あの人との運命はどうなる?

 

この疑問を抱えているなら、それはやめたほうがいいでしょう。

 

なぜなら、この物理的な世界でそれを知ることは不可能だからです。

 

しかし、それを全く知らないままでもないことがあります。

 

 

これより、それについて独自の理論に基づいてご紹介します。

 

あの人との運命はどうなるのだろう、と今付き合っている恋人や結婚する相手との将来を気にすることがあるものです。

 

 

他では聞くことのできない内容に、きっとあなたも驚くことでしょう。

 

そして、あなた自身が、あの人との運命をもしかしたら知ることができるかもしれません。

 



《広告》


「磁石」のように

引き寄せ合う

【運命の彼】

を占ってもらう

  

なたはこのまま、運命の彼を知らないまま過ごしますか?

 

運命を聞くと将来が楽になるかもしれませんよ。

 

あなたは有名な占い師にも占ってもらえます。

 

運命の彼について聞いてみませんか?

 

今なら登録するだけ。最大2500円分無料で占えます。

 

登録は簡単、無料です。

 

詳細は↓こちら(リンク先では今日昨日の口コミも下部で確認できます)

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト
 

 

 

     

「あの人との運命がどうなるかを知りたい時に注意すること」

 

もし、あなたが付き合っている人や、結婚を考えている人、あるいはすでに結婚している相手などの将来を気にしている場合、そこには少し注意しておいた方が良いであろうことがあります。

 

それとは、自分が何をしようとしているか、ということを客観的に知ることだと言えます。

 

あなたが誰かとの運命や将来どうなるかを知りたいのは、確かに、それを知ることができるときっと、あなた自身の不安や不満などを解消することにつながるでしょう。

 

では、それと同じことを、相手の人がしていたらどうか?

 

そのように一度考えてみることは、実はとても重要だと言えるのです。

 

つまり、相手の人が、あなたとの将来に何らかの不安や不満を抱いていて、その将来や運命を知りたがっている、という状況です。

 

何が言いたかというと、大抵の場合で、人は自分の欲求、この場合は特に相手の人との将来への不安を知ることで安心感を得たいなどの欲求を、満たすために動いていることが多い、ということです。

 

自分が何かを強く求めている時は、自分が何をしているのかを、客観的に見られる心理になりにくく、それを困難にしている場合があります。

 

人は求めるもの、つまり欲求が高まると、それを満たそうということにどんどん意識が集中していく傾向があるのです。

 

その結果、少し前までは考えられていた客観性を、欲求を満たすことに夢中になり、ほぼ気がつかないか、難しい状態になっているのです。

 

例えばあなたが、甘いスイーツが大好きだとして、まさにそれが目の前に置かれた状況だと仮定しましょう。

 

これが何の変哲もない、ただの飴玉一つだったら、きっとあなたの欲求は高まらないでしょうし、「飴が置いてある」という極めて客観的思考を保っているはずです。

 

ところが以下のような状況だとどうでしょうか?

 

目の前のスイーツは、有名ぱあティシエの新作ケーキで、とても見た目も華やかで、流行だと言われ始めていて、テレビや雑誌などに取り上げられ、毎日長蛇の列を作るほど人気になっているスイーツが置かれているとしたら、どうでしょうか?

 

想像して欲しいのが、スイーツが大好きなあなたはどのような心理状態になっていくか?ということです。

 

きっと上記の飴玉が一つおいてあるというのではなく、食べてみたい、食べたい、食べていいのか?食べるにはどうすればいいのか?などなど、欲求が高まりそれを満たすためのことに思考と意識が集中しているのではないでしょうか。

 

つまり、自分の中にある相手の人との運命、将来への不安など解消したい欲求が、将来どうなるかを知りたい、知るためにはどうすればいいのか、知るために何ができるか、などなどの行為へと発展させやすくしているのです。

 

もし自分がこのような状態だという実感が今あるのなら、これ知ることはとても重要だと言えます。

 

それは、自己中心的思考に傾いている、ということです。

 

相手の人はもしかすると、あなたとの将来になんら不安など抱いていないかもしれません。

 

あなたのある意味で勝手な不安だけが先走り、それを知りたいという欲求に駆られており、もしかすると相手の人との関係の悪化に拍車をかけている可能性さえあるでしょう。

 

