「結婚しない運命がある。という思い込み」

 

結婚しないという運命がある、そう思っている人はいることでしょう。

 

しかしそれは、私は結婚をしない、ということをなんらかの理由としてその選択をしていると考えることができ、またその可能性は濃厚だと言えるでしょう。

 

結婚しない運命があると思うことは、個人の自由です。

 

それが事実だと思うことも、全くの自由です。

 

例えばあなたが牛肉が好きだとして、美味しいと思うことが自由であるのと同じです。

 

しかし異なる国においては、食べてはいけない食べ物であったり、あるいは個人的に牛肉が好きではない、美味しいと感じない人がいます。

 

あなたがいくら牛肉が好きでも、それを嫌いな人に対して好きにさせたり、美味しいと思わせることは無理であるか、不可能に等しいものです。

 

逆に大好きなあなたが、牛肉を嫌いになることも難しいでしょう。

 

つまり結婚しない運命があることや、自分がその1人であるということ、それをいつまでも所有していることも自由だし、また放棄することも自由であるということです。

 

あなたが何を選び、そしてどのような結果を受け取るかは、全くあなたの自由であるのと同時に、それを変えていくことさえ可能だと言えるのです。

 

とは言え、人は自分で望んでいることとは逆の思考や行動、選択をしていることはあるのです。

 

それも気がつかないまま、望まない結果となる可能性を高める選択をし続けていることがあります。

 

それが思い込みや信念、価値観、なんと表現されても構いませんが、それらが心理状態を作り上げ、現実のもとなる可能性を自分で高めていきます。

 

これには注意した方が良いでしょう。

 

なぜなら自分の将来の可能性を、望まない将来になることに力を貸し、助けていると言えるからです。

 

自分と向き合い、そして、自分の将来に責任のある選択をする決意と覚悟をしてみましょう。

 

きっと、あなたは変われるはずです・・・・

 

以下のリンク先は、結婚出来ないという思い込みを解決するのに、きっと役に立つことでしょう。

 

 

→ 自分は結婚できない理由