「3運命の人と出会いたい欲求を抑える良い効果とは」

 

運命の人と出会いたい、という欲求を抑えることによって、不思議と心理的な重圧やストレスは軽減することを体験することがあります。

 

これは欲求の空間を満たそうとする働きや、イライラ、虚無感、怒り、消失感、怒り、嫉妬という感情が抑えられるからだと言えます。

 

イライラやその他の感情が生まれる理由や原因の多くこそ、欲求が大きくて、かつそれが、満たされていない状況にあるなら、欲求の大きさを小さくするか、あるいは捨て去ることによって、これらの感情が不要になることがあるのです。

 

これらの感情がなくなることによって、実は、人の思考というのは、大きく変化することがあるのです。

 

これは自律神経的な部分が深く関係していると言えます。

 

例えば、欲求が強い状態で、それが満たされていないという時は、人の心理的バランスが崩れていると同時に、自律神経は交感神経が優位になっていることが多くあるのです。

 

交感神経は 興奮を高めたり、ストレス状態を高めている状態を示し、心的なものにも大きな負荷を与えていることがあります。

 

そして交感神経が優位になる程、人は欲求の暴走に傾倒しやすいのです。

 

言い換えるなら、交感神経を副交感神経優位にすることで、欲求とそれを満たそうする行為と心理、そしてそれらのバランスは穏やかにすることができるということです。

 

問題は、欲求を抑えることは、非常に難しいことです。

 

人は追い求めていること、満たしたいと思っている欲求を、抑えることや、捨てることに大して、とても抵抗感を示す傾向があるのです。

 

これらを抑えるか捨てるかすれば、とても精神的にも心理的にも、身体的にも楽になることがわかっているのに、それをしようとはしないか、あるいは、したくないのです。

 

なぜでしょう。

 

その理由とは、抑えるか捨てるということんによって、それが手に入らないという恐怖感が生まれやすいからです。

 

欲求を捨てるとは、自分が欲しいと思っていたものを諦めることに似ています。

 

諦めたらもうそれは二度と手に入らないのではないか、という心理がとても働きやすく、その状態はすでに、欲求がかなり大きくなっていて、その欲求に自分が支配されている状態と言えるかもしれません。

 

すでに支配されてしまっていると、周囲の意見も的確なアドバイスも聞けるような心理状態ではなくなっていることが多く、よりそれにのめり込むような行為が増えていく傾向にあります。

 

つまり、運命の人に出会いたい、それを捨てたくない、諦めたくない、というまさにこの状態が、その実現の妨げになっているなど、思いもしないものなのです。

 

これらを穏やかにすることによって、日常的に抱えている多くのストレスはかなりの確率で緩和されていきます。

 

そして、緩和した時、改めて事実や現実、自分の立たされている現状に気がつくことが可能となります。

 

そしてこの気がつけた現状こそ、運命の人と出会うためのスタートラインとなり得るのです。

 

運命の人に出会いたいという欲求が抑えられないままでいると、この本当のスタートラインを見逃したまま、時間だけが多く経過してしまう事態を招きかねません。

 

あなたは今現在、どのような状態でしょうか?

 

運命の人と出会いたいという望みが、感情が、気持ちが、そして欲求が大きくなっていますか?

 

これはあなたの中で、必ずと言っていいほど、明確にすべき答えだと言えるでしょう。

 

なぜなら、自分の心理状態は自分でしか制御できないし、また覗き込むことも、把握することも不可能な部分だからです。

 

そしてそれができるとき、交感神経が穏やかになり、副交感神経が優位になる可能性が高まります。

 

その結果、とても精神的に落ち着くような体験をすることでしょう。

 

この落ち着いた精神状態こそが、かなりの確率で、あなたの運命の人との出会いの最適な出発点だと言えるのです。