【男は浮気をする】浮気男の見分け方 特徴 本音など徹底解説

 

浮気する男がいるのはなぜか?

 

ここを読むときっとその特徴や見分け方が分かることでしょう。

 

きっとあなたの悩みの改善につながるはずです。

 



《広告》


 

「男は浮気をする その原因とは」

 

まず男性だけが浮気をする可能性が高いとは言えないものです。

 

浮気は、誰であっても、それを実行できる選択肢と環境があります。

 

そしてその可能性が誰にもあるという部分においては、平等だといえます。

 

人はそれら環境が揃えば、浮気の可能性の実現は十分にあり得るのです。

 

これを裏付けるか不明ですが、浮気や不倫の男女比はそれぞれ3割程度と、あまり変わらないというデータもあります。

 

男は浮気をするものだという意見や主張あるいは根拠というのは、男性の多くが社会に出て、圧倒的に浮気の機会に恵まれる形があるからと示唆できます。

 

現代は女性も社会に出て活躍する時代であるため、同じように女性も浮気が可能でその選択肢のある環境に、自らを投じている状態と言えるでしょう。

 

つまり、人は男性女性にかかわらず、選択肢がある環境にあれば、そこには可能性が生まれるということです。

 

したがって、浮気をするのは男性が圧倒的だというのは、かなりの偏見であると言えるでしょう。

 

浮気はその選択肢と可能性があるからと言って、相手を傷つけることにもつながるし、お世辞にも推奨されるものではありません。

 

ではそれでもその選択肢を選んでしまうのは、どうしてなのでしょう?

 

そこにはある種の、性別的な特徴があり、男性にも女性にも、それは共通したものであると言えます。

 

まず男性が浮気をしやすいと言える身体的な特徴は、テストステロンという男性ホルモンがその要因となりやすいと言えます。

 

テストステロンは男性だけでなく女性の欲求を高める機能を有しており、この分泌は男性が女性のおよそ10倍と、かなり多く分泌されていることがわかっています。

 

これは当然、男性の方が欲求が高い傾向だといえ、また如実にそれを指し示すものだと言えるでしょう。

 

一方で、女性は男性と異なり、テストステロンによる欲求の高まりは、男性ほどではないと言えます。

 

しかし女性は本能的に、このテストステロンの作用によって、欲求が高まることがわかっています。

 

テストステロンは男性の唾液や吐息などに含まれていて、その飛沫などを吸い込むことによって間接的に欲求が高まったりします。

 

つまり、女性はテストステロンレベルの高い男性と一緒にいると、欲求的に高まり、浮気の可能性が高まるか、選択肢を選びやすいということが言えるのです。

 

女性が男性に魅了されたり、あるいは、魅力を感じる要因の一つも、このテストステロンによるものだと言えるでしょう。

 

欲求が高まると、人はそれが欲しいという願望が強くなる傾向があります。

 

欲求が高まるとは、食欲に例えると理解がしやすいかもしれません。

 

大好きな食べ物を見ると、食べたくてしょうがなくなる衝動になる体験が、きっとあなたにもあるはずです。

 

それが女性は特に男性ホルモンによって、その人が欲しいとか、場合によってはその人との子供が欲しいという欲求が高まりやすいと言えるでしょう。

 

また男性も女性が分泌している女性ホルモンによって、欲求が高まることが往々にしてあります。

 

これも唾液や吐息などの飛沫によって、それを吸引した男性の欲求の喚起に繋がります。

 

男性はこれによりテストステロンの分泌が高まり、高まったテストステロンの飛沫によって、女性の欲求の喚起につながることが予想されます。

 

欲求が願望になり、願望はそれを欲しいという衝動を強めていくことにつながります。

 

つまり、男性と女性が一緒にいることや、それが継続的になされることによって、双方において浮気する可能性が高まりやすいということです。

 

さらにこのホルモンの反応は、男女が出会い、ずっと同じ生活をしてから4年ほどの効力があると言われています。

 

結婚後に妊娠や子供を生む期間が、大体2年以内に多いというのは、この作用にも関係しているかもしれません。

 

しかしこのホルモンの作用は、新しい異性と出会っても、同じような効果を発揮する可能性があることです。

 

