【浮気で後悔する男】心理や罪悪感とは?離婚や別れるべき 戻りたいと言われたら?徹底解説

 

浮気をして後悔する男性と、別れるべきか、それとも元に戻るべきか。

 

これより独自理論に基づき、詳細をご紹介します。

 

この先を読むと、他では聞くことのない内容に、きっと驚くことでしょう。

 

「浮気に後悔した男の心理や罪悪感」

 

浮気に後悔した男の心理や罪悪感には、どのようなものがあるのでしょう。

 

後悔しているのだから、そこにはパートナーへの謝罪の気持ちや、自責の思い、罪悪感、そして反省の気持ちがあることでしょう。

 

これは本人に直接の回答を得ないと、きっと真実は分かりません。

 

それでも、浮気に後悔している男性の心理には、少なからず、パートナーへの何らかの認識が生まれ、それが後悔を生んでいる可能性があることは確かだと言えるでしょう。

 

 

認識はそのまま心理や思考となり、そして行動へと発展していくことにつながります。

 

つまり、浮気に対して何らかの後悔を感じているということは、これがその後の行動につながっていく可能性があると言えるでしょう。

 

もちろん、確実だとは言い切れないものですが、それでも、自分が何かに後悔した時の体験を思い出してみると、きっと、過去の過ちを二度と繰り返さないようにと、自分を変えてきたはずです。

 

これが浮気をして、後悔した男性にもあることが言えるのです。

 

どのような行為に発展していくかは、おそらくその男性が認識した内容や解釈したことによって異なることでしょう。

 

例えば、浮気をして後悔したけど、自分は悪くないという認識と解釈をしていることもあるものです。

 

このような認識と解釈をした男性は、多くの場合で、浮気を再び繰り返す可能性が示唆されます。

 

しかし一方で、本当に愛している人が今のパートナーで、その人と離れることを考えたり、その人を傷つけたことを考えると、自分はなんてことを犯してしまったのだと、強く反省をしている認識と解釈もあります。

 

これは多くの場合で、今後の自分の行動や選択に責任を持ち、気をつける傾向があります。

 

浮気の機会、選択肢は、生きている限り常にあるものです。

 

たとえ十分に気をつけたとしても、この機会と選択肢と可能性が消えることを意味しないのです。

 

そして人は、多くの点で、失敗から学ぶことが多くあります。

 

問題は失敗に対して、どう受け入れているか?

 

失敗をどう受け入れる人か?

 

これらが最も浮気をした男性の後悔と行動、そしてその後のパートナーとの関係に、大きく影響していくと考えられます。

 

浮気に対して失敗をした、という認識や捉え方をする男性の場合、おそらく相手と同じかそれ以上に、自分で自分を傷つけていると言えるかも知れません。

 

そして自分に責任を感じ、その責任感は今後の浮気への機会と選択肢において、とても効果的に機能する可能性があります。

 

失敗を受け入れることは、実は、私たち人間の本能が最も拒絶しやすい要素だと言えるでしょう。

 

本能は過去の体験や記憶から、それらを合理的な思考と処理をして、未来もそうなるという予測を立てることが多くあります。

 

例えば過去に失敗の経験がない人は、今の失敗をなかなか認めることができないか、自分はそもそも失敗などしない、という思考回路がいまだに機能していることがあります。

 

この結果、失敗を認めることができずに、浮気に対する後悔も反省も低い傾向があります。

 

過去の通りに生きようと、人は自然に思考し正しいと思い、合理的だとさえ思っている傾向があるのです。

 

よって失敗を受け入れるとことは、それだけ、自分の本能の自然な機能に抵抗することや、戦うことを意味します。

 

つまり言い換えるなら、失敗を受け入れること特に初めて受け入れる失敗は、とても受け入れる側にも苦痛を伴う行為であるということです。

 

しかしそうまでしても、自分が失敗したことを認めて受け入れることは、もっと大切なパートナーがいて、その人のことが自分の苦痛よりも勝るほど、重要だと思っているからと言えるでしょう。

 

もし、あなたが浮気をされ、それを後悔している男性と付き合っていたり、結婚していたりするなら、感情的に怒ったり、自分の正義感をぶつけようという意気込みを抑えることは大切です。

 

なぜなら、後悔している男性が、本当はどんな認識をしているのかを、客観的に判断することが困難になる可能性を、より高めてしまうからです。

 

「この人は、自分のした行為を本当はどのように捉えているのだろう?」

 

という客観的な見方、第三者的な見方を心がけることで、相手の言葉の真意に気がつけるかも知れません。

 

後悔を伝えることは、おそらく誰でもできます。

 

後悔を行動に変えることが、本当は難しいことなのです。

 

人は自分を甘やかす傾向があります。

 

この甘えが、今回の浮気の行為を生んだのかも知れないし、その甘えを大切にするのなら、おそらく今後の行為にもいつか甘えが出てしまうかも知れません。

 

それを見極めるのは、あなたであり、あなた自身も、そこに自分への甘えが出ないように気を付けることが重要だと言えるでしょう。



《広告》