「運命の人との結婚」を徹底解説!

 

運命の人と結婚をしたい、運命の結婚相手を見つけたいという人は多くいます。

 

ここでは運命の人と結婚について徹底的にご紹介しています。

 

これより先のリンクより、詳細なページへとお進みください。

 

きっと、あなたの男性との付き合いや結婚において現在の問題の改善や、あるいは素晴らしい恋愛をするためのヒントや気づきにつながることでしょう。

 



《広告》




《広告》




《広告》


 

「ビビビ婚は運命の結婚か」

 

 

ビビビと来たときに、人は運命と感じることがあるでしょう。

 

しかし、それは本当に運命であり、運命の結婚相手であるということを知らせているのでしょうか。

 

そして、あなたにはそれが運命で、運命の結婚相手であるという証拠を持っているのでしょうか?

 

おそらくですが、そうではないことでしょう。

 

もしビビビに対して感じていることがあるとしたら、それは、感情的な高まりや、好きという感情、あるいはその人と一緒になりたいという欲求が強くなっていることは確かだと言えるかもしれません。

 

残念ながら、ビビビという直感的なもの中の多くに、運命ではない可能性が高いビビビもあると言えるのです。

 

そのため、ビビビという感覚だけをそのままに、運命の人や運命の結婚相手だという答えを出してしまうのは早合点と言わざるを得ないでしょう。

 

以下のページでは、同じようなビビビという感覚の中で、運命的である可能性が高いそれと、そうではない可能性のあるビビビとの違いを、徹底的にご紹介しています。

 

あなたの感じたビビビはどちらのビビビでしょうか?

 

また、これから感じるかもしれないビビビというものが運命かそうでないかを知る助けになるでしょう。

 

 

ビビビの正体を、あなたは知りたくはないでしょうか?

 

 → 運命の人との結婚はビビビ婚!?の真実とは?運命の結婚をするための最重要7つ

 



《広告》


 

 

「運命の人&パートナの特徴」

 

運命の人や結婚するような人生のパートナーには特徴があるのでしょうか?

 

しかし当サイト(マインディストKEN)の考えでは、運命の人や運命のパートナーになる人の特徴は、無限に存在するというものです。

 

なぜならそれは、運命という非物理的な概念が、そのようにしてしまうことにつながると言えるのです。

 

運命というのは、誰の目にも見えない、非物理的な概念です。

 

概念であるということは、そこには個人差があり、またそれは同じようなものはあるとしても、同一のものは存在しません。

 

例えばあなたの中でも運命という要素、特徴、あるいはこれが運命だという考えは、必ずしも他の人と一致しないことが多くあるでしょう。

 

運命のパートナーの特徴をいくら探しても、それは無限に広がり続ける概念の中の一つにすぎず、正解を導き出すことは不可能に近いことなのです。

 

このことについて、あなたにはもっと詳しく知って欲しいと願っています。

 

なぜなら、運命が存在することまでは否定しませんが、その考え方によっては、もしかしたら一生見つかるはずのない答えを、探し続けるということになりかねないからです。

 

あなたが探すのは、特徴ではなく、運命の人であり、それはあなたの中でしか存在することが不可能な、運命という概念であると言えます。

 

皆の中に、運命があり、それは皆違うのです。

 

あなたがそれと、どのように向き合い、そして受け入れるかによって、大きな違いが今後起こることを示唆します。

 

さぁ、あなたの運命のパートナーの特徴やその概念とは何でしょう。

 

以下のリンク先では、その答えを見つけるのに、とても役に立てるかもしれません。

 

 

 →  「運命の人&パートナー」7つの特徴

 



《広告》


 

「運命の人と必ず結ばれるのか?」

 

運命の人であるなら、きっと、必ず結ばれるはず、そう思っているのは、あなただけではないかもしれません。

 

また、そう考える方がとてもロマンチックだしドラマチックなものでもあります。

 

あなたが何を望むか、それはとても重要な問いかけになります。

 

それによって運命の人と必ず結ばれるということが、とても大きく異なる現実を突きつけてくる場合もあります。

 

そしてあまり嬉しい知らせではないでしょうが、例えば、必ず結ばれるものだと思っていたり、また強くそれを信じていたり、あるいは、それが理由で運命の人を求めて探している人であるほど、それは全く逆の結果となりやすいと言えるでしょう。

 

それはなぜか?

 

なぜなら、運命の人とは必ず結ばれると思っている人ほど、運命の人を探していたり、求めている理由が、まさに恐怖からの脱却が目的である場合があるからです。

 

つまり、「私は運命の人に巡り合えれば、もう幸福が約束されている」という感覚か考えが強い傾向があるのです。

 

これは裏を返すと、今の自分が運命の人と一緒にいないから、早くこの不幸や不安から抜け出したい、だから、運命の人との出会いや結婚を求めていると言えます。

 

ところが、このような不安や恐怖から免れることが目的であると、その不安と恐怖から抜け出すことを、より困難にする傾向があるのです。

 

なぜなら、不安と恐怖は人生から消えないばかりでなく、それに支配されることによって、正しい抜け道があったとしても、それに気がつかない心理状態を作りやすいからです。

 

あなたがもし、運命の人と必ず結ばれる、だから運命の人と結婚したいと願うなら、その考え方のまま、さらに先に進む前に、以下のリンク先を読んでも良いと言えます。

 

その時間と猶予は、あるはずです。

 

しかし、その時間と猶予さえない、あるいはその必要がないというのであれば、それはあなたの選択なので、仕方がありません。

 

その理由は、運命を決めるのはあなただからです。

 

運命の人と必ず結ばれるとは限らなくても、もしかすると、その可能性を高めることはできるかもしれません。

 

 →  運命の人とは必ず結ばれるのか?