もちろん、これは理性によって、回避することも可能ですが、欲求の衝動が理性を上回ることがあるのです。

 

 



《広告》


欲求が理性を上回り、浮気の選択肢を選ぶとき

 

欲求が理性よりも強くなり、結果的に浮気へと発展してしまうことがあります。

 

人には理性があり、浮気などしたら、またはそれが妻にバレたら、夫にばれたら、自分は大きなリスクを抱えることになる、それが頭ではわかっているはずです。

 

そうです。頭でわかっている、理解していることと、行動にできることは違うのです。

 

上述のように、基本的に男性と女性の欲求の高まる原理というのは、男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのお互いの吸引によることが、その一つだと言えます。

 

しかし、人は異性であれば誰でも欲求が高まるというわけではありません。

 

そう、これが理性的な判断が無意識や意識的に働いていることによって、浮気どころか、恋愛の対象にさえならないようなブレーキ機能があるのです。

 

それでも理性のあるはずの人間が、浮気の歴史を止めることはできませんでした。

 

浮気はいつの時代の、どんな人にも、消えることなく、今も存在する行為になっています。

 

なぜでしょう?

 

それは理性的な状態や、理性が強い状態が、時として抑制されることが往々にしてあるからと言えます。

 

そして抑制される要因の一つが、ストレスと疲労だと言えるでしょう。

 

ストレスと疲労は、それが蓄積されていくと、交感神経が優位な状態となりやすくします。

 

この交感神経は高まりすぎると、それに比例して理性的な思考や脳の部位の活性を抑制することがわかっています。

 

理性の抑制は、徐々に、欲求への衝動を強めていき、これは欲求と快楽の暴走を招きやすくします。

 

例えばダイエットで我慢し続けて、ストレスがたまり、我慢にも疲れていくと、欲求と快楽の暴走つまり、どか食いなどを引き起こすことがあります。

 

これも、理性的な思考が抑制され、それに歯止めが効かない状態になってしまった、とても身近な一例だと言えるでしょう。

 

ダイエットしているのに、ここまで頑張ったのに、痩せなくてはいけないのに、食べすぎたらいけないのに、これらは全て頭ではよく理解していることのはずです。

 

しかし、食べる手を止めることができないのです。

 

理性が回復しないうちは、きっと多くの人が、途中で食べることをやめられないでしょう。

 

そして大抵の場合、理性を取り戻すことができるのは、十分に食べ過ぎた後なのです。

 

この例は、浮気のメカニズムをとてもわかりやすく伝えていると言えるでしょう。

 

結婚しているのに、子供がいるのに、家庭があるのに、この人とそのような関係になると仕事に支障が出るのに・・・。

 

頭ではとても理解しているけれど、行動にできないから、浮気に発展してしまいます。

 

重要なことは、理性を取り戻すことであり、理性を取り戻すためには、ストレスと疲労を改善することだと言えるでしょう。

 

男性は社会に出て、数年も勤めていれば責任ある仕事も任されていき、家庭をもち、子供を持ち、家族を養い、家を持ち、車をもち、保険に入り、老後の蓄えをし、養育費が増えていき、それらを全て仕事によって賄っていると言えるでしょう。

 

そして女性も社会に出て、同じようにこれらを乗り越えるために仕事をしているでしょう。

 

どちらもストレスと疲労が蓄積されていき、どちらにおいても、浮気と不倫の可能性を高めやすいと言えるかもしれません。

 

このような時は、とにかくよく休むことが、即効性があり、効果的な方法だと言えます。

 

ストレスと疲労はその蓄積レベルによって、理性が抑制されることを述べましたが、これは重大な他の意味も含まれています。

 

理性が抑制されることは、その人がその人でなくなる、ということさえ意味していると言えるでしょう。

 

欲求と快楽の暴走を、それまでは阻止できたのに、あるいはそんなこと自分は絶対にしないと思っていたのに、理性が抑制され続けることによって、いとも簡単に、これが実行できてしまうのです。

 

これはその人が本来の状態で、それを選んだわけではないだろうし、またおそらく、浮気をした瞬間は本人とは別人格とも言えるほど、理性的な自分ではなかったと言えるでしょう。

