再婚相手は運命の人か?知るべき重要な考え

 

「次の結婚は失敗したくない。」

 

そう思い再婚する人は多くいるでしょう。

 

再婚が成功するために、相手の人が運命の人であって欲しいと願う気持ちはわかります。しかし重要なことはそこではない、というのが当サイト(マインディストKEN)の見解です。

 

それは可能なのでしょうか?

 

答えはもちろんイエスの可能性があります。ただし、あなたにはそうなるためにとても大切なことを覚えておく必要があるでしょう。

 

 

これより、他では決してて聞くことのできない内容を、ご紹介していきます。

 

きっとあなたも驚きを隠せないことでしょう。

 

「再婚相手が運命の人となる時」

 

あなたの再婚やその相手の人が、あなたの運命の人になる時とは、あなたがそれをどこまで望み、願いが強いかによるでしょう。

 

なぜなら、運命の人は目に見えるものではなく、共通の認識がない非物理的なものだからです。

 

それはとても個人的な解釈であり、また、創造性の高い解釈だと言えるのです。

 

あなたがすでに再婚をしたか、あるいはまだしていないかに限らず、運命の人とは、概念であり、そしてそれを証明する手立てはありません。

 

共通の認識がない、あるいはできないということは、第三者と同じものが見えていないからと言えます。

 

例えば、今日の夕日がとても赤く、さらには空までを赤色に染め上げていたとしましょう。

 

この時、あなたが友人とその夕日と空を見ているとしたら、夕日あるいは太陽という共通の認識があります。

 

夕日が赤い、ということも概ね共通した認識だと言えます。

 

概ね共通した認識と言ったのは、赤色とは、個人差がある要素だからです。

 

つまり、夕日があることはお互いの既成事実であり、疑いようもあり離ません。

 

しかし夕日の赤色の度合いなど、感覚は、個人的に異なる受け取り方があるのです。

 

どのような赤色か、オレンジ系なのか、真っ赤なのか、黄色っぽく見えているのか?などなど夕日を見ている人の数だけ、そこには若干の違いがあります。

 

何が言いたいかというと、このような感覚的なものが、運命の人の概念であるということです。

 

そして運命の人は夕日の赤色よりも、もっと創造性的で、創造的であるほどそれは個人差が大きくなる傾向があるのです。

 

なぜなら赤系だというほぼ同じような認識さえ、そこにはないからです。

 

あなたの再婚相手が運命の人であるかは、あなたの創造性が決めることができ、そして創造性を高めることによっても、それは異なる警戒を示すようになるでしょう。

 

そして次に、最も重要であろうことをお伝えします。

 

その創造性は自分の願いの強さによって、変えていくことが可能でもある部分なのです。

 

願いの強さとは、あなたが本当に手にしたいものが何か、ということを自問自答し、さらにはこれをくりかせして、明確にしていく必要があります。

 

運命の人がその人であるかというよりも、これはおそらく最も重要な自分への質問と回答になるでしょう。

 

 

なぜなら、その回答によってはその再婚相手の人が、あなたの本当の運命の人にもなり得る可能性があるからです。

 

運命の人は概念であり、あくまで非物理的なmのです。

 

上述の夕日の赤色の例のように、夕日がどれくらい赤いかは、自分で決めるものです。

 

そして他人がオレンジ系だと言ってきても、あなたにそう見えないなら、それは異なることだと言えます。

 

あなたが赤色で見たいのか、または、オレンジ系に変えるのかは、あなた次第になります。

 

これを明確にするためには、繰り返し繰り返し、自問自答をしていくことによって、それが明確化する助けになります。

 

そして、この自問自答の中で得られる答えは、あなたにとって「そうお思いたい」という期待感ではなく、「そうだ」という自然な思考として湧き上がるものであると良いでしょう。

 

なぜなら、人の創造的思考は精神と心理状態がとても落ち着きリラックスしている時や。極めて平常心である時に、高い創造性を発揮しやすいからです。

 

創造性が高い状態を作り、そして、その時に静かに自問自答を繰り返してみるのは、あなただけの答えに、きっとたどり着けることになるはずです。

 



《広告》