【男はみんな浮気する】それは間違いであるという理由とは?重要事項を徹底解説

 

男はみんな浮気する、これは正解でもあり大きな間違いでもあるでしょう。

 

その事実を、これより徹底的に解説します。

 

これを読んだあなたは、きっと男性と浮気の事実を確認することでしょう。



《広告》


 

「男はみんな浮気をする最もな理由とは」

 

男はみんな浮気をするとは、必ずしも言い切れませんが、しかし生態的な特徴として浮気をする最もな理由があると言える部分はあるかもしれません。

 

例えば男性ホルモンであるテストステロンなどは、欲求を高めることがよく知られています。

 

これは欲求を高める働きであり、決してそのまま浮気の原因にすることはできませんが、男性にはこのホルモン分泌量が女性よりも高いため、欲求が強まる傾向があることは言えるでしょう。

 

男はみんな浮気をする可能性を示唆する一つとして、このテストステロンというホルモンはあげられるものです。

 

欲求が高まると、人は理性的な判断と欲求的な判断の衝突が起こりやすくなります。

 

この衝突はかなり強いか、あるいは欲求が勝ることが往々にしてあります。

 

なぜなら、欲求とは人の本能的な要素だと言える部分があるからです。

 

人も動物であり、野生に生息している動物たちと同じ機能と、同じ本能を持ち合わせています。

 

ところが、人は大脳の中でも前頭前野と言われる部位が、他の動物よりも発達したことによって、理性的な思考や理性的な判断をする傾向を強めていることがわかっています。

 

この理性的な思考と判断とは、欲求をいかにして抑え、他に重要なものを最優先するべきかの思考と判断に役に立っているものです。

 

つまり、理性的な思考が高まることによって、欲求の暴走や快楽の暴走を未然に防いでいることが言えるのです。

 

理性的な判断が抑制されたりすると、欲求的な判断が強くなり、これらの暴走を招く恐れとその可能性を高めます。

 

そしてさらに、欲求の暴走は大脳でも処理され、欲求の暴走が合理的であるという思考を強く抱くこともあります。

 

言い換えるなら、浮気をするのは仕方がない、という思考や価値観、あるいは基準が生まれやすいと言えるでしょう。

 

これが多くの男性の思考の中に、合理的なことだという判断になりやすい可能性はあると言えるでしょう。

 

なぜなら、欲求が高まり、それを満たしたいという衝動が高くなり、そのことを合理的かつ妥当で、正当性があることだという欲求的思考と判断になりやすいからです。

 

少々複雑なことは、欲求を満たすことは確かに重要なのですが、自分にとって都合の良い欲求を満たすことも、そこにはなんらかの正当性があるという主張が強くなることです。

 

これはのちに、浮気を許さない女性との激しい衝突を招くことにつながるものでしょう。

 

俺は悪くない。

俺は頑張っている。

俺にはその資格がある。

 

これらは浮気をした男性とそれを許さない女性との衝突の中で、とてもよくきくセリフと言えるのではないでしょうか。

 

このような自分を正当化する意見や考えと主張は無限に出てくることでしょう。欲求と欲求的思考と判断は、とても強い正当性を本人に抱かせやすいのです。

 

欲求的な思考が強くなると、理性的な思考を抑制する働きと機能が、人には存在していることがわかっています。

 

つまり、男性がみんな浮気をする、その最もとも言えるであろう理由こそ、テストステロンによって欲求が高まり、その欲求は妥当性と正当性を育み、理性的な思考を抑制することによって、多くの男性が浮気をしやすいか、浮気の可能性が高い傾向があると言えるのです。

 

繰り返し述べますが、これは浮気の可能性が高いということを示唆するだけで、必ずしも男性はみんな浮気をするわけではありません。

 

ある浮気の調査では、男性は3割を超える程度で浮気をしていることがわかっていますが、女性も3割前半の浮気率があることがわかっています。

 

これは客観的に見て、ほぼ同水準とも捉えられるものだと言えるでしょう。

 

男性は浮気をしやすい傾向は、確かに感じる部分はあるでしょうが、それは確実的なものではないのです。



《広告》


「男はみんな浮気をするは間違い」

 

男はみんな浮気をするのは、間違いであると言えることがあります。

 

上述の内容を読んだあなたには、少し気がついているかもしれませんが、男性と女性の浮気率は、ダントツ男性が浮気をしているというデータではなく、女性もそれなりに浮気をしていることが理解できます。

 

ところが、一般的な意見からは、男性は浮気をするものだという認識が一人歩きしてしまっているように思えます。

 

確かに、男性は欲求的に高い傾向があり、浮気のリスクはそれによって高まる傾向があることは否めません。

 

しかし結果的には女性と男性の浮気率には、大きすぎる違いが見えないし、女性の浮気率は上昇傾向にあるとも言われています。

 

女性が浮気する割合が高まっている要因の一つに、女性の社会進出であるということを聞いたことがあります。

 

一昔前では、社会に出て仕事をするのはほとんどが男性でした。

 

男性は外でお金を稼ぎ、女性は家庭内でそれを守るという夫婦のスタイルがあり、それが一般的なものでした。

 

近年では、男女雇用均等法なども制定され、男性と女性は等しく、社会に出て活躍する時代に入ったと言えます。

 

社会には多くの人との出会いがあります。

 

つながりが生まれます。

 

関係が生まれます。

 

つまり、夫婦関係以外の他の人や、異性とのつながりが生まれるのが、社会に出ることだとも言えるでしょう。

 

これまでは夫婦以外の関係性を持つ可能性の高いのは、男性においてその傾向がありました。

 