 

もしあなたが、男性から浮気をされたなら、それはその人のストレスと疲労の蓄積や状態に、目を向けてみると良いかもしれません。

 

そして、自分が相手のストレスと疲労レベルを高めるような行動をしたか、それも併せて考えてみると良いでしょう。

 

 

どのようなことであっても、男性はもしかすると、本当の自分ではない状態になっている可能性があります。

 

休ませてあげることは、重要だと言えるでしょう。

 

話はそれからです。



《広告》


 

「浮気男の特徴」

 

浮気する男の特徴は。上述の内容を読んでこられたあなたなら、きっと想像に難くないかもしれません。

 

まず最初に気をつけておくべきことは、浮気男の特徴には、これと言った絶対的なものは残念ながら存在しません。

 

浮気をする環境があり、その選択肢は誰にでもあり、可能性はどんな人であっても持っているものです。

 

そのため、浮気男の特徴を、断定することは不可能であることを、まずは受け入れておく必要があります。

 

ここでは、それを踏まえて、浮気をする可能性が高い状況や状態をまとめてみたいと思います。

 

まず浮気をしやすいのは、その選択肢がある環境に、自分が多くの時間を費やしていることが必要だと言えるでしょう。

 

家よりも外にいる、妻よりも他の女性と一緒にいるなどの環境があると、そこには選択肢が常にある環境だと言えます。

 

もちろん、これが浮気する人だということを決定づける要素にはなりません。

 

ただその環境にいる、というだけです。

 

そして次にテストステロンレベルが高い、ということが特徴的だと言えるでしょう。

 

テストステロンレベルは、そのまま欲求の高まりにも比例していることがわかっています。

 

これが高いということは、多くの女性を魅了したり、欲求を高めてしまう可能性が高いと示唆できます。

 

テストステロンレベルが高い人は、よくモテると言われています。

 

こう言われる所以も、おそらく、出会った女性の欲求を高めてしまうから、かもしれません。

 

そして最後に、男性のストレスと疲労の蓄積が限界を超えそう、ということでしょう。

 

これら三つが揃うと、浮気をする可能性が高まるとは言えるかもしれません。

 

あとは理性が欲求に打ち勝てるか、どれだけの余力を有しているか、ということが鍵になっていきそうです。

 

時として、浮気をしても全く自分は悪くない、という主張をする男性がいます。

 

そのような男性は、自分が大きな目標に向かっていつも努力していたり、それによって多大なストレスと疲労の中で、突き進んでいる傾向があります。

 

だから、ストレスの解消や夢の実現のために再び、一歩を踏み出すためには、浮気の一つや二つは仕方がないことくらいに考えている傾向があります。

 

つまり、浮気に対して自己正当化し、そうすることが妥当だと思っていて、浮気は自分の目的達成のためにはある意味で合理的手段だとさえ思っているかもしれません。

 

ここまでの人は少ないかもしれませんが、浮気を正当化する主張を持っている人は、それなりに自分の正義なる根拠を持っているものです。

 

そして男性は、夢を追いかけたり、目標に向かおうとすることで、自分をポジティブにして生きていく傾向も強くあります。

 

そのため、浮気をしやすいという印象が強いのは、当然の評価とも言える部分はあるでしょう。

 

しかし浮気をするリスクは、自分も含め、誰でもあり、それは消えないものです。

 

浮気する男性はすでに、理性的ではないのはおそらく、特徴的なものだと言えるでしょう。

 

理性的ではないなら、その男性に近づくことは、あまり賢明ではないかもしれません。



《広告》


  

「浮気男の見分け方」

 

 浮気する男性を見分けるには、上述のように特徴が必ずしもあるわけではないので、これという見分け方があるとは言い切れません。

 

それでも見分ける方法があるとするなら、上述の特徴に加えて、自分がその見分け方をどのように信頼するかにもよると考えると良いでしょう。

 

これは自分がその人が浮気をする男性だということに、最大限の責任を持つことを意味します。

 

例えば何かの情報を信じることも、受け入れることも、それは信じることや受け入れることを決めた本人がいないと、機能しない情報です。

 

