「旦那さんが運命の人じゃないとき」

 

上述の通り、運命の人は変わることがあり、それは全て自分が決めることだということが言えます。

 

すなわち、旦那さんが運命の人じゃない、そう感じることは往々にしてあり得るということです。

 

そしてそうだと決めるのも、あなた本人であり、重要なことは、導き出した答えに対して、責任と納得と合意を持っていることだと言えるでしょう。

 

旦那さんが運命の人じゃないと決める時、それは、過去に自分がこの人と結婚を決めたことが間違いだったと思ってしまうかも知れません。

 

もしかすると、すでにそう思っているかも知れません。

 

しかしそれは本当の答えとして、正当性があるとは必ずしも言い切れないでしょう。

 

なぜなら、あなたには当時から選択権があったからです。

 

そうではないと感じた時、どうするかの選択肢があり、それをもしかすると今の今まで放置してきてしまった結果を、受け入れざるを得ないという状況にある可能性があります。

 

もちろん、考え直すことだって可能です。

 

例えば、もしかすると運命の人が今の旦那さんである可能性だって、往々にしてあるのです。

 

あなたがどのような答えを最終的に出すかは、あなたのみに委ねられており、それを誰も制御することは不可能です。

 

ただし、運命の人かどうかで悩んでいるなら、まずはその考えから離れて、思考してみる子音は良い手段の一つにもなり得ます。

 

なぜなら、運命の人は上述の通り、概念であり、万人に共通した回答も客観的事実も存在しないからです。

 

将来は全くわかりません。

 

まさに未知です。

 

あなたと今の旦那さんが、もしかすると良い関係にまたなるかも知れないし、ならないかも知れません。

 

まずは運命の人という概念に拘っているとしたら、その束縛から自分を解放して、今の2人の現状を見直してみると良いでしょう。

 

そうすればきっと、現状を何ら偏見もなく、決めつけもなく、認識することができるでしょう。

 

そうやって偏見のない現状の見方が、きっと良い回答をあなたに届けるでしょう。

 

以下のリンクは、運命の人の特徴について、詳細にご紹介しています。

 

あなたの考えに、新しい何かや、ヒントを与えてくれるかも知れません。

 

 

→ 運命の人の特徴

 

→ 運命の人じゃない特徴