「男がみんな浮気をすることを受け入れる」

 

男がみんな浮気をすることを、受け入れることは重要と言えるかもしれません。

 

これは同時に、男がみんな浮気するという事実がないことを受け入れることであり、自分がいる環境の事実を受け入れることであるということを意味します。

 

男がみんな浮気するかどうかの確率は、男がみんな浮気しない確率に近いものであるとさえ言えます。

 

上述のように、浮気の選択肢がある環境の中で、浮気を本当にするかしないかは、本人の選択次第でしかないのです。

 

そして、もしかしたら自分も浮気をする可能性もあり、男女が付き合うこととは、そのリスクの可能性が常につきまとっているということを認めるほかないものです。

 

自分だけとか、相手だけとか、他に特別な人は1人としていません。

 

言い換えるなら、リスクを完璧に避けられる人などいないのです。

 

男がみんな浮気するというのは、可能性であり、それは実際に自分と相手との付き合いに内在しているリスクの一つだという受け入れ方をすることによって、2人は何をすべきで、何をしないべきかが明確になることにもつながります。

 

何を2人で手にするべきで、何を手にしないべきか、確たる決断と覚悟の元で決めることが可能となるでしょう。

 

これはとても重要なことです。

 

自分が自分の人生や決断において、納得と合意を持つことは、非常に大切なことなのです。

 

浮気の可能性が消えることがないなら、そうであることを受け入れ、あるがままの現実から、自分のできることを決めることは、この先で万が一の浮気が発生した時にも、きっと何かのやくに立つはずです。

 

男が浮気をする可能性を全く受け入れないなら、それはまるで、「私は人生のすべての場面で幸福だけ得たい」という不可能なことに挑戦することに似ています。

 

それは不可能です。

 

何らかのリスクは幸福を手にした後も、消えることはありません。

 

幸福の味は一瞬であり、その時に限られたものなのです。

 

これが現実であり、事実であり、それを受け入れるなら、きっと全く新しい考えで男性と付き合えるようになるか、そのアイディアが浮かんでくることでしょう。