 



《広告》


  

「今の人は運命の人」

 

今の人は運命の人かどうか、それを気にしている人はかなります。

 

どうしてでしょうか?

 

例えばせっかく愛する相手がいるのに、その人がいれば良いだけでなく、なぜか運命であるかまでを求めてしまうのです。

 

つまり、満足していないのか、それとも、運命的なものだけを求めているのか、その理由は様々であっても、不足感を今持っている可能性が高いと言えます。

 

これはとても大きなストレスと不安を募らせる結果へと、導きやすいものです。

 

そして大抵の場合は、不都合なことが今の彼や恋人と起き、それが続いたときにはこのような言葉が出やすくなるでしょう。

 

「この人は私の運命の人ではなかった。」

 

おそらくですが、このようなタイプの人が運命の人と巡り合う確率も低いと言えるかもしれません。

 

このようなタイプの人は、運命の人という存在をずっと探し続け、そしてこれもおそらくかなりの確率と可能性で、出会えないと言えるでしょう。

 

なぜなら、運命の人とは、とても個人的かつ創造性の高い概念であり、物的なものではないからです。

 

これは非物理的なものであり、概念というものであるもので、それはつまり、答えは無限に存在し得る部類のものだと言えます。

 

この答えを見つけ出そうということは、無限に広がり続ける何かに対して、これだと決めつける行為に似ています。

 

例えば、このの世の中で無限に広がり続けるものの代表として、ファッションのデザインや人の食事内容があります。

 

これらは、人の興味、欲求、関心などによって、様々な姿と形、演出が創造され続けています。

 

この創造的活動は無限であり、終わることがないものです。

 

その中で、これが正しいとか、これ以外に考えられないものとか、それを決めつけることは不可能なことです。

 

なぜなら、創造され続けるものは常に変化し続け、何かを決めた自分自身でさえも、変わる可能性を大いに秘めていると言えるからです。

 

ファッションや食事の内容、レストランなどで新しく考案され提供されるメニューの数々は、物的な形を伴っていますが、それを創造する根源的要素は、概念です。

 

多くの人に好まれている、自分が好き、こういったものがあったら、という様々な非物理的なものが最終的に形になっていると言えます。

 

今の人が自分の運命の人であるかというものも、これにほぼ同じで、運命の人という概念、考え方、あり方、事実さえも、無限に広がり続けているものであるため、それを決めつけることは不可能への挑戦だと言えるのです。

 

このようなジレンマに陥る人は、実は少なくないようで、常に今の人に不満を抱えていることがある場合が多くあります。

 

この不満は消えることはないし、またそれを払拭するだけの新しい恋人ができたとしても、無限への無謀な挑戦を控えることをしないと、それは堂々巡りをしてしまうでしょう。

 

 

一方で、今の人は運命の人であることもあるものです。

 

無限に広がり続ける、運命の人の概念に対して、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

 

それについては、以下のリンク先でより詳細にご紹介しています。

 

あなたの今の恋人が、もしかしたら運命の人であるかもしれない。

 

それを知る手がかりと、きっとなる内容であるでしょう・・・

 

 

 → 今の人(恋人)は運命の人?それを知る方法があるのかもしれません。

 

 

 

「運命の人を知る、出会う、結ばれる」

 

運命の人と出会う前に、最も重要だと言えることがあります。

 

それは、運命の人が誰であるかを知ることだと言えるでしょう。

 

運命の人が誰であるかを知ることができないか、あるいは勘違いして、この人が運命の人だと決定をしてしまったとき、それは結果的にうまくいく可能性が低いと言えます。

 

運命の人は、とても個人的な創造的概念と解釈です。

 

つまり、運命の人が誰であるかは、自分の感覚や直感的なもの、その他の要素を元にして、自分で決めることがとても重要なものです。

 

そして創造的な概念である以上、それを見極める本人も、創造的である必要があると言えます。

 

創造的な自分になるには、精神的にも心理的にもとても落ち着き、そして不安と恐れを抱いていないときがそれだと言えるでしょう。

 

しかし、運命の人が誰か、この人かあの人か、どこにいるんだ、とばかり気にしたり、気を張っていては、この創造的な状態に自分を仕向けることを困難にしてしまう傾向となります。

 

運命の人を知るには、特別なことは実はあまり重要ではないし、また特別な思考も不要なことが多くあります。

 

しかし、最も重要であると言えるものは、あなたの心理と精神的な状態であると言えるでしょう。

 

それを詳細にご紹介しているページが、以下のリンク先になります。

 

あなたの運命の人が誰であるか、それをあなたが決めることや、あなたが知ることができるようになる助けとなる内容が詰まっています。

 

きっと目から鱗のような内容を、あなたは確認することでしょう。

 

 

 → 運命の人を知る、出会う、結ばれるために重要なこと

 

 

  

「再婚相手は運命の人」

 

あなたの再婚相手が自分の運命の人であるか、とても気になることでしょう。

 

なぜなら、以前の結婚相手がそうでないと判断に至ったか、あるいは、何かが違うと感じたからだと言えるでしょう。

 

再婚する人は大丈夫なんだろうか?

 

次は成功するのだろうか?

