「男性ホルモンが高い男の、浮気の定義と境界線の傾向」

 

男性ホルモンであるテストステロンの高い人は、まず異性への欲求が高い傾向にあることが傾向としてあります。

 

そして欲求が高いということは、それを自身で正当化したり、合理的だという考え方をしやすいと言えるでしょう。

 

その結果、浮気の定義や境界線は、比較的広い傾向があると言ってもいいかもしれません。

 

テストステロンはまた、論理的な思考にも関与していることが言われており、浮気の定義に対して、かなり正当性の高い主張と意見をしっかりと持っている場合があります。

 

そのため、例えばあなたが、女性と2人きりで遊ぶことから浮気だという定義と境界線があるとしても、それを論破する主張を持っていることがあるのです。

 

そしてかなり本能的な問題として、このようなテストステロンレベルの高い男性は、多くの女性から魅力的に見られたり、魅了をしてしまうことが多くあることです。

 

つまり、女性から魅力的に思われることで、この人に近寄りたいという欲求を高めてしまうことが往々にしてるのです。

 

これは実はテストステロンの作用でもあるのです。

 

テストステロンは唾液の中にも多く含まれていて、検査などの時も唾液を採取してテストステロンレベルを計測するほどです。

 

そして、この唾液は飛沫し、または吐息などから飛散し、2メートル以内の女性がそれを吸い込むことがあります。

 

テストステロンは異性への欲求を高める効果があるため、これを吸い込んだり吸収してしまった女性は、その男性への欲求や好意などを高めることに繋がります。

 

女性はテストステロンの分泌量が少ないため、欲求が高まることは少ないのですが、このようにテストステロンレベルの高い男性から吸収することによって、欲求のスイッチが入りやすくなるのです。

 

この作用の最もわかりやすい行為が「キス」です。

 

キスによって、男性の持っているテストステロンを女性がほぼダイレクトで吸収することによって、欲求が高まるということです。

 

テストステロンの高い男性は、たとえ欲求が高まっていなくても、女性から近寄られることは多く体験していて、またそれを避けようともしない場合が多くあります。

 

そのため、気がつけば彼女以外の女性と、かなり仲良くなったりしているでしょう。

 

このような本能的な機能によって、(不貞行為を除く)浮気を浮気相手側も、男性に近づきたいという欲求が高くなりやすく、それを望んでしまう傾向が強いと言えます。

 

また、もしかするとあなた自身も、彼の男らしい部分や、飛沫しているテストステロンの作用によって、魅了されて好きになったかもしれません。

 

男性ホルモンの分泌量が高い男は、一言で言えば、モテるのです。

 

そして、往々にして浮気の定義と境界線は、広い傾向があると言えるでしょう。