再婚相手は運命の人か?知るべき重要な考え

 

「次の結婚は失敗したくない。」

 

そう思い再婚する人は多くいるでしょう。

 

再婚が成功するために、相手の人が運命の人であって欲しいと願う気持ちはわかります。しかし重要なことはそこではない、というのが当サイト(マインディストKEN)の見解です。

 

それは可能なのでしょうか?

 

答えはもちろんイエスの可能性があります。ただし、あなたにはそうなるためにとても大切なことを覚えておく必要があるでしょう。

 

 

これより、他では決してて聞くことのできない内容を、ご紹介していきます。

 

きっとあなたも驚きを隠せないことでしょう。



《広告》


「磁石」のように

引き寄せ合う

【運命の彼】

を占ってもらう

  

なたはこのまま、運命の彼を知らないまま過ごしますか?

 

運命を聞くと将来が楽になるかもしれませんよ。

 

あなたは有名な占い師にも占ってもらえます。

 

運命の彼について聞いてみませんか?

 

今なら登録するだけ。最大2500円分無料で占えます。

 

登録は簡単、無料です。

 

詳細は↓こちら(リンク先では今日昨日の口コミも下部で確認できます)

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト
 

 

 

 

「再婚相手が運命の人となる時」

 

あなたの再婚やその相手の人が、あなたの運命の人になる時とは、あなたがそれをどこまで望み、願いが強いかによるでしょう。

 

なぜなら、運命の人は目に見えるものではなく、共通の認識がない非物理的なものだからです。

 

それはとても個人的な解釈であり、また、創造性の高い解釈だと言えるのです。

 

あなたがすでに再婚をしたか、あるいはまだしていないかに限らず、運命の人とは、概念であり、そしてそれを証明する手立てはありません。

 

共通の認識がない、あるいはできないということは、第三者と同じものが見えていないからと言えます。

 

例えば、今日の夕日がとても赤く、さらには空までを赤色に染め上げていたとしましょう。

 

この時、あなたが友人とその夕日と空を見ているとしたら、夕日あるいは太陽という共通の認識があります。

 

夕日が赤い、ということも概ね共通した認識だと言えます。

 

概ね共通した認識と言ったのは、赤色とは、個人差がある要素だからです。

 

つまり、夕日があることはお互いの既成事実であり、疑いようもあり離ません。

 

しかし夕日の赤色の度合いなど、感覚は、個人的に異なる受け取り方があるのです。

 

どのような赤色か、オレンジ系なのか、真っ赤なのか、黄色っぽく見えているのか?などなど夕日を見ている人の数だけ、そこには若干の違いがあります。

 

何が言いたいかというと、このような感覚的なものが、運命の人の概念であるということです。

 

そして運命の人は夕日の赤色よりも、もっと創造性的で、創造的であるほどそれは個人差が大きくなる傾向があるのです。

 

なぜなら赤系だというほぼ同じような認識さえ、そこにはないからです。

 

あなたの再婚相手が運命の人であるかは、あなたの創造性が決めることができ、そして創造性を高めることによっても、それは異なる警戒を示すようになるでしょう。

 

そして次に、最も重要であろうことをお伝えします。

 

その創造性は自分の願いの強さによって、変えていくことが可能でもある部分なのです。

 

願いの強さとは、あなたが本当に手にしたいものが何か、ということを自問自答し、さらにはこれをくりかせして、明確にしていく必要があります。

 

運命の人がその人であるかというよりも、これはおそらく最も重要な自分への質問と回答になるでしょう。

 

 

なぜなら、その回答によってはその再婚相手の人が、あなたの本当の運命の人にもなり得る可能性があるからです。

 

運命の人は概念であり、あくまで非物理的なmのです。

 

上述の夕日の赤色の例のように、夕日がどれくらい赤いかは、自分で決めるものです。

 

そして他人がオレンジ系だと言ってきても、あなたにそう見えないなら、それは異なることだと言えます。

 

あなたが赤色で見たいのか、または、オレンジ系に変えるのかは、あなた次第になります。

 

これを明確にするためには、繰り返し繰り返し、自問自答をしていくことによって、それが明確化する助けになります。

 

そして、この自問自答の中で得られる答えは、あなたにとって「そうお思いたい」という期待感ではなく、「そうだ」という自然な思考として湧き上がるものであると良いでしょう。

 

なぜなら、人の創造的思考は精神と心理状態がとても落ち着きリラックスしている時や。極めて平常心である時に、高い創造性を発揮しやすいからです。

 

創造性が高い状態を作り、そして、その時に静かに自問自答を繰り返してみるのは、あなただけの答えに、きっとたどり着けることになるはずです。

 



《広告》


 

 

「前の結婚相手(離婚相手)は運命の人だったのか?」

 