 

そのような不安があり、おそらく再婚相手が自分の運命の人なのかを知りたい欲求が高まっているのかもしれません。

 

再婚相手が本当の運命の人である可能性が高いと、伝えているものはあるかもしれません。

 

しかしその可能性は、限りなく低いと言わざるを得ません。

 

なぜなら、最初の結婚相手でうまくいっている人は、数え切れないほどいるからです。

 

だからと言って、あなたの再婚相手が運命の人ではない、そう伝えたいために言っているのでもないのです。

 

運命の人が再婚相手であるかは、あなたが決めること、そう伝えたいのです。

 

以前の結婚相手が自分の運命の人ではなかった、ということも実は、あなたが決めたことの回答の一つです。

 

例え以前が失敗に終わったとしても、どんな答えを自分で出したとしても、それを受け入れるべき存在は自分のはずです。

 

そして今、再婚したいと思えるほど、愛せる人がいることも忘れてはいけない事実の一つです。

 

自分の愛している人が運命の人であるかどうかよりも、自分がその人を愛し通すか、愛し続ける決心があるかを、自分に問いただすことが重要なこともあります。

 

以下のリンクでは、運命の人と再婚相手について、詳細にご紹介している内容が詰まっています。

 

もしかするおt、今少しだけ悩んでいるあなたに、何か新しい発見をくれるかもしれません。

 

 

 → 再婚相手は運命の人か?知るべき重要な考え

 

 

「運命の結婚相手は決まっているか」

 

運命は決まっている、そう考えている人は多くいることでしょう。

 

だから運命なのだ、そう思っているわけです。

 

つまり、運命で結婚相手も決まっていて、その人と一緒になることになっているとか、あるいは結婚相手は運命の人であるというふうな、決めつけた考え方になる傾向があるのです。

 

まず物理学的な答えを、先にお伝えするなら、運命は決まっていない、という事実があるのです。

 

決まったことはこの世に何一つない、というのがこの物理的世界の答えになっているのです。

 

私たちは目の前に何か「もの」があるとすると、それは形をなしており、決まった状態になっていると思っています。

 

しかし、目の前の「もの」がずっとそこにあり続けることはないでしょう。

 

それが何であっても、将来の結果は決まっていないし、また予測もできないのです。

 

運命の結婚相手を、あなたがもし、本当に望んでいるなら、あるいは本当に知りたいという思いが強いなら、きっと以下のリンク先の内容が何かのヒントになることでしょう。

 

そしてヒントになるだけでなく、あなたに思考的な改革さえもたらす可能性があります。

 

 → 結婚相手は運命で決まっているか、それはあなた次第という真実とは?

 

 

「運命の結婚相手と直感」

 

運命の結婚相手は、直感的なものであるでしょうか?

 

直感とは例えばビビビっときたものや、何か衝撃的なものを受けた場合が多くあると思っている人は多くいます。

 

ただ、それが本当の直感であるかを掘り下げて考えている人は、もしかしたら少ないかもしれません。

 

当サイト(マインディストKEN)の考えでは、このような衝撃的な反応であるものは、直感とは言い難い、という考えです。

 

おそらくですが、多くの点で正確性の高い直感とは違います。

 

なぜならこれらの多くは、理性を失った瞬間的な欲求の爆発とも考えることができるからです。

 

そしてそれが直感だと勘違いしてしまう傾向が、とても多くあるのです。

 

その理由は、理性的思考を失うほどのこのような衝撃は文字通り、理性的に考えることができないため、ただその対象物が欲しいという欲求に駆られている状態が多くあるからと言えます。

 

直感とは理性的な状態の時に、実はその正確性を高める可能性があるのです。

 

一方で衝撃的で欲求的な直感とは、感情的思考であり、それは例えば空腹時に大好物を目の前にした時の衝動的なものに似ていると言えるでしょう。

 

この違いを以下のリンクでは徹底的にご紹介しています。

 

 

実は。「なんとなく」という感覚が直感的である場合が多いという、意外なことにもあなたは気がつくでしょう。

 

 → 結婚相手は運命&直感で決めるべきか?【最重要7つ】

 

  

「運命の人と結婚できない理由」

 

運命の人と結婚できないと感じている人は、多くいます。

 

そのため、運命の人と結婚するためにはどうすればいいかを、多くの情報の中で探している人は意外なほど多くいることでしょう。

 

結論的に言うと、運命の人がもしいるなら、その人と絶対に結婚できないことなどないと言うことです。

 

最も重要なことは、自分が運命の人と結婚できないと強く思っているほど、それは可能性が低くなることはあると言うことです。

 

これは非常に重要です。

 

なぜならこれは、その可能性を高めることも、低くすることも、自分にかかっていると言うことを示唆しているからです。

 

運命の人と結婚できない理由があるなら、それはもしかすると、自分で自発的に、そうしている可能性が高いのです。

 

あなたが本当は何を望むか?

 

それを今、この時間をきっかけに、読むことさえ中断してよく自分に言い聞かせて見てください。

 

自分は本当は何を望んでいるのか?

 

一体何を望んでいて、何を手にしたいのか?

 

そして、それは本当に手に入ると、自分で思っているのか?

 

もしこれらの質問に、すぐに回答が出てこないか、迷いがあるなら、あなたは自分で本当に望んでいることを拒否している可能性が高いかもしれません。

 

これは何もあなただけのことではないのです。

 

多くの人が、同然のように、自分が本当に望んでいることが手に入らないような選択や思考と行動を、無意識でしてしまっている可能性が高いのです。

 

 

その原因や内容を、以下のリンクでは詳細にご紹介しています。

 

あなたが本当に望むもの、それを手にするための良いきっかけに、きっとなることでしょう。

 

 → 運命の人とは結婚できない?他では聞けない重要な内容とは

 

  

「自分は結婚できない理由」

 

自分が結婚できないと言う理由を、いくら並び立ても、それは結婚できる可能性を高めるとは言えないものです。

 

さらに問題となっていることがあるなら、その理由に対して、自分で正当性と妥当性、合理性などを強く実感していることがあることです。

 

つまり言い換えるなら、自分は結婚しないことが正しい、自分は結婚できないと考えるのが正しい、と自分が自分に向かって証明しているようなものです。

 

しかしこの証明は、全くの証拠を持たないものであることに、あなたは気がつくべきでしょう。

 

なぜなら、その証明の根源となるものの多くは、過去の体験であることがほとんどであるからです。

 

