自分の浮気で復縁するためには冷却期間が重要な理由を徹底解説

 

自分が浮気をして復縁を求める場合、冷却期間を設けることは相手のためも、自分のためにも重要なことだと言えます。

 

この理由を、詳細にこれよりご紹介します。

 

冷却期間の重要性とは何か?

 

「自分の浮気で復縁を望む場合に重要な冷却期間とは」

 

自分の浮気で、復縁を望むのなら、相手と自分のためにも冷却期間は重要なものだと当サイト(マインディスト KEN)は考えています。

 

まず相手のためというのは、まさに浮気によって感情的になっている状態を少しでも冷静になる期間を設けることを意味しています。

 

自分が相手の立場だとすると、浮気された後にすぐ、復縁を求められても難しいことは想像に難くないでしょう。

 

では次に、自分のためにも冷却期間を設ける必要がある理由についてです。

 

これは当サイト(マインディスト KEN)は、最も重要な部分でもあると感じています。

 

つまり、復縁の成功やその確率を高めるためにも、自分を冷静にする期間が最も重要になることがあるということです。

 

自分を冷静にするとは、復縁をしたいという強い欲求をまずは抑えるか、穏やかにする必要があることを意味します。

 

なぜなら、もしかすると今の段階や浮気をしてまだまもない期間では、自分への反省や後悔、または罪悪感などを強く感じていることがあるからです。

 

それだけに限らず、自分の復縁したいという欲求も強いことで、物事や現状を中立の立場で把握しにくい心理状態になっていると言えるでしょう。

 

物事を中立の立場で把握することや、認識することは、実はとても重要です。

 

逆に反省や後悔、罪悪感、そして復縁の欲求などとは、中立に物事を判断する妨げにもなり得ます。

 

この理由には、人は感情的になることと、欲求が高まることによって、理性的な思考が抑制されることがわかっているからです。

 

これは脳科学的な側面でも言われており、これに関係する脳の部位は扁桃体と言われている部位であることもわかっています。

 

この扁桃体は感情や欲求を司っていて、これが活性化することによって、理性的思考を司さどる前頭前野という脳の部位の活動を抑制することがわかっています。

 

さらにこのような扁桃体が活性化し、理性を抑制している状態は、自分の感情や欲求を最優先しようとする思考をうみ、これが偏見や思い込み、決めつけなどの考えとなりやすくするのです。

 

偏見、思い込み、決めつけは、すでに物事や現象、現状、現実を中立の立場で見ていないことを示唆するものです。

 

これらは、自分の欲求と感情的活動を優先する見方と判断をしており、欲求と感情的活動を阻止するような意見や考えに対して、非常に拒絶したり批判する傾向を強めてしまいます。

 

そのため、今回のように復縁する前に、まずは中長期的な冷却期間を設けることが重要だとする意見に対しても、それを拒む心理が働くことがあるのです。

 

この結果として、焦って行動し、判断することになり、それがそのまま復縁の成功を困難にさせる要因ともなり得ます。

 

復縁を真剣に望むのなら、まずは自分の心理と精神状態を、本来の自分に戻ることが重要だと考えます。

 

これに必要なことが、冷却期間を設けるということなのです。

 



《広告》