【ab型男性】浮気の特徴とは?血液型と浮気の特性など解説

 

血液型がAB型だからと言って、浮気をするとは限らないものです。

 

しかし、あなたがAB型の男性を愛したい思いが強いなら、きっと、役に立つ内容になっていることでしょう。

 



《広告》


 

「AB型の男性の浮気をしてる時の特徴」

 

 AB型の男性が浮気をしてる時、その特徴的なものは、当サイト(マインディスト KEN)は、個人的な決めつけである可能性が十分にある、という考えです。

 

そしてこの個人的な決めつけは、それを抱いている人の今後の恋愛には大きく関与していく可能性があるでしょう。

 

それはなぜか?

 

なぜなら、多くの場合で人は自分で気がつかないまま、自分が決めつけたことに基づいて現実を見て、感情を抱き、そしてそれは疑いを抱かない行動へと発展しやすいからです。

 

そして人は、決めつけないと安心感を得られにくい特性もあると言えるでしょう。

 

つまり未知のもの、未知のこと、未知そのものが、恐れの対象であるということが言えます。

 

そのためAB型が浮気しやすいということを決め付けることによって、安心感を抱いているか、安心感を得たいという目的や欲求もあるでしょう。

 

これはAB型であるとか、本来は関係がないものです。

 

 

なんであれ、自分が安心できるなら、それは十分に要件を満たすものであり、安心感をいだければ、それはその人の中で真実となり得て、その人はその通りの判断と行動をしていくことにつながると言えます。

 

これが今後の恋愛の形、つまり結果へと繋がっていく可能性を高めます。

 

おそらく、AB型が浮気しやすいということを、自分の中で決めつければ、多くの場合でAB型の男性とは付き合うことはないか、付き合うときはとても悩むようになるでしょう。

 

どんなに根拠のありそうなAB型の男性の浮気データがあったとしても、そのデータとすべwてのAB型の男性は別の人間であり、存在である事実があります。

 

統計的に見られることを、自分の中で真実だと決めつけ、偏見によって恋愛をしていくのは、これも個人の自由です。

 

しかも、完全なる自由です。

 

どんな理由であれ、それを信じること、それに基づき行動することは良いとか悪いとかの判断はできません。

 

なぜなら、AB型の男性が浮気するかもしれないし、しないかもしれない、という二つの可能性が常にあるからです。

 

言い換えるなら、A型の男性が浮気することだって、しないことだってあるのと同じです。

 

可能性はそれが結果として出現し、体験するまで、どちらでもあるということです。

 

あなたが信じていることが、あるいは、信じたいことが、そのままあなたの行動につながり、それは自ずと、そうなる結果となる可能性を、自分で高めていくと言えるでしょう。

 

人は誰もが、そのような世界の、そのような法則の、そのような可能性の中で、ずっといなくてはならないのです。

 

これにおいて特別に逃れられる人はいません。

 

もしあなたが、AB型の男性と付き合うか、結婚するかで迷っていて、浮気の可能性を疑っているのなら、それはどちらの結果にもなり得ます。

 

そして、人は自分のストレスと疲労が蓄積されていくことによって、快楽と欲求の暴走を招きやすくします。

 

この原因は、交感神経が優位になることによって、現状から逃げ出し、ストレスを一気に解消したいという衝動が強まる傾向があるからです。

 

そしてそれが暴走するのは、交感神経は理性的な思考と判断を抑制する働きがあることがわかっているからです。

 

理性が抑制されるとは、例えるなら、車体を止めるブレーキを失った車のようなものです。

 

何かに衝突するまで、車は止まらないのと同じで、良きにせよ悪きにせよ、大きなきっかけや、大きな何かがないと、ブレーキを放り投げた自分に気がつきにくいものです。

 

さぁ、あなたは何を信じますか?

 

それが、AB型の男性との付き合いと、結果につながるとしたら、あなたの目指す幸福のために、役に立つことを決めた方が良いのではないでしょうか。

 

そしてきっと、良い答えが、あなたの中で見つかるはずです。



《広告》


 

「AB型男性に浮気をされたら?」

 

AB型の男性に浮気をされたら、どうすれば良いのでしょう。

 

上述は、AB型の男性が浮気をしやすいかどうかのことですが、本当に浮気をされた時、どのような対応をすると良いのでしょうか?