過去の体験は、あなたに今とこれからをどうするかについての妥当性と正当性の高い思考をもたらしやすくします。

 

これはどう言うことかと言うと、過去の体験と記憶の数々が、これからのあなたを決めつけようとしているということができるでしょう。

 

つまり、あなたが結婚できないことや、それが自分でも正しいと感じているのなら、それはただ単に過去にそう思うことが妥当だと言える体験か記憶があることを示唆しているということです。

 

そしてこれは必ずしも、正しいとは言い切れないのです。

 

なぜなら、過去と今、そしてこれからは全く切り離されているものであり、過去のことは多くの点で、未来には通用しないことが多いからなのです。

 

あなたが結婚できない理由を、これ以上並べても、それはすなわち、過去の記憶を並べ立てていることに過ぎないと言えるかもしれません。

 

あなたがそれでいいなら、別ですが、もしそうでないという願望が強いなら、あなたは本当に望んだものに近づくために、過去のそれら記憶や体験を手放す必要があるでしょう。

 

以下のリンクはきっと、その大いなる助け、またはヒントの発見につながることでしょう。

 

 

 → 「自分は結婚できない運命」それは思い込みか、裏に働く本当の力とは 

 

  

「結婚相手は運命の人と違う」

 

結婚相手は運命の人と違うのか?

 

これはとてもミステリアスな疑問の一つだと言えます。

 

そしてこの回答には、結婚相手は運命の人と違うという人もいるし、そうではない人もいるということです。

 

運命の人が結婚相手となる人と、そうではない人の違いには、圧倒的な心理的かつ精神状態の違いがあると言えます。

 

そして最も重要なこととしては、どちらも正解と不正解は存在しないといことです。

 

このことをしっかりと自分の中で知識として知らないと、おそらく正解のない正解を探し続ける旅を、ずっとしてしまうことになるかもしれません。

 

人が運命に固執しやすいのは、そこに安心感を抱くことができるからと言えます。

 

決まった人生、決められたこと、それを手にしたり、あるいはその通りにやればいいのだという考えは、恐れから来ている可能性が高いのです。

 

なぜでしょう?

 

その理由とは、未来や将来が全くわからないことで、それが決まっていると信じ込みたい恐れの感情に、人は支配されやすいからと言えるのです。

 

未来と将来は確かに、決まったものではありません。

 

決まっていないものに対して、決まったことを求めようとすることは、不可能なことを実現しようとすることに似ています。

 

 

しかし恐れという負の感情が、そのような無謀なことに駆り立てるように指示することがよくあるのです。

 

そしてその答えの多くは、自分か他人の決めつけか、偏見か、思い込みか、思いたいという一方的な欲求などが多くあるのです。

 

以下のリンクでは、結婚相手と運命の人について、より詳細にご紹介しているページになっています。

 

あなたの疑問点や、恐れからくる何かを、きっと改善に導くことができることでしょう。

 

 

 → 結婚相手は運命の人とは違う?他では聞けない重要なこととは

 

 

「自分の結婚後に運命の人と出会ったら」

 

自分自身が結婚した後、すぐか、数年後に運命の人に出会った場合があるものです。

 

きっとそのような時の心理や心境としては、結婚してしまったのに運命の人と出会ってしまってことに、迷いや戸惑いがあることでしょう。

 

果たして今の人ではなく、運命を感じたその人と結婚をし直すべきか、心の中ではモヤモヤや、ストレスが募る可能性があります。

 

当サイト(マインディストKEN)の結論と考えからすると、それは一度冷静になるまで、答えを出すことは控えた方が良い、というものになります。

 

結婚した後に運命の人だと感じる体験や、その思いを否定することは、誰にもできるものではありません。

 

ただ運命の人だと実感した時には、二つの種類の感じ方があることは忘れない方が良いと考えます。

 

その二つとは、本当に運命の人である可能性が高い感じ方と、勘違いである可能性の高い感じ方の二つです。

 

特に結婚後に実感したものが、感情的で衝撃的、あるいは自分の思考を止めてしまうような体験と実感が強いなら、もしかするとあなたは、もうその人のことしか考えられなくなっているかもしれません。

 

このような実感と感じ方は、おそらくですが、勘違いの可能性が高い場合があります。

 

それはなぜか?

 

その理由の最もと言える一つに、感情の高まりは、冷静で理性的な思考を失いやすく、また、この人が運命の人だと思いたい欲求さえ高まっている可能性が高いからです。

 

人の脳機能的な部分からも、欲求とは理性を抑制し、それを満たすために盲目的にする作用があります。

 

恋愛の熱が冷めると、どうしてこの人と付き合ってしまったのだろう?という冷静な思考が生まれることがあります。

 

それと同じで、強く運命の人だと感じた人であっても、その感情と欲求が冷めることによって、以前は生まれもしなかった冷静な思考がようやくできるようになれる心理状態となることがあるのです。

 

高まった感情や欲求とは、そうだと思い込みたい、信じたい、という決めつけにさえ発展しやすいものです。

 

そしてそれは個人差はあっても、ある一定期間継続します。

 

そして感情が落ち着き始め、その後ろ盾がなくなると、運命の人ではなかった、ということにようやく気がつくか、冷静な視点と思考で今の自分と現状を把握できるようになるのです。

 

当サイト(マインディストKEN)の独自理論からすると、運命の人である可能性が高い感じ方は、精神的にも心理的にも平常心かつフラットな時に、なんとなく沸き起こった思考、それが、この人が運命の人なのかもしれないなぁ、程度のものが多いと考えています。

 

これは自分が感情的にも高くなく、かつ欲求も高くなく、それを満たそうともしていない心理状態だと言えます。

 

このような心理状態は恋愛感情や熱も高くはないものですが、至って冷静で理性的な思いで、相手の人のことを自然とそう思えるか、感じていることを示唆します。

 