今の再婚相手が運命の人だったと思うと、前の結婚相手つまり離婚した相手の人は運命の人ではなかったのか?という質問が生まれるでしょう。

 

これも上述のとおり、運命の人は概念であり、個人の創造的解釈であるという前提でお伝えすると、「運命の人ではなかった」と、決めたのは、あなた自身だったという可能性が高いと言えます。

 

もしかしたら、あなたはその人と離婚をする前に、どこかの誰かに運命の人ではないと、言われたのかもしれません。

 

それがきっかけか、あるいは自分に確証に似たようなものを感じて、離婚という決断に踏み切ったのかもしれません。

 

ただ、唯一言えることは、どのような決断においても正しいものはない、ということです。

 

正しいと決めることができるのは、あなた本人以外にいないのです。

 

別れてよかった、とあなたが心の底からそう思えるなら、それはとても素晴らしいことであり、正しいと言えます。

 

時に人は、離婚そのものを否定的に見ている場合もあり、そのような人はいることも事実です。

 

離婚した人に対して、冷ややかな目で見る、批判するなどという行為は後を立たず、またこの世の中から消え去ることはありません。

 

人は時に、間違いを犯すものです。

 

それがテストの回答だけでなく、結婚であることも、当然のようにあるものです。

 

問題は、間違えたまま、あるいは本当の答えを自分で知らないまま、次のテストに挑むことだと言えるでしょう。

 

離婚はそれまで愛し合っていたもの同士が、何かが原因となり、全く違う関係になることだと言えます。

 

つまり、以前の状態から新しい状態へと変わった、ということを意味します。

 

このような変化は、どのようなことにもあるもので、またそれが否定され得るべきことでもないものです。

 

結婚は大抵の場合で、2人とも初めての体験であり、初めての人生のテストのようなものだと言えます。

 

ここがよかった、ここが間違いだった、というまるでテストの採点のようなものはあるものでしょう。

 

そして、それを修正できなかった場合は、もしかしたら離婚という決断もあることでしょう。

 

しかしそれよりも重要なことは、自分がより、自分の結婚に対して深く理解すること言えるでしょう。

 

以前はそれは知らなかったか、または、重要だとも思えなかったかもしれません。

 

しかしまるで学校のテストと同じように、次のテストを前回よりももっとよくしたいという意欲や願望が強く働くことによって、その後の行為に影響を及ぼせるものです。

 

例えば勉強したことを色々と復習したり、あるいは過去の間違いがなぜ起こったのかなどを自分で知ろうと努力することでしょう。

 

これは再婚にもとても重要であり、なぜ前の結婚相手とうまくいかなったのか、または、別れを決意したのか、そこには自分なりの答えがあったはずです。

 

仮にあなたが離婚をした体験がある場合ですが、その答えを出すまでもきっと、何度も何度も自問自答したのではないでしょうか。

 

自分で答えを決めること、つまり、今の結婚相手や前の結婚相手が、運命ではなかったという答え出すことは、あなたにしかできないことなのです。

 

運命の人という概念は、あなたの中にしかなく、あなたの答えの出し方によって、それは変わるし、変えていくことも可能だと言えるのです。

  

間違いは誰でも起こす可能性はあります。

 

だから、次は自分で、しっかりとした答えを導き出すことが、とても重要なのです。

 

以下のリンク先では、運命の人と離婚について、詳細にご紹介しています。

 

運命の人と離婚

 

きっとあなたの悩みの改善につながっていくことでしょう。

 

 

「運命の人が期待感にならないことが大切」

 

運命の人かもしれない、いやきっと運命の人だ、そのように答えを決めつけることが、意外にも多くあるものです。

 

しかし、運命の人が創造的なもので、あくまで個人の創造的解釈だとすると、これは正しいとも言えるし、また間違いだとも言える、両方の可能性があるのです。

 

ここで可能性と言ったのは、運命の人だと決めることを、とても的確かつ真実性の高い表現だと言えるからです。

 

例えば以前の結婚相手の人の時も、もしかしたら、この人が運命の人だと思ったとしましょう。

 

さらにそこには、とても強烈な感情が働き、全く疑う余地がなかったとします。

 

しかし結果的に、別れたとします。

 

これは何を物語っているのでしょうか?

