元彼は運命の人の可能性あり!運命の人は一度別れる...その真実とは...

 

元彼が自分の運命の人だった、という事例は実は多くあるものです。そして運命の人とは一度別れることも多くあると言われています。

 

2人はなぜ?一度別れないとならないでしょう?

 

そのような心理的な特徴を、独自の理論でご紹介しています。

 

もし、あなたが元彼が運命の人かもしれないと迷ったり、悩んでいるなら、きっとこれから先の内容は、その解決に少しは役に立ってくれることでしょう。

 



《広告》


 

「元彼や一度別れる人がなぜ?運命の人か」

 

元彼や一度別れるような人が、なぜ運命の人になるのか、ということについて、まず早速ですが、現実と事実を知っておく必要があるでしょう。

 

その事実とは、それを知る手立てはない、ということです。

 

これはあなたをがっかりさせるために、このようなことを言っているのではなく、それを確証することが、この現実では事実上不可能なのことだからです。

 

例えば、雨が降ることは予測はできても、その原因を特定できないことに似ています。

 

概ね、気圧の位置や過去の気象データなどによってそれは予測がつきますが、原因の特定は無理なものです。

 

つまり、元彼や一度別れた人が、あなたの運命の人になぜなったのか、ということの答えは、あなた以外に、導き出すことができないものなのです。

 

目に見えないことや、自分の思いの中で処理する分野というのは、他の人に答えを見出すことはできないものなのです。

 

あなたが運命の人だという答えを出すなら、それはそうなるのです。

 

しかし、その答えに迷いが生じることが多くあるものです。

 

この迷いをどうにかしたいと思うからこそ、この人は運命の人かどうかを知りたい、あるいはそのヒントを得たいという思いは理解できます。

 

元彼が、実は、運命の人になる可能性はあります。

 

おそらくですが、あなたはきっと、元彼が自分の運命の人ではないか、すでにそのように感じてるのかもしれません。

 

それはきっと、あなたが一度2人の距離を置いて、いろいろな心境の変化を感じているからでしょう。

 

ではなぜ、人はそのような心境の変化を感じ、別れた後に運命の人だと気がつきやすいのでしょう。

 

その理由というのを、独自の理論でご紹介していきます。

 



《広告》


  

「元彼が運命の人の理由」

 

元彼が自分の運命の人ではないかと感じる時、それはつまり、復縁を意味していると言えます。

 

復縁はもちろん、以前に付き合ったなどの深い関係性を持ったことがあり、ある程度はお互いがお互いのことをよく知っている仲になっている状態だと言えます。

 

つまり2人は、全く知らないもの同士で、これからお互いを知っていく状態とは異なるものです。

 

すでに何かしら知っているということは、相手の性格的特徴や思考の特徴、過去の体験の積み重ねなどによって、どのようなことを考えたり、思いやすいかをすでに知っていることが多くあります。

 

そして2人が一度別れて、その結果、距離を置くことによって、全く見えなかったことが見えてくるようになりやすいのです。

 

それはなぜか?

 

これは人の生理的な機能の部分が、そのように働き、機能するからと言えます。

 

その生理的な機能というのは、脳機能と、自律神経の関係だと言えるでしょう。

 

特に2人が別れる間際の時には、お互いか、あるいはどちらか片方が、もう離れたくてしょうがないという感情が大きくなっているものです。

 

言い換えると、早く離れたい、早くわかれたい、早く別になりたいという心理が強く働きているということは、これは一緒にいるだけでストレス反応を身体が示していることを示唆しています。

 

ストレスが蓄積されることによって、脳機能も自律神経にも変化が訪れます。

 

脳機能では感情的な思考を主に働かせ、自律神経は交感神経というものが主に優位になっているでしょう。

 

これらの状態が整うことによって、ストレス、イライラ、怒り、あるいは悲しみや苦しみといったものを過敏に感じやすくなります。

 

そして、脳はこのストレスから早く逃げ出そうと、人を仕向け、早く脱出させる欲求を強くさせていくのです。

 

これが、早く別れたい、という衝動を強くしていきます。

 

心理的にとてもバランスが崩れていて、それを整えるには、この欲求を満たすことで可能となります。

 

そうです。

 

人の欲求は大きくなると、それを満たすまで、心理と精神状態がずっとネガティブな状態を維持しやすいのです。

 

そして、早く別れたい衝動の時は、人の脳は、それだけしか考えさせないようにも働きている傾向があるのです。

 

これは欲求的衝動に近いので、まるで食欲と同じようなものなのです。

 

つまり、お腹が空いている時は、早く食べたい、という欲求的衝動にかられていることが多く、何かを食べて胃袋を満たすことしか基本的に考えられなくなるのと同じような状態にあるのです。

 

別れたいという欲求が満たされる時は、本当に2人が別れた時です。

 

強い欲求が満たされた時、心理と精神状態は安定に向かい、自律神経も交感神経から副交感神経優位になっていきます。

 

ようやく、リラックスできるというわけです。

 

 

このリラックスの状態では、脳の機能は感情から理性的な思考を主にするような状態になっている傾向にあります。

 