浮気する男性を見分けるとはつまり、本当にその人が浮気をしないかもしれないのに、そうだということを決めつけることを意味しているものです。

 

それは同時に、その人は浮気する人だという偏見と決めつけを前提として、その人と付き合うか、あるいは何かしらの時間を共有することにもつながります。

 

人を見分けるとは、多かれ少なかれ、歪曲した形でその人を見ることだということを、自分でしっかりと覚えている人は少ないものです。

 

これらはある意味で反射的であり、そして強力に作用することが往々にしてあります。

 

もっというと、このような見分け方が、実際に浮気をする男性だということを見分けられないことがあるのです。

 

事実や現状を歪曲している可能性が高いため、浮気をしない可能性の高い人なのに、浮気をするというように見分けたり、またその逆に、浮気をしやすい人を浮気をしない人だと見分けることもあるのです。

 

なぜでしょう?

 

それは概ねこのような見分け方の反射的な行為は、恐れからくるものであり、恐れは人の思考の幅を狭くし、判断を誤らせる可能性を高める可能性があるからです。

 

特に反射的であればあるほど、恐れが先行している判断だと言えるかもしれません。

 

誰かをどのような人であるかを見分けたり、決めつけるという判断とは、おそらく多かれ少なかれ誰もがしている習慣的なものだと言えるでしょう。

 

つまり自分が、どのような見分け方をするか、それは見分けようとする本人の自由であり、完全なる個人的な解釈でしかないということです。

 

そこにしっかりと、なんら決定的な根拠がないこと、自分がそれを自発的に信じていることを、客観的に理解している必要があるでしょう。

 

 



《広告》


「浮気男の本音とは」

 

浮気をする男性の本音には、実は意外な内容があったりします。

 

上述もしましたが、それらはまず、浮気した自分を肯定したり、正当化する内容があることです。

 

このほかに、浮気をしなければよかったという後悔もあり、それもそれで本音だと言えるでしょう。

 

人はそれを行ってから、または結果を手にしてから、気が付くことが往々にしてあります。

 

それは後悔だったり、冷静に考えればあんなことしなかったのに、という判断の誤りだったりもします。

 

これはどれも本音であることは変わりなく、本当にやらなきゃよかったと思っていることはあるものです。

 

一方で、浮気への後悔や過ちを認めるのではなく、浮気を肯定し、さらには自己正当化し、合理的な判断だという主張をする人もいるものです。

 

これは彼の本音であるといえるか、あるいは倫理に乏しい主張であり間違いでしょうか?

 

おそらくですが、それははっきりと言い切れない可能性があります。

 

なぜか?

 

その理由には、浮気をした男性でそれを正当化する主張をする時は、多くの場合ですでに、彼は本来の彼ではなくなっている可能性が高いからと言えます。

 

浮気をする人すべてとも言い切れませんが、例えば彼が、何か目標を持っていて、それに努力していて、多くのストレスを抱えている時や、そのような人生を歩んでいる場合は、自分の努力を正当化するのと同様に、浮気や自分の行ったことを正当化する傾向が強いかもしれません。

 

これは自分が自分の多大なる努力を、何かによって称えなくては不満を埋めることができない、という心理が働くことによってその傾向があると言えるでしょう。

 

夢や目標を持って、それに努力する人の特徴は、常に、現状に不満と不足を抱えているか、自分で認識しながら生きていることがあるのです。

 

これはなぜなら、夢や目標を手にした自分を確認して初めて、全てが満たされるという心理が強く働きているからと言えるでしょう。

 

そしてその過程は全て、不満であり、不足状態であり、それを早く満足に満たすために努力をし、自分を追い込み、打ち勝って行こうという行為を日々するようになります。

 

しかし人はずっと長い間、あるいは夢が実現するまで、不満と不足の状態を維持し続けることも困難なものです。

 

だからどこかで、息抜きやストレスの解放や解消する必要があり、さらには日々頑張っている自分を満たしてあげることが重要だと感じやすいのです。

 

夢や目標を持って努力している人は、自分の限界にいつも挑戦している感覚が少なからずあるものです。

 

これは特に、頑張った自分へのご褒美を与えることや、その重要性を感じている傾向があるでしょう。

 