 

浮気をされたときに、AB型の男性はやっぱり浮気する、浮気しやすい血液型だ、という結論を出すことも可能です。

 

しかし、そうではない可能性もあると、考えてみることも可能です。

 

もしAB型の男性から浮気を本当にされたなら、その人を責める気持ちも理解できます。

 

この世界では、誰もが、浮気をされる可能性の中にいて、それが今回、自分の結果として形になり、体験をしているという状態であるのです。

 

しかし自分の中で生まれた負の感情が、この当たり前の事実や環境を、あるがままに見せない心理を育み、それによって、事態の収束を送らせてしまうことがあります。

 

では、AB型の男性から浮気をされたのなら、自分が浮気をされる可能性を高めてしまったのは何か?ということを考えてみると、良いかもしれないのです。

 

自分がその可能性を高めたのは、何か?

 

その可能性を高めた言動は?

 

行動は?

 

可能性の中にいる私たちは、結果が訪れたときにしか、それを振り返り根拠を探ることはできません。

 

そしてもっとも重要なことは、結果が訪れるまでは、自分が浮気される可能性を高めているなど、全く気がつかないまま、それを繰り返していることがあるのです。

 

もちろん、浮気をしたAB型の男性にも問題や原因があるものです。

 

彼は彼なりに、自分で、浮気する可能性を高めていたと言えます。

 

それは本人に聞いてみないとわからないものです。

 

しかし本人に問い詰めたり、責め立てる前に、自分にもその可能性を高めた要素があるかもしれません。

 

浮気をした人だけが、決して全て悪いわけでもないし、浮気をした人は大抵の場合で、自分に対する正当性と妥当性のある主張を持っていることが多くあります。

 

つまり、浮気をしたAB型の男性には、それに至るまでのしっかりとした理由を持っていることがある、ということです。

 

例えば、家に帰れば嫌な顔をされたり、家にいれば邪魔者扱いにされたり、嫌味な一言でも言われて、それをずっと我慢してきたかもしれません。

 

会社に行けば失敗したり、上司に怒られたり、恥をかいたり、顧客からクレームがあったり、経済的生活を維持するために、多くのことを耐えているかもしれません。

 

自分の居場所がどこにもない、そういう心理が働いているかもしれません。

 

これは人間として、とても精神的な苦痛を伴い続ける環境であり、本能はそれを嫌い、そのような環境から抜け出そうとする働きを強めていく傾向があります。

 

人間はそのような本能とそれによる強い行動力によって、大陸を渡ってまで、新しい居住地を求めて移動している歴史があります。

 

つまり人は本能的に、安住の地を目指す働きがあると言えるでしょう。

 

誰もがそのような自分の身に危険が及ぼし続けるような場や、環境の中には、ずっといられないでしょう。

 

それが浮気や浮気相手と一緒にいること、それにつながる可能性は考えられるし、その可能性を高まることは説明がつきます。

 

このように、浮気をした人にも、言い分や、主張があり、そこにはそれなりの正当性と妥当性を持っているものです。

 

もちろん浮気をされた方も、それなりの言い分、主張があり、当然のように正当性と妥当性を持っています。

 

大抵はこれらが、非常に高いエネルギーを伴って、ぶつかり合うことにつながります。

 

この衝突が非常にエネルギーが高いのは、人類が大陸を移動するほどの本能的かつ精神的な強さが、そこで発揮されている可能性があるからです。

 

そして、この衝突は問題の解決も改善も収束も、遅らせるか破滅する傾向があります。

 

しかしその前に、もっとできることがあったり、関係が破滅した後に、それに気がつくかもしれないのです。

 

もっとこうしておけば、もっと考え方を変えていれば、もっと冷静になっていれば、これらも時間が経過していかないと、実感しにくい後悔だと言えるでしょう。

 

では冷静に考えてみましょう。

 

今、これを読んできることをきっかけに、冷静に考えてみることを、今やってみましょう。

 

もし、2人の将来が残されているなら、何を手にするべきか?

それだけを手にするなら、今、何を放棄するべきか?

