【浮気で後悔する男】心理や罪悪感とは?離婚や別れるべき 戻りたいと言われたら?徹底解説

 

浮気をして後悔する男性と、別れるべきか、それとも元に戻るべきか。

 

これより独自理論に基づき、詳細をご紹介します。

 

この先を読むと、他では聞くことのない内容に、きっと驚くことでしょう。

 



《広告》


「浮気に後悔した男の心理や罪悪感」

 

浮気に後悔した男の心理や罪悪感には、どのようなものがあるのでしょう。

 

後悔しているのだから、そこにはパートナーへの謝罪の気持ちや、自責の思い、罪悪感、そして反省の気持ちがあることでしょう。

 

これは本人に直接の回答を得ないと、きっと真実は分かりません。

 

それでも、浮気に後悔している男性の心理には、少なからず、パートナーへの何らかの認識が生まれ、それが後悔を生んでいる可能性があることは確かだと言えるでしょう。

 

 

認識はそのまま心理や思考となり、そして行動へと発展していくことにつながります。

 

つまり、浮気に対して何らかの後悔を感じているということは、これがその後の行動につながっていく可能性があると言えるでしょう。

 

もちろん、確実だとは言い切れないものですが、それでも、自分が何かに後悔した時の体験を思い出してみると、きっと、過去の過ちを二度と繰り返さないようにと、自分を変えてきたはずです。

 

これが浮気をして、後悔した男性にもあることが言えるのです。

 

どのような行為に発展していくかは、おそらくその男性が認識した内容や解釈したことによって異なることでしょう。

 

例えば、浮気をして後悔したけど、自分は悪くないという認識と解釈をしていることもあるものです。

 

このような認識と解釈をした男性は、多くの場合で、浮気を再び繰り返す可能性が示唆されます。

 

しかし一方で、本当に愛している人が今のパートナーで、その人と離れることを考えたり、その人を傷つけたことを考えると、自分はなんてことを犯してしまったのだと、強く反省をしている認識と解釈もあります。

 

これは多くの場合で、今後の自分の行動や選択に責任を持ち、気をつける傾向があります。

 

浮気の機会、選択肢は、生きている限り常にあるものです。

 

たとえ十分に気をつけたとしても、この機会と選択肢と可能性が消えることを意味しないのです。

 

そして人は、多くの点で、失敗から学ぶことが多くあります。

 

問題は失敗に対して、どう受け入れているか?

 

失敗をどう受け入れる人か?

 

これらが最も浮気をした男性の後悔と行動、そしてその後のパートナーとの関係に、大きく影響していくと考えられます。

 

浮気に対して失敗をした、という認識や捉え方をする男性の場合、おそらく相手と同じかそれ以上に、自分で自分を傷つけていると言えるかも知れません。

 

そして自分に責任を感じ、その責任感は今後の浮気への機会と選択肢において、とても効果的に機能する可能性があります。

 

失敗を受け入れることは、実は、私たち人間の本能が最も拒絶しやすい要素だと言えるでしょう。

 

本能は過去の体験や記憶から、それらを合理的な思考と処理をして、未来もそうなるという予測を立てることが多くあります。

 

例えば過去に失敗の経験がない人は、今の失敗をなかなか認めることができないか、自分はそもそも失敗などしない、という思考回路がいまだに機能していることがあります。

 

この結果、失敗を認めることができずに、浮気に対する後悔も反省も低い傾向があります。

 

過去の通りに生きようと、人は自然に思考し正しいと思い、合理的だとさえ思っている傾向があるのです。

 

よって失敗を受け入れるとことは、それだけ、自分の本能の自然な機能に抵抗することや、戦うことを意味します。

 

つまり言い換えるなら、失敗を受け入れること特に初めて受け入れる失敗は、とても受け入れる側にも苦痛を伴う行為であるということです。

 

しかしそうまでしても、自分が失敗したことを認めて受け入れることは、もっと大切なパートナーがいて、その人のことが自分の苦痛よりも勝るほど、重要だと思っているからと言えるでしょう。

 

もし、あなたが浮気をされ、それを後悔している男性と付き合っていたり、結婚していたりするなら、感情的に怒ったり、自分の正義感をぶつけようという意気込みを抑えることは大切です。

 

なぜなら、後悔している男性が、本当はどんな認識をしているのかを、客観的に判断することが困難になる可能性を、より高めてしまうからです。

 

「この人は、自分のした行為を本当はどのように捉えているのだろう?」

 