言い換えるなら、ダイエットを頑張ったご褒美を、時々自分に与えることや、辛い仕事を乗り越えたり、日々を乗り越えた自分にご褒美を与えたいのと同じ心理だと言えるでしょう。

 

つまり、浮気した自分を正当化する男性は、それだけ自分は頑張っていて、ストレスと疲労が蓄積されていて、だからしょうがない、という主張を持ちやすくなる傾向があるのです。

 

ストレスと疲労は蓄積されていても、最初のうちはまだ理性的な判断ができるため、浮気などで満たされない自分を満たす必要性は感じにくいでしょう。

 

しかし、これが長く続くことによって、理性的な判断を失いやすくなります。

 

理性的な判断は、私たち人間が、欲求と快楽の暴走を招かないように、常に機能している需要な思考であり、働きであると言えます。

 

これはストレスと疲労の蓄積によって、交感神経が優位になることによって、理性が抑制されることがあり、その結果、人は欲求と快楽の暴走に走りやすくなります。

 

そうです。

 

ストレスと疲労が蓄積している彼は、本来の彼ではなく、理性的な思考がほぼ欠落している彼になっていると言えるのです。

 

 

これは決して、浮気をした男性を擁護する意味で述べているわけではありません。

 

人には不満を抱え、それが満たされない期間が長くなると、ストレスと疲労が蓄積し、誰でも快楽と欲求の暴走を招きかねない心理状態になる得ることを伝えているだけです。

 

例えばこれは浮気に限らず、ダイエット中のどか食い、衝動買い、刺激物の大量摂取なども、快楽と欲求の暴走を理性が抑えきれなくなったため、起こったことだと言えるものばかりです。

 

人は常に、大なり小なりのこれら暴走を体験し、または繰り返していると言えるでしょう。

 

そして暴走をしたあとにいつも思うのが、どうして暴走してしまったのだろう?という疑問が多いのではないでしょうか?

 

そしてその後に、自分を正当化する合理的な思考をいくつも思い浮かぶことがあるのではないでしょうか。

 

今まで頑張ってきたからたまには・・・

頑張ったご褒美だから・・・

自分はこんなに頑張っている・・・

ここまで達成できたから・・・

 

暴走を後押しするための理由は、無限に出てくることでしょう。

 

言い換えるなら、暴走することしかすでに考えられない状態、暴走するための正当な理由しか考えられない状態、これが理性が抑制されている状態と言えるでしょう。

 

 

もし、浮気を正当化する人の本音を聞きたいとか、これからも一緒にいたいから本音で話し合いたいと思ったら、まずは、彼に休んでもらうことをお願いしてみると良いかもしれません。

 

本音は理性が回復し、本来の自分の思考ができるようにならないと、おそらくそれを聞くことは難しいでしょう。



《広告》


「平気で浮気する男の特徴」

 

平気で浮気する男性の特徴とは、どのようなものがあるでしょうか。

 

まず平気で浮気する男性の中には、欲求と快楽に弱いか、その機会があると理性的判断が抑制されやすいという特徴があると言えるでしょう。

 

これは上述のテストステロンのような男性ホルモンが関係しているともいえ、生まれ持った身体的な特徴や、テストステロンレベルの高い若い世代に特徴的だと言えるかもしれません。

 

快楽と欲求が目の前にあると、それに理性が効かなくなることや、抑制されやすい特徴にはストレスと疲労の他にも、おそらく関係の深いホルモンがあると言えます。

 

それが、ドーパミンというホルモンです。

 

ドーパミンは、快楽や欲求が満たされそうだと判断されたときに、特に多く分泌されることがわかっているようです。

 

そしてドーパミンは、その快楽と欲求を満たすために、行動力をうむ作用があることもわかっているようです。

 

つまり言い換えるなら、快楽と欲求を満たそうとするために、一生懸命になってさせてしまうホルモンだと言えるでしょう。

 

平気で浮気をする、あるいは浮気をいつも我慢できない男性の特徴に、このドーパミンレベルが高いことが言えるでしょう。

 

そしてドーパミンレベルが高いことは、上述した夢や目標を追いかける男性にも、ドーパミンレベルが高いという特徴があります。

 