 

この手にするべきものと、放棄するべきものを、明確に考えてみると良いかもしれません。

 

もし2人の将来があるなら、これだけは確実に手にしていたい、それだけで良い、というものを明確にすることは、自ずと、今捨て去る必要のあるものが明確になるでしょう。

 

そして捨てたものは、一切追いかけない、求めない、思い出さないことです。

 

何かを決めるには、何かを捨てることに、ほぼ直接的につながっています。

 

浮気をされた怒りを絶対に手にするべきなら、2人の今後の幸福の可能性は捨てるほかないでしょう。

 

逆に、今後の2人の幸福を手にしたいなら、今は怒りを根源にして考えたり動くことを手放す他にないものです。

 

そして、その将来に起こる責任は、それを決めた自分にある、ということです。



《広告》


「血液型的にAB型男性が浮気をしやすいのか?」

 

血液型に浮気しやすい血液型があるのでしょうか?

 

そしてAB型は浮気しやすいのでしょうか?

 

これには賛否が分かれるでしょうが、当サイト(マインディスト KEN)の考えでは、それを決めるのは、自分のみ。という考えになります。

 

ここまで読まれたあなたなら、きっと説明は不要かもしれません。

 

AB型が浮気しやすい根拠、並びに事実があるとするなら、それはそれを信じたい人が作り上げるものだと言えるでしょう。

 

もっと正確にいうと、それを信じたい人が、それをたやすく受け入れるだろうし、その通りに動き、結果を得るだろうし、そうなる可能性を自らが高めていると言えるでしょう。

 

 

人は自分の信じたいようにしか、動けない傾向があります。

 

例えばあなたが株式などの投資に対して、ギャンブルだとか、資産が全てすっとぶというような認識を持っているとします。

 

自分お叔父が株で破産に追い込まれた事実もよく知っていて、株式はギャンブルだということを信じているとします。

 

しかし学生の頃の友人が株式の売買で生活しビジネスをしており、さらには裕福だとします。

 

それでも株式はギャンブルだというあなたの信念が強いと、危険すぎて自分が同じことをやろうなど思わないでしょう。

 

つまり、AB型の男性が血液型的に、突出して浮気をしやすいということを信じているなら、AB型の男性に対する見方は、そのようになり、できれば付き合いたくないと避ける傾向が高まるのと同じです。

 

これは現実をあるがままではなく、その情報を信じたことによって現実の認識を歪曲していると言えるでしょう。

 

先ほどの株式の例えと同じで、株式で破産に追い込まれる人も確かにいれば、資産を築く人もいるからです。

 

事実は何か?

 

事実はどちらも、事実なのです。

 

あとは自分が何を選ぶかであり、信じるかであり、どうしたいかの願望などによって、最終的に決定されると言えるのです。

 

特に、自分がすでに無条件に信じているようなことは、その信念を変えることは困難な傾向があります。

 

なぜなら、自分の中ですでに、あまりにも自然すぎて、真実すぎて、疑う余地さえ抱いていない傾向があるからです。

 

これは幼い頃の家庭的な環境や家族からの教育、または家族の影響が強くある可能性があります。

 

そして概ね、多くの人は意識的に無意識的に関係なく、家族から受けてきた多くの教えを軸に、あるいはその範囲内で決断をし、行動を自然にしてしまうことがあるのです。

 

たとえ自分の中でいくらそれが自然でも、それはありのままの事実や現実を歪曲する要素として機能することが往々にしてあります。

 

言い換えるなら、その範囲外のことが理解しにくくなっているのであり、間違いだと思いやすいのであり、事実ではないと勘違いしやすい状態と言えるのです。

 

海外では目を背けたくなるようなものが、御馳走だったりしますが、それを受け入れられないのは、自分の中に構築されている知識が、受け入れられないだけだと言えるでしょう。

 

つまりAB型や血液型によって浮気しやすい男性が特定されるのは、自分の中に構築された何かが、それをそれっぽい理屈とこじつけで決めている可能性が高いと言えます。

 

これを信じることや、信じ続けることが、あなたの幸福の役に立つなら、それはとても素晴らしいことです。

 

しかしそうではないかもしれない、そう疑う思いがあるなら、徹底的にそれを向き合い、自分で自分を縛りつけている知識の鎖を引きちぎり、潔く捨て去る必要があるかもしれません。



《広告》