【結婚指輪をしている男性が浮気する特徴】急に 突然結婚指輪をつける 指輪を外して誰かと会う 本気などを徹底解説

 

「結婚指輪をしている男性が浮気するとき特徴とは」

 

結婚指輪をしている男性が浮気をするとき、その特徴には、例えば急に結婚指輪をつけることや、突然つけるなどの行為があると言われたりしています。

 

あるいは、結婚指輪を外すこと、外して異性と会うことなどの特徴があるでしょう。

 

それぞれには、それぞれの心理的な特徴があると言えます。

 

それらを分析しながら、独自理論によって詳細にご紹介していきます。

 



《広告》


  

「急に!突然!結婚指輪をつける男性は浮気をしている?」

 

 夫が急に、あるいは突然、結婚指輪をつけるなどして、浮気しているのではないか?

 

このような疑いを持つ女性は多くいるかもしれません。

 

結婚指輪を外していた人が急につける場合の心理には、二つの可能性に分かれると言えるでしょう。

 

一つ目は、浮気のような罪悪感を打ち消す心理。

 

二つ目は、たまには結婚指輪をつけてあげよう、という心理の可能性です。

 

人は罪悪感を抱くと、それを打ち消そうとすることや、バランスを整えようとする心理と行動が生まれることがあります。

 

例えば結婚指輪つけることに限らず、妻に優しくなることや、急に気を使い始めることなどがあります。

 

これは自分の中で妻に悪いことをしているという感覚を、帳消しにしようとするとも言えるでしょう。

 

そしてもちろん、悪い意味で突然結婚指輪をつけることだけではなく、急に優しさが芽生えることも、夫にはあるものです。

 

このきっかけは全く不明で、夫本人しか理解できないことでしょう。

 

例えば、同僚の結婚話に、昔の自分を思い出し、その感覚が残った状態で自宅でふと目をやったら結婚指輪があると、久しぶりにつけみようかな、という心理が働くこともあります。

 

急に、突如として、夫が結婚指輪をつけ始めたら、それは必ずしも浮気とは限らないものです。

 

特に後者の方は、タンスの整理中に懐かしい洋服をタンスの中で見つけたら、昔を思い出して、少し試着してみたい気持ちに駆られるのと似ています。

 

注意したいのは、急に指輪をつけたときに、疑いの気持ちが無条件に生まれることでしょう。

 

これは突然指輪をつけた夫より、自分自身の心理バランスに目を向けるべきだと思います。

 

おそらく多くの場合で、日々のストレスと疲労が蓄積していたり、イライラや怒り、負の間女王を蓄えている可能性があります。

 

このような身体環境は、目の前の出来事や現象の多くを、本来の形やあるがままの状態から歪んだものとして目に入り込み、脳が処理する可能性を高めてしまいます。

 

夫にも、妻を愛したい思いは、残っているものです。

 

もちろん真相は、本人に聞いてみないとわかりませんが、自分の心理状態が現状を決めつけてしまう可能性は注意しておくと良いでしょう。



《広告》


「結婚指輪を外して誰かと会う男性について」

 

結婚指輪を外して、誰かと会う男性は、おそらくですが、自分に妻がいること、妻子がいることを知られないための行為をしている可能性が示唆されます。

 

そしてもう一つ、結婚指輪を外したくなる心理というのも、妻と喧嘩したことや、諍いがあったため、指輪をつけていたくない、という心理が強くなっているでしょう。

 

この二つが重なる時があります。

 

そして異性と会うときに、結婚指輪をつけていないことに強い関心がなくなったり、あるいは、つける必要性さえ希薄しているかもしれません。

 

これは妻からしたら、かなり怒り浸透なる場面でしょう。

 

しかし必ずしも、夫婦というのは万全な状態がずっと継続するとは限らないものです。

 

そして結婚指輪を外したくなるか、外すまでに至るには、それなりの苦痛を夫も感じていることは考えられます。

 

異性と会うときに外した、その時の結果だけを責めているようでは、事態が悪化する可能性を高めるでしょう。

 

なぜなら夫はすでに、傷つき、挫折し、そして何かを諦めている心理状態に似ていることが多いからです。

 

人はこのようなネガティブな心理が続くと、ストレスを抱え、それをやがては解消したくなる心理が強くなります。

 

たまには遊びたい。

たまには楽したい。

たまには逃げ出したい。

 

これはまさに、人がストレスを解消しようとするときに思い浮かぶ行為や気持ちの代表的なものだと言えます。

 

これは交感神経が優位になっている状態が続くと、理性的な思考が抑制されていき、理性的な思考が抑制されていくと、欲求の爆発を起こしたくなる衝動に駆られやすくなります。

 

欲求の暴走、快楽の暴走への衝動が強まり、そしてそれをもう止めることが自分でもできなくなるのです。

 

これはダイエット中に、欲求に負けていつも以上に食べてしまう、その時の心理にとても酷似していると言えるでしょう。

 

これは我慢して、交感神経が高まり、そして「たまにはお腹いっぱいに食べたい」という心理が大きくなり始め、理性が抑制され続け、最後に爆発してしまったと説明できるでしょう。

