「4運命の人と出会う前兆 体調の変化 眠気と頭痛」 

 

運命の人と出会う前兆の中に、体調の変化があると言われています。

 

特にこれら変化には、眠気があったり、頭痛があったりすると言われています。

 

もちろん、これは前兆以外の他のことが原因として起こっている体調の変化の可能性も大いにあります。

 

そのため、出会いの前兆だと決め付けないで、医者や専門機関に相談することをお勧めします。

 

そしてここでは、運命の人との前兆として、眠気と頭痛が起こる原因とその可能性が高い内容をご紹介していきます。

 

運命の人と出会う前兆だけでなく、もしかするとすでに出会っているからこの体調の変化が訪れたという可能性があります。

 

上述でも何度も繰り返してお伝えしていることですが、人は欲求か恐怖によって、無意識に動いている傾向があります。

 

欲求は高まることで欲求不満も比例して高まり、これはそのまま精神状態の不安定を生みます。

 

恐怖とは何かを避けるために、その打開策を早くに手に入れようと、人を突き動かしています。

 

つまり運命の人もこれら欲求か恐怖のどちらか、あるいは両方に入るものであることが多いのです。

 

運命の人を求める時も、自分は不幸になりたくないからそのために運命の人と出会いたいという理由である時も、欲求と恐怖感は高まる傾向があるのです。

 

これら二つが高まることによって、人は自律神経のバランスもどちらかの一方向に傾けていきます。

 

そして傾く先はほぼ決まって、あるいはかなりの確率で、交感神経という方向に傾きます。

 

交感神経とは興奮、恐怖、不安、欲求、という要素が強くさせる自律神経で、文字通り交感神経が優位になることで人は、ストレスを多く抱えることになります。

 

ストレスと多く抱えるとは。精神的に不安定になりやすい状態になります。

 

運命の人を求めている気持ちが高くなると、人はストレスを無意識に抱えている状態になりやすいのです。

 

そしてこのストレスが弱くなる、あるいは解放される瞬間やきっかけというのがまさに、運命の人と出会えた時であり、その前兆だと言えるでしょう。

 

このようになると人はストレスから解放されることにつながり、つまり交感神経優位の状態から副交感神経が優位の状態に変わっていきやすくなるのです。

 

副交感神経が優位になると身体的にどのような変化が起こりやすいかというと、それが眠気と頭痛であることが多いのです。

 

まず眠気が高まるというのは、私たち人間が夜寝る時に高まる眠気のメカニズムと同じで、この時も副交感神経が高まることによって、人は眠気が高くなることがわかっています。

 

ストレスからの解放、副交感神経優位、眠気の高まり、という順番で、体調の変化が訪れることは容易に考えられるのです。

 

そして次に、頭痛という体調の変化ですが、これも交感神経から副交感神経に変わることで、その可能性を高めるのです。

 

交感神経が優位になると、つまりストレス状態になると、毛細血管の収縮が起こることがわかっています。

 

これは指先だけでなく、全ての毛細血管が収縮し、血流が末端にまで及ぼないことがあります。

 

そして、副交感神経はこの収縮を和らげ、逆に血管の膨張作用があることがわかっています。

 

毛細血管や血管は脳にたくさん張り巡らせれており、ストレスからの解放は脳内でも、収縮から膨張へと変化していきます。

 

収縮された血管が膨張することによって、大量の血液が流れ込み、さらには膨らんだ血管がそばに走っている神経を圧迫することがあるようです。

 

この結果、偏頭痛のような頭痛を感じることがあると言われています。

 

つまり運命の人と出会うことや、その前兆を感じた時というのは、とても精神的にストレスから解放されるほど、安心感とリラックスが生まれたといことを示唆します。

 

運命の人の前兆として、これらの体調の変化が訪れたとしたなら、その人はあなたにとって副交感神経が優位になる程、とてもリラックスできて安心できる人であると言えます。

 

 

もちろん、頭痛や眠気の原因は、この限りではありません。

 

しっかりと体調の変化についてはご自身の責任のもと、判断する必要があります。