だからこそ、自分が同じことを相手にされていたら、どう感じるか?という客観的な思考はとても重要であるといえ、自己中心的な思考にならないように注意した方が良いと言えるのです。

 

自己中心的な思考はとても盲目にさせやすくします。

 

自分の不安や不満を解消するまで、それは大きくなるか、疑いを持ち続けるかなどで、自信を持てることなどまずないでしょう。

 

逆の立場をもう一度整理して見ましょう。

 

「あなたが愛している相手の人から、あなたが果たして運命の人かどうか、それをはっきりさせたい」と思われているわけです。

 

それに一生懸命になられているわけです。

 

そうされてあなた自身がどのように感じるか、これを想像して見て欲しいのです。

 

相手に何を、どんな思いを抱くか?

 

あなたの中に出てきた客観的な答えが、かなりの確率で、相手の人が同じような思いを抱くと言えるでしょう。

 

自己中心的になり、不安を解消し、ただ安心感得たいということに、どれだけの価値があるかを、一度考え直してみる必要があるかもしれません。

 

そして、自分は自己中心的思考になっていないか、自分の不安や欲求だけを満たすことに自分が支配されていないか、さらに客観的に自分を見てみることが大切です。

 

 



《広告》


 

「あの人との運命がどうなるかを知るようになるには」

 

相手の人との運命を知ることや、それを知るようになるには、自己中心的な思考が優先されていると、困難さを助けることになるでしょう。

 

それは自己中心的な思考状態が実は心理と、脳機能に影響している可能性がとても高くあるからです。

 

私たちの脳は心理状態によって思考の軸を変えたり、脳の状態によって心理状態が変わったりなど、様々な働きをしていることがわかっています。

 

そして上述のように将来の不安という恐怖と、それを解消したいという欲求とはとても密接に関わっていて、脳の思考状態を自己中心的なものにしていく作用の一部をなしているのです。

 

このような感情と欲求を司る脳の部位は、扁桃体と言われている部分がそれをになっていて、それが活性化するか、活性化させることをすると、感情とは反対の理性的な思考を抑制することがわかっています。

 

例えば感情と欲求が活性化するようなことは、上述の甘くて美味しそうなスイーツを見たりすることと同じです。

 

たとえこの時、あなたがダイエット中でスイーツは控えるべきだと思っていても、その理性が勝ることは難しいでしょう。

 

なぜなら感情と欲求を司る扁桃体の活性化が強く、その働きが理性的思考を抑制していると言えるからです。

 

これは自分の欲求を満たすために、脳があなたに集中的に思考と意識を傾け、それ以外のことを考えさせないようにしてしまうと言えます。

 

人の欲求は何も食欲だけではありません。

 

恋愛や結婚、その相手を選ぶ時でさえ、何らかの欲求が働いているものです。

 

そして欲求と感情が高まると、それを満たすこと以外のことを考えなくさせられる傾向となるため、その人との将来が見えることも、運命的なことを知ることも難しくなるといえるのです。

 

将来や運命とは、まだ起きていないものをイメージすることを意味しています。

 

つまり、あなたが今もしかしたら知りたいということは、何も決まっていないことを知りたいと思っている可能性が高いのです。

 

そしてまだ何も決まっていないことを、知ることは、不可能なのことです。

 

それはまるで、あなたの携帯電話が今日、誰から着信があるかを的中させるようなことに似ています。

 

今から誰が電話をかけてくるかなど、知ることは不可能だし、果たして電話が鳴るかも不明で、決まっている未来はないことがわかります。

 

電話が鳴るかもわからないのに、今の人との将来を知ることは、不可能への挑戦だと言わざるを得ません。

 

しかし、ここではそれを知る手立てはあるか、その可能性を高めることはできるだろうということをお伝えしようと思います。

 

将来や未来、あるいは運命を完全に知ることはできなくても、可能性があるというくらいは、知ることはできるということです。

 

そしてそれを知ることも、あなたの心理的な状態が、感情的ではなく理性的であることが大切だと言えるのです。

 

 

 

「あの人との運命はどうなるか、可能性を知る心理的状態とは」

 

運命を知ることは不可能です。

 

それはあくまで未来のことで、未来はまだ何も決まっていないからです。

 

しかし、自分の将来や未来が、このままだとどうなる可能性が高いか?ということは考えることはできるし、またそれは重要なことだと言えます。

 