 

夫の心理も、そして妻の心理も、同じく重要なものであるはずです。

 

このような諍いが2人の間で起こるということは、2人はすでに、我慢の限界にきている可能性があると言えます。

 

もしあなたが、夫が誰かと会うときに結婚指輪を外していることを把握しているのなら、とても腹が立つかもしれませんが、そこはいったん抑えることは重要でしょう。

 

そして2人の関係性を、より客観的に見てみると良いかもしれません。

 

夫を軽率に扱っていないか。

または夫が自分を軽率に扱ってきているか。

 

自分の言ったことや行動と全く同じことを、自分がされたら、どう思い、何を抱き、何を溜め込みそうか、などなどを考えてみることは大切と言えます。

 

しかし、それよりも重要なことは、とにかくあなたも、夫も、休むことでしょう。

 

一定期間、短期間でもいいから、休むための知恵を絞り、休むためにお互いを気遣うことを心がけることがとても重要だと言えます。

 

なぜなら、ストレスと疲労の蓄積が高いままでは、交感神経優位が収まることがなく、それはそのまま攻撃的に相手のことを見てしまうことや、敵だという認識を持つ可能性を高めるからです。

 

2人の間に起こる諍いの原因は、本人にない、という考えを持ってみて、ストレスと疲労の蓄積が愛し合う2人を分かつ原因になっている、という思考の転換も大切でしょう。

 

ストレスと疲労が軽減していけば、交感神経優位が治り、不思議なほど現状は変わってあなたの目に入り込んでくることでしょう。



《広告》


 

「男性は浮気が本気になると結婚指輪を外す」

 

男性は浮気が本気になると、結婚指輪を外すかというと、それは人それぞれだと言えるでしょう。

 

しかし可能性としては、大きいのではないでしょうか。

 

男性はもともと指輪をつけ慣れてないことが多く、もしそのような人なら、指に何かをつけていること自体が、若干不愉快さを感じていることさえあります。

 

それに加えて、妻との諍い、喧嘩が絶えず、浮気をし、それが本気モードになると、指輪をつけている意味を見出すことは困難でしょう。

 

もともと結婚指輪が煩わしくて、以前から外したいということもあるでしょう。

 

そのため、浮気が本気だから指輪を外すということも、必ずしもそうだとは言い切れないものです。

 

とは言え浮気が本気になってしまったのなら、今の妻よりも浮気相手を本気で愛してしまったのなら、結婚指輪をつけている必要性はかなり薄いと思っているかもしれません。

 

これは男性だけでなく、女性の浮気でも同じことが言えます。

 

つまり、男性も女性も浮気が本気になっているときは、もう今の相手と離れたい欲求が高まっているということがいえるのです。

 

そしてその離れたいという欲求や心理が、結婚指輪を外させる行為に、かなり自然に移行すると言えるでしょう。

 

 

言い換えるなら、誰でも結婚指輪を外す可能性を持っている、ということです。

 

そして決まって、最初に指輪を外した方が、相手から離れたい欲求がピークに達した可能性が高いのです。

 

指輪を外したくなるだけなら、浮気相手に本気になるだけでも十分かもしれません。

 

しかしこれが継続されていくと、最終的に別居や離婚、別れなどに発展する可能性を高めることは気を付けることだと言えるでしょう。

 

相手が夫であり妻であれ、誰かから離れたいという欲求は、その奥底に、その人が自分に気概を加える存在だという認識が芽生えていることを示唆します。

 

人は本能的に、自分の居心地の悪い場所にずっと留まることを嫌う傾向があります。

 

これは最初は耐えられるストレスから始まることが多く、やがてそれは耐えられないレベルまで大きくなる可能性が高くあります。

 

結婚した当初は、お互いが気を使いあったり、少しのことでは気を荒立てることもなかったでしょう。

 

しかし、子供が生まれ、仕事が忙しくなり、家事育児が絶え間なく続き、経済的な問題も増え、ストレス要因が増えるか大きくなると、耐えられたはずのことも耐えられなくなることは往々にしてあります。

 

それが夫婦喧嘩や、相手を罵倒するような言葉、尊重の欠けた態度に繋がり、夫婦の関係もストレス要因として加算される傾向となります。

 

これは快楽や欲求の暴走的行為に発展しやすく、問題は夫婦関係ではないことが多くあります。

 

つまり、本当の問題は浮気をしている、あるいは浮気相手に本気になっている夫ではなく、これまでに自分たちにのしかかり続けてきたストレスやそれによる疲労であることが考えられます。

 

ストレスと疲労の蓄積が、今この現場から逃げ出したい精神と心理を、予想以上に増大させてしまうことにつながります。

 

仮に、もしここまでストレスと疲労に苛まされていなかったら、夫は浮気をしたり、浮気相手に逃げたいと思うでしょうか。

 

これは「たら、れば」理論になりますが、現在の夫婦関係がこのような状態なら、まずは夫や自分のストレスと疲労の改善をする必要があると言えるでしょう。

 

なぜならそれらがいつしか、あなたをあなたでなくし、夫を夫でなくしている、その可能性があるからです。

 



《広告》