そしてこのような理性的な状態は、2人の現状を理性的に考えたり、見たりするようになるのです。

 

理性的な思考で見た2人の関係と、感情が高まっている時に見た2人の関係は、全く別物に思えるほど、違って感じることが多いでしょう。

 

理性的な状態になった時、つまり、お互いが離れ、距離を置いて、ようやく2人の本質が見える心理的状態になった時、あなたには本当の答えが見えてくることがあるのです。

 

この時、元彼が運命の人だったかもしれない、という思考が生まれることがあるのです。

 

 

これは必ずしも一度別れなくてはならないわけではありません。

 

そうでなくても、感情的にならないように、自分を心理的な面でコントロールしておくことによって、いつでも運命の人かどうかを、知る手立てを作れる助けになります。

 

 

あなたの運命の人の答えは、上述の通り、あなたの中でしか答えを導き出せません。

 

その答えに大切なことが、あなたの精神と心理状態が、とても落ち着いていることが大切です。

 

理性的で、リラックスしていて、自分を客観的に見られる精神と心理状態で、その答えをもう一度導き出してみてはどうでしょうか。

 



《広告》


  

「元彼が運命の人を診断する占いは当たるか」

 

元彼が運命の人か、それを気にする人にとっては、占いでその答えを知ろうとすることは当然のように思えます。

 

当サイトの考えでは、運命の人であるかどうかは、本人以外がその証拠も確証も得ることはできない、という考えです。

 

よって、占いで運命の人を診断しても、本当の納得のいく答えは自分で決める他ないと言えます。

 

しかし占いの内容によって、気分が上がり、ポジティブになることもあるでしょう。

 

そのような場合は、元彼が運命の人だという自信が持てたりして、幸福感が高まることでしょう。

 

しかし、そのように誰かの、あるいは他人の意見や診断によって、運命の人を信じるかどうかを心理的に左右されるのであれば、すでに心理的なバランスが崩れている可能性があります。

 

つまり、占う前からすでに、心理的バランスが崩れていると言え、それは占っていても、いなくても運命の人が誰なのかを自分で把握できるような状態ではない可能性が高いということです。

 

自分の心理状態が冷静で理性的でないと、おそらく運命の人のような目に見えない、とても創造性の高い領域のことを理解できることは少ないでしょう。

 

その理由というのも、脳機能が理性的になるほど、実は創造的思考ができていること一部でがわかっているからです。

 

占いや占い師さんの意見によって、気分のうき涼みが起こる状態にあるなら、それはもはや創造性があるのではなく、とても恐怖感や緊張感、そしてストレスに支配されていると言えるでしょう。

 

だから、占いの答えによっては、それに過剰に反応し、興奮するか、あるいは、落胆したりすると言えます。

 

運命の人を占いで頼ってばかりいたなら、これをきっかけに、自分でその答えを出そうとしても良いでしょう。

 

その正確性はともかく、何よりもまずは、元彼が運命の人かどうかの確証を手にしようと試みる思いから、幅れることが重要です。

 

それはまず、手に入りません。

 

とても時間の無駄か、心理状態を不安てに自分でしていることにつながります。

 

 

さらに言えば、そのような精神と心理状態で、占いに頼っても、正確な答えを誤ってしまう可能性さえあります。

 

創造性の領域のことは、その人本人でしか、答えを見出すことはできないものです。

 

そのためには、まず、自分を創造的な状態にすることが重要なのです。

 



《広告》


どうしても運命の人を知るための他の手段

 

スピリチュアルの観点からいうと、運命の人、それも恋愛や結婚、真実の愛としての運命の人は、ツインレイと言われているものがあります。

 

ツインレイとは魂を分けた存在で、別々に生まれ、そして出会い、永遠と真実の愛を獲得しようとする関係性という概念です。

 

もし、あなたがツインレイのことを知りたいなら、以下のリンク先にツインレイの特徴や見分け方など、詳細にご紹介しています。

 

  

ツインレイとは

 

ツインレイ男性のすべて

 

 

 

そしてツインレイであっても、運命の人と結婚に至るまではプロセスがあります。

 

まずは運命の人が誰であるかを知ること、そして出会えるようになること、最後に結婚をすること、という一連の流れがあるものです。

 

運命の人と結婚する場合、そこにはおそらく、普通に思っていたことが実は逆だったり、あるいは間違いの可能性があったりします。

 

以下のリンク先は、運命の人と出会うことと、結婚する重要なことを、独自の理論に基づきご紹介しています。

 

 

 

運命の人と出会う、結ばれる

 

運命の人と結婚する

 

 

あなたの運命の人を求める、あるいは欲している本当の理由は、あなたの中にのみ存在しています。

 

そして運命の人がなぜ自分に必要なのか、それを明確にしていくことによって、運命の人が誰であるか知ること、出会うこと、結ばれることに繋がっていくでしょう。

 

これより先で、運命の人を知ることから、結ばれるまでに重要なことをご紹介していきます。

 

あなたもきっと知らなかったことや、ここでしか知ることのできない内容を知り、きっと驚きを隠せないことでしょう。

 

もしかすると、 そう遠くない未来に、あなたは運命の人を知ることになるかもしれません。

 



《広告》