という客観的な見方、第三者的な見方を心がけることで、相手の言葉の真意に気がつけるかも知れません。

 

後悔を伝えることは、おそらく誰でもできます。

 

後悔を行動に変えることが、本当は難しいことなのです。

 

人は自分を甘やかす傾向があります。

 

この甘えが、今回の浮気の行為を生んだのかも知れないし、その甘えを大切にするのなら、おそらく今後の行為にもいつか甘えが出てしまうかも知れません。

 

それを見極めるのは、あなたであり、あなた自身も、そこに自分への甘えが出ないように気を付けることが重要だと言えるでしょう。



《広告》


 

「浮気で後悔する男 別れるべきか」

 

浮気で後悔する男性と別れるべきかという答えは、立場や環境によっても異なり、慎重に決めるべきことでもあるでしょう。

 

例えば家族がいる、結婚しているなどの場合は、慎重に決めていく必要があると言えます。

 

ここで、あまり喜ばしくないことをお伝えすることになるかも知れませんが、それは、浮気の再発の可能性は、今後も消えないことです。

 

これは誰も消すことができないし、むしろ、浮気をされたことが一回もない人も、浮気の可能性を抱えたままなのです。

 

さらには自分がもしかしたら浮気をするリスクさえ、誰もが抱えているのです。

 

可能性があるということは、そういうことです。

 

このことをどのように受け入れるか、それは個人によって様々なものであり、また全く同じものはないでしょう。

 

私は大丈夫、この人は浮気などしない人だからという人もいれば、そうでない人もいて、男は絶対に浮気するものだと信じ込んでいる人もいるでしょう。

 

どちらにおいても、どのようなものであっても、自分がこの可能性という存在をどのように捉えていくかが、今後の結果にもつながっていくと言えそうです。

 

さて浮気を後悔している男性と、別れるべきかについて、この可能性の世界の中でどのようなことを優先に考えると良いのでしょうか?

 

それはまず、可能性を受け入れておくことだと、当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

可能性を受け入れるとは、今後も浮気をされることを想定しておく必要があります。

 

そして、それでもこの人と一緒にいたいのか?

それでもこの人と一緒にいることで、自分が本当に望んでいる人生や、その少しでも役に立つ決断になり得るのか?

 

などなどを、自分で考え尽くしておく必要があるでしょう。

 

可能性は可能性なので、浮気をしないように誓約書を書かせたところで、それを完全に食い止めることは難しいでしょう。

 

誓約書やその他の方法は確かに、効力が全くないとは言い切れません。

 

しかし上述もしたように、浮気の機会と選択肢と可能性は誰にも、平等に広がっていると言えるのです。

 

今だからその可能性は低いと言えたとしても、今後その状況は変わっていくので、今後も同じことが継続するとは限らないのです。

 

それを自分でよく受け入れた上で、別れるべきかの決断をする必要あるでしょう。

 

何度も言いますが、可能性はあるのです。

 

それが実現しても、自分は納得している決断をすることは、とても強い意図的な覚悟をすることにつながるでしょう。

 

そして覚悟が、自分の人生に最大の責任を自分にもたらしてくれることでしょう。



《広告》


  

「男が浮気で後悔し戻りたいと言ってきたら」

 

男性が浮気をして、後悔し、よりを戻したい、関係を戻したいと話してくることはあるでしょう。

 

戻りたいという感情の中には、男性の中には多かれ少なかれ、パートナーの大切さに気がついたという部分がある、という可能性があります。

 

それをどのように受け入れるか、それが浮気をされた側において責任を持って決断することだと言えるでしょう。

 

もしあなたが、浮気をされた男がいて、彼が後悔し、あなたの元へ戻りたいと言われている立場であるなら、彼とこれから起こるであろうことを、しっかりと受け入れてから、あるいは認めてから、決断をすることが望ましいでしょう。

 

言い換えるなら、また、浮気されたとしても、それでも彼を愛せるか?

