2「男性側によくある結婚相手への直感」

 

直感的なものは、実は男性側にもよくあるものなのです。

 

そして意外なことに、男性の方がもしかすると、直感的に結婚相手を知ることができる場合があるのです。

 

なぜ男性の方がそのような傾向があるかというと、男性は女性の心理的な状態に比べて、比較的落ち着いていることが多くあるからと言えます。

 

心理的な状態はとても重要で、上述のように、なんとなくでも、落ち着いた心理的な状態の中で結婚をイメージできていることが重要であると言えるからです。

 

そして男性は結婚については、女性よりも積極的ではない傾向がありますが、積極的ではないからこそ、相手を潜在的な部分でよく見極めている可能性が高いのです。

 

女性からすると、答えをなかなかはっきりとしない男性を見ては、イライラすることもあるかもしれません。

 

しかし男性はある意味で直感的に女性を見ている部分があるのです。

 

将来を想像し、それに対して現実性があるか、良い結果になる可能性はどれくらいか、ということを、口にはしないし、本人も真剣にいつも考えているわけではないのですが、潜在的な思考として働いていることがあるのです。

 

しかし女性の場合は、何かとはっきりとした言葉や、約束事などで、男性に明示してもらうことを望む傾向があります。

 

この理由の主なものとしては、明示してくれないと不安だからです。

 

女性は結婚に対して男性よりも神経質な場合が多くあります。だから神経質ではない男性との間に、心理的ギャップが生まれることがあるのです。

 

そして特に女性の心理的なギャップは、結婚をしたいという欲求が男性よりも高いため、これが起こる可能性を高めてしまうのです。

 

つまり、結婚したいのにそれができるかできないか、ということを肌で感じやすく、できないかもしれない不安が、心理的なバランスを崩しやすくなるのです。

 

結婚ができると理解すると、この心理的なバランスはすぐにでも整うでしょう。

 

しかし、できないかもしれないという不安、つまり自分が求めていることが実現されない不安が高まると、それに比例して、心理的なバランスは崩れやすくなるのです。

 

そして心理的なバランスが崩れてしまうと、男性に早く答えを出させようとしたり、それを求める傾向を強めていきます。

 

男性は直感的な答えが出てくるまで、おそらくはっきりとは明示しない傾向が強いので、すぐに答えを出してもらうことは難しいでしょう。

 

男性がもし、この直感をより確かなものにできるためには、より深くあなたとの将来を考える必要があり、それに対して、現実味が伴う必要があります。

 

直感が確かなものなのか、それとも、そうではないのか、これは直感だけに頼っているのはとても危険だと無意識で実感している傾向があるのが男性なのです。

 

 

しかし、自分の直感が正しかったと確認できた時、男性は人生の覚悟が決まったも同然で、あなたのことをとても大切にしようとすることでしょう。