 

それこそが、可能性という表現だと言えるのです。

 

人や、また人の決定したことは、すべて可能性の領域の中にあり、それを超えることは不可能なことです。

 

なぜなら、運命の人だと確信して結婚しても、結果的に別れることもあるし、また別れないことの両方の可能性が常にあり続けるからなのです。

 

二つの結果は常に存在し、そしてどちらかが消えることはありません。

 

可能性の中のことを、確実な答えとして決めたところで、それが結果に必ず結びつく保証はないのです。

 

運命の人だと強く信じながらも、別れたしまったからその人は結果的に運命の人ではなかった、という答えの出し方をすると、もしかするとそのあとの再婚にも同じことが起こる場合があると言えます。

 

なぜなら、自分がその人と一緒になる理由や本質的部分が、運命かどうかに頼り切っている可能性が高く、自分の本意でないことが多くあるからと言えます。

 

運命の人であると、自分でその答えを出すことはとても重要です。

 

しかしそれよりも前に、本当の自分の答えを出すことは、それよりも重要なことだと言えます。

 

例えばそれは、「この人と一緒になりたい」「どんなことがあっても、この人といられるならそれでいい」という答えがでた時は、運命の人という概念への便りや依存をかなりなくした回答だと言えるでしょう。

 

なぜなら、運命の人であるという証拠などは不要で、その人と一緒にいる時に起こり得る負の結果に対しても、受け入れることができた可能性が高いからです。

 

結婚しても、またその相手が自分の運命の人だと決めたとしても、悪いことは起こりえます。

 

悪いことが起こることを前提に、その人と一緒になるのなら、そうでない場合と大きな差が生まれることでしょう。

 

例えば、この人と一緒になるとこんな良いことがあるだろう、でも、こんな悪いこともあるだろう・・・。というのは考えられるものです。

 

しかし、相手がきっと変わるとか、変わってくれるとか、変えて見せるということはほぼ全て、将来への期待でしかないと言わざる得ないものです。

 

その理由というのも、上述のように、可能性は良い結果も悪い結果も、消えることはないからです。

 

このような期待と期待感によって結婚をしてしまう時、もし悪い結果が訪れたとしても、それを受け入れらないことが多くなる傾向にあります。

 

このような夫婦生活の典型的な例として、良い時は良いけど、悪い時は悪い、という関係性を築き易いと言えるでしょう。

 

 

相手が変わらなくても、そのままでも、一緒にいることが幸福なのだ、という回答が自分の中で確信を持って出せたのなら、それはあなたにとって素晴らしい結婚になる可能性があります。

 

運命の人が期待感にならないように、それで答えを決めないようにすることは、とても重要なのです。

 

 

「2人の創造的心理が、運命的な結婚を決めるもの」

 

上述で、運命とは個人的な創造性の高い価値観であり、概念であるという当サイト(マインディストKEN)の見解を述べました。

 

そして創造性が変わることによって、導き出される答えにも影響を及ぼすことがあります。

 

創造性が変わるとは、特に多くの場合で、心理状態によって大きく変わる要素となると言えるのです。

 

それはなぜか?

 

その理由のもっともだと言える一つに、人の感情と理性のバランス状態によって、創造性や創造的思考ができる時や、制限されることがわかっているからです。

 

創造性と創造的思考は、感情的な心理状態では制限される傾向があります。

 

一方で理性的心理状態では、創造的思考が抑制されること少なく、むしろ、創造性が高まる傾向があるようです。

 

つまり、創造的思考と創造性が高い理性的な心理状態の時に、おそらくもっとも2人が運命的要素が強いと感じる可能性があるのです。

 

平常心でリラックスしている時に、「この人と一緒にいて幸せだなぁ。」という思考が自然にふと沸いたら、それはとても良い関係となる可能性が高いと言えます。

 

例えそこに、目で見える証拠や、なぜそうなるかの確約などなくても、それを自分が信用できれば良いと言えるでしょう。

 

上述のように、運命という概念は創造性の高い思考であり、個人的な価値観です。

 

誰も正解を知らないし、正解はそれを思っている人の数だけあります。

 

そうであるならば、創造性の高い状態である方が、運命的要素をもっとも実感できる状態にあるということが言えるのです。

 

創造性によって運命の人や、その人への解釈が変わるのは、自分か、あるいは相手の人か、または2人の心理状態の変化によって、大きく異なるし、心理はいつも一定ではないので、いつも変化しているものだとも言えるのです。

 

運命の人が変わってはいけない、生まれる前から決まったものだという意見もあります。

 

しかしそれはこの現実には存在できないものだと言わざるを得ません。

 

将来は何も決まっていないし、決めたところで、将来が必ずそうなる保証は誰にも、どこにも存在しないからです。

 

可能性の中に、常に将来はあり続けるのです。

 

もし、2人が運命だという答えを導き出せたのだとしたら、あとはいつも変わる心理状態を常に元に戻すような努力が必要と言えるでしょう。

 

いつも変わるのだから、それは元に戻してみると良い、というだけのことです。

 

つまり、自然とふと沸いた「どんなことがあっても、この人が一緒なら幸せなんだろうな」という心理と思考を思い出すことが重要と言えるのです。

 

そして、それがきっと、2人の深い愛に満たされた、良好な関係を長く続かせることにもなるでしょう。