「男の浮気の定義は個人差がある」

 

上述では、法的な浮気の定義を示したましたが、ここでは自由恋愛を前提とした男性の浮気の定義の特徴をご紹介します。

 

もちろん、不貞行為は法律違反であり、また男性側もこれは浮気であるという自覚は持っていることがほとんどです。

 

しかし自由恋愛や夫婦関係で不倫まで及ばない行為、例えば2人で会うことや、手を繋ぐことなどは、浮気に入らないと主張する男性はいる可能性が高くあります。

 

そしてこれは非常に感覚的なものであり、男性のある特徴によって異なる場合があります。

 

その特徴というのが、男性ホルモンの分泌量である可能性があるのです。

 

男性によって男性ホルモンの分泌量には違いがあります。

 

特にテストステロンといわれている男性ホルモンには、欲求を高くする機能があり、この分泌量が浮気の定義や思考について、関与していると考えられるのです。

 

では、テストステロンが多い男性の浮気に対しする考え方と、低い男性のそれとはどのような違いと傾向があるのでしょう。