【男は浮気をする】浮気男の見分け方 特徴 本音など徹底解説

 

浮気する男がいるのはなぜか?

 

ここを読むときっとその特徴や見分け方が分かることでしょう。

 

きっとあなたの悩みの改善につながるはずです。

 

 

「男は浮気をする その原因とは」

 

まず男性だけが浮気をする可能性が高いとは言えないものです。

 

浮気は、誰であっても、それを実行できる選択肢と環境があります。

 

そしてその可能性が誰にもあるという部分においては、平等だといえます。

 

人はそれら環境が揃えば、浮気の可能性の実現は十分にあり得るのです。

 

これを裏付けるか不明ですが、浮気や不倫の男女比はそれぞれ3割程度と、あまり変わらないというデータもあります。

 

男は浮気をするものだという意見や主張あるいは根拠というのは、男性の多くが社会に出て、圧倒的に浮気の機会に恵まれる形があるからと示唆できます。

 

現代は女性も社会に出て活躍する時代であるため、同じように女性も浮気が可能でその選択肢のある環境に、自らを投じている状態と言えるでしょう。

 

つまり、人は男性女性にかかわらず、選択肢がある環境にあれば、そこには可能性が生まれるということです。

 

したがって、浮気をするのは男性が圧倒的だというのは、かなりの偏見であると言えるでしょう。

 

浮気はその選択肢と可能性があるからと言って、相手を傷つけることにもつながるし、お世辞にも推奨されるものではありません。

 

ではそれでもその選択肢を選んでしまうのは、どうしてなのでしょう?

 

そこにはある種の、性別的な特徴があり、男性にも女性にも、それは共通したものであると言えます。

 

まず男性が浮気をしやすいと言える身体的な特徴は、テストステロンという男性ホルモンがその要因となりやすいと言えます。

 

テストステロンは男性だけでなく女性の欲求を高める機能を有しており、この分泌は男性が女性のおよそ10倍と、かなり多く分泌されていることがわかっています。

 

これは当然、男性の方が欲求が高い傾向だといえ、また如実にそれを指し示すものだと言えるでしょう。

 

一方で、女性は男性と異なり、テストステロンによる欲求の高まりは、男性ほどではないと言えます。

 

しかし女性は本能的に、このテストステロンの作用によって、欲求が高まることがわかっています。

 

テストステロンは男性の唾液や吐息などに含まれていて、その飛沫などを吸い込むことによって間接的に欲求が高まったりします。

 

つまり、女性はテストステロンレベルの高い男性と一緒にいると、欲求的に高まり、浮気の可能性が高まるか、選択肢を選びやすいということが言えるのです。

 

女性が男性に魅了されたり、あるいは、魅力を感じる要因の一つも、このテストステロンによるものだと言えるでしょう。

 

欲求が高まると、人はそれが欲しいという願望が強くなる傾向があります。

 

欲求が高まるとは、食欲に例えると理解がしやすいかもしれません。

 

大好きな食べ物を見ると、食べたくてしょうがなくなる衝動になる体験が、きっとあなたにもあるはずです。

 

それが女性は特に男性ホルモンによって、その人が欲しいとか、場合によってはその人との子供が欲しいという欲求が高まりやすいと言えるでしょう。

 

また男性も女性が分泌している女性ホルモンによって、欲求が高まることが往々にしてあります。

 

これも唾液や吐息などの飛沫によって、それを吸引した男性の欲求の喚起に繋がります。

 

男性はこれによりテストステロンの分泌が高まり、高まったテストステロンの飛沫によって、女性の欲求の喚起につながることが予想されます。

 

欲求が願望になり、願望はそれを欲しいという衝動を強めていくことにつながります。

 

つまり、男性と女性が一緒にいることや、それが継続的になされることによって、双方において浮気する可能性が高まりやすいということです。

 

さらにこのホルモンの反応は、男女が出会い、ずっと同じ生活をしてから4年ほどの効力があると言われています。

 

結婚後に妊娠や子供を生む期間が、大体2年以内に多いというのは、この作用にも関係しているかもしれません。

 

しかしこのホルモンの作用は、新しい異性と出会っても、同じような効果を発揮する可能性があることです。

 

もちろん、これは理性によって、回避することも可能ですが、欲求の衝動が理性を上回ることがあるのです。

 

 



《広告》