そして感情と欲求の後ろ盾がないため、それに頼る要素はほぼないものです。

 

あなたが既婚者で、もし、自分の結婚後に運命の人と出会ってしまった、あるいは気がついてしまったという思考が働いているなら、その思いは一度、完璧に落ち着くまで待ってから、それでもそうだと思えるかを試した方が良いでしょう。

 

今結婚した人も、きっと、何かを感じて結婚を決意したはずです。

 

あるいは、この人でいいのかな?と迷いが生じながら結婚した場合もあるでしょう。

 

それらを完璧に精査することが可能な心理に、自分がなれるまで待つことが重要だと言えるでしょう。

 

この詳細については、以下のリンクでもご紹介しています。

 

結婚後に出会ったかもしれない運命の人が、本当にそうなのか?何かしらの助けになることでしょう。

 

結婚後に運命の人に出会ったら、離婚すべきか?

 

「運命の人とは結婚できないという理由」

 

運命の人と結婚できない、そう考える人がいるものです。

 

もちろん答えはどちらかは、決まっていません。

 

ただ最初から運命の人とは結婚できないと決めつけるのも、おそらくもったいないことになるでしょう。

 

このような決めつけがあるときや、そのような傾向のある人の多くは、過去の恋愛で悔しい思いをしていたり、ネガテイブな体験がある場合が多くあります。

 

そしていつしか、恋愛そのものや、自分の次の恋愛の可能性や認識、捉え方を歪めてしまっている場合があるのです。

 

その結果、運命の人と結婚なんてできるはずがない、というある種の思い込みにも至りやすいと言えるでしょう。

 

事実はどうなのか?

 

残念ながらその事実は、どこにも転がっていないでしょう。

 

どこを探しても、誰に聞いても、事実は見つかることはないでしょう。

 

なぜなら、事実を作るのは、あなただからです。

 

これから起こることは、何一つ決まっていないものです。これは最新の科学や量子力学という物理的学問がそれを証明しています。

 

私たちは分子よりも小さな粒子、例えば電子や素粒子というものが集まってできています。

 

これら最小単位の粒子は、どこで何が起こるか、どんな変化があるのか、それを特定することは不可能だと言われています。

 

そして物質や現実というのは、まさにサイコロの確率のように決定していると言われているのです。

 

とても不思議なことですが、これは非常に的を得ている事実でもあると言えます。

 

例えば、先ほどのサイコロに例えると分かりやすいでしょう。

 

サイコロの目は1から6まであります。ある特定の数字が出る確率は、6分の1であることは確率論から明確な事実だと言えます。

 

しかし、サイコロを6回振った時、1から6までの数字はそれぞれ1回ずつだけ出現するでしょうか?

 

おそらくそうなる確率の方が、ほぼ皆無でしょう。

 

数字はランダムに出て、そして、二度続けて同じ数字が出ることはあるし、誰もがサイコロでそのような経験をしているのではないでしょうか。

 

確率的な世界では、あくまで、何がどうなるかは予測がつかないということなのです。

 

そして、あなたが運命の人と出会った時、その確率は全く不明であると言えます。

 

もし可能性を上げることができるのなら、

 

→  運命の人とは結婚できない?他では聞けない重要な内容とは 

 

「運命の人だと思った人が結婚してた(既婚者だった)」

 

運命の人だと思った人が結婚していた、既婚者だったということはあるでしょう。

 

決して勘違いしない方が良いことは、既婚者だから運命の人であるわけではないし、既婚者と運命の人にはなんら関連性がないということです。

 

時に運命の人が既婚者だったことに気がついて、運命の人とは結婚できにない運命なのだと考えを固める人がいます。

 

しかしそれは大きな誤りだと言わざるを得ないでしょう。

 

その結論に至ったのは、あくまで個人的な価値観であり、解釈であるということを知っておく必要があります。

 

なぜなら、運命とは個人の解釈であり、それは無限に広がり続ける概念であるからです。

 

運命が何か、運命の実態や正体、その証拠を誰も知ることは不可能です。

 

知ることが不可能な理由の一つに、未来は全く決まっていないからです。

 

例えば大きな台風が起きたとして、誰がそこに大型台風が猛威を振るうことを予測できたでしょうか。

 

そうなる運命だったと、一体何によって証明できるのでしょうか。

 

運命と決めつけることができるのは、何かが起きた後であり、それをどう受け入れるかによります。

 

つまり運命の人が既婚者であることも、そうではないことも、個人的な解釈によって、個人が決めているということが言えるのです。

 

運命は概念であり、どんな理由づけも組み合わせだってあり得るのです。

 

それを踏まえて、あなたがもし運命の人だと感じた人がいて、その人が結婚していたのなら、自分はどのようにこれを受け入れるか、どう決めようとしているか、それに対して自ら自問自答をして、回答を導き出すことは大切でしょう。

 

その時に重要なことは、感情的な高まりを避けるか、完全に落ち着いた時に、それを考えてみることだと言えます。

 

また考えている最中にも、感情的な高まりがないことが望ましいでしょう。

 

感情の高まりは、これから決断することを妥当性があるとか、正当性があるとか、あるいは非常に合理的であると決め込む性質があります。

 

つまり言い換えると、自分の望む答えに、自分で勝手に導く力が感情にはあると言えるのです。

 

そして感情で決めた多くのことは大抵、時間が経過すると、それが本当はなんであったのかを受け入れる時がきます。

 

本当に正当性があり、妥当性があり、そして合理的だったのか、それを今度は客観的に見て把握し、受け入れるべき時がくるということです。

 

あなたはもし、既婚者に対して運命を感じているという現状であるなら、特に自分の感情が穏やかな時に、それを考えてみるとよいでしょう。

 

きっとあなたの本当の答えに、たどり着けることでしょう。

 

以下のリンク先では、運命の人と既婚者について独自の理論と考察に基づいて、詳細に紹介しているページになります。

 

あなたがこのことについて、悩んだりしているなら、少しだけでも改善することを助けてくれるかも知れません。

 

 

運命の人が既婚者同士だった!この時どうするべきか?

