【結婚指輪をしている男性が浮気する特徴】急に 突然結婚指輪をつける 指輪を外して誰かと会う 本気などを徹底解説

 

「結婚指輪をしている男性が浮気するとき特徴とは」

 

結婚指輪をしている男性が浮気をするとき、その特徴には、例えば急に結婚指輪をつけることや、突然つけるなどの行為があると言われたりしています。

 

あるいは、結婚指輪を外すこと、外して異性と会うことなどの特徴があるでしょう。

 

それぞれには、それぞれの心理的な特徴があると言えます。

 

それらを分析しながら、独自理論によって詳細にご紹介していきます。

 

  

「急に!突然!結婚指輪をつける男性は浮気をしている?」

 

 夫が急に、あるいは突然、結婚指輪をつけるなどして、浮気しているのではないか?

 

このような疑いを持つ女性は多くいるかもしれません。

 

結婚指輪を外していた人が急につける場合の心理には、二つの可能性に分かれると言えるでしょう。

 

一つ目は、浮気のような罪悪感を打ち消す心理。

 

二つ目は、たまには結婚指輪をつけてあげよう、という心理の可能性です。

 

人は罪悪感を抱くと、それを打ち消そうとすることや、バランスを整えようとする心理と行動が生まれることがあります。

 

例えば結婚指輪つけることに限らず、妻に優しくなることや、急に気を使い始めることなどがあります。

 

これは自分の中で妻に悪いことをしているという感覚を、帳消しにしようとするとも言えるでしょう。

 

そしてもちろん、悪い意味で突然結婚指輪をつけることだけではなく、急に優しさが芽生えることも、夫にはあるものです。

 

このきっかけは全く不明で、夫本人しか理解できないことでしょう。

 

例えば、同僚の結婚話に、昔の自分を思い出し、その感覚が残った状態で自宅でふと目をやったら結婚指輪があると、久しぶりにつけみようかな、という心理が働くこともあります。

 

急に、突如として、夫が結婚指輪をつけ始めたら、それは必ずしも浮気とは限らないものです。

 

特に後者の方は、タンスの整理中に懐かしい洋服をタンスの中で見つけたら、昔を思い出して、少し試着してみたい気持ちに駆られるのと似ています。

 

注意したいのは、急に指輪をつけたときに、疑いの気持ちが無条件に生まれることでしょう。

 

これは突然指輪をつけた夫より、自分自身の心理バランスに目を向けるべきだと思います。

 

おそらく多くの場合で、日々のストレスと疲労が蓄積していたり、イライラや怒り、負の間女王を蓄えている可能性があります。

 

このような身体環境は、目の前の出来事や現象の多くを、本来の形やあるがままの状態から歪んだものとして目に入り込み、脳が処理する可能性を高めてしまいます。

 

夫にも、妻を愛したい思いは、残っているものです。

 

もちろん真相は、本人に聞いてみないとわかりませんが、自分の心理状態が現状を決めつけてしまう可能性は注意しておくと良いでしょう。



《広告》