「あの人との運命はどうなるか、可能性を知る心理的状態とは」

 

運命を知ることは不可能です。

 

それはあくまで未来のことで、未来はまだ何も決まっていないからです。

 

しかし、自分の将来や未来が、このままだとどうなる可能性が高いか?ということは考えることはできるし、またそれは重要なことだと言えます。

 

なぜなら、未来を知ることのできない環境にいる私たち人間は。それくらいしか自分の未来に対して対策と行動をできないからです。

 

未来は決まっていないけど、決まるまでは、何かしらの努力が可能である、ということです。

 

では、あなたと相手の人との運命はどうなるか、という未来について、あなたが具体的に知ることのできる内容と、行うことが可能な努力の中にはどんなことがあるかというと、それは、自分自身を心理的に落ち着かせて、創造性の高い思考を維持することだと言えるかもしれません。

 

当サイト(マインディストKEN)は、運命や運命の人ということを、個人的な創造的思考であり、個人的解釈として捉えています。

 

つまり運命というのは、決まっているものではなく、また将来のことであるなら尚更、それを決めることはできません。

 

将来はいつも変わるし、決まっていないことを決め付けることは、誰にもできないことです。

 

そのため運命という概念は、あらゆる人の、あらゆる何かによって、個人がそうだと信じている解釈であると言えるのです。

 

そしてそれは個人の創造的思考の反映でもあるといえ、本人が創造的な思考状態でないと、運命という概念を自分で明確にすることも難しいと言えるのです。

 

運命とは反対に、決まり切った既成事実は存在します。

 

例えば上述のスイーツの例を持ち出すなら、ケーキが目の前にある、ということは誰が見ても共通している既成事実だと言えます。

 

しかし、それがどれくらい美味しいのか、どこまで食べたいという欲求が高まっているのか、どれだけの価値があるのかなどなどは、概念であり、個人的解釈なのです。

 

それら個人的な解釈は、それぞれ異なったものを持っていて、そしてその解釈の通りにケーキを食べるか、美味しいと思うか、得したと感じるか、などなど具体的な感情をさらに感じていくものです。

 

ケーキが好きではない人にとっては、全く価値を感じないだろうし、甘いものが大好きだけどダイエット中で理性を取り戻した人にも、価値は高くないという解釈が優勢でしょう。

 

運命とはまさにこれに酷似しており、個人の間で異なり、それは一致することはまずなく、そして変わり続ける可能性の高いものだと言えます。

 

つまり、あなたがその運命がどうなりそうか、その可能性を知るためには、自分自身が創造的である必要があり、そして、既成事実からそれを創造的に連想できる思考が重要となるのです。

 

そうなるためには、自分の感情と欲求を穏やかにする必要があります。

 

この理由も、上述の通り、感情と欲求が理性的な思考と脳機能に大きく関わっており、さらには理性的思考を抑制する傾向にあるからです。

 

理性的な思考は、精神的にも心理的にも落ち着いた状態によって、それが可能となりやすいのです。

 

そしてその状態になると、脳の前頭前野という部位が活性化することがわかっているようです。

 

これは理性的思考のみならず。創造的思考も司っていると言われている部位で、前頭前野が活性化すると人は、創造性が高くなると言われています。

 

創造性が高くなることで、創造的概念である運命について、色々と気がついたり、知ることを助けると言えます。

 

つまり、近い将来、2人がこのままだと、どうなる可能性が高いか?ということを理解しやすい思考除隊と言えます。

 

私たちが知ることができるのは、その可能性の部分だけなのです。

 

そしてその可能性が高いと思えるほど、現実は可能性と同じ結果になりやすい特徴があります。

 

もし、創造的思考から得られた、2人の将来のある結果に対する可能性が、望まない結果となる可能性の方が高いかもしれないと思ったら、それは今から、修正をすることができます。

 

つまり、望まない結果にならない可能性を、逆に高めることはできるということです。

 

言い換えると、私たちは常に、チャンスを与えられていると言えます。

 

決まってはいない将来について、可能性を考え、それを変えていけるチャンスが、いつも今という瞬間にあるのです。

 

違う結果を望むのなら、今までとは違うことを考え、大切にし、そして行動していくことが必要となるものです。

 

運命は決まっていないのだから、他の誰かがあなたと相手の人の運命を決めることなどできません。

 

あなたが、決めることが許されているものなのです。

 

既成事実から、将来どうなるかの可能性を考えてみると良いでしょう。

 

必ずそうなる保証も確約もないですが、今、何かできることは確かだと言えるでしょう。

 

そうやって、自分の運命を自分で、徐々に変えていくことが私たちにはできると言えるでしょう。

 

あとはあなたが、それを行うか、あなたの決断次第です。