 

 

「運命の人と結婚しない時」

 

運命の人と結婚しない時というのもあるでしょう。

 

運命の人と必ず結ばれる、と考える人もいますが、この可能性はどちらとも決めることは不可能です。

 

運命の人との結婚はもちろん、必ずしも成功するわけではないでしょう。

 

それはなぜか?

 

運命の人と結婚できた人も、できなかった人も、その最終的な結果はその人個人の運命という概念による解釈によるものだと言えるからです。

 

運命は概念であり、それは人によって異なります。

 

例えば運命はある、運命など存在しない、という意見は全く同じ運命という概念をテーマにしていますが、答えとしては全く逆です。

 

同じテーマでも、それがあるかないか、という意見が分かれているのです。

 

運命という概念は存在していますが、解釈には、それが存在するという解釈と、存在しない解釈の二つが存在します。

 

 

どちらが真実で、どちらが正しいのか?

 

これはその人個人が決めていることであり、その人の中ではそれが正しいという意見として成り立っているのです。

 

そしてこれは、普段の思考と行動に反映していく力を持っているものです。

 

つまり、運命が存在しているという概念を持っている人は、それを前提に恋人を見たり判断したり、そして結ばれたりします。

 

このように運命を信じている概念の持ち主は、結婚などをすると、これが私の運命で、この人は運命の結婚相手だったと話す傾向があります。

 

一方で、運命を信じていない概念の持ち主は、結婚しようと結婚しまいと、運命の結婚相手と結婚できたなどと人に話すことはないでしょう。

 

なぜなら、相手が運命的であるかは、すでに付き合う前からそのような意識で見ているわけでもなく、付き合った理由も運命ではなく、結婚も運命だからという理由などないからです。

 

このような人は、結婚は運命ではないという前提でしているため、相手の人を運命の人だとも思っていないし、認めていないのです。

 

このどちらが良いか、ということはどちらでも良いのです。

 

自分の持っている信念や信じているものに従って、それぞれが結婚を決意したというだけの話なだけです。

 

運命の人と結婚しないというのは、その人本人が、どのような概念を持っていて、信じていて、それに従った思考と行動をしているかに依存しやすいのです。

 

一方で、運命の概念を信じているけれど、それでも運命の人と結婚しない人はいるでしょう。

 

これも運命的な要素が働いているというよりも、運命という概念が、運命の人とは結婚できない運命にあるとか、私はこうなる運命の持ち主だ、ということを自分で決めていることがほとんどだと言えるでしょう。

 

人は、自分が本当に望んでいることを、自分から手に入れようと、実は進んでしていないことがあります。

 

 

その理由には、おそらくですが、多くの場合で、幼少期の頃に自分の理想や願いは叶えられないという体験をしている可能性があります。

 

それによって、自分の願いや理想は、叶えることができない運命なんだ、という概念を抱きやすく、信じ込みやすい心理を作り上げやすくしてしまうものです。

 

運命の人は結婚するとは限らないし、結婚する場合もあるし、しない場合もある、これは自分が決めていることだと、自分の概念と向き合ってみると、きっと新しい答えが生まれることでしょう。

 

そしてその答えと、自分が本当に望んでいることのギャップに、あなたは驚くかも知れません。

 

以下のリンク先では、運命の人と結婚しないことについて、詳細にご紹介しているページになります。

 

あなたの運命の人は結婚するのか、しないのか、それを決める何か手助けにきっとなってくれることでしょう。

 

 運命の人と結婚しないのはなぜか?そこに働く心理とは...

 

 

「運命の人との結婚がトントン拍子にいく」

 

結婚がトントン拍子にいくと、その相手の人は運命の人なのか?

 

トントン拍子にいかなかったら、運命の人ではないのか?

 

このような議論をしている人は意外にも多くいるようです。

 

ではこれは本当なのでしょうか?

 

おそらくここから以下の内容は、きっと、あなたは初めて耳にする内容になるかも知れません。

 

それとは、例えばトントン拍子にいかない場合は、自分かあるいは相手の人がそれを無意識に意図的に行なっている場合がある、ということです。

 

結婚がトントン拍子にいくことも、同じことが言えます。

 

これはどちらが運命的であって、片方は違うということとは全く関係ないものだと理解してください。

 

言い換えると、無意識で結婚をしたいと思っているか、無意識で結婚をしたくないと思っているか、そのどちらかによって結果的にトントン拍子に進むかそうでないかに分かれるだろうと言えるのです。

 

つまり、無意識で結婚をしたいと思っている場合は、それがどうすれば実現可能かをとてもよく気が付きやすく、自然とそのような行動と選択をしている可能性があるということです。

 

この場合、多くの場合で人は無意識の意図が働いていることが多く、自然と実現できることをアイディア、外部の情報、あるいは閃きなどに敏感に反応しやすいか、またはそれらを生みやすい心理状態になっていると言えるでしょう。

 

これは人の創造的な思考と創造性が発揮されている現象と言えるかも知れません。

 

しかし無意識では本当は結婚などしたくないと思っていると、実現しないことに敏感に反応したり、気がついたり、そして自然とその選択をしていることがあるのです。

 

実はこれも人の創造的な思考と創造性の発揮と言えます。

 

つまり、無意識の中で強く抱いていること、信じていることは、それがそうなるように創造的に思考や行動が働きやすいと言えるのです。

 

分かりやすく例えると、例えば仕事で忙しい中で大好きなことが見つかり、それを何がなんでもやりたいと思っている人がいるとします。

 

