【男は浮気者?】「男は浮気をするもの」と裏付ける生物的特徴と原理とは

 

男は浮気をするもの、浮気者だと言う特徴には、生物的な特徴があると言えるでしょう。

 

ここではマインディスト KENが独自の理論によって、詳細にご紹介しています。

 

きっと、あなたも合点のいく内容であり、悩みの改善などにも役立つことでしょう。

「男が浮気をするもの その生物的な特徴とは」

 

男は浮気をするものだ、と言う価値観があるのは、ある意味でそのような生物的や性別的な特徴があると言えるでしょう。

 

男性にはテストステロンという男性ホルモンが、女性よりも多く分泌されていることがわかっています。

 

このホルモンは、異性への欲求を高めることがわかっています。

 

そして男性はテストステロンが女性の10倍ほど多く分泌されていることもわかっています。

 

つまり、異性への欲求が男性は女性のおよそ10倍は高まりやすいことが生物的、性別的な特徴として言えるのです。

 

テストステロンの作用はそれだけでなく、筋肉を付きやすくし、筋力量を多くする作用もあります。

 

これは男性らしい体つきにさせることを助けます。

 

テストステロンはまた強さの象徴的なものであり、例えば動物の世界では、このホルモン量が多いオスは、群のボスやリーダーになると言われています。

 

動物の世界におけるメスは、自分の子孫を繁栄する場合、テストステロンレベルの高いオスを選ぶ傾向があります。

 

この理由は、子孫が生き延びていけるために、強い遺伝子を求める本能があるからと言われています。

 

テストステロンレベルの高いオスは、多くのメスを魅了し、多くの子孫を繁栄することがわかっています。

 

つまり、男性やオスというのは、強い子孫を繁栄するためにテストステロンの分泌が多いのであって、これは1人の女性のために存在しているわけでもないのです。

 

多くの、強い子孫を繁栄させることが目的だと言えるでしょう。

 

 

自然界では強いオスにおいては、浮気という概念はなく、当たり前な光景であると言えます。

 

全てのオスがそうであるわけではありませんが、私たち人間も同じ自然界で子孫を繁栄する機能を有した動物であることは変わりありません。

 

そのため、男性には浮気をしやすい機能が、最初から備わっていることは説明がつきます。



《広告》