しかし男性も女性も等しく社会に出ることになり、お互いがその可能性の高い生活をするようになったと言えます。

 

女性の浮気率が高くなったと言える理由の一つには、女性にも浮気をする環境ができた、あるいはそのような環境に自分の身を置く女性が増えた、ということが言えるかもしれません。

 

人は選択肢があると、それを選ぶか選ばないかは、自分の判断次第になります。

 

そして浮気という選択肢は、この社会から消えることはないのです。

 

人と人とがつながりを持てば、必ずとは言えなくても、浮気の可能性が内在していることはあるものです。

 

あとはそれを浮気に発展するかしないかは、全くの未知であり、不明であり、わからないことです。

 

しかし、浮気の選択肢がありながらも、それを選ばない人が確かにいるのです。

 

大体全体の7から6割はいるという計測になりますが、社会に出たことがそのまますべて、浮気へと発展することもあり得ないことに等しいものなのです。

 

 

これまでに何度も、自分の判断だという表現を使っていますが、この判断には、その人の中で抱いているあらゆる価値観、今の現状、ストレス、疲労、欲求への認識など、複雑に絡み合っていることが多くあります。

 

しかしこれらは往々にして、今、どうするべきかの短期的な判断に絞られている可能性もあります。

 

つまり短期的な判断とは、今自分の欲求を満たすべきか、そうではないべきかの、損得勘定に近い判断であることが往々にしてあるということです。

 

この損得勘定の思考から来る答えには、上述の正当性と妥当性をとても強くする回答が得られるばかりでなく、むしろ、それらを伴った回答になっていることがあります。

 

それはなぜか?

 

人は自分を守ろうとする自己防衛本能があり、それはとても強力な本能の一つだと言えるからです。

 

自分を守ろうとすることは、自分には損失がないようにする思考や判断が、自然と、無意識かつ強力に働く本能だとも言えるでしょう。

 

自分への損失を避ける行為がそのまま、自分を守ろうとする行為であり、本能はこれを優先する傾向が強いのです。

 

自分の正当性を相手に認めさせようとするし、またその正当性には事実と真実性を伴っていると個人的には感じていることがあるでしょう。

 

だから浮気をした男性とそれを許さない女性は、とても激しい衝突となりやすいのです。

 

浮気は誰でも起こり得る、可能性は消えない、この事実を受け入れることが、とても重要となるかもしれません。

 

男性はすべてすべて浮気をするわけではありません。

 

選択肢が用意されいる、その環境にいるだけだと言えるでしょう。

 

そしてそれは女性にも今の時代は同じ環境だといえ、お互いが浮気をする可能性の中にいることを、真摯に受け止めた方が良いかもしれません。



《広告》


「男がみんな浮気をすることを受け入れる」

 

男がみんな浮気をすることを、受け入れることは重要と言えるかもしれません。

 

これは同時に、男がみんな浮気するという事実がないことを受け入れることであり、自分がいる環境の事実を受け入れることであるということを意味します。

 

男がみんな浮気するかどうかの確率は、男がみんな浮気しない確率に近いものであるとさえ言えます。

 

上述のように、浮気の選択肢がある環境の中で、浮気を本当にするかしないかは、本人の選択次第でしかないのです。

 

そして、もしかしたら自分も浮気をする可能性もあり、男女が付き合うこととは、そのリスクの可能性が常につきまとっているということを認めるほかないものです。

 

自分だけとか、相手だけとか、他に特別な人は1人としていません。

 

言い換えるなら、リスクを完璧に避けられる人などいないのです。

 

男がみんな浮気するというのは、可能性であり、それは実際に自分と相手との付き合いに内在しているリスクの一つだという受け入れ方をすることによって、2人は何をすべきで、何をしないべきかが明確になることにもつながります。

 

何を2人で手にするべきで、何を手にしないべきか、確たる決断と覚悟の元で決めることが可能となるでしょう。

 

これはとても重要なことです。

 

自分が自分の人生や決断において、納得と合意を持つことは、非常に大切なことなのです。

 

浮気の可能性が消えることがないなら、そうであることを受け入れ、あるがままの現実から、自分のできることを決めることは、この先で万が一の浮気が発生した時にも、きっと何かのやくに立つはずです。

 

男が浮気をする可能性を全く受け入れないなら、それはまるで、「私は人生のすべての場面で幸福だけ得たい」という不可能なことに挑戦することに似ています。

 

それは不可能です。

 

何らかのリスクは幸福を手にした後も、消えることはありません。

 

幸福の味は一瞬であり、その時に限られたものなのです。

 

これが現実であり、事実であり、それを受け入れるなら、きっと全く新しい考えで男性と付き合えるようになるか、そのアイディアが浮かんでくることでしょう。



《広告》


 

「一生浮気しない男とは」

 

浮気しない男性は、一生浮気しないのかということは、上述の内容をよく読まれたあなたには理解できていることでしょう。

 

結論からいうと、そのような男性は1人もいないでしょう。

 

ただしもしいたとしたら、その男性は、いつ浮気をしてもおかしくないこの環境の中で、それを選ばないことを一生続けた人、だということです。

 

結果を得るまでは、可能性は依然として残り続けます。

 

一生浮気しない男の詳細

 

 

「浮気しない男」

 

男が浮気しない。これはきっと女性にとって望ましいことでしょう。

 

しかし結論からすると、その可能性は低いでしょう。ここではその理由を詳細にお伝えしています。

 

この先を読むときっと、驚きの内容にあなたもびっくりすることでしょう。

 

浮気しない男の詳細



《広告》