この人は、それができるようにするにはどうすればいいか?早く帰宅するべきか?早く起きるべきか?休日をそれに全力で当てるべきか?それまでに準備できることは何か?などなど、自然と「そうなる」思考と行動を創造的に思いついています。

 

これは何がなんでもやりたくないことを、避けることにも創造的に発揮していて、どうすればそれを避けることができるか?そのことを創造的に思考し、実行に写そうとしていると言えるでしょう。

 

もし今のあなたが、結婚がトントン拍子にいかなくて、悩んでいるなら、自分の無意識の中に、どんな強い新年が働いているかを、見つけ出してみると良いかも知れません。

 

本当はまだ結婚したくないと思っているのか、その人との関係に心底から信頼を構築できていない不安があるのか、あるいは結婚をただ現実として受け入れられていないのかなど、様々なものがあるかも知れません。

 

それを見つけられるのは、本人であるあなた以外にいません。

 

以下のリンクでは、運命の人と結婚がトントン拍子にいくことについて、詳細にお伝えしています。

 

きっと、運命の人との結婚について、何か役に立つ内容となっていることでしょう。

  

運命の人との結婚はトントン拍子にいくか?またはいかない理由とは

 

 

「運命の人なら幸せな結婚ができる」

 

運命の人なら結婚するだけでなく、その結婚は必ず幸せなものだと想像している人は多くいるでしょう。

 

この想像が強いか、あるいは信じている度合いによっては、運命の人を求める欲求も比例していく傾向があります。

 

この理由とはとても単純に説明つくでしょう。

 

それは、幸福が待っていると思っていたり、幸福が約束されていると思っているからです。

 

人の欲求と感情は、とても密接に関係しており、これは特に、希望や理想、夢や目標などによって、大きく機能する傾向があります。

 

例えば、あなたがスイーツが大好きな人だとしましょう。

 

たまたまテレビで紹介されていた新感覚スイーツの特集を見たとます。あなたはスイーツが大好きですから、是非ともそれを食べたいと思うはずです。

 

そしてきっと、そのお店はどこにあるのかを調べ、いつ行けそうなのかなどを具体的に考えて、行動にしていくでしょう。

 

これらは全て、そのお店に行って新感覚スイーツを食べることを前提にして、突き動かされていると言えます。

 

つまり、人は幸福が得られそうだと脳や心理が働き始めると、それを求める欲求を高めて、行動力を高めることがあるのです。

 

上記の例では、その新感覚スイーツを食べたらどれだけの幸福を味わえるだろう、そのように自分でも無意識で、さらには意図的に、思考していることが言えます。

 

欲求が高まるのは、幸福が味わえそうだということを想像することでそれが可能になるのです。

 

 

運命の人を求めたり、または運命的な結婚をしたいと望む心理もこれに似ていて、そうなることで自分は幸福になれそうだ、ということを想像している可能性が高いのです。

 

ただし注意しておくべき点は、スイーツなら概ね幸福感を味わえる可能性が考えられますが、運命的な結婚はスイーツのような一瞬の幸福感ではないものです。

 

運命的であれ、違うものであれ、結婚は長期的なものであり、その長期間の全てを幸福で満たすことは不可能だと言わざるを得ません。

 

またスイーツの例に戻りますが、新感覚でとても美味しそうだと思い、欲求を高め、期待感を高めてお店に行ったけど、あまり自分の口には合わなかった・・・・ということはあるものです。

 

つまり、高まった欲求と期待感と、それにまつわる全てのことは、結果は必ずしも約束などされていないということなのです。

 

以下のリンク先では、運命の人との結婚は幸せなものかについて、詳細にご紹介しています。

 

この先の内容を知ることで、あなたはきっと自分の運命の人や結婚に対して、何らかの新しい気づきをすることになるでしょう。

 

 

運命の人との結婚は幸せなのか?

  

「運命の人と結婚したけど離婚した、または離婚する」

 

運命の人と結婚したけど、離婚した人や、あるいは離婚をしようとしている人は、きっといることでしょう。

 

この段階にまで進んでしまった人は、おそらく、運命や運命の人とは、一体何であったのか?という疑問や疑いを抱き始めている可能性があります。

 

 そうです。

 

たとえ結婚前や結婚当初は、明確なまでの運命の結婚だと思っていても、結果は異なるものを体験することはあり得ることなのです。

 

では運命の人など本当はいないのでしょうか?

 

あるいは、結婚した相手の人は自分の運命の人ではなかったのでしょうか?

 

この質問をし、その答えを追求することは、おそらく無意味な行為となる可能性が高いでしょう。

 

なぜなら、その答えはでないか、あるいは気分や体調、または今後に何かが起こることによって常に変わるものであると言えるからです。

 

あなたがもし同じような立場であるなら、この答え探しはやらない方が無難だと言えわざる得ないか、追求することはやめた方が良いでしょう。

 

おそらく運命の人だと思ったのに、離婚をする人の多くは、運命の人であるから結婚が約束されているわけではないか、あの人は自分の運命の人ではない、ということを実際の体験をしていて、認識もそのように変わっています。

 

運命や運命の人は概念であるため、これに統一した答えや、または不変の答えが存在することはないのです。

 

常に変わり得る、常に変化し続けている、ということが常に起こっているということを認識する必要があります。

 

それを受け入れないと、運命の人という固定的で将来や未来が決まっているかのような幻想を抱き続けたまま、また何かが起これば、意見や考え方を変えてしまうことを繰り返しかねません。

 

結婚とは一体なんでしょうか?

 

何がなんでも運命の人と結婚することが、全て正しいことで、素晴らしいことなのでしょうか?

 

人を取り巻く外的な状況や現状、そして自分自身の内的なそれらでさえも、一定であり続けるものは何一つありません。

 

それにこだわることは、果たして自分にとってどれだけの価値あるものなのか?