なぜなら、未来を知ることのできない環境にいる私たち人間は。それくらいしか自分の未来に対して対策と行動をできないからです。

 

未来は決まっていないけど、決まるまでは、何かしらの努力が可能である、ということです。

 

では、あなたと相手の人との運命はどうなるか、という未来について、あなたが具体的に知ることのできる内容と、行うことが可能な努力の中にはどんなことがあるかというと、それは、自分自身を心理的に落ち着かせて、創造性の高い思考を維持することだと言えるかもしれません。

 

当サイト(マインディストKEN)は、運命や運命の人ということを、個人的な創造的思考であり、個人的解釈として捉えています。

 

つまり運命というのは、決まっているものではなく、また将来のことであるなら尚更、それを決めることはできません。

 

将来はいつも変わるし、決まっていないことを決め付けることは、誰にもできないことです。

 

そのため運命という概念は、あらゆる人の、あらゆる何かによって、個人がそうだと信じている解釈であると言えるのです。

 

そしてそれは個人の創造的思考の反映でもあるといえ、本人が創造的な思考状態でないと、運命という概念を自分で明確にすることも難しいと言えるのです。

 

運命とは反対に、決まり切った既成事実は存在します。

 

例えば上述のスイーツの例を持ち出すなら、ケーキが目の前にある、ということは誰が見ても共通している既成事実だと言えます。

 

しかし、それがどれくらい美味しいのか、どこまで食べたいという欲求が高まっているのか、どれだけの価値があるのかなどなどは、概念であり、個人的解釈なのです。

 

それら個人的な解釈は、それぞれ異なったものを持っていて、そしてその解釈の通りにケーキを食べるか、美味しいと思うか、得したと感じるか、などなど具体的な感情をさらに感じていくものです。

 

ケーキが好きではない人にとっては、全く価値を感じないだろうし、甘いものが大好きだけどダイエット中で理性を取り戻した人にも、価値は高くないという解釈が優勢でしょう。

 

運命とはまさにこれに酷似しており、個人の間で異なり、それは一致することはまずなく、そして変わり続ける可能性の高いものだと言えます。

 

つまり、あなたがその運命がどうなりそうか、その可能性を知るためには、自分自身が創造的である必要があり、そして、既成事実からそれを創造的に連想できる思考が重要となるのです。

 

そうなるためには、自分の感情と欲求を穏やかにする必要があります。

 

この理由も、上述の通り、感情と欲求が理性的な思考と脳機能に大きく関わっており、さらには理性的思考を抑制する傾向にあるからです。

 

理性的な思考は、精神的にも心理的にも落ち着いた状態によって、それが可能となりやすいのです。

 

そしてその状態になると、脳の前頭前野という部位が活性化することがわかっているようです。

 

これは理性的思考のみならず。創造的思考も司っていると言われている部位で、前頭前野が活性化すると人は、創造性が高くなると言われています。

 

創造性が高くなることで、創造的概念である運命について、色々と気がついたり、知ることを助けると言えます。

 

つまり、近い将来、2人がこのままだと、どうなる可能性が高いか?ということを理解しやすい思考除隊と言えます。

 

私たちが知ることができるのは、その可能性の部分だけなのです。

 

そしてその可能性が高いと思えるほど、現実は可能性と同じ結果になりやすい特徴があります。

 

もし、創造的思考から得られた、2人の将来のある結果に対する可能性が、望まない結果となる可能性の方が高いかもしれないと思ったら、それは今から、修正をすることができます。

 

つまり、望まない結果にならない可能性を、逆に高めることはできるということです。

 

言い換えると、私たちは常に、チャンスを与えられていると言えます。

 

決まってはいない将来について、可能性を考え、それを変えていけるチャンスが、いつも今という瞬間にあるのです。

 

違う結果を望むのなら、今までとは違うことを考え、大切にし、そして行動していくことが必要となるものです。

 

運命は決まっていないのだから、他の誰かがあなたと相手の人の運命を決めることなどできません。

 

あなたが、決めることが許されているものなのです。

 

既成事実から、将来どうなるかの可能性を考えてみると良いでしょう。

 

必ずそうなる保証も確約もないですが、今、何かできることは確かだと言えるでしょう。

 

そうやって、自分の運命を自分で、徐々に変えていくことが私たちにはできると言えるでしょう。

 

あとはあなたが、それを行うか、あなたの決断次第です。