 

そして男性と異なるのは、結婚を意識することによって、心理的なバランスが崩れやすい傾向があることです。

 

なぜなら、2人は付き合っていないのに、それを一方的に思ってしまった自分に対して、心のどこかにポッカリとした穴を開けてしまった状態になりやすいからです。

 

この穴が空いてしまうと、女性のほとんどがおそらく、不安感を募ることが多いでしょう。

 

不安感を抱き、またそれがある程度大きくなると、不安を解消したいという欲求も同時に強まる傾向になります。

 

そして例えば人によっては、食べ物で解消したり、友人と騒いだり、恋話などで盛り上がって解消しようとするでしょう。

 

これらの行為は不安感を打ち消そうとして、とにかく何かに寄り添いたい、何かでこの不安感を忘れたいという衝動である場合が多くあります。

 

女性は結婚を意識すると、心理的に焦りや、その回答を早く得たいと考える傾向があります。

 

そのため町の占い師さんに相談に行ったり、誰かの意見に頼らざるを得ない心理と精神状態に陥りやすい区なります。

 

そして残念ながら、そのような精神と心理状態になることで、せっかく得た直感の多くが理解しにくくなったり、あるいは今後見えなくなったりもするでしょう。

 

結果的に、この人ではなかった、という答えに到達することも少なくなく、また答えに辿り着くと同時に、心理的にポッカリと空いた穴は塞がれることになります。

 

女性はおそらく、答えが見えない、わからない状態や現状に対して、不安感を抱きすぎなのでしょう。

 

たとえ、その人と付き合っていなくても、答えを明確にするには、相手との距離を縮めて、答えを聞き出す他に方法はないものです。

 

不安感を大きくする前に、自分でそれを確かめようとする行為に徐々にうつることができたら良いかもしれません。

 

直感を信じることができると、きっと思った以上に簡単にできるでしょう。

 



《広告》


  

「直感がはずれる特徴とは」

 

何度か上述のとおり、直感ははずれることはあります。

 

この世の中に、絶対は存在しません。

 

もし絶対という概念を持っているならば、それは早々に手放した方が良いでしょう。

 

おそらくその概念は、全く役に立たないものです。

 

直感がはずれる時は、何度もいうように、理性や創造的な思考ではなく、感情や興奮によって導いてしまった答えの可能性が高いと言えます。

 

感情や興奮状態では、思考の幅は制限されており、目の前の、かつ目に見えている情報のみを基本的に対象として、さらには損か得かという思考になっている傾向があります。

 

つまりこれを直感として処理した方が損か、それとも得か、という思考状態に、本人が全く気がつくことなく、そうなっている場合があるのです。

 

特に、そうだ、そうに違いない、これでいい、これ以外に考えられない、と勢いよく意気込んでいるほど、これは直感的ではないと言えます。

 

このような思考は、ただ本人がそう願っているだけか、あるいは思っていたいだけであることがほとんどでしょう。

 

またそうではない理性的かつ創造的な思考によって導き出された直感にも、はずれることはあるのです。

 

とは言え、かなり正当性が高いといえ、実現の可能性としては高いと言えます。

 

しかし、いくら的確な直感であっても、この世から絶対が存在しないという環境は、変わったわけではないのです。

 

あくまで、その可能性が高いことを示しているに過ぎません。

 

その直感を正しいという結果にすることも、あなた次第ですし、あなた以外にはどの努力と行為は不可能です。

 

その直感を正しい結果にする可能性は、これから自分の行為によって高めていくことはできるでしょう。

 

直感を受け取るのは、あなた本人だけです。

 

その正当性を他人は全く、知ることもできなければ、間違いだという証拠も与えることはできません。

 

直感を信じて、それを実現するのは自分だということを、忘れない方が良いでしょう。

 

他人ができることは、あなたの感じた直感を自分本位に解釈するくらいです。

 

そしてその解釈によっては、あなたを止めるか、否定するか、あるいは肯定して励ますことくらいしかできないものです。

 

そのどちらも、直感を実現することにはあまり関係がないものです。

 

直感がはずれる特徴は、感情的でそれに自分が支配されているか、あるいはそうでない場合は、自発的な行為を全くしなかったか、という場合が多いといえるでしょう。

 



《広告》


 

「結婚することが、なんとなくわかる」

 

時として直感的に、結婚することがなんとなくわかる、という感覚になることがあります。

 

これもそれを感じている人の、心理と精神状態に大きく関わっていると言えます。

 

上述のように、リラックスして落ち着いた精神と心理状態であるなら、それは直感的な意見だといえるでしょう。

 

一方で感情的であるなら、直感であるとは言い違いものです。

 

結婚することはなんとなくわかっていた、という人は結構いるものです。

 

そしてそれは大体、付き合う前から、あるいは初対面の時に、ということが多いこともあります。

 

多分、私はこの人と結婚するだろう、という漠然とした思いがありながらも、それから数年、数十年が経過することもあります。

 

例えば小学生の時や、幼馴染で、大人になってから恋愛に発展し、そのまま結婚ということはよくあるでしょう。

 

この場合は、幼い頃になんらかの直感を得ていた場合もあります。

 

もちろん、何かのきっかけで、初対面だけど、そのような直感的思考が生まれる可能性もあります。

 

大切なことは、自分がその人の外見や、目で見える部分だけによって、感情が高まっていない状態での意見であり、思考であるかが重要だと言えそうです。

 

 



《広告》


どうしても運命の人を知るための他の手段

 

スピリチュアルの観点からいうと、運命の人、それも恋愛や結婚、真実の愛としての運命の人は、ツインレイと言われているものがあります。

 

ツインレイとは魂を分けた存在で、別々に生まれ、そして出会い、永遠と真実の愛を獲得しようとする関係性という概念です。

 

もし、あなたがツインレイのことを知りたいなら、以下のリンク先にツインレイの特徴や見分け方など、詳細にご紹介しています。

 

  

ツインレイとは

 

ツインレイ男性のすべて

 

 

 

そしてツインレイであっても、運命の人と結婚に至るまではプロセスがあります。

 

まずは運命の人が誰であるかを知ること、そして出会えるようになること、最後に結婚をすること、という一連の流れがあるものです。

 

運命の人と結婚する場合、そこにはおそらく、普通に思っていたことが実は逆だったり、あるいは間違いの可能性があったりします。

 

以下のリンク先は、運命の人と出会うことと、結婚する重要なことを、独自の理論に基づきご紹介しています。

 

 

 

運命の人と出会う、結ばれる

 

運命の人と結婚する

 

 

あなたの運命の人を求める、あるいは欲している本当の理由は、あなたの中にのみ存在しています。

 

そして運命の人がなぜ自分に必要なのか、それを明確にしていくことによって、運命の人が誰であるか知ること、出会うこと、結ばれることに繋がっていくでしょう。

 

これより先で、運命の人を知ることから、結ばれるまでに重要なことをご紹介していきます。

 

あなたもきっと知らなかったことや、ここでしか知ることのできない内容を知り、きっと驚きを隠せないことでしょう。

 

もしかすると、 そう遠くない未来に、あなたは運命の人を知ることになるかもしれません。

 



《広告》