 

これをよく考えて、むしろその答えを出すことが望ましいと言えるでしょう。

 

結婚は離婚するために、それを決意する人はまずいないでしょう。

 

しかし残念なことに、結果はどのどちらもあり得るのです。

 

この事実をどう受け止めるか、これはとても重要です。

 

そして受け止め方次第で、きっと、あなたの結婚はこれから良くなっていく可能性があるのです。

 

 

以下のリンク先は、あなたが運命の人だと思って結婚したけれど、離婚してしまうことになった時、または実際にそれを体験した時、運命と離婚について詳細にご紹介しています。

 

 

運命の人と離婚することとは?

 

  

「運命の人結婚エピソード」

 

運命の人の結婚エピソードは、実は多くの場所で語られているものを見つけることができます。

 

きっとあなたもいくつかを目にしたり、耳にしては、自分と照らし合わせてきたのではないでしょうか。

 

当サイト(マインディストKEN)では、なんらかのエピソードをあなたにお伝えするつもりはありません。

 

それはなぜか?

 

それは、とても意味のないことだと当サイト(マインディストKEN)は考えているからです。

 

運命とは、個人的な解釈による概念であり、この世に二つと全く同じものがないものだというのが当サイト(マインディストKEN)の運命や運命の人に関する考え方です。

 

これに異論を唱える人はいるかも知れませんし、あなたはすでにその1人なのかも知れません。

 

しかしよく考えてみてください。

 

あなたがこの世で、2人といない存在であることを。

 

あなたの頭脳の中で起こっている思考は、時として偶然に誰かと似たような思考をする場合はあったとしても、全く一致することはないのです。

 

なぜなら、あなたは事実、この世でたった1人の存在であるから、というのが基本的かつ根本的な理由になります。

 

これは例え遺伝子が全く同じ一卵性双生児であっても、同じ思考をしていることはなく、似ている傾向があるという部分でしかないのです。

 

一卵性双生児であっても、好きになる人やタイプ、食べ物、習慣は異なるし、それがたまに一つか二つ一致してしまうことはあっても、その他のことは全く違うものです。

 

これは全くの個人が、個人的な解釈を常に抱き、または作り上げながら、人生を過ごしているからと言えます。

 

そのため、運命の人と結婚できたという他人のエピソードは事実であっても、それがあなたに効果的に証明できる確率は極めて低い可能性があるとしか言えないのです。

 

それよりも、あなたは運命の人との結婚を求めているのなら、その証拠と事実は、あなたがこれから自分の手によって作り上げていくものであるのです。

 

あなたのエピソードは、あなただけのもので、似た人がいても、それはあまり深く関係がないものです。

 

あなたはこれから、自分のそのエピソードを作っていくために、自分の可能性やあらゆるリソースを活用しながらそれを実現してくことが、重要であると言えます。

 

以下のリンクは、運命の人と結婚エピソードについて、より詳細にご紹介しているページになります。

 

あなたが自分で責任を持って、そのエピソードを書き上げる、手助けになるかも知れません。

 

 

運命の人との結婚エピソードは重要ではない理由

 

  

「運命の人や結婚相手を確かめる方法」

 

運命の人や運命の結婚相手を確かめる方法はあるのでしょうか?

 

運命の人を確かめる方法には、運命の人の特徴や前兆があったりすると言われています。

 

以下のリンクは、運命の結婚相手を知ることの助けになるかも知れません。

 

ただし、運命の人とはあくまで個人的な解釈であり、概念であることを忘れないことが重要です。

 

これらリンク先の内容はどれも、参考程度か、新しい考え方につながるヒントにすることが望ましいと当サイト(マインディストKEN)は考えています。

 

 運命の人(運命の結婚相手)を確かめる方法とは

 

そのほかの関連ページは以下になります。

 

  

「運命の結婚相手や運命の人の特徴」

 

運命の人には特徴があると言われています。ここでは他では聞くことのできないできる限りのすべてを、ご紹介しています。 運命の人の特徴を知っていると、きっと、あなたがその人と出会う助けになるでしょう。 あなたの運命の人が今の人なのか、あるいは過去に出会っていた人なのか、それともこれから出会う人なのか? それが今日、わかるかもしれません。

 

→ 運命の人の特徴【徹底解説】

 

 

「運命の結婚相手や運命の人と出会うとどうなる?」

 

あなたがもし、運命の人と出会うとどうなるのでしょうか? 多くの場合で、何か直感的なものを感じたり、安心感が高まったりと言われていますが、それとは少し異なることがあるかもしれません。 これより、ここでしか知ることのできない内容を、ご紹介します。

 

→ 運命の人と出会うとどうなる? 

 

 

「運命の人と出会う前兆」

 

運命の人と出会うには、ある前兆があると言われています。 その前兆にはいくつか共通点があることが、多くの人の体験から報告されています。 あなたがそれを知りたい理由はなんでしょうか?当サイト(マインディストKEN)では、それを「結婚」ということを前提に、たくさんのことをご紹介しています。 あなたの運命の人との結婚に、何か役に立つことがきっと書かれていることでしょう。

 

→ 運命の人と出会う前兆[最重要]を徹底解説!

  

 

「運命の人とスピリチュアル」

 

運命の人はスピリチュアルでもよく言われることで、また多くの人が望んでいるものでもあります。 そこにはスピリチュアル的要素を求める人や、そうではない要素を求める人などたくさんの需要があります。 ここでは、スピリチュアル的に運命の人を解説し、ここでしか知ることのできない独自の理論でご紹介します。 この先を読み進めると、きっと、これまでになかった新しい発見とヒントがあることでしょう。

 

  

→ 運命の人をスピリチュアル的に独自の理論で徹底解説!無料スピリチュアル占いも紹介