「独占欲の強い男性との付き合い方とは」

 

 独占欲の強い男性とは、どのように付き合うと良いのでしょうか。

 

上述のような特徴をよく読んできたなら、その対応や対処には簡単なイメージが湧いているかも知れません。

 

そして問題は、恋愛関係として、彼氏として、旦那として、付き合っていく場合はどう付き合うことが効果的に働きやすいか?ということです。

 

これは相手に対して、長期的視野を促すような質問をすることが効果的かも知れません。

 

例えば、相手は自分の思い通りにいくことを強く望んでいて、それがきっとうまくいくとしか考えていないことがあります。

 

それはうまくいく可能性もあれば、そうではない可能性が同じく存在します。

 

もちろんよく考えた結果、大丈夫だという見立てによって、判断をしていることもあるので、彼の行おうとしていることを否定すると、とても攻撃をされる可能性が高いでしょう。

 

そうではなく、それがどれくらい長期的に継続する可能性があるか、それを教えて欲しいと伝えてみることや、質問をしてみると、相手の短期的な視野を少し広げることに役に立つでしょう。

 

もちろん、これが必ずしも大きな効果と確証となることはありません。

 

ただ短期的な視野と考えを、どうしたら長期的なものに少しでもなるかの工夫をすると良いkもしれません。

 

そして短期的な考えでいると、浮気の可能性さえ、高くなると言えるでしょう。

 

上述のように、浮気を肯定する傾向が強く、浮気をすることも短期的な欲求を満たすことに他ならないと言えるでしょう。

 

そして自分の思い通りに動くように、浮気相手にも強要する傾向があり、本当の彼女との付き合いも自分だけのものにし、浮気相手も自分だけのものにしようとする傾向があるでしょう。

 

どちらかを選べと迫っても、おそらくですが、自分の正当性を理解させるような主張を言ってくる可能性さえあります。

 

 

どちらかを選ぶように強制的にするよりも、それを続けた時に、彼にどのようなメリットがあるか、それを考えて欲しいと思考の軸を変えるように仕向ける方が、良いかもしれません。

 

これが長期的に続いたとき、万が一のリスクを考えているか?

 

このような類の質問で、もしかすると目を覚ますかもしれません。