夢や目標など、それを掴むために一生懸命に努力できたり、または自分の限界にいつも挑戦しようとすることを可能にするのが、このドーパミンであることが往々にしてあります。

 

夢や目標を持っている人の快楽と欲求が満たされるときとは、すなわち、それが実現したち叶えることができたときです。

 

よくスポーツの世界で、勝利をすると雄叫びをあげたり、力強くガッツポーズをすることがあります。

 

これはドーパミンによって勝利することがとても快感であり、欲求が満たされるものだと突き動かされ、実際に勝利を手にした瞬間に訪れる、良いようのない快感と興奮であることが理解できます。

 

スポーツ選手は、この一瞬のために、これまでに多くの限界を超えてきて、勝負に挑んでいると言えるでしょう。

 

ドーパミンが高いことに加えて、浮気によって自分の欲求を満たせそうだ、快楽を得られそうだとなると、むしろ浮気をすることに一生懸命になってしまう傾向があるのです。

 

これだけでは平気で浮気する男性の、確実な特徴とも言い難いものですが、おそらく多くの点で、ホルモン的な分泌レベルや、その強い作用によって突き動かされやすい特徴があると言えるでしょう。

 



《広告》


「一生浮気をしない男とは」

 

一生浮気をしない男性は、この世界にいるのでしょうか?

 

これは最終的な結果を迎えるまでは、全く予測不能の未知の領域だと言えるでしょう。

 

言い換えるなら、浮気を絶対にしない男性は存在しないか、それを知ることは不可能であるということが言えます。

 

例えば、あなたが付き合った男性か結婚した男性と、浮気以外の理由で別れたときを考えてみましょう。

 

あなたとその男性が別れた理由が、浮気ではないなら、その男性は浮気はしなかったと確実に言えます。

 

しかし、男性が他の女性と再婚し、その後に何らかの理由で浮気をしたら、彼は一生の中で浮気をしたことになります。

 

このとき浮気した男性と結婚や付き合いをしていた人が、ただ単に、あなたではなかった。

 

ということであり、あなたと一緒の時に浮気をしなかったから、その男性は一生浮気をしない男性であるとは言い切れないのです。

 

人は誰でも、浮気が可能な環境にいます。

 

そしてそれはその人の思考、意図、意思などの決定によって、いつだって浮気という選択が可能な場にいるのです。

 

そして浮気の選択肢や浮気が可能な環境が消えることは、まずあり得ません。

 

浮気の選択を本人が選ばないこと、それの繰り返しの結果でしか、一生を通じて浮気を防ぐ方法はないと言えるでしょう。

 

つまり一生浮気をしない男性とは、一生の中で、浮気の選択肢を選ばなかった人、ということが言えるのです。

 

ではそのような男性をどのように見つけたり、見分けたりできるのでしょうか?

 

これは結論から言うと、不可能への挑戦と言わざるを得ません。

 

なぜなら、たとえそのような男性の特徴があり、それを信用して浮気をしない男性を選んだとしても、浮気が可能で選択肢のある環境が消えることはないからです。

 

言い換えるなら、浮気の可能性は、一生残り続けると言うことです。

 

あなたと彼が何らかの理由で、別れる時を迎えるまで、彼が浮気をしなかったら、それはあなたの見立てが正しかったと言う証明材料になるでしょう。

 

しかし、それは離れ離れになるまで、答えは未知の領域のままなのです。

 

その間に、たった一回でも、浮気をしたら、あなたの見立ては脆くも崩れ去ることを意味します。

 

またさらには、どこからが浮気であるかのラインが、とても低いものだとしたら、見立てが崩れる可能性をむしろ、自分で高めるでしょう。

 

では、あなたはどうやって、一生浮気しない男を見つけ出すことができるのでしょうか?

 

そうです。

 

それは不可能への挑戦であり、おそらくそれにこだわることにより、幸福なお付き合い、幸福な結婚への可能性も自ら絞り込んでしまうことにつながるでしょう。

 

浮気をしないことが最も重要なのか、それとも、大好きになれた人と幸福を掴むことが最も重要なのか。

 

これを選べるのは、あなただけです。