 

という点を徹底的に考え尽くすと良いのかも知れません。

 

上述のように、浮気の可能性は誰にでもあり、またそれは消えることはありません。

 

他人も自分も含めて、絶対に浮気をしないという人は、この世の中には存在しないのです。

 

浮気をしなかったのは、しなかった可能性が実現しただけということであり、最終結果となったということを意味します。

 

例えばそれは、浮気はしなかったけど、2人の関係が終わった。などの時です。

 

確かに今回の浮気で深く傷ついたのは、浮気をされた側の人であるものです。

 

浮気をされたから自分は傷ついた。というように、今回は相手の浮気を原因にして、自分が傷ついたことを理由にできるかも知れません。

 

しかし、このような自分の損失を相手の浮気にした場合、次は、自分の決断に責任がほぼ完全に乗っかってくるでしょう。

 

なぜなら、今後も彼が浮気をする可能性が一切消えないのなら、彼と関係を戻すという決断をした自分に、その結果への原因と責任はあると言えるからです。

 

ちなみに、これは男性が他の人になったとしても、同じだと言えます。

 

つまり、浮気の可能性が誰でもあり、男性と付き合うこと、関係を持つことは、浮気を体験する可能性が今後もあるということを、自分が完全に受け入れることが重要だからです。

 

今回の浮気は、相手が先に浮気をし、それを体験するという結果になりました。

 

そして次は、もしかしたら自分がそうするかも知れないし、また相手が浮気をするかも知れません。

 

その可能性と引き換えに、あるいは抱えながら、愛し合うという幸福の可能性も同じく抱えていくことになるのです。

 

どちらを選んでも、どちらを捨てるべきものが出てきます。

 

決断とは、何かを決めると何かを捨てる必要があり、何かを得る結果の可能性に自分を置くということを意味します。

 

これは重要かつ重大な意味だと言わざるを得ないでしょう。

 

なぜなら、捨てることができない人は、得られることも自分で困難にすることがとても多くあるからです。

 

捨てるものを明確にすると、確実に得るべきものだけで満足感を得られる、そのような心理と精神状態に自分がなることを助けます。

 

例えば浮気した彼ともう一度関係を戻すことは、浮気をまたされるリスクとそれによって負の感情になる自分と、傷つくであろう結果を受け入れることを意味すると同時に、浮気をされない保証と、傷つかないことへの期待を捨てることを意味します。

 

浮気をされない保証と自分が傷つかないことを捨てたのなら、最後は彼と自分が獲得するべき最小ものに思考が焦点を合わせることにつながります。

 

この場合では、2人で一緒にいられる時間、彼と過ごす時間、彼との人生の一瞬一瞬などが、確実に獲得すべきものになりそうです。

 

 

大切なことは、自分の人生の中で、何を捨てることを明確にして、そして何を獲得すべきかを自分の中で、強くはっきりと持つことだと言えるでしょう。

 

それが、揺るぎない決断を助け、そして今後のいかなる不都合な結果に対して、自信を持って責任をとることができるでしょう。



《広告》


  

「浮気で後悔した男と離婚した時」

 

 浮気をし、後悔した男とを離婚をする時、これも上述のような思考が重要だと当サイト(マインディスト KEN)は考えます。

 

浮気への後悔した男性と離婚する、あるいはすでに離婚したのなら、それは最終的に彼の浮気を許さなかった、ということが言えるでしょう。

 

浮気は許されるべきではない、という意見を持っている女性は多くいるものです。

 

それが離婚という決定を下した可能性は、とても理解できるものです。

 

ただし、許さないという決定を出し、その選択をすることにおいても、決定者には失うものがあり、それはしっかりと覚悟しておく必要があると言えるでしょう。

 

もしあなたが同じような当事者であるあんら、浮気をした男性は、結果的にその選択によって、あなたを失うという結末に至りました。

 

そして、あなたが下した離婚するという決断は、相手との今後の幸福の可能性のほぼ全てを諦めたということが言えるでしょう。

 

言い換えると、彼との幸福を失うということを意味します。

 

それと同時に、例えば気持ちがすっきりしたとか、せいせいしたなどの高揚感などを得られたり、または新しいスタートの機会を獲得したとも言えます。

 

決断は何かを獲得するために、何かを失うものだと言えるのです。

 

許さないという選択にも、失うものがあることは覚悟することが重要だという意味には、自分は浮気の被害者であっても、その後の決断によって獲得するものと失うものは、常に付き纏うことがある、ということです。

 

失うものはそれだけではないでしょう。

 

彼とのこれまでの時間、思い出、共有してきた数々を、捨てるか諦めることを余儀なくする。それが離婚という決断になると言えるでしょう。

 

それを捨て切れるなら、または、今後の新しいスタートの方が自分の人生の目的や望みに大きく役立つという自信があるなら、その決定はきっと、あなたにとって良い